また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1387250 全員に公開 雪山ハイキング霊仙・伊吹・藤原

伊吹山スノトレ(上野登山口in/out)

日程 2018年02月24日(土) [日帰り]
メンバー
天候 曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山口までのアクセス道も凍結、積雪なし。
危険箇所は特にないが、週末は登山者が多いので、一定の距離をあけて登下山するのが安全だと思います。
あと…1合目〜2合目は、雪解け&入山者数多のため、ドロドロぐちゃぐちゃ(チョコレートフォンデュ状態)で、ここでアイゼンつけてると、アイゼン洗浄に大変骨が折れます。一度コケて、ズボンやザックに、相応の犠牲(落ちないドロ色)を負いました(T_T)
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

米原市街地から望む伊吹山
2018年02月24日 09:40撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
米原市街地から望む伊吹山
3合目過ぎ、伊吹山の全貌が見える
2018年02月24日 11:19撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3合目過ぎ、伊吹山の全貌が見える
冬は山頂まで直登できる。ハイカーは、さながらアリのよう
2018年02月24日 11:26撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬は山頂まで直登できる。ハイカーは、さながらアリのよう
右がジグザク夏道、左のアリ道が冬道
2018年02月24日 11:27撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右がジグザク夏道、左のアリ道が冬道
5合目辺りから山頂までの一本道を望む
2018年02月24日 11:43撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5合目辺りから山頂までの一本道を望む
山頂は強風。オラフもすぐコケる(笑)
2018年02月24日 13:04撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は強風。オラフもすぐコケる(笑)
寒そうなヤマトタケルノミコト
2018年02月24日 13:08撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寒そうなヤマトタケルノミコト
強風、眺望なし...。2度目の登頂は残念な結果に。
2018年02月24日 13:10撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強風、眺望なし...。2度目の登頂は残念な結果に。
山頂からUターンし、ここからは下り♪
2018年02月24日 13:23撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からUターンし、ここからは下り♪
下りはシリセードでラクラク♪
2018年02月24日 13:27撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りはシリセードでラクラク♪

感想/記録

元々は福井・荒島岳に登るつもりで、前夜東京発の夜行バスで福井入りするも、荒天予報につき、急遽予定変更し、午前中一杯は晴れ予報の伊吹山までレンタカーで移動。

昨夏に、朝1時過ぎに登山開始し、山頂でご来光を仰いだ伊吹山。同じ登山口からのアタックになるので、冬山でも心配は皆無。福井から移動した都合上、登山開始は10時前と少し出遅れたものの、とにかくすごい人の数…。下から見上げると、登山者が多数のアリのよう。自分もアリの一匹なんですが!

来るまで知りませんでしたが、冬道は基本、雪上を最短ルートで直登。山頂までも、2〜3合目間も、夏には歩けない最短ルートで進めるため、タイムを比較したら、昨夏と今回は、ほぼ同タイムでした♪

あいにく、晴れ間が現れることはほぼほぼなく、ずっとガスの中で眺望はありませんでしたが、直登の楽しさ(辛さ?)、下りのシリセード(尻滑り)の楽しさ、快適さ等を会得したのが収穫でしたね。

冬山でも登山者が多く、道も迷う要素がなく、危険箇所も特段ないことから、冬山初心者(特にソロ)には、おすすめの山かもしれません。眼下の琵琶湖や遠方の名峰・白山などが望める好天下なら、さぞかし思い出深い山行になること、間違いないですね♪
訪問者数:199人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

アイゼン ザック ガス ご来光 直登 山行
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ