また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1399956 全員に公開 山滑走谷川・武尊

万太郎山BC-オキイノマチ沢を滑走-

日程 2018年03月11日(日) [日帰り]
メンバー
天候ガスのち晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
谷川岳RW片道\1230
天神峠リフト\350
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち47%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間8分
休憩
1時間19分
合計
8時間27分
S天神山07:2407:28天神平・天神峠分岐点07:4508:07熊穴沢避難小屋08:0808:37天狗の留まり場08:4109:04天神ザンゲ岩09:22谷川岳・肩の小屋09:4310:49オジカ沢ノ頭11:0613:15万太郎山13:3415:51土樽駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他の通過タイム詳細です。
中ゴー分岐 10:04-10:05 赤谷川屈曲点 11:33-11:49 オキイノマチ沢毛渡沢合流点 14:03-14:04
群大仙ノ倉山荘前の橋 14:38-14:39 毛渡橋 15:23-15:28 
コース状況/
危険箇所等
天神尾根の一部、中ゴー分岐からオジカ沢ノ頭の間はアイゼンが必要。
赤谷川屈曲点から万太郎山の登りはクトーが有効。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

天神平は−4℃で積雪270cm
2016-2017シーズンより少し少な目です。
今から毛渡沢の渡渉が心配...
2018年03月11日 07:11撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神平は−4℃で積雪270cm
2016-2017シーズンより少し少な目です。
今から毛渡沢の渡渉が心配...
1
RWより西黒沢の様子をうかがう。
2018年03月11日 07:21撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
RWより西黒沢の様子をうかがう。
1
天神峠リフトで天神山へ
ホワイトアウト
2018年03月11日 07:37撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神峠リフトで天神山へ
ホワイトアウト
1
天神峠リフト降り場
2018年03月11日 07:37撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神峠リフト降り場
1
ここからは登山の領域です。
スキーを脱いで通過するよう指示があった。
2018年03月11日 07:39撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは登山の領域です。
スキーを脱いで通過するよう指示があった。
1
まずは鞍部まで滑走
アイスバーンでも新しく付け替えたATK Lightweight ATの調子はまずまずでひと安心
2018年03月11日 07:41撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは鞍部まで滑走
アイスバーンでも新しく付け替えたATK Lightweight ATの調子はまずまずでひと安心
1
雪上訓練をしていた方々がいた。
これから谷川岳登山をするとのことでしばらく一緒になった。
2018年03月11日 07:45撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪上訓練をしていた方々がいた。
これから谷川岳登山をするとのことでしばらく一緒になった。
2
ここにも雪洞があった。
2018年03月11日 08:05撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにも雪洞があった。
1
西黒尾根&西黒沢の様子
2018年03月11日 08:11撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西黒尾根&西黒沢の様子
1
RWから天神尾根で御一緒させていただいた元気な土浦のWさん
2018年03月11日 08:12撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
RWから天神尾根で御一緒させていただいた元気な土浦のWさん
2
同左
熊穴沢避難小屋に到着
2018年03月11日 08:22撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同左
熊穴沢避難小屋に到着
1
まずまずの積雪
2018年03月11日 08:22撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずまずの積雪
1
天狗の留まり場
2018年03月11日 08:54撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の留まり場
1
天神ザンゲ岩
2018年03月11日 09:21撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神ザンゲ岩
1
肩ノ小屋に入ってYさんに電話で田代RWからの情報を聞く。
平標山が見えているとのことでひと安心
おそらく西に進んでいるうちに晴れてくるだろうと推測し、スキーで中ゴー分岐へ向かう。
2018年03月11日 09:36撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩ノ小屋に入ってYさんに電話で田代RWからの情報を聞く。
平標山が見えているとのことでひと安心
おそらく西に進んでいるうちに晴れてくるだろうと推測し、スキーで中ゴー分岐へ向かう。
4
中ゴー分岐
2018年03月11日 10:19撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ゴー分岐
2
肩ノ小屋から1000m来たが、まだガスは晴れない。
2018年03月11日 10:33撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩ノ小屋から1000m来たが、まだガスは晴れない。
2
このやばい箇所は左側から急な雪壁を登って突破した。
2018年03月11日 10:44撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このやばい箇所は左側から急な雪壁を登って突破した。
4
どうにか雪壁の上に出た。
2018年03月11日 10:49撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どうにか雪壁の上に出た。
1
うっすらと山が見えてきた。
2018年03月11日 10:50撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うっすらと山が見えてきた。
1
オジカ沢ノ頭から下ってくる人が見え、うれしいことに晴れ間が!
2018年03月11日 10:51撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オジカ沢ノ頭から下ってくる人が見え、うれしいことに晴れ間が!
6
ホールもたくさん口を開けている。
飲み込まれないように気をつけよう!
2018年03月11日 10:51撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホールもたくさん口を開けている。
飲み込まれないように気をつけよう!
2
稜線に青空が見えた。
2018年03月11日 10:51撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に青空が見えた。
2
登ってきた登山道を振り返る。
2018年03月11日 10:51撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきた登山道を振り返る。
3
茂倉岳&一ノ倉岳のベールが剥がされていく
2018年03月11日 10:52撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茂倉岳&一ノ倉岳のベールが剥がされていく
2
さらに見えてきた。
2018年03月11日 10:53撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに見えてきた。
1
茂倉&一ノ倉はほとんど見えた。
2018年03月11日 10:54撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茂倉&一ノ倉はほとんど見えた。
2
オジカ沢ノ頭
2018年03月11日 10:54撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オジカ沢ノ頭
5
オキ&トマのピークも見えてきた。
2018年03月11日 10:57撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オキ&トマのピークも見えてきた。
2
爼(まないたぐら)も姿を現した。
2018年03月11日 10:58撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爼(まないたぐら)も姿を現した。
5
オジカ沢ノ頭
2018年03月11日 10:58撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オジカ沢ノ頭
2
カリカリの万太郎谷北面
滑走はかなり困難です。
2018年03月11日 11:00撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カリカリの万太郎谷北面
滑走はかなり困難です。
3
オジカ沢ノ頭が間近に迫る
2018年03月11日 11:01撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オジカ沢ノ頭が間近に迫る
4
オジカ沢ノ頭に到着
2018年03月11日 11:08撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オジカ沢ノ頭に到着
7
オジカ沢ノ頭避難小屋
2018年03月11日 11:21撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オジカ沢ノ頭避難小屋
2
ガス帯を滑走
振り返るとシュプールがかすかに見える。
2018年03月11日 11:27撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガス帯を滑走
振り返るとシュプールがかすかに見える。
1
赤谷川源頭部にシュプールをつける
2018年03月11日 11:30撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤谷川源頭部にシュプールをつける
3
赤谷川源頭部の静寂な世界
2018年03月11日 11:31撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤谷川源頭部の静寂な世界
5
マイシュプール
2018年03月11日 11:31撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マイシュプール
2
オジカ沢ノ頭を振り返る
2018年03月11日 11:34撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オジカ沢ノ頭を振り返る
1
振り返るとかすかにシュプールが見える
2018年03月11日 11:36撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返るとかすかにシュプールが見える
3
マンダムな赤谷川源頭部の滑走でした。
2018年03月11日 11:36撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マンダムな赤谷川源頭部の滑走でした。
4
大きなホール発見
2018年03月11日 11:38撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きなホール発見
3
近づいてみた
落ちたらやばそう
2018年03月11日 11:38撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近づいてみた
落ちたらやばそう
1
右側を通過
2018年03月11日 11:39撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側を通過
1
僕の前に道はない
2018年03月11日 11:40撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
僕の前に道はない
3
僕の後に道はできる
また、そんなことが頭に浮かんだ。
ここはいつ来てもものすごい孤独感に浸れる場所です。
2018年03月11日 11:40撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
僕の後に道はできる
また、そんなことが頭に浮かんだ。
ここはいつ来てもものすごい孤独感に浸れる場所です。
5
大障子ノ頭
2018年03月11日 11:41撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大障子ノ頭
2
万太郎山頂上部はまだガスの中
2018年03月11日 11:41撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
万太郎山頂上部はまだガスの中
2
赤谷川屈曲点が近づく
2018年03月11日 11:43撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤谷川屈曲点が近づく
2
滑ってきた赤谷川を振り返る
2018年03月11日 11:43撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑ってきた赤谷川を振り返る
3
赤谷川屈曲点でランチタイム&シール、3Dオン
2018年03月11日 11:48撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤谷川屈曲点でランチタイム&シール、3Dオン
2
今日のequipmentは、板DYNAFIT Denali168cm、ビンディングATK Lightweight AT、ブーツDYNAFIT TLT5 Mountainです。
2018年03月11日 11:48撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日のequipmentは、板DYNAFIT Denali168cm、ビンディングATK Lightweight AT、ブーツDYNAFIT TLT5 Mountainです。
1
ここから万太郎山までの標高差500mを登りきらないと帰れません。
2018年03月11日 11:49撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから万太郎山までの標高差500mを登りきらないと帰れません。
3
赤谷川はこの屈曲点で左に曲がり、阿弥陀沢となり、ドウドウセンやマワットノセンを初めとする急峻な滝を有し、最後に猿ヶ京温泉のまんてん星の湯近くの赤谷湖に注ぐ。
2018年03月11日 12:07撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤谷川はこの屈曲点で左に曲がり、阿弥陀沢となり、ドウドウセンやマワットノセンを初めとする急峻な滝を有し、最後に猿ヶ京温泉のまんてん星の湯近くの赤谷湖に注ぐ。
3
この沢も万太郎山への登路として選択可能です。(今日唯一上から見えた千葉のTさんはこのルートから登ってきた)
2018年03月11日 12:07撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この沢も万太郎山への登路として選択可能です。(今日唯一上から見えた千葉のTさんはこのルートから登ってきた)
3
自分はこちらの尾根ルートを選択した。
2018年03月11日 12:07撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自分はこちらの尾根ルートを選択した。
1
赤谷川屈曲点から尾根に取り付く
2018年03月11日 12:07撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤谷川屈曲点から尾根に取り付く
1
堅い斜面では、3Dアセントが威力を発揮
2018年03月11日 12:18撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堅い斜面では、3Dアセントが威力を発揮
1
万太郎山頂上がかすかに見えた。
2018年03月11日 12:27撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
万太郎山頂上がかすかに見えた。
1
見た目は近いが実際は遠い!
さすがに谷川岳、オジカ沢ノ頭、そして万太郎山と、今日3つ目の山なのでバテてきた。
2018年03月11日 12:29撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見た目は近いが実際は遠い!
さすがに谷川岳、オジカ沢ノ頭、そして万太郎山と、今日3つ目の山なのでバテてきた。
4
オジカ沢ノ頭と赤谷川源流
2018年03月11日 12:30撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オジカ沢ノ頭と赤谷川源流
2
気力だけで登る
2018年03月11日 12:37撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気力だけで登る
1
エビのしっぽ
2018年03月11日 12:38撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エビのしっぽ
3
さあ、笹帯に入った。
2018年03月11日 12:44撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、笹帯に入った。
1
ついつい振り返ってしまう。
2018年03月11日 12:44撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついつい振り返ってしまう。
3
青が赤谷川屈曲点から登ってきた尾根道です。
2018年03月11日 12:59撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青が赤谷川屈曲点から登ってきた尾根道です。
2
谷川岳オキ&トマ&オジカ沢ノ頭(少し標高が低い)
2018年03月11日 13:00撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳オキ&トマ&オジカ沢ノ頭(少し標高が低い)
2
大障子ノ頭、オキ、トマ、オジカ沢ノ頭、爼(まないたぐら)
2018年03月11日 13:00撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大障子ノ頭、オキ、トマ、オジカ沢ノ頭、爼(まないたぐら)
2
茂倉岳&一ノ倉岳アップ
2018年03月11日 13:13撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茂倉岳&一ノ倉岳アップ
3
谷川岳オキ&トマ&オジカ沢ノ頭アップ
2018年03月11日 13:13撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳オキ&トマ&オジカ沢ノ頭アップ
2
この笹帯を登ってきた。
2018年03月11日 13:15撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この笹帯を登ってきた。
2
爼堯∪鄰ノ頭
2018年03月11日 13:15撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爼堯∪鄰ノ頭
2
川棚ノ頭(1845.7m)、小出俣山(1749.1m)、阿能川岳(1611.3m)方面
2018年03月11日 13:15撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川棚ノ頭(1845.7m)、小出俣山(1749.1m)、阿能川岳(1611.3m)方面
2
この景色が見たかった。
2018年03月11日 13:15撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この景色が見たかった。
3
爼(まないたぐら)左には上州武尊山
2018年03月11日 13:15撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爼(まないたぐら)左には上州武尊山
2
頂上が間近に迫りモチ沸騰する!
2018年03月11日 13:22撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上が間近に迫りモチ沸騰する!
1
また振り返る
2018年03月11日 13:22撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また振り返る
3
エビス大黒ノ頭&仙ノ倉山
2018年03月11日 13:30撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エビス大黒ノ頭&仙ノ倉山
4
仙ノ倉山&苗場山&神楽峰
2018年03月11日 13:31撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙ノ倉山&苗場山&神楽峰
2
万太郎山頂上へのビクトリーロードを進む
2018年03月11日 13:31撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
万太郎山頂上へのビクトリーロードを進む
1
万太郎山(1954.1m)にゴール!
これで苦しい急登からは解放された。
2018年03月11日 13:41撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
万太郎山(1954.1m)にゴール!
これで苦しい急登からは解放された。
8
万太郎山頂上からの絶景
2018年03月11日 13:42撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
万太郎山頂上からの絶景
3
青が谷川岳肩ノ小屋からオジカ沢ノ頭、赤谷川源頭滑走、そして万太郎山までのルートです。
2018年03月11日 13:42撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青が谷川岳肩ノ小屋からオジカ沢ノ頭、赤谷川源頭滑走、そして万太郎山までのルートです。
3
茂倉岳、一ノ倉岳を初め、越後の山々
2018年03月11日 13:42撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茂倉岳、一ノ倉岳を初め、越後の山々
1
万太郎山を後にする
2018年03月11日 13:42撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
万太郎山を後にする
3
万太郎山ピークより滑走開始
頂上直下にシュプールをつけた。
2018年03月11日 13:49撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
万太郎山ピークより滑走開始
頂上直下にシュプールをつけた。
3
直下の雪質は素晴らしいの一言!
2018年03月11日 13:52撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直下の雪質は素晴らしいの一言!
3
振り返ってもシュプールは光加減でよく見えない。
2018年03月11日 13:54撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ってもシュプールは光加減でよく見えない。
1
エビス大黒ノ頭と仙ノ倉山
少し陰ってきた。先を急ごう。
2018年03月11日 13:54撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エビス大黒ノ頭と仙ノ倉山
少し陰ってきた。先を急ごう。
4
マンダムな山滑走
2018年03月11日 13:55撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マンダムな山滑走
2
台地まで本当にあっという間です。
2018年03月11日 13:56撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
台地まで本当にあっという間です。
1
さらにガスが濃くなってきた。
2018年03月11日 13:56撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらにガスが濃くなってきた。
1
万太郎山頂上付近にもガスが出始めた。
2018年03月11日 13:57撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
万太郎山頂上付近にもガスが出始めた。
1
万太郎山を振り返る
2018年03月11日 13:59撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
万太郎山を振り返る
4
標高差500mを一気に滑り降りた。
2018年03月11日 14:00撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高差500mを一気に滑り降りた。
2
仙ノ倉山頂上は完全にガスの中へ
2018年03月11日 14:01撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙ノ倉山頂上は完全にガスの中へ
1
台地から下は最初尾根筋を滑走した。
2018年03月11日 14:04撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
台地から下は最初尾根筋を滑走した。
2
雪質は少し重くなってきたが、まだ楽しい!
2018年03月11日 14:06撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪質は少し重くなってきたが、まだ楽しい!
1
対岸の雪崩れた跡
もうすっかり春です。
2018年03月11日 14:07撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
対岸の雪崩れた跡
もうすっかり春です。
1
オキイノマチ沢へ
2018年03月11日 14:11撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オキイノマチ沢へ
3
オキイノマチ沢を滑走
2018年03月11日 14:12撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オキイノマチ沢を滑走
1
シッケイ沢も雪が少ない
2018年03月11日 14:15撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シッケイ沢も雪が少ない
1
ターンにより破断し雪崩れる
2018年03月11日 14:16撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ターンにより破断し雪崩れる
1
オキイノマチ沢の沢床を滑走し、
2018年03月11日 14:18撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オキイノマチ沢の沢床を滑走し、
2
毛渡沢と合流した。
オキイノマチ沢滑走により、毛渡沢合流点が毛渡沢&シッケイ沢合流点よりかなり下流になり、毛渡沢滑走を少し短くすることができた。
2018年03月11日 14:18撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毛渡沢と合流した。
オキイノマチ沢滑走により、毛渡沢合流点が毛渡沢&シッケイ沢合流点よりかなり下流になり、毛渡沢滑走を少し短くすることができた。
2
ボーダーのトレース有り
2018年03月11日 14:18撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ボーダーのトレース有り
2
万太郎も仙ノ倉も完全にガスの中に隠れてしまった。
本当にいいときに稜線から降りてきた、と思う。
2018年03月11日 14:18撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
万太郎も仙ノ倉も完全にガスの中に隠れてしまった。
本当にいいときに稜線から降りてきた、と思う。
3
対岸で雪崩れていた。
2018年03月11日 14:23撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
対岸で雪崩れていた。
1
SBらしき箇所を発見
2018年03月11日 14:25撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
SBらしき箇所を発見
2
スキーで一気にSB上を通過
2018年03月11日 14:26撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキーで一気にSB上を通過
2
他のSBは落ちそう...安全なSBは自分の渡った一箇所のみだった。とにかく覚悟していた渡渉は今回は無しでラッキー!
2018年03月11日 14:29撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
他のSBは落ちそう...安全なSBは自分の渡った一箇所のみだった。とにかく覚悟していた渡渉は今回は無しでラッキー!
4
ブナ林から杉林へ
2018年03月11日 14:38撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナ林から杉林へ
1
テントが一張あった。
2018年03月11日 14:53撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントが一張あった。
3
群大仙ノ倉山荘前の橋を通過
2018年03月11日 14:53撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
群大仙ノ倉山荘前の橋を通過
1
このコースはあと1〜2週間くらい賞味期限がありそうです。SBは無くなってしまう恐れはありますが.....。
2018年03月11日 15:02撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このコースはあと1〜2週間くらい賞味期限がありそうです。SBは無くなってしまう恐れはありますが.....。
1
ここもSBで通過
2018年03月11日 15:15撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここもSBで通過
1
上越線の橋架をくぐり、
2018年03月11日 15:32撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上越線の橋架をくぐり、
2
毛渡橋に出てスキーは終了
あとはJR土樽駅までテクテク歩く
2018年03月11日 15:39撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毛渡橋に出てスキーは終了
あとはJR土樽駅までテクテク歩く
3
JR土樽駅で上り17:09の電車で土合に戻って帰路へ。
電車待ちの間、万太郎山の同コースを辿った千葉のTさんと山スキー談義をして暇がつぶせた。有り難うございました。
2018年03月11日 16:07撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
JR土樽駅で上り17:09の電車で土合に戻って帰路へ。
電車待ちの間、万太郎山の同コースを辿った千葉のTさんと山スキー談義をして暇がつぶせた。有り難うございました。
4
撮影機材:

感想/記録

 久々にロングルートに挑戦。単独だと何かあったらやばいルートなので、ここは慎重な行動が要求される。サクッと行ってきたいと思っていたが、スタートからいきなりのホワイトアウトに苦しめられた。肩ノ小屋でガスが晴れるのを待ったが、そうゆっくりしてもいられないので、Yさんにtelして田代RWから平標山が見えていることを確認できるとすぐ出発を決意。中ゴー分岐までスキーで進み、シートラーゲンのアイゼン歩行でオジカ沢ノ頭を目指しているうちに晴れ間が出てきた。肩ノ小屋からはオジカ沢ノ頭ピーク目前で阿能川岳から1泊2日で歩いてきたというソロの男性と会っただけ。その後は、JR土樽駅まで誰にも会うことはなかった。
 オジカ沢ノ頭すぐ下でスキーをつけ、一応避難小屋をチェックし、ノントレースの赤谷川源頭部滑走を楽しんだ。スキーがよく走り、あっという間に赤谷川屈曲点に達した。ランチタイムの後はいよいよ今日3回目の登り。シール&3Dアセントでバテバテになりながらも万太郎山までどうにか乗り切った。
 万太郎山から台地までの西面の滑走は雪質もよく、もちろんノントレースで最高。Denaliもよく走った。台地から下の滑走ルートは最初は尾根、そして北西面のオキイノマチ沢に入り、オキイノマチ沢滑走により毛渡沢合流点が少し下流になり、毛渡沢の滑走を短くすることができた。さらに、心配していた毛渡沢の渡渉もSB1回渡っただけでうまくいき、林道も部分的には自動運転ができ、楽をさせてもらえた。
 実に良いトレーニングができたマンダムな万太郎山BCであった。
訪問者数:672人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/11/10
投稿数: 7
2018/3/12 6:24
 昨日はお世話になりました!
ザンゲ岩の下辺りからご一緒させて頂きお話からただ者ではないとは思ってはいましたが、かなりガチな方だったんですねw
その知識も今回行かれたルートを見て納得&感服いたしましたよwこれは必須ですね!
自分もレベルは違えどソロが多く、よく群馬の山を登っているので、もしお会い出来たらその時はどうぞ宜しくお願いします!
登録日: 2013/6/10
投稿数: 456
2018/3/12 6:33
 Re: 昨日はお世話になりました!
yamacogiさん、おはようございます。
天神尾根〜肩ノ小屋では、こちらこそお世話になりました。
自分は全くのただ者です。
敢えて言わせて頂くなら、経験値だけはあるということくらいです。
山はいつ何が起こっても不思議ではありません。常に周囲の状況に気をつけ、昨日のようなホワイトアウトの状況下でも、ヒドンホールや雪崩、雪庇の踏み抜きに十分注意をして、安全な山行を続けるべく何をしたら良いか考え、注意しながら進んでいるだけです!
yamacogiさんも以上のことに留意されて、今後も楽しい山行を続けてください。
hareharawaiより
登録日: 2014/11/5
投稿数: 0
2018/3/12 18:42
 素敵な出逢いに感謝
昨日はチケット売り場から驚きの連続のお話ありがとうございました。素晴らしいパワーですね。想像できない世界を教えて頂きとても楽しかったです。そしてガスが切れてホワイト&ブルーが広がったのですね。私は終始ガスの中で下山となりました。BCはとてもできませんがレコで楽しませて頂きますね。また何処の山でお逢いできると良いですね。
登録日: 2013/6/10
投稿数: 456
2018/3/12 19:40
 Re: 素敵な出逢いに感謝
 rinrinro-doさん、今晩は。
 昨日の天神尾根の登りでご一緒させて頂き、また、レコにコメントして頂き、どうも有り難うございました。
 自分もさすがにホワイトアウトの肩ノ小屋でちょっと不安になり、田代スキー場のRWに乗っていたかぐらの相棒のYさんにtelし平標山が見えていることを確認した後、オジカ沢ノ頭方面へスキーダウンすることを決めた次第です。
 天神尾根で一緒に歩きながら、rinrinro-doさんは本当に山が好きなのだということがよく分かりました。
 結果的には今回の山行は上手くいきましたが、いつもそうなるとは限らず、たとえガスの中の滑走になったとしても、冷静沈着で平常心を忘れることなく、周囲の状況十分に把握した上で、前進したいと思います。
 rinrinro-doさんも安全で楽しい山行を続けてください。
hareharawaiより
 
登録日: 2013/12/5
投稿数: 1
2018/3/13 13:32
 有難うございました
土樽駅でお話しした者です。
山スキーどころかゲレンデスキーも1年前に始めたところで、詳しい方とお話しするのは今回が初めての経験でとても楽しかったです。毛渡沢の下山では先行トレースに助けられました。あのスノーブリッジの先で枝沢が入っていたので、本当に絶妙でした。経験値がまったく違うので、今回のように行先がクロスすることは少ないかもしれませんが、今後も上越を滑っていきたいと思いますので、よろしくお願いします。
登録日: 2013/6/10
投稿数: 456
2018/3/13 16:13
 Re: 有難うございました
tamselkさん、こんにちは。
レコにコメント有難うございます。また、JR土樽駅では電車の待ち時間に話ができて楽しかったです。
毛渡沢の渡渉については少雪の今シーズンなのである程度は覚悟していましたが、首尾よくSBを見つけることができ、渡渉無くツアーを終了できて本当に良かったです。また、後続のtamselkさんのお役にも立てたようで光栄です。
県境越えどうもお疲れ様でした。上越国境周辺の賞味期限は確実に終わりに近づきつつありますね。今シーズンはもう1回茂倉岳〜茂倉谷滑走〜土樽を今週末辺りに実行したいと考えています。
また、どこかでお会いする機会があれば、その際はどうぞよろしくお願いします。
hareharawaiより
登録日: 2014/8/27
投稿数: 152
2018/3/16 5:31
 良いルートですね!
hareharawai様、お久しぶりです。この電車を使ったルート憧れます。電車を待つ長い時間(恐らく?)や土合駅のあの地下トンネル駅を抜けシャバに出た時の光景・・・ツアー感満載ですよね。一度谷川に行った際に完全なホワイトアウトで山頂までも行けず 、西黒沢を偵察していたら足元から雪崩が発生し、肝を冷やして担いで登り返したのが懐かしいです。またチャンスがあれば行きたいですが、最近は長距離遠征がちょっと苦痛です(笑)またそちらへ行くチャンスがあればよろしくお願いします。
登録日: 2013/6/10
投稿数: 456
2018/3/16 14:22
 Re: 良いルートですね!
JUNDrさん、こんにちは。
レコのコメント有難うございます。
こちらこそ、お久しぶりです。

もっと飛騨方面にも足を伸ばしてみたいところですが、ついつい近場の上越国境周辺になってしまいます。1/7の平湯キャンプ場〜四ツ岳往復BCのコースは、とても素晴らしく何度も訪れてみたいコースです。

GWにはWさんとコラボで飛越トンネルから黒部五郎岳〜三俣蓮華岳〜双六岳〜大ノマ乗越〜新穂高を計画しています。
また、よろしくお願いします。
hareharawaiより

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ