また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1386623 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

阿弥陀岳 北稜

日程 2018年02月23日(金) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間55分
休憩
32分
合計
7時間27分
Sスタート地点06:3107:09やまのこ村07:14美濃戸山荘08:13中ノ行者小屋跡08:1608:52行者小屋09:1209:20阿弥陀岳分岐09:2110:33阿弥陀岳分岐10:3410:48中岳のコル登山道水場11:37阿弥陀岳11:4311:44西の肩(岩場)11:4511:50西ノ肩12:38不動清水13:04御小屋山13:57八ヶ岳山荘13:58ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

林道。めっちゃつるつる
2018年02月23日 06:36撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道。めっちゃつるつる
天気いいです
2018年02月23日 09:10撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気いいです
主稜取り付き
2018年02月23日 09:46撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主稜取り付き
チョックストーン
2018年02月23日 09:48撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チョックストーン
阿弥陀北稜へ
2018年02月23日 10:54撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀北稜へ
1
しばし休憩
2018年02月23日 11:11撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばし休憩
ホールドはいい
2018年02月23日 11:15撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホールドはいい
ここもガバばかりで、岩質も固い感じで安心して登れた
2018年02月23日 11:23撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここもガバばかりで、岩質も固い感じで安心して登れた
1
ちょこっとリッジを渡って、斜面を登ったら山頂はすぐそこ
2018年02月23日 11:28撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょこっとリッジを渡って、斜面を登ったら山頂はすぐそこ
1
前回視界が悪くて全く気付かなかった御小屋尾根のフィックス
2018年02月23日 11:46撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回視界が悪くて全く気付かなかった御小屋尾根のフィックス
腹減り過ぎてこれがうなぎの蒲焼に見えた
2018年02月23日 12:16撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
腹減り過ぎてこれがうなぎの蒲焼に見えた
1
黙々と歩いてたら目の前にいた
2018年02月23日 12:40撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黙々と歩いてたら目の前にいた
1

感想/記録

赤岳主稜をやるつもりでしたが、偵察だけで阿弥陀北稜をやりました。
行者小屋から文三郎方面に10分登った道標を阿弥陀方面へ。
トレースはしっかりあるので楽々尾根に乗れました。

晴れていたので雪がぐずぐずになるのが心配でしたが、いい感じにアックスも効いて安心して登れました。
初めて御小屋尾根から美濃戸口に下山しました。 結構別荘地を歩くし、道標がありますが見落とさないように注意が必要です。
訪問者数:605人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2007/10/14
投稿数: 1323
2018/3/2 9:43
 おつかれさま!
私も今季、阿弥陀北稜を狙ってるの。
阿弥陀から赤岳〜硫黄岳を周回しようと思ってたけど、
御小屋尾根で下りるのもいいですね。参考になりました。
登録日: 2012/9/24
投稿数: 16
2018/3/2 21:25
 Re: おつかれさま!
だいぶ雪がなくて、岩峰左の雪璧を登ってくと岩場をパスできる裏技トレースもついてましたよ(笑)
御小屋尾根はなんか早く下れる気がするのでおすすめです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ