また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1385983 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

美濃戸口より赤岳(赤岳鉱泉泊で文三郎尾根ピストン)

日程 2018年02月17日(土) 〜 2018年02月18日(日)
メンバー
 ukkysuz(記録)
天候2/17
晴れ 八ヶ岳周辺は曇り
美濃戸口-3℃ 赤岳鉱泉-10℃
2/18
晴天! 微風
赤岳鉱泉-16℃
アクセス
利用交通機関
車・バイク
◆美濃戸口駐車場利用
500円/1日
路面は凸凹だが、美濃戸口までは2駆スタッドレスで全く問題なし
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち58%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間17分
休憩
11分
合計
3時間28分
S美濃戸口10:5111:55美濃戸山荘12:0613:12堰堤広場14:19赤岳鉱泉
2日目
山行
7時間21分
休憩
1時間7分
合計
8時間28分
赤岳鉱泉07:4008:22行者小屋08:3708:54阿弥陀岳分岐10:17文三郎尾根分岐10:54赤岳11:2111:51文三郎尾根分岐12:37阿弥陀岳分岐12:47行者小屋13:1213:54中ノ行者小屋跡15:08美濃戸山荘16:08美濃戸口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
トレース付きまくりです。
ただし冬季VRで歩く人用のトレースも在りまくりなので、そちらに迷いこまないよう注意です。
赤岳山頂手前が岩と雪のミックス。
アイゼンを脚にひっかけないよう注意して歩きました。
その他周辺情報☆立寄り湯☆
八ヶ岳周辺に来たら?
縄文の湯 600円/1名
http://www.city.chino.lg.jp/www/contents/1000000763000/
ただしこの日は周辺のスキー・スノボ客で混込みでした。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

【一日目】
2駆スタッドレスで美濃戸口の駐車場利用
10時過ぎていたが端の方に停められた
2018年02月17日 10:47撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【一日目】
2駆スタッドレスで美濃戸口の駐車場利用
10時過ぎていたが端の方に停められた
林道スタート
写真では分かりづらいが、轍がボコボコのアイスバーンでの登り
これマイカーでは無理だわ
2018年02月17日 11:01撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道スタート
写真では分かりづらいが、轍がボコボコのアイスバーンでの登り
これマイカーでは無理だわ
1
赤岳山荘ら辺から曇り時々雪
ここに停めてる車は4駆+チェーンが多数を占めてた
2018年02月17日 11:54撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳山荘ら辺から曇り時々雪
ここに停めてる車は4駆+チェーンが多数を占めてた
久々にこの標識
2018年02月17日 12:09撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久々にこの標識
今回は赤岳鉱泉泊なので北沢経由
2018年02月17日 12:09撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は赤岳鉱泉泊なので北沢経由
上流から水底はこのように赤い
これが赤岳鉱泉の由来?
2018年02月17日 13:31撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上流から水底はこのように赤い
これが赤岳鉱泉の由来?
赤岳鉱泉に到着
2018年02月17日 14:17撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉に到着
お初
アイスキャンディー、綺麗だな
こういう色は蒼氷ともいうんだっけ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お初
アイスキャンディー、綺麗だな
こういう色は蒼氷ともいうんだっけ?
1
そして小屋内にて休憩中
寒くて再び外へと出る気ならず(^^;
2018年02月17日 15:36撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして小屋内にて休憩中
寒くて再び外へと出る気ならず(^^;
夕食〜肉だ!
火力強めでうっかり手を出すと袖が焦げる
2018年02月17日 16:59撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕食〜肉だ!
火力強めでうっかり手を出すと袖が焦げる
3
【二日目】
-17℃くらいだったかな?
冷えてるが風は穏やか
2018年02月18日 07:37撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【二日目】
-17℃くらいだったかな?
冷えてるが風は穏やか
小同心アップ
2018年02月18日 07:50撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小同心アップ
ゆっくり登ってきて中山尾根分岐
2018年02月18日 08:10撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆっくり登ってきて中山尾根分岐
振り返りつつアップ
大同心と小同心
少しづつ朝日が
2018年02月18日 08:10撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返りつつアップ
大同心と小同心
少しづつ朝日が
行者小屋着
久々ですな
2018年02月18日 08:22撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋着
久々ですな
阿弥陀岳
雪煙が見える
2018年02月18日 08:22撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳
雪煙が見える
1
奥に中岳
こんな寒くてもテン泊している人も多くてお疲れ様
2018年02月18日 08:22撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥に中岳
こんな寒くてもテン泊している人も多くてお疲れ様
1
これから行く赤岳
文三郎尾根に取付いている人も見える
2018年02月18日 08:23撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから行く赤岳
文三郎尾根に取付いている人も見える
再び阿弥陀岳
痺れるような姿
2018年02月18日 09:06撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び阿弥陀岳
痺れるような姿
2
そして文三郎尾根
想像通りキツイ登り
2018年02月18日 09:16撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして文三郎尾根
想像通りキツイ登り
だいぶ陽も出てきたので横岳方面をちらっ
2018年02月18日 09:34撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ陽も出てきたので横岳方面をちらっ
高度を上げてから振り返ると北アが見えきた
2018年02月18日 09:35撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度を上げてから振り返ると北アが見えきた
2
中岳と阿弥陀岳
ここからだと中岳も立派に見える
2018年02月18日 09:35撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳と阿弥陀岳
ここからだと中岳も立派に見える
2
硫黄岳と横岳
対照的な形だなぁ
2018年02月18日 09:48撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳と横岳
対照的な形だなぁ
2
そして赤岳へと最後登り
岩と雪のミックス
2018年02月18日 10:29撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして赤岳へと最後登り
岩と雪のミックス
1
権現岳、ギボシの奥に北岳、甲斐駒、仙丈ヶ岳
この光景は素晴らしすぎて言葉が出ない
2018年02月18日 10:30撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現岳、ギボシの奥に北岳、甲斐駒、仙丈ヶ岳
この光景は素晴らしすぎて言葉が出ない
2
ガスで富士山が霞んで見える
2018年02月18日 10:55撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスで富士山が霞んで見える
これが赤岳へと本当の最後の岩場
渋滞しているのでしばし待ちスタート
2018年02月18日 10:55撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが赤岳へと本当の最後の岩場
渋滞しているのでしばし待ちスタート
1
そして着いたー
2018年02月18日 11:06撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして着いたー
2
北アが良く見える
2018年02月18日 11:07撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アが良く見える
2
阿弥陀岳のひょっこり頂上と乗鞍岳
2018年02月18日 11:07撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳のひょっこり頂上と乗鞍岳
この時期に赤岳に登れる日が来るとは
前回がガスだったから尚嬉しい
2018年02月18日 11:11撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時期に赤岳に登れる日が来るとは
前回がガスだったから尚嬉しい
3
蓼科山まで
以前はあちらからこの景色を見たんだよな
2018年02月18日 11:12撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山まで
以前はあちらからこの景色を見たんだよな
2
文三郎尾根へと下り中
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文三郎尾根へと下り中
急斜面はゆっくりと
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面はゆっくりと
1
行者小屋着
もふもふ
2018年02月18日 12:47撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋着
もふもふ
青い空と白い稜線
八ヶ岳ブルーってこんなイメージ?
2018年02月18日 13:12撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青い空と白い稜線
八ヶ岳ブルーってこんなイメージ?
赤岳を再び
2018年02月18日 13:12撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳を再び
1
では帰りますか
2018年02月18日 13:12撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
では帰りますか
美濃戸山荘からさらに林道
轍は氷まくり、4駆のSUVとか欲しくなる…
2018年02月18日 15:44撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美濃戸山荘からさらに林道
轍は氷まくり、4駆のSUVとか欲しくなる…
美濃戸口到着
だいぶ車も減りましたな
お疲れさまでした
2018年02月18日 15:59撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美濃戸口到着
だいぶ車も減りましたな
お疲れさまでした
撮影機材:

感想/記録

冬季赤岳は冬山初級にとって憧れですよね。
経験者の助けもありので行ってきました。

文三郎尾根の急登、赤岳への最後の岩場。
この2つが正念場でしたけど慎重に慎重に。
久々で冬靴の重さとアイゼンの着脱に戸惑いましたが(^^;
自分的には良い感触で登れたとおもいます。
そして赤岳を下るころには徐々に慣れてそれほど怖くなかったと記しておきます。
次は赤岳地蔵尾根ですかね?
阿弥陀岳も面白そう?

最高の天気で風もそれほど強くなく感謝です。
訪問者数:92人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/9/30
投稿数: 1363
2018/3/1 1:45
 冬の赤岳
ukkysuzさん、こんばんわ

私も一度は行ってみたいと考えている雪山赤岳に登られたのですね。しかも天気が素晴らしくてとっても羨ましいです。さすがに私はほぼ単独なので、森林限界を超えた雪山は危険すぎて自重しています。本当に羨ましいです。
また赤岳鉱泉の夕飯も食べてみたいですね。とってもおいしそう。

美濃戸まではなんとかFFスタッドレスで行けるんですね。その先は4駆で無いとダメですかぁ。。。最近車の買い替え検討中で、フォレスタの4駆にしたいと思っていましたが、、、結局、値段を考えコンパクトカーに落ち着きそうです
登録日: 2009/11/17
投稿数: 1011
2018/3/1 18:23
 Re: 冬の赤岳
こんにちはaottyさん、コメントありがとうございます。
晴天&風も強くないという条件なら難易度はかなり下がると思いますよ?
久々の雪山である自分でも登れたので(^^;
さらに赤岳鉱泉で泊まる事で時間の余裕も生まれたのもありますが
(実は体調がイマイチでありましたが…)
夕食のステーキ、100人は間違いなく超えてる宿泊数ですが準備するのも大変ですよね〜
山小屋でステーキを食すなんて贅沢です。

aottyさんフォレスターを狙ってると( ..)φメモメモ
是非頑張って購入を目指してください
さすれば車で行ける場所増えそうですよね〜
美濃戸口まではほぼ雪がありませんでした、FFスタッドレスで問題無です。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ