また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1376042 全員に公開 雪山ハイキング京都・北摂

愛宕山 今年2回目

日程 2018年02月08日(木) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち62%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間48分
休憩
24分
合計
5時間12分
S保津峡駅08:4408:48保津峡橋08:5208:53愛宕山登山口09:38荒神峠10:21ツツジ尾根方面分岐10:26水尾分かれ10:30花売り場10:47黒門10:52愛宕神社社務所11:22(展望広場)11:31890.1m峰(愛宕山三角点)11:4311:51(展望広場)11:55愛宕神社社務所12:0313:02愛宕山水尾登山口13:53保津峡橋13:56ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

降りたのは僕一人。
2018年02月08日 08:46撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降りたのは僕一人。
目的地。かなり遠い。
2018年02月08日 08:46撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目的地。かなり遠い。
ツツジ尾根を登ります。
2018年02月08日 08:50撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツツジ尾根を登ります。
気持ちのよい道が続く。
2018年02月08日 08:59撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちのよい道が続く。
凍っていました。
2018年02月08日 09:05撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凍っていました。
目的地が近づく。
2018年02月08日 09:09撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目的地が近づく。
より近づく。
2018年02月08日 09:16撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
より近づく。
荒神峠到着。
2018年02月08日 09:35撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒神峠到着。
前から気になる。
2018年02月08日 09:41撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前から気になる。
だんだん雪が目立つようになる。
2018年02月08日 10:02撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだん雪が目立つようになる。
この辺からアイゼン装着。
2018年02月08日 10:11撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺からアイゼン装着。
清滝からの道と合流。
2018年02月08日 10:22撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清滝からの道と合流。
雪道を進みます。
2018年02月08日 10:29撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪道を進みます。
黒門が見えた。
2018年02月08日 10:45撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒門が見えた。
氷点下3.5℃でした。
2018年02月08日 11:02撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷点下3.5℃でした。
上には行きません。
2018年02月08日 11:02撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上には行きません。
ここで暖かい汁粉を食す。
2018年02月08日 11:06撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで暖かい汁粉を食す。
三角点を目指します。
2018年02月08日 11:22撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点を目指します。
日が照って暖かい。
2018年02月08日 11:23撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日が照って暖かい。
景色も最高。
2018年02月08日 11:23撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景色も最高。
首なし地蔵への分岐。
2018年02月08日 11:28撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
首なし地蔵への分岐。
雪道の感触を堪能。
2018年02月08日 11:34撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪道の感触を堪能。
1
再び蓬莱山。
2018年02月08日 11:39撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び蓬莱山。
同じ道を辿ります。
2018年02月08日 11:52撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じ道を辿ります。
水尾へ下ります。
2018年02月08日 12:02撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水尾へ下ります。
雪道が続きます。
2018年02月08日 12:06撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪道が続きます。
この後雪が減り、
2018年02月08日 12:30撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この後雪が減り、
ここでアイゼンをはずしました。
2018年02月08日 12:37撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでアイゼンをはずしました。
陽が照ってとても暖かかった。
2018年02月08日 13:14撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽が照ってとても暖かかった。
無事下山できました。
2018年02月08日 13:57撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事下山できました。
あそこまで歩いたんだ・・・
2018年02月08日 13:59撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あそこまで歩いたんだ・・・

感想/記録

久々の山です。今回は一人。この頃の寒さで朝が起きられず山から遠ざかったいましたが、意を決して起きました。いつでも出かけられるように装備を準備していたので、その後は勝手に体が動きスムーズに出かけることができました。山に登り始めると汗がでるほどに体が温まり、頂上近辺の気温が氷点下であることに驚くほど暖かく感じました。でも寒いからこそ体験できる雪の感触は良いですね。今回も三角点までの短い距離でしたがアイゼンがよく効く適度に締まった雪の感触を味わうことができました。
訪問者数:307人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

アイゼン 三角点 地蔵
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ