また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1381208 全員に公開 雪山ハイキング奥多摩・高尾

蕎麦粒山(鳥屋戸尾根〜蕎麦粒〜日向沢ノ峰〜船井戸〜鳩ノ巣駅)

日程 2018年02月12日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
<往路>
立川(5:06)〜(6:25)奥多摩
奥多摩駅(6:27)〜(6:40)川乗橋

<復路>
鳩ノ巣(17:23)〜(16:24)立川
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち57%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
<鳥屋戸尾根>
・取付きから尾根に上がるまでの約10分(200m弱)は急登。その後は普通の尾根道。
・900m付近から雪が現れ始める。頂上付近の深い所でも15cm程度。
・ルートは明瞭で道間違いの危険性は低い。

<蕎麦粒山〜川苔山分岐>
・防火帯の尾根道。
・積雪はあっても10〜15cm程度。
・危険個所はないが、雪道での一般的注意は必要。

<川苔山分岐〜鳩ノ巣駅>
・樹林帯のため雪は残っているが、せいぜい10cm程度。
・地面が凍結しているトラバース道が多いので、スリップに注意。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター ネックウォーマー 毛帽子 アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト ストック カメラ

写真

川乗橋BSから出発。
2018年02月12日 06:43撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川乗橋BSから出発。
3
鳥屋戸尾根の取付き。
川乗橋BSから3分。
2018年02月12日 06:47撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥屋戸尾根の取付き。
川乗橋BSから3分。
2
尾根に乗るまでが急登。
2018年02月12日 06:54撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に乗るまでが急登。
1
整備された植林帯の尾根道。
2018年02月12日 06:58撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
整備された植林帯の尾根道。
2
明るいブナの自然林。
道形はハッキリしている。
2018年02月12日 07:46撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るいブナの自然林。
道形はハッキリしている。
917m地点手前から雪が現れ始めた。
2018年02月12日 07:53撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
917m地点手前から雪が現れ始めた。
笙ノ岩山。
積雪は5cm位。
2018年02月12日 08:47撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笙ノ岩山。
積雪は5cm位。
5
笙ノ岩山三角点(1254.8m)
2018年02月12日 08:47撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笙ノ岩山三角点(1254.8m)
1
冬枯れの明るい尾根。
残雪という感じで固め。
2018年02月12日 09:08撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬枯れの明るい尾根。
残雪という感じで固め。
2
右手に見える川苔山。
2018年02月12日 09:12撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手に見える川苔山。
2
1300m付近の日影でも5〜10cm程度の積雪。
2018年02月12日 09:47撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1300m付近の日影でも5〜10cm程度の積雪。
1
鳥屋戸尾根分岐。
2018年02月12日 10:19撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥屋戸尾根分岐。
1
蕎麦粒山巻道との交差十字路
2018年02月12日 10:19撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蕎麦粒山巻道との交差十字路
蕎麦粒山手前の軽い岩場。
日当たりがいいので雪が少ない。
2018年02月12日 10:24撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蕎麦粒山手前の軽い岩場。
日当たりがいいので雪が少ない。
1
蕎麦粒山山頂。
2018年02月12日 10:30撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蕎麦粒山山頂。
8
三角点にご挨拶。
2018年02月12日 10:30撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点にご挨拶。
川苔山方向の眺めがいい。
中央奥は立川方面だが、霞んでよく見えない。
2018年02月12日 10:31撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川苔山方向の眺めがいい。
中央奥は立川方面だが、霞んでよく見えない。
3
防火帯を下降開始。
2018年02月12日 10:49撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
防火帯を下降開始。
3
オハヤシの頭。
2018年02月12日 11:21撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オハヤシの頭。
2
日向沢ノ峰。
2018年02月12日 11:28撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日向沢ノ峰。
さっき登ってきた鳥屋戸尾根
中央が笙ノ岩山。
奥が石尾根で中央が鷹ノ巣山
2018年02月12日 11:35撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっき登ってきた鳥屋戸尾根
中央が笙ノ岩山。
奥が石尾根で中央が鷹ノ巣山
2
今日の昼は石狩鍋。
防火帯は眺めがいいが、風を避ける場所探しに苦労。
2018年02月12日 12:31撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の昼は石狩鍋。
防火帯は眺めがいいが、風を避ける場所探しに苦労。
6
左が川苔山、右奥は御前山。
2018年02月12日 13:55撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左が川苔山、右奥は御前山。
6
日当たりのいい尾根。
2018年02月12日 14:18撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日当たりのいい尾根。
1
横ケ谷平。
2018年02月12日 14:24撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横ケ谷平。
1
日影は10〜15cm位の積雪。
2018年02月12日 14:30撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日影は10〜15cm位の積雪。
1
赤杭尾根の分岐。
2018年02月12日 14:32撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤杭尾根の分岐。
曲ヶ谷北峰からの展望。
左が武甲山、右が有間山。
奥に秩父の街が薄っすら見える
2018年02月12日 14:47撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曲ヶ谷北峰からの展望。
左が武甲山、右が有間山。
奥に秩父の街が薄っすら見える
2
川苔山東の四辻。
右へ行くと川苔山だが、時間の関係で今日はパス。
2018年02月12日 14:55撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川苔山東の四辻。
右へ行くと川苔山だが、時間の関係で今日はパス。
1
防火帯の下。ショートカットでここへ降りてきても良かった。
2018年02月12日 15:04撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
防火帯の下。ショートカットでここへ降りてきても良かった。
船井戸。
2018年02月12日 15:06撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
船井戸。
1
急な下りはここまで。
800m付近で雪はこんな感じ
先は長い。
2018年02月12日 15:43撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な下りはここまで。
800m付近で雪はこんな感じ
先は長い。
古里の採石場。
2018年02月12日 16:15撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古里の採石場。
1
林道へ出た。
2018年02月12日 16:16撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道へ出た。
大根山ノ神。
2018年02月12日 16:19撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大根山ノ神。
熊野神社分岐。
2018年02月12日 16:42撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊野神社分岐。
熊野神社で安全登山のお礼
2018年02月12日 16:50撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊野神社で安全登山のお礼
奥多摩駅方面
2018年02月12日 17:00撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥多摩駅方面
1
下り電車が交換待ち。
今日も無事下山。
2018年02月12日 17:21撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下り電車が交換待ち。
今日も無事下山。
1
撮影機材:

感想/記録

 北陸の方は大雪だが、関東は寒いだけで雪があまり降らない。少し雪で遊びたいが、遊ぶほど雪がないので気乗りがしない。かといって休むと体が鈍るので、半分トレーニング目的で蕎麦粒山へ行くことにした。いつもの高尾山−陣馬山ではなく、気分転換の意味合いもある。

 川苔山は人が多そうなので、最近はほとんど行かないが、鳥屋戸尾根は静かなところがいい。ぐるっと回って川苔山へ着くころは、時間が遅くなって空いてるのもいいし、下りたところが駅なので、下山時刻を気なしなくていいのもメリットのの一つ。

 ただこのコースの欠点は、昼食を取る場所に苦労するところ。蕎麦粒山出もいいがチョット早くて、昼食のあとが長すぎて萎える。川苔までは持たないのでその途中になるが手ごろなところがない!
結局、道端のスペースを探して昼食とるところが残念!!

今回は、さらに風があったもんだから、場所を探すのに苦労した。風がもろに当たるところは、とにかく寒い。風よけにシートを張ってみたが、バタバタとして風よけに不十分で、場所を変えたりした。最終的には、風のあまり吹かない所を見つけたが、時間を食ってしまった。

 そのおかげで、川苔山東の分岐についてのは3時。特に川苔にこだわりもないので、今日はパスして下山を急いだ。
 それでも、鳥屋戸尾根を歩けたし、明るい稜線を気持ちよく歩けて、トレーニングもできたので、今日も満足の山行だった。
訪問者数:481人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/10/11
投稿数: 2343
2018/2/18 18:52
 鳥屋戸尾根
良さげな破線道ですねー
あまり危険もなさそうですし
蕎麦粒から仙元尾根を降りても面白そうですね
パクリストに入れさせてください
登録日: 2015/4/3
投稿数: 215
2018/2/19 14:08
 Re: 鳥屋戸尾根
cyberdoc さん、こんにちは。

このところ多事多忙で、ルートを検討する時間があまり取れず、その上、寒いばかりで雪も少なく、テンションが下がり気味です。

そんな中、安易というかヤケクソで行ったルートを、パクリストに入れていただき、ありがとうございます。
バリ屋には物足りないルートですが、目前に百尋ノ滝−川苔山というゴールデンルートがあるので、ハイカーが少なく静かないいルートだと思っています。
ゴールデンルートにこだわりがなければ、是非、行ってみてください。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

急登 林道 三角点 ブナ 山行 防火帯
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ