また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1395038 全員に公開 雪山ハイキング谷川・武尊

平標山・仙ノ倉山周回〜雄大な眺望と静かな春の雪山

日程 2018年03月04日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
みくに国際学園前駐車場。10〜15台程度しか停められない。7時で満車。
3月下旬には登山口駐車場が除雪され使用可。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち57%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間52分
休憩
2時間12分
合計
10時間4分
Sスタート地点06:2109:35平標山09:5410:07平仙鞍部10:55仙ノ倉山12:2813:03平仙鞍部13:20平標山13:2813:59一ノ肩14:0314:56松手山14:5815:28松手山コース送電鉄塔16:15平標登山口16:2116:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
shilokoさんのペースに合わせ、また陽気の良い春の雪山と素晴らしい景色を楽しむため、ゆっくりです。
コース状況/
危険箇所等
全行程明瞭なトレースあり。
当日の気温、駐車場−2℃、下山時15℃、平標山頂8℃、平仙鞍部15℃、仙ノ倉山頂7℃。気温上昇により緩み、重い。
林道ゲート前からアイゼン装着。
ヤカイ沢、スノーブリッジが脆い個所あり、沢床転落注意。
松手山コース、一ノ肩から登山口まで雪が締まっておらず踏み抜き地獄。
その他周辺情報ミシュランガイドに決して載ることはない下牧の3つ星、高橋の若どり。個人的には蒸し焼きにサルサソースが好み。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

みくに学園前駐車場に駐車。10〜15台しか停められないため、7時過ぎには満車だったそうだ。3月下旬には登山口駐車場も開くだろう。
2018年03月04日 06:21撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みくに学園前駐車場に駐車。10〜15台しか停められないため、7時過ぎには満車だったそうだ。3月下旬には登山口駐車場も開くだろう。
3
その学園北をショートカットして林道へ向かうshilokoさん。正面に松手山コースの鉄塔。ほとんどの方がBC。登山者は少ない。気温−2℃。暖かい。
2018年03月04日 06:22撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その学園北をショートカットして林道へ向かうshilokoさん。正面に松手山コースの鉄塔。ほとんどの方がBC。登山者は少ない。気温−2℃。暖かい。
2
ゲート手前から東へ曲がり樹林帯を行く。ヤカイ沢の流れが見える。ここも少雪だ。
2018年03月04日 06:54撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲート手前から東へ曲がり樹林帯を行く。ヤカイ沢の流れが見える。ここも少雪だ。
一ノ肩〜山頂の稜線。雪庇、シュカブラとクラック。雪が少ない。
2018年03月04日 07:17撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ肩〜山頂の稜線。雪庇、シュカブラとクラック。雪が少ない。
7
ヤカイ沢は2度目のshilokoさん。苗場山を背景に頑張って登る。気温が上昇し暑い。
2018年03月04日 07:57撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤカイ沢は2度目のshilokoさん。苗場山を背景に頑張って登る。気温が上昇し暑い。
1
稜線上から朝日が昇る。
2018年03月04日 08:21撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線上から朝日が昇る。
2
白い斜面に美しい光芒。
2018年03月04日 08:30撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白い斜面に美しい光芒。
12
平元新道手前の急斜面から。苗場山方面の山稜。右に松手山が見える。今日は気候の良い散策なので、春の雪山をゆったり楽しむ。
2018年03月04日 08:38撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平元新道手前の急斜面から。苗場山方面の山稜。右に松手山が見える。今日は気候の良い散策なので、春の雪山をゆったり楽しむ。
9
初夏は池塘にキンコウカが、道にはシャクナゲが彩り、今は白一面の平元新道。7月下旬まで残雪がある。
2018年03月04日 08:53撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初夏は池塘にキンコウカが、道にはシャクナゲが彩り、今は白一面の平元新道。7月下旬まで残雪がある。
3
雄大な風景を背景に登るshilokoさん。暑い。
2018年03月04日 09:01撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄大な風景を背景に登るshilokoさん。暑い。
14
ここで大の字!ドラゴンドラも緊急停止する開脚。
2018年03月04日 09:07撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで大の字!ドラゴンドラも緊急停止する開脚。
6
太源太山、平標山の家は半埋没している。
2018年03月04日 09:08撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太源太山、平標山の家は半埋没している。
3
平標山頂が見えてきた。快晴の平標ブルー。
2018年03月04日 09:11撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平標山頂が見えてきた。快晴の平標ブルー。
2
右手には平仙鞍部、仙ノ倉山が見える。
2018年03月04日 09:27撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手には平仙鞍部、仙ノ倉山が見える。
3
平標山頂。すでにバテて控えめに足を上げるshilokoさんと、食事を控えめにしないと、月末受診する健康診断の結果が恐ろしいが、怖いもの見たさで今夜も肉を喰らうアラフィフの愚か者。
2018年03月04日 09:41撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平標山頂。すでにバテて控えめに足を上げるshilokoさんと、食事を控えめにしないと、月末受診する健康診断の結果が恐ろしいが、怖いもの見たさで今夜も肉を喰らうアラフィフの愚か者。
24
山頂から東方面。白砂山、岩菅山、苗場山、苗場スキー場。
2018年03月04日 09:36撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から東方面。白砂山、岩菅山、苗場山、苗場スキー場。
5
山頂から北西方面。日白山、タカマタギ、十日町、湯沢町。
2018年03月04日 09:36撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から北西方面。日白山、タカマタギ、十日町、湯沢町。
4
山頂から北東方面。越後三山、谷川連峰、土樽。
2018年03月04日 09:36撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から北東方面。越後三山、谷川連峰、土樽。
7
山頂から西方面。仙ノ倉山、谷川岳。
2018年03月04日 09:36撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から西方面。仙ノ倉山、谷川岳。
5
山頂から南方面。平元新道、太源太田山、三国山、遠くに赤城山、榛名山。
2018年03月04日 09:36撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から南方面。平元新道、太源太田山、三国山、遠くに赤城山、榛名山。
1
山頂から南西方面。浅間山、白砂山。
2018年03月04日 09:36撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から南西方面。浅間山、白砂山。
1
浅間山、外輪山。
2018年03月04日 09:48撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間山、外輪山。
5
北アルプス白馬三山、不帰嶮、先週登った唐松岳。
2018年03月04日 09:49撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプス白馬三山、不帰嶮、先週登った唐松岳。
3
苗場山、神楽ヶ峰。かぐらみつまたスキー場。
2018年03月04日 09:51撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苗場山、神楽ヶ峰。かぐらみつまたスキー場。
3
仙ノ倉山へ向かう。
2018年03月04日 09:56撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙ノ倉山へ向かう。
10
スノーモンスターも啓蟄、解凍中。南風で空気が暖かく気温15℃。信じられない暖かさ。
2018年03月04日 10:13撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スノーモンスターも啓蟄、解凍中。南風で空気が暖かく気温15℃。信じられない暖かさ。
1
初夏はお花畑が広がる平仙鞍部は一面白い雪。ただ暖かくブッシュが出始めている。
2018年03月04日 10:14撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初夏はお花畑が広がる平仙鞍部は一面白い雪。ただ暖かくブッシュが出始めている。
仙ノ倉山とニセピークが三つある。本物はどれだ!
2018年03月04日 10:20撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙ノ倉山とニセピークが三つある。本物はどれだ!
1
距離標にはエビしっぽの名残。春先の気温と風景。
2018年03月04日 10:25撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
距離標にはエビしっぽの名残。春先の気温と風景。
1
美しい雪原を歩くshilokoさん。登山者も先行者1名しかおらず谷川主脈貸し切り状態。
2018年03月04日 10:34撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しい雪原を歩くshilokoさん。登山者も先行者1名しかおらず谷川主脈貸し切り状態。
4
シュカブラが風雪の強さを物語る。
2018年03月04日 10:42撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シュカブラが風雪の強さを物語る。
3
上信越の山並みを見ながら静かな雪山を楽しむ。人や物の喧騒もなく、急がない、慌てない、景色を見ながらゆったり歩く。
2018年03月04日 10:42撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上信越の山並みを見ながら静かな雪山を楽しむ。人や物の喧騒もなく、急がない、慌てない、景色を見ながらゆったり歩く。
5
エビス大黒ノ頭、小出俣山。
2018年03月04日 10:45撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エビス大黒ノ頭、小出俣山。
1
吸い込まれそうな左俣沢。赤谷川へ流れ込む。
2018年03月04日 10:45撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吸い込まれそうな左俣沢。赤谷川へ流れ込む。
小ピークをシリセードするshilokoさん。
2018年03月04日 10:47撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小ピークをシリセードするshilokoさん。
5
仙ノ倉山への階段にシュカブラ。
2018年03月04日 10:51撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙ノ倉山への階段にシュカブラ。
ビクトリーロードを駆け上がる。
2018年03月04日 10:53撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビクトリーロードを駆け上がる。
振り返ると美しい風景に歩みが停まる。
2018年03月04日 10:53撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると美しい風景に歩みが停まる。
3
仙ノ倉山頂。華麗にポーズするshilokoさんと、この日差しで顔を日焼けしたが「日に焼けましたね、どこへ行ってきたのですか?」と、誰からも聞かれず、カレーの香りが身体から漂いインド人もびっくりさせる愚か者。
2018年03月04日 11:03撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙ノ倉山頂。華麗にポーズするshilokoさんと、この日差しで顔を日焼けしたが「日に焼けましたね、どこへ行ってきたのですか?」と、誰からも聞かれず、カレーの香りが身体から漂いインド人もびっくりさせる愚か者。
19
山頂東方面。谷川主脈、毛渡乗越、万太郎山。谷川主脈では仙ノ倉山が一番標高が高く2026m。見通しが良い。
2018年03月04日 11:05撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂東方面。谷川主脈、毛渡乗越、万太郎山。谷川主脈では仙ノ倉山が一番標高が高く2026m。見通しが良い。
5
山頂西方面。苗場山、岩菅山、白砂山。方位柱に強烈なエビしっぽ。
2018年03月04日 11:05撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂西方面。苗場山、岩菅山、白砂山。方位柱に強烈なエビしっぽ。
守門岳。手前は金城山、イワキ頭。
2018年03月04日 11:09撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
守門岳。手前は金城山、イワキ頭。
日白山、タカマタギ。中央にガーラ湯沢スキー場。左奥に米山、黒姫山、中央に八石山、右奥に弥彦山
2018年03月04日 11:10撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日白山、タカマタギ。中央にガーラ湯沢スキー場。左奥に米山、黒姫山、中央に八石山、右奥に弥彦山
2
岩菅山、烏帽子岳。手前は佐武流山の稜線。
2018年03月04日 11:10撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩菅山、烏帽子岳。手前は佐武流山の稜線。
3
エビしっぽと宴会場準備中のshilokoさん。後ろでは先行者のhoripyさんが食事中。お世話になりました。現地で不明だった山をこのレコで同定をしておきました。
2018年03月04日 11:12撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エビしっぽと宴会場準備中のshilokoさん。後ろでは先行者のhoripyさんが食事中。お世話になりました。現地で不明だった山をこのレコで同定をしておきました。
9
爼堯∪鄰ノ頭。こちらから見ると双耳峰なのだ。来月登頂予定。手前は東俣ノ頭。
2018年03月04日 11:13撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爼堯∪鄰ノ頭。こちらから見ると双耳峰なのだ。来月登頂予定。手前は東俣ノ頭。
3
万太郎山、吾策新道。
2018年03月04日 11:13撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
万太郎山、吾策新道。
6
一ノ倉岳、茂倉岳、武能岳。奥には平ヶ岳。
2018年03月04日 11:14撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ倉岳、茂倉岳、武能岳。奥には平ヶ岳。
3
谷川岳双耳峰。手前は万太郎山山頂。奥に笠ヶ岳、至仏山。
2018年03月04日 11:37撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳双耳峰。手前は万太郎山山頂。奥に笠ヶ岳、至仏山。
1
肩の小屋、混雑する双耳峰。オキノ耳手前では登山者が数珠繋ぎ。こちらは2人だけになった。
2018年03月04日 11:37撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩の小屋、混雑する双耳峰。オキノ耳手前では登山者が数珠繋ぎ。こちらは2人だけになった。
1
上州武尊山、日光白根山、男体山、皇海山。
2018年03月04日 11:37撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上州武尊山、日光白根山、男体山、皇海山。
1
帰省したshilokoさんの手土産、永井食堂のもつっ子。すでにチューハイを飲んでいるアルチューのshilokoさん。
2018年03月04日 11:26撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰省したshilokoさんの手土産、永井食堂のもつっ子。すでにチューハイを飲んでいるアルチューのshilokoさん。
9
貸し切りの仙ノ倉山頂で、雄大な景色を見ながらモツ煮を喰らう。ひっそりと静かな雪山を堪能。
2018年03月04日 11:36撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
貸し切りの仙ノ倉山頂で、雄大な景色を見ながらモツ煮を喰らう。ひっそりと静かな雪山を堪能。
8
〆は、上州名物「おっきりこみ」にして煮込む。
2018年03月04日 11:49撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
〆は、上州名物「おっきりこみ」にして煮込む。
10
かき氷が食べたいくらい暑い陽気。
2018年03月04日 12:18撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かき氷が食べたいくらい暑い陽気。
6
エビス方面へ少し足を延ばしたかったが、shilokoさんがバテバテなので下山する。
2018年03月04日 12:30撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エビス方面へ少し足を延ばしたかったが、shilokoさんがバテバテなので下山する。
1
下山はピークへ行かず北斜面をトラバースしていく。積雪期ショートカット。
2018年03月04日 12:33撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山はピークへ行かず北斜面をトラバースしていく。積雪期ショートカット。
雪庇も小さく、この歩行により雪崩は誘発しないだろう。
2018年03月04日 12:34撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇も小さく、この歩行により雪崩は誘発しないだろう。
2
東ゼンノ沢。吸い込まれそうだ。
2018年03月04日 12:44撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東ゼンノ沢。吸い込まれそうだ。
1
このあたりから踏み抜きが多くなる。シャクナゲ植生地は踏み抜きやすく要注意。
2018年03月04日 12:50撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりから踏み抜きが多くなる。シャクナゲ植生地は踏み抜きやすく要注意。
2
3月4日とは思えない雪の少なさ。平仙鞍部。
2018年03月04日 13:02撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3月4日とは思えない雪の少なさ。平仙鞍部。
1
平標山頂から松手山方面へ向かう。早速シリセードするshilokoさん。登り返しバテバテからの切り返しがムダに早い。
2018年03月04日 13:30撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平標山頂から松手山方面へ向かう。早速シリセードするshilokoさん。登り返しバテバテからの切り返しがムダに早い。
3
私は踏み抜き、団子対策でスノーシューにチェンジ。もうボロボロなので今年はアッセントを買おう。エボは軽量で使いやすかったが、アッセントの方が横刃が多く食いつきが良い。
2018年03月04日 13:36撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私は踏み抜き、団子対策でスノーシューにチェンジ。もうボロボロなので今年はアッセントを買おう。エボは軽量で使いやすかったが、アッセントの方が横刃が多く食いつきが良い。
2
一ノ肩手前から谷川主脈。
2018年03月04日 13:39撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ肩手前から谷川主脈。
東谷山、日白山。風が強くなり日本海の水平線が見える。写真では分かりにくいが右奥の水平線上に佐渡島。
2018年03月04日 13:48撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東谷山、日白山。風が強くなり日本海の水平線が見える。写真では分かりにくいが右奥の水平線上に佐渡島。
2
松手山までの急斜面。気温が高く雪が緩み踏み抜き地獄。
2018年03月04日 14:13撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松手山までの急斜面。気温が高く雪が緩み踏み抜き地獄。
1
平標ブルーに飛行機雲。この急斜面シリセードBCするshilokoさん。さすがプロは恐れない。
2018年03月04日 14:18撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平標ブルーに飛行機雲。この急斜面シリセードBCするshilokoさん。さすがプロは恐れない。
5
日本カーリング女子チーム以上に滑りをコントロールできるJAシート。やはりシリセードにはそれが一番ですか?shilokoさん曰く「そだね〜」
2018年03月04日 14:24撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本カーリング女子チーム以上に滑りをコントロールできるJAシート。やはりシリセードにはそれが一番ですか?shilokoさん曰く「そだね〜」
6
踏み抜きを嫌がり急斜面をシリセードするshilokoさん。
2018年03月04日 14:27撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み抜きを嫌がり急斜面をシリセードするshilokoさん。
豪快に腰まで雪に埋まる。
2018年03月04日 14:27撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
豪快に腰まで雪に埋まる。
12
快晴の空に平標山、一ノ肩。
2018年03月04日 14:28撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快晴の空に平標山、一ノ肩。
2
ブロック雪崩。去年もここは大きく崩れていた。
2018年03月04日 14:31撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブロック雪崩。去年もここは大きく崩れていた。
1
松手山。守門岳ほどではないが雪庇が美しい。
2018年03月04日 14:43撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松手山。守門岳ほどではないが雪庇が美しい。
1
雪庇に恐る恐る立つshilokoさん。
2018年03月04日 14:59撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇に恐る恐る立つshilokoさん。
1
バニラアイスのようだ。気温上昇で溶けだし崩れ始めている。
2018年03月04日 15:01撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バニラアイスのようだ。気温上昇で溶けだし崩れ始めている。
3
松手山を過ぎると平標山は見えなくなる。見納め。次は花の時期に訪れる。
2018年03月04日 15:05撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松手山を過ぎると平標山は見えなくなる。見納め。次は花の時期に訪れる。
1
鉄塔までの稜線は雪庇が続く。
2018年03月04日 15:12撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔までの稜線は雪庇が続く。
踏み抜き地獄は終わらない。私はスノーシュー履いていても踏み抜き、転倒数知れず。今日の登山者の方々は苦労したようだ。
2018年03月04日 15:39撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み抜き地獄は終わらない。私はスノーシュー履いていても踏み抜き、転倒数知れず。今日の登山者の方々は苦労したようだ。
1
青い空に美しいシラカンバの白い尾根。
2018年03月04日 15:54撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青い空に美しいシラカンバの白い尾根。
2
無事登山口に到着。
2018年03月04日 16:20撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事登山口に到着。
5
混んでいた駐車場はポツンと一台だけ。
2018年03月04日 16:25撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
混んでいた駐車場はポツンと一台だけ。
5

感想/記録

 三月、弥生に入った。6日は二十四節気「啓蟄」。虫たちも地面から出てくる陽気。道を歩くと梅の香りが漂い、庭先には水仙や福寿草がきれいに咲いている。色の少なかった冬から、色彩鮮やかな春へ。季節がまた巡ってくる。

 年末から予定していた平標、仙ノ倉山へやっと行くことが出来た。雪が少ない影響で時間があればエビス大黒ノ頭まで行く予定。残雪期登頂の爼堯▲織マタギの偵察も兼ねている。谷川岳も候補に有ったが、西黒尾根から行っても結局山頂付近で混雑するのでパス。白毛門はビビりのshilokoさんが雪崩を恐れてパス。ゆるゆる雪山散歩となった。

 前橋を4時半に出立。道中凍結もなく日の出前の5時50分に到着。念のため平標登山口駐車場を見に行くと、まだ除雪されていない。下旬には使用できるだろう。みくに学園前には10台程度停まっており、ほぼBCの方。ここは20台は停められない。車が停めにくいから入山者はこの時期少ない。

 装備し出立する。気温−2℃で暖かいが凍結している林道を歩んでいく。ゲート手前の所でアイゼン装着。早朝でクラストしており歩きやすい。ヤカイ沢の流れが見えており、やはりここも少雪。歩んで遡上して行くが、スノーブリッジが脆く沢床が見えている所もあった。

 左手に一ノ肩を見ながら南へ巻いて行くと急登が始まる。サンクラストしておりアイゼンが効いて非常に歩きやすい。業務多忙なshilokoさんは運動不足でバテバテ。主脈縦走や先月赤岳、阿弥陀岳周回した人とは思えないくらいダメダメ。今日は天気が良いのでムダに汗をかかずゆったりと歩く。景色を眺めながらshilokoさんを待つ。

 急登を征すると平元新道の稜線へ出る。眼下には大源太山、半埋没している平標山の家。一面の白い斜面を登って行く。強い日差しと雲一つない快晴の青空。暑くて腕まくり。半袖でも良い位だ。

 平標山頂へ着くと登山者が2名。記念撮影と景色を眺める。山頂に居る方と山座同定。遠くまで見えている不明な山もあり、帰宅後同定することにした。仙ノ倉山へ行くのかと尋ねられ、もちろん行くつもりと答えた。ヤマレコユーザーのhoripyさんでした。先行して出立して行った。当日はお世話になりました。

 エネルギーチャージした後、仙ノ倉山へ向かう。美しい平仙鞍部は主脈でも私のお気に入りの場所の一つ。白い雪原を歩いていく。木階段が一部露出しており踏み抜き注意。ニセピーク脇をトラバースする冬季ショートカットがあるが、往路はピークを歩んで様子と景色を見る。

 太陽高度がある3月、高い位置からの日差しと南風により稜線上でも気温13℃。信じられないくらい暑い。雪が緩み出して踏み抜きするようになったが、真っ青な空と白い山の連なりを見ているだけで心が落ち着く。しかも目視範囲だが谷川主脈ほぼ貸し切り状態。先行者のhoripyさん1名だけ。静かな雪山と眺望を楽しむ素晴らしい日。

 小ピークを3つ超えると仙ノ倉山。山頂からは360度のパノラマ。谷川主脈で一番標高が高く2026m。その他の山や頭は全て2000m以下だ。見通しが良い山頂で記念撮影。時間がまだあるのでエビス方面へ行きたかったが、shilokoさんがバテバテ、ダメダメなので今日はここまでとする。6月か7月に主脈縦走東行きを予定。

 雄大な万太郎山を目の前にして昼食。shilokoさんの帰省みやげ永井食堂のモツ煮。
赤岳に続いてまたもつっ子。暖かい気候でバテバテのshilokoさんだが、栄養豊富なモツ煮を喰らって復路はもつっ子パワーで楽勝と願いたいものだ。チューハイとワインのハイオクで、きれいに燃え尽きてしまうのは勘弁してほしいが・・・

 往路は小ピークをトラバースして行く。東ゼンノ沢の白い半すり鉢状の雪面が美しい。見上げると小ピークの斜面もきらめいている。ここも踏み抜きが多く苦労する。アイゼンの裏が団子となり更に歩きにくさを加速させる。

 再び平標山頂に戻るとBCの方が増えていた。松手山方面へ下山する。さて行こうかと歩み出したらいきなりshilokoさんがシリセード。BCボーダーも驚いていたが、バテバテで昇り返した平標山頂からの切り替えの速さに私も驚き。さすが下山家。

 私は踏み抜き、団子対策のためスノーシューにチェンジ。下りでテールが引っ掛けやすいが踏み抜くよりマシ。しかしスノーシューでも踏み抜くからおかしい。やはり総重量が重いから仕方ないのか・・・25インチを買おうと金もないのに皮算用。

 一ノ肩の下りは急斜面ということもあり、滑落に注意しながら下っていく。そんな注意しなければならない急斜面だがシャーと後ろから音がする。振り向くとやはりプロはJAシートを出して豪快に滑り降りている。シリセードのスーパー大回転だ。ただそれでも雪が緩い所が数か所あり、shilokoさんは腰や胸まで埋まっていた。

 松手山の素晴らしい雪庇を眺めて、見上げると平標山。鉄塔へ向かう稜線にもきれいな雪庇。ただここから先が本当の踏み抜き地獄で、先行者のみなさんの苦労がうかがえる踏み抜きの数々。私はスノーシューで踏み抜き跡を潰して行くのだが、それごとブロック雪崩のように崩して転倒続出。日焼け跡が雪で冷やされて気持ちよかったが・・・

 何とか無事に登山道口まで到着。茂倉新道や武尊山などで残雪期に踏み抜き地獄を経験したが、今回が一番ひどかった。前例より危険が伴わなかったので良かった。林道を歩いて駐車場まで戻る。今朝はほぼ満車だったが、夕方はポツンと私の車一台だけ。地元の人間は渋滞など関係ない裏道で余裕。

 暮れ行く月夜野の橋から、夕日に染まる谷川主脈や武尊山を眺めて、今日の楽しい出来事や風景を思い出しながら車を走らせていった。 
訪問者数:768人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/5/18
投稿数: 1007
2018/3/5 23:06
 貸し切り山頂での宴会
お二人さん、こんばんは。
平標~仙ノ倉までは小ピークを越しながら良い稜線歩き、
楽しめられたひと時ではないですか、
仙ノ倉の花の時期はハクサンイチゲでいっぱいの階段はもう現れているのですね、
山頂でのランチタイム(飲み会ですか)ご一緒になりたいですね・・・うまそう(俺らはいつもコンビニおにぎり)
登録日: 2013/6/10
投稿数: 429
2018/3/6 5:02
 平仙鞍部の雪の少なさにビックリ!
 growmonoさん、shilokoさん、おはようございます。
 お二人のコラボでの平標山・仙ノ倉山レコ楽しませて頂きました。なかなか素晴らしい展望で羨ましく思いました!
 まず平仙鞍部の雪の少なさにビックリしました!これでは、沢筋の滑走で渡渉が必須となってきそうですね。Wさんと3/11に茂倉岳〜茂倉谷滑走〜土樽を予定していますが、3/10に降雪がありそうなので思案中です。より安全な仙ノ倉山〜シッケイ沢滑走〜土樽に転戦するかもしれません。
hareharawaiより
登録日: 2013/12/9
投稿数: 538
2018/3/6 7:49
 山頂で一緒でした
おはようございます
平標・仙ノ倉山頂でご一緒した者です、お話をしていてかなり山座同定が詳しかったのでさぞかしお名前の有る方だと思ってました。
 やはりヤマレコで何度か拝見し色々面白いコースを歩かれているgrowmono、shilokoさんでしたか、山頂では山を教えて頂き有難うございました、平標から下山は自分一人では雪庇通過に不安があり平標から少し松手山方向に向かい真っ直ぐ降りてしまいましたがお二人はそのまま進まれさすがですね、レコでは踏み抜き多数で難儀され楽しまれたようでお疲れ様でした。
登録日: 2013/11/18
投稿数: 671
2018/3/6 12:12
 居酒屋「山頂」
 こんにちは、yasioさん。

年末から予定しておりましたが、天候などで延期しておりました。
みなさん谷川岳や日白山へ行かれると予想しておりましたので、空いている雪山を目指しました。陽気も良かったので静かな雪山を散策できました。トマノ耳から肩の小屋までの行列は、仙ノ倉山頂から見ると稜線上の木々のように見えてました。

平仙鞍部の雪の少なさは驚愕ですね。昨年より確実に少ないです。
雪解けが早く、さらに気温が上昇すれば開花も早まるかもしれません。
いずれにせよ6、7月が楽しみです。

もつ煮は実家帰省のshilkoさんの手土産で、赤岳でも食べてましたがお気に入りのようです。
今回の〆はおっ切り込みにして煮込んでおいしく頂きました。私は酒は止めて飲まないのですが、雄大な万太郎山を見ながらの一杯はおいしそうです。

 食材、調理道具などは私が持っていきます。今回のようなパック物は楽ですが、鍋物系を最初から作るとなると5kg近くなる事があります。このアルミ鍋だけで1kgあります。夏季のカレーや焼肉など作る時の方が軽いです。それでも3kg以上になります。お会いする機会があればぜひご一緒に召し上がって頂きたいです。
登録日: 2013/11/18
投稿数: 671
2018/3/6 12:25
 稜線上に春の風
 こんにちは、hareharawaiさん。

 延々とスライドしてきた平標山仙ノ倉山へ行ってきました。天候が良く眺望も素晴らしかったです。谷川岳や日白山へ行かれる方が多く、穴場的に空いており静かな山頂でゆったりできました。厳冬期の白い鞍部が見たかったですが、今年は天候の巡り合わせが悪く仕方ないです。しかも雪が少なくて驚きました。

 四阿山、赤岳、阿弥陀岳、唐松岳と登ってきましたが、雪の少なさは共通です。東北の日本海側や北陸に全て降雪してしまったように思えます。ヤカイ沢も流れや沢床が丸見えの所が多く、スノーブリッジも脆いです。しかも鞍部は暖かい南風で気温が15℃ですからね。

 BCの方も数十名おりましたが、午後は雪が重く難儀していたようです。
週末に平地は雨、山間部は雪予報ですが、今朝見た浅間山は4月の景色のようです。
そろそろhareharawaiさんは北アや頸城ですかね。奥様の術後の早い回復をお祈り申し上げます。
登録日: 2013/11/18
投稿数: 671
2018/3/6 12:43
 初春の雪遊び
 こんにちは、horipyさん。
山頂ではお世話になりました。
空いていて静かで大変良かった山行でした。
花時期は駐車場が第三まで満車になり、両山頂をはじめ鞍部に人だかりができてますね。

山座同定は習慣化しており、山名は当然で、どこからどう見えるかまで、つぶさに眺めております。撮影写真とグーグルアース3Dを駆使して確認作業をしています。間違えることも多いですのご了承ください。

horipyさんもお詳しいので、HP拝見いたしました。県内の方でしたか。私は県内の山をうろうろしておりますので、見かけましたらお声掛け下さい。
登録日: 2016/3/2
投稿数: 364
2018/3/10 13:22
 Re: 貸し切り山頂での宴会
やしおさんこんにちは、
コメントありがとうございます♪


二週間ほどトレーニングを怠っていたのと暑さで、仙ノ倉山の3つのニセピークにバテバテになってしまいました💧

もう春なのですね(*´-`)

雪が溶けてしまうのは残念ですが、
おにぎり🍙が凍らないありがたい気候になってきますねぇ

コンビニのおにぎりですが、あとふたまわり位大きければいいなぁといつも思ってそまいます(ФωФ)♪
登録日: 2016/3/2
投稿数: 364
2018/3/10 13:25
 Re: 平仙鞍部の雪の少なさにビックリ!
はれはらさんこんにちは、コメントありがとうございます(o^・^o)


少し前にはれはらさんが仙ノ倉へ行かれていらしたので、
いいなぁーと思って連れていっていただきました。

びっくりするほど雪が少なかったです( ;∀;)

今日あたりとちらで滑ってるのかなぁ

格好よい滑降を想像しております(*´-`)
登録日: 2016/3/2
投稿数: 364
2018/3/10 13:29
 Re: 山頂で一緒でした
ほりぴぃさんこんにちは、コメントありがとうございます♪

返信遅くなりスミマセン💧

かなり歩くのお速くてびっくりです、すごいですね

growさんと濃いお話をなさっていてそちらもすごいなぁと思っておりました。
本当にお山に慣れ親しんでいらっしゃる様子で、
見習いたいデス

阿能川岳も、実はいぎたいなぁなんて
思っているのですw




県内なので、またどちらかでお目にかかることができると嬉しいです♪
登録日: 2013/6/10
投稿数: 429
2018/3/10 18:13
 Re[2]: 平仙鞍部の雪の少なさにビックリ!
 今シーズンはまだ仙ノ倉山ピークは踏んでいませんよ。平標山からは栂ノ沢を1回、センノ沢を1回、計2回実行しました。今日は相棒の退院が9時半だったためまた鍋割山トレに行き、8時には下山しました。
 明日、2シーズンぶりに万太郎山BCをソロで実行予定です。Denali&ATK Lightweight ATを初使用する予定です。
hareharawaiより
登録日: 2013/11/18
投稿数: 671
2018/3/10 20:19
 楽しみにしております
 こんばんは、hareharawaiさん。
奥様の術後の早い回復をお祈り申し上げます。
万太郎楽しみですね。GW前に一回ソロでそちら方面へ行こうと思案中です。

 hareharawaiさん、junpieさんのレコにコメントされてらっしゃいましたね。私もコメントしてますので通知が来ました。しばらく平日の仕事になるとおっしゃっていたので、山行は難しいのですかね?ドリームボックスにいらっしゃるのでしたら充電中でしょうか。shilokoさんも今日訪れたそうです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ