また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1393504 全員に公開 雪山ハイキング奥秩父

乾徳山

日程 2018年03月03日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間30分
休憩
0分
合計
6時間30分
S乾徳山登山口バス停06:1007:30道満山10:30乾徳山12:40乾徳山登山口バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
山頂直下の岩登りの場所は鎖を頼りに登りますので、危険。迂回路があり、無理せず。ヘルメットあったら念のためかぶった方が良い。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

朝焼けで山にかかる
2018年03月03日 06:18撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝焼けで山にかかる
1
「Doman Ridege」ってかっこいい
2018年03月03日 06:18撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「Doman Ridege」ってかっこいい
柵を越えた後、こういうところから登り始める
2018年03月03日 06:22撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柵を越えた後、こういうところから登り始める
しばらくは展望もなくひたすら
2018年03月03日 06:56撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくは展望もなくひたすら
1
Mt.Domanは特に展望もない。少し開けてる。
2018年03月03日 07:27撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Mt.Domanは特に展望もない。少し開けてる。
1
雪が出始める
2018年03月03日 07:28撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が出始める
1
途中から車道が出てきて、何回か渡る。
2018年03月03日 07:42撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中から車道が出てきて、何回か渡る。
1
車では来られないだろうけど、来られても怖いので来たくない。
2018年03月03日 08:16撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車では来られないだろうけど、来られても怖いので来たくない。
1
しばらくは一人の人の足跡と鹿の足跡を追いかけて進んでいく。
2018年03月03日 08:45撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくは一人の人の足跡と鹿の足跡を追いかけて進んでいく。
1
ここの岩でゆっくりと休憩。
2018年03月03日 08:52撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの岩でゆっくりと休憩。
1
モコモコした感じ
2018年03月03日 08:52撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モコモコした感じ
1
いきなり原っぱに。
2018年03月03日 09:21撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなり原っぱに。
1
広いしサッカーできる
2018年03月03日 09:23撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広いしサッカーできる
1
扇平というんですね
2018年03月03日 09:29撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇平というんですね
1
どれで洗う?
2018年03月03日 09:29撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どれで洗う?
すこし雪も緩んできた
2018年03月03日 09:59撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すこし雪も緩んできた
中を通った足跡がありました
2018年03月03日 10:02撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中を通った足跡がありました
1
南アルプスも良く見える。
2018年03月03日 10:05撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスも良く見える。
1
えー眺めや。
2018年03月03日 10:06撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
えー眺めや。
1
ここはまだまだ簡単。
2018年03月03日 10:08撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここはまだまだ簡単。
1
急な雨の時はここで避難かな
2018年03月03日 10:13撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な雨の時はここで避難かな
1
迂回路は帰りに使ってみた。はしごに雪が凍りついていて迂回路の方が怖かった。
2018年03月03日 10:23撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迂回路は帰りに使ってみた。はしごに雪が凍りついていて迂回路の方が怖かった。
1
鎖があるので、難なく登れる、と思ってたけど、手や足を置けそうなところはみんな使うのでツルッツル。
2018年03月03日 10:23撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖があるので、難なく登れる、と思ってたけど、手や足を置けそうなところはみんな使うのでツルッツル。
1
腕力と脚力でどうぞ。
2018年03月03日 10:24撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
腕力と脚力でどうぞ。
1
登りきったらこんな感じ
2018年03月03日 10:29撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りきったらこんな感じ
1
ここは素晴らしい山です。
2018年03月03日 10:30撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは素晴らしい山です。
1

感想/記録

毎年2月は忙しいので、雪山行きたいんだけど、あんまり行けず。
1月の赤城山以来の登山で体が鈍った状態。二の腕が筋肉痛なのは鎖場が原因なんだろうか。

麓の三富徳和はすれ違った人は挨拶してくれるし、山の中の集落としては建物も新しく雰囲気は何か明るい。

扇平までは木々の隙間から景色が見えるが、葉っぱが生い茂る時期になったら景色は見づらくなると思う。
途中、車道出合を過ぎた頃から雪が出てくる。特に深くもなくアイゼンをつけずにあるく。足跡は男性のものと思われるものが一人分とカモシカの分。
カモシカがずっと登山道を歩いているのがわかった。カモシカも歩きやすい登山道を歩くんだ。

座るのにちょうどいい岩があったので途中でお昼休憩をとる。

扇平は草原になっており、急に景色が広がる。
富士山や山梨市も一望でき、気分があがる。

手洗岩に雪が積もっていて何が手洗なのかわからなかったけど、そこからまた木々が生え、岩が多い登りになる。
剃刀岩までくると気が低く、少なくなりまた景色が広がってくるが、先ほどより標高が高いので、さらによく見渡せ、南アルプスも見えるようになってくる。

頂上直下の鳳岩は鎖を使わないと登れなかった。
途中にある岩場もだけどたくさんのひとが通ったため、掴みやすいところ、足をかけやすいところはツルツルになっている。
ちょっと怖い。

山頂は360度のパノラマで今まで登った山々がよく見えた。見える山が知っている山だと嬉しい。

山頂からの下りは迂回路を使ったが、雪と氷でむしろこっちの方が怖かった。
気温が高く雪も腐っていたので、グリセード気味に走ったり、歩いたり、跳んだり。

鳥の鳴き声も心地よく、鹿も姿を見せ、春の訪れを感じさせる山登りとなった。
多分花粉の量は半端なかったと思う。
訪問者数:34人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ