また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1400589 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

サクッと蓼科山

日程 2018年03月11日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ、ただ山頂部はガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
白樺高原国際スキー場の駐車場に停め、ゴンドラで山頂駅まで行きました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間55分
休憩
4分
合計
2時間59分
Sゴンドラリフト頂上駅09:2309:40蓼科山7合目登山口09:4210:02馬返し10:54将軍平10:5511:27蓼科山頂ヒュッテ11:30蓼科山11:3111:33蓼科山頂ヒュッテ11:42蓼科山荘11:46将軍平12:05馬返し12:11蓼科山7合目登山口12:22ゴンドラリフト頂上駅12:22ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■ゴンドラ山頂駅〜七合目登山口
夏にはコンクリートの車道がありますが、それをショートカットする登山道があります。
辛うじて雪が残っていました。

■七合目登山口〜将軍平
登山道はほぼすべて雪で覆われていました。
トレースがしっかりついており、またアイゼンが良く刺さり、夏よりも歩きやすいです。
トレースを外れると、踏み抜く箇所もあります。

■将軍平〜山頂
岩が完全に雪で覆われ、またアイゼンが良く刺さり、夏よりも歩きやすいです。
これから雪が緩むと、踏み抜きなどの危険がありそうです。

装備

個人装備 長袖シャツ 半袖インナー ハードシェル ズボン 靴下 グローブ アウター手袋(使用せず) 予備手袋 防寒着(使用せず) ゲイター ネックウォーマー(使用せず) 毛帽子 ザック アイゼン スコップ(使用せず) スノーソー(使用せず) ワカン(使用せず) 昼ご飯 行動食 飲料 水筒(保温性) コンパス ヘッドランプ ファーストエイドキット 日焼け止め 携帯 サングラス ナイフ カメラ ポール

写真

前日夜に、宿から星空撮影。
非常にうっすらと天の川が見えていましたが、裸眼でも写真でもほぼわからないですね。天の川は夏にリベンジです。
2018年03月10日 19:43撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日夜に、宿から星空撮影。
非常にうっすらと天の川が見えていましたが、裸眼でも写真でもほぼわからないですね。天の川は夏にリベンジです。
7
ゴンドラを下りて、まずはツボ足で出発です。
2018年03月11日 09:25撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴンドラを下りて、まずはツボ足で出発です。
1
七合目登山口までの車道は、ところどころコンクリートが見えています。
2018年03月11日 09:39撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七合目登山口までの車道は、ところどころコンクリートが見えています。
1
七合目登山口。ここでアイゼンをつけました。
2018年03月11日 09:40撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七合目登山口。ここでアイゼンをつけました。
1
気持ちのいい登山道ですね。
2018年03月11日 09:51撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちのいい登山道ですね。
1
しばらくは林の中を進みます。
2018年03月11日 10:06撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくは林の中を進みます。
1
女神茶屋からのメインルートが多く、冬のこのルートは人が少ないと思っていましたが、30〜40人程度入山していたようです。
2018年03月11日 10:21撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
女神茶屋からのメインルートが多く、冬のこのルートは人が少ないと思っていましたが、30〜40人程度入山していたようです。
2
わずかにシュカブラ。
2018年03月11日 10:21撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わずかにシュカブラ。
1
歩き始めて70分ほどで天狗の露地。
北アルプスはかすんでいて、ほぼ見えないですね。
2018年03月11日 10:31撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩き始めて70分ほどで天狗の露地。
北アルプスはかすんでいて、ほぼ見えないですね。
1
将軍平に近づくと、徐々に傾斜がきつくなってきます。
2018年03月11日 10:43撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
将軍平に近づくと、徐々に傾斜がきつくなってきます。
1
将軍平から山頂を見上げます。あと少し。
2018年03月11日 10:55撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
将軍平から山頂を見上げます。あと少し。
2
将軍平からは急な傾斜です。
夏道は岩場だらけですが、完全に雪で覆われて、アイゼンもよく刺さり、かなり歩きやすいです。
2018年03月11日 11:13撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
将軍平からは急な傾斜です。
夏道は岩場だらけですが、完全に雪で覆われて、アイゼンもよく刺さり、かなり歩きやすいです。
4
風が強いので、山頂直前で装備を直しています。
奥には四阿山や浅間山。
2018年03月11日 11:23撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風が強いので、山頂直前で装備を直しています。
奥には四阿山や浅間山。
4
最後の登り。
2018年03月11日 11:23撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の登り。
1
頂上台地に出ました。山頂はすぐそこ。
2018年03月11日 11:27撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上台地に出ました。山頂はすぐそこ。
1
赤岳などは雲の中。
2018年03月11日 11:27撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳などは雲の中。
3
蓼科山自体もガスに覆われがち。
2018年03月11日 11:29撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山自体もガスに覆われがち。
7
ガスが抜けた瞬間に写真を撮る必要があります。
2018年03月11日 11:29撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが抜けた瞬間に写真を撮る必要があります。
3
子どもは一番いいタイミングで振り返ったかも。
2018年03月11日 11:29撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
子どもは一番いいタイミングで振り返ったかも。
3
草津白根山や浅間山ですかね。
2018年03月11日 11:29撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草津白根山や浅間山ですかね。
1
遠くにかすんで見えるのは御嶽山かな。
2018年03月11日 11:32撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くにかすんで見えるのは御嶽山かな。
1
風がそこそこ強いし、景色もきかないので、早々に下山します。
2018年03月11日 11:33撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風がそこそこ強いし、景色もきかないので、早々に下山します。
2
雪がしっかりと覆っているので、サクサクと下山。
2018年03月11日 11:36撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪がしっかりと覆っているので、サクサクと下山。
2
下山後に白樺高原国際スキー場の駐車場から。
登りやすい山でした。
2018年03月11日 14:03撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後に白樺高原国際スキー場の駐車場から。
登りやすい山でした。
1

感想/記録

週末はご近所さんと、この冬3回目のスキー。
ただ、せっかくの好天なので、子どもと蓼科山に登ることにしました。
皆さんとは白樺高原国際スキー場のゴンドラを下りたところで別れ、皆さんはゲレンデへ、子どもと私は蓼科山へ。

七合目登山口からのルートは、冬は1日2〜3組程度しか登っていないのではないかと勝手に思っていましたが、この日は団体さんも含め30〜40人程度登っていたようです。
また、山頂直下の岩場の登山道で踏み抜きがあるのではないかと危惧していましたが、完全に雪に覆われ、また雪も締まっており、非常に歩きやすかったです。

14時半頃に下山かなと思っていましたが、昼食も取らずに3時間で下山してしまいました。
歩きやすい雪の状態だったこともありますが、短距離だと子どもの歩くスピードは速いですね。
子どもは下山後に、友達と一緒にスキーを楽しんでいました。

北アルプスや南アルプスの絶景を期待していましたが、山頂がガスに覆われがちで展望はいまいちでした。
ただ、雪山気分を満喫できましたし、今年の木曽駒に続き、子供の成長を感じた登山でした。
訪問者数:327人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/1/26
投稿数: 409
2018/3/14 7:51
 西穂、蓼科山と続けて雪山日和ですね
いいですね、うらやましい限りです。
日頃の心がけの違いです。

当方はなかなか山に行けず悶々としています。
今週は月曜から本日の水曜までずっと好天が続いており、オフィスの窓から穂高連峰乗鞍岳をため息つきながら眺めています。今週末は何もないのに天気がいまいち。
巡り合わせが上手くいきません。

正直、早く辞めてリタイア生活に戻りたくなってきています。
登録日: 2011/9/30
投稿数: 184
2018/3/14 20:08
 Re: 西穂、蓼科山と続けて雪山日和ですね
Pinballさん、コメントありがとうございます!

確かに3月に入り、天候に恵まれて雪山登山を楽しめています。
今週の前半も好天で、雪山に行きたい気分になりますね。

ちなみに、3/8(木)は仕事で飛騨高山に行っていました。
東京から日帰りでしたが。
天気も悪く、特に何を見ることもなく、すごすごと帰ってきました。
山に近いところにいるからといって、簡単に山に行けるとは限らないですね。

なお、今週末ですが、以下のサイトだと土曜日は天気がよさそうですよ。
https://www.mountain-forecast.com/peaks/Hotakadake/forecasts/3190
http://weather-gpv.info/
個人的には、上記2サイトとも、ヤマテンと並んで信頼している情報源です。
登録日: 2014/1/26
投稿数: 409
2018/3/15 7:41
 Re[2]: 西穂、蓼科山と続けて雪山日和ですね
お天気サイトありがとうございました。
mountain-forecastは活用させていただきます。
weather-gpvの方は私にはマニアックすぎるかも的なサイトです。

東京から日帰り高山出張はきついですね。新幹線と高山線の組み合わせで、往復の移動時間だけでも9−10時間かかってしまいます。泊まりでいらっしゃるときはぜひご連絡を!

今週末の土曜は西穂か御嶽を思案中です。
登録日: 2011/9/30
投稿数: 184
2018/3/15 8:44
 Re[3]: 西穂、蓼科山と続けて雪山日和ですね
西穂も御嶽山もいいですね。
御嶽山はまだ一度も行ったことがないので、そのうちと思っていますが、東京からは遠い印象があり、なかなか足が向きません。

weather-gpvですが、「雨量・雲量」を選んで、時間をずらして雲の動きを見て、登る時間帯の周辺で、登る山の周辺に、どの程度雲があるかを見ています。
周囲に雲が全くなければ天気が崩れる可能性はほぼなく、ピーカンの天気になるでしょう。
周囲に雲があったり、少し時間が経つと雲に覆われてくる予報だと、mountain-forecastで晴れ予報だとしても、予報が外れて天気が崩れたり雲に覆われる可能性があるだろう、といった判断をしています。
「広域」予報で晴れ予報だったとしても直近の「詳細」予報では山間部は曇っていたりするので、少し先の天気予報として100%確実とは言えませんが、高気圧の位置や強さを見て、天気の崩れやすさを判断するには最適かと思います。
mountain-forecastで同じ晴れ予報だったとしても、ピーカンの晴れなのか、崩れやすい天気なのかの判断に使っている、ということですね。
登録日: 2014/1/26
投稿数: 409
2018/3/16 9:27
 Re[4]: 西穂、蓼科山と続けて雪山日和ですね
なるほど!
使い方が分かりました。
「雨かしら」などのスマホアプリで、夕立雲の流れをチェックするのと同じですね。
こちらも活用させていただきます。
登録日: 2011/9/30
投稿数: 184
2018/3/16 17:53
 Re[5]: 西穂、蓼科山と続けて雪山日和ですね
「雨かしら」、そんなアプリがあったんですね。
使ってみます。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アイゼン ガス 高原 踏み抜き 白樺 クリ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ