また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1389655 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走大峰山脈

厳冬期の大峰大普賢岳周辺を原登する ワサビ谷〜大普賢岳〜伯母谷覗

日程 2018年02月23日(金) 〜 2018年02月26日(月)
メンバー
 kei23776(CL)
 ohdebara(SL)
 arrow1025(記録)
 sasakko(食事)
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
【2/23(金)】三宮、西宮北口20:30⇒大迫ダム
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間58分
休憩
35分
合計
9時間33分
Sスタート地点07:1409:22伯母峰辻13:46日本岳(文殊岳)14:20石の鼻14:2914:35小普賢岳14:5215:48大普賢岳15:5716:47幕営地
2日目
山行
6時間16分
休憩
13分
合計
6時間29分
幕営地06:3408:56伯母谷覗09:0913:03ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
【2/24(土)】大台ドライブウェイ入口7:15→笙ノ窟尾根に尾根8:05→日本岳14:05→大普賢岳15:50→幕営地16:45
【2/25(日)】幕営地6:30→脇ノ宿跡7:30→伯母谷覗9:00→ゴール13:10
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

大台ドライブウェイ入口から入山
2018年02月24日 07:14撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大台ドライブウェイ入口から入山
3
笙ノ窟尾根
2018年02月24日 09:11撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笙ノ窟尾根
1
日本岳1505mから北を望む
2018年02月24日 11:38撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本岳1505mから北を望む
2
1505Pから懸垂下降で下る
2018年02月24日 12:54撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1505Pから懸垂下降で下る
7
一般道へエスケープ
2018年02月24日 13:32撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一般道へエスケープ
1
大普賢岳への急登
2018年02月24日 15:01撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大普賢岳への急登
6
大普賢岳山頂
2018年02月24日 15:47撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大普賢岳山頂
6
伯母谷覗
2018年02月25日 08:57撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伯母谷覗
6
下山路の尾根上で一息
2018年02月25日 10:36撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山路の尾根上で一息
幕営地を探しに
2018年02月24日 16:12撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幕営地を探しに
今夜のお宿
2018年02月24日 17:15撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今夜のお宿
1
一晩でアイゼンに着いた霜柱
2018年02月25日 06:21撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一晩でアイゼンに着いた霜柱
1
危ないトラバース
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
危ないトラバース
1
高いねぇ怖いねえ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高いねぇ怖いねえ

感想/記録

【2/23(金)】夜、神戸を出発し大迫ダム駐車場で前夜泊。25日は天候不良の予報。当初計画の反対周りで大普賢岳山頂を目指すコースとなりました。
【2/24(土)】朝、車で大台ケ原ドライブウェイ入口まで移動したのですが車中から見る山は茶色く雪があるのか心配する声が、ワカンは置いていくことになりました(後で後悔する声も)。
道は凍結しており早速アイゼン装着し準備を整えます。大台ヶ原ドライブウェイ入り口付近から入山、笙ノ窟尾根に向け急斜面を登って行きます。アイゼンがいい塩梅に利いてくれました。アイゼンがなければ笙ノ窟尾根まで出るのも一苦労だったと思います。
笙ノ窟尾根を西へ登ります。尾根は段々と痩せ岩稜帯へと変化します。曾孫普賢岳(1505P)からの急降はロープを出し懸垂下降で下ることになりました。アイゼンでの懸垂下降に一苦労、時間がかかりました。そのまま尾根伝いに日本岳へ向かう予定でしたがその後の山行行程を考慮し一般ルートへ下りることになりました。一般ルートには朝日窟、鷲の窟があり氷柱も見ることができました。
日本岳コルから大普賢岳までの夏道にはトレースがしっかりあったのですが、危険なトラバースが続きます。トラバースが終わると鉄梯子や鎖が出現する急登です。急登を登りきると景色が開け大峰山系が見渡せる大普賢岳頂上に到着しました。大普賢岳北面を下りたコルでテントを張り、1日目終了しました。
【2/25(日)】2日目は脇ノ宿跡、伯母谷覗を目指します。2日目のコースは人が入っている痕跡なく雪も深いため、交代で先頭を歩きます。脇ノ宿跡前後のルートはわかりにくくルート選択も難しいためCLが先頭を歩きます。伯母谷覗からは前日の行程が見渡せ、感慨深いものがありました。伯母谷覗を過ぎた尾根から山葵谷手前の一般道へ下山しました。(MOR)
<コース状況>冬山装備必要、一般ルートではありません。
<特記事項>ヒヤリハットなし。23日の時点で風邪症状あるメンバーが2名。1名は中止、1名は参加しましたがかなり辛そうでした。(体調が悪いときは中止すべき:本人談)
訪問者数:594人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ