また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1404055 全員に公開 山滑走槍・穂高・乗鞍

充実の乗鞍大日岳(阿多野郷橋場集落〜東谷尾根)

日程 2018年03月17日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
県道39号は、野麦峠のところで冬期閉鎖なので、奈川からのアプローチは不可能です。(毎年)
国道361号からしか入ることはできません。
アイミックス自然村南乗鞍オートキャンプ場入口から100mほど離れた県道の駐車帯に駐車。
5台ぐらいは余裕で停めれそうなスペースがあります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間39分
休憩
36分
合計
9時間15分
Sスタート地点04:5211:06大日岳(奥ノ院)11:4214:07ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山道はないため、ルーファイ必要です。
森林限界以上の無木立斜面は氷結時滑落に注意。
その他周辺情報離れていますが、帰路にある日本三名泉下呂温泉の白鷺の湯に立ち寄り
大人370円

装備

個人装備 ザック(mhmパウダーケグ32) スキー板(BDリバート 173cm) ビンディング(BDオーワン) スペアキット(BDオーワンバックカントリーキット) クトー(BDテレクランポン) テレマークブーツ(スカルパT2X) セルフアレストピック(BDウィペット×2) ヘルメット(クライミングテクノロジーイクリプス) ビーコン(マムートエレメントバリーボックス) プローブ(オルトボックス320cm) スコップ(BDディプロイ) ヘッドランプ(BDストーム) クランポン(BDセラッククリップ) サングラス(オークリーレーダーパス) ゴーグル(オークリーAフレーム2.0) 日焼け止め リップクリーム ビーニー(BD) ヘルメットビーニー(BD) ヘッドバンド(マムート) テムレス インナーグローブ 予備グローブ(マウンテンハードウェア) スキーシール(G3アルピニストハイトラクションスキン) シールワックス スキーワックス カメラ(CANON IXY32S) GPS(ガーミンeTrex20J) スマホ 携帯 予備電池(単3 単4 モバイル用) 予備ランプ 財布 保険証 ドライバー(+ -) コンパス ナイフ(ビクトリノックススイスチャンプ) 飲料 行動食 非常食 防寒着(ユニクロウルトラライトダウンジャケット) ファーストエイドキット

写真

キャンプ場の中を進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キャンプ場の中を進みます
目的地に朝日が当たる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目的地に朝日が当たる
3
林道は片斜面もあり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道は片斜面もあり
1
雪はまだまだ豊富
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪はまだまだ豊富
2
眩しいぜ!
でも遠い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眩しいぜ!
でも遠い
2
尾根に取り付きしばらくすると御嶽山がドーンと
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に取り付きしばらくすると御嶽山がドーンと
1
雲海も素晴らしい!絶景です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海も素晴らしい!絶景です
6
この景色だけでもテンションアップ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この景色だけでもテンションアップ
2
霧氷・雲海・御嶽山の三拍子
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷・雲海・御嶽山の三拍子
2
振り向くと必ず御嶽山(当たり前)
何度も撮ってしまう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り向くと必ず御嶽山(当たり前)
何度も撮ってしまう
2
もうすぐ森林限界
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ森林限界
最高の天気
(mさん提供)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高の天気
(mさん提供)
3
どこでも歩けます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこでも歩けます
1
雷鳥には会えませんでしたが、この頃にカモシカが1頭逃げて行きました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥には会えませんでしたが、この頃にカモシカが1頭逃げて行きました
1
左屏風岳、右大日岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左屏風岳、右大日岳
2
左側の大斜面は真谷
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側の大斜面は真谷
楽しいハイクアップです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楽しいハイクアップです
1
こんなシチュエーション疲れも吹っ飛びます
(mさん提供)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなシチュエーション疲れも吹っ飛びます
(mさん提供)
2
溶岩台地の地形は複雑なので、最適のルート取りが難しい
変なトレースを付けてmaoyuiさんには申し訳ない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
溶岩台地の地形は複雑なので、最適のルート取りが難しい
変なトレースを付けてmaoyuiさんには申し訳ない
でもこんな素敵な斜面も登行
滑落に注意
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でもこんな素敵な斜面も登行
滑落に注意
3
御嶽山をバックに登る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽山をバックに登る
2
どこでも好きなように歩ける
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこでも好きなように歩ける
噴煙は見えません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
噴煙は見えません
2
向こうに高天ヶ原
同じぐらいの高度
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向こうに高天ヶ原
同じぐらいの高度
奥に南ア甲斐駒、真ん中に中央ア木曽駒
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥に南ア甲斐駒、真ん中に中央ア木曽駒
大斜面が待っている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大斜面が待っている
1
どこでも歩いてオッケー!
(mさん提供)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこでも歩いてオッケー!
(mさん提供)
1
大日岳はもうすぐ
(mさん提供)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日岳はもうすぐ
(mさん提供)
1
屏風岳と大日岳のコルに出た
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屏風岳と大日岳のコルに出た
奥には白山から南に伊吹山まで見渡せた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥には白山から南に伊吹山まで見渡せた
あの雲海の下が阿多野郷
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの雲海の下が阿多野郷
1
雲海の下からはるばるやって来た
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海の下からはるばるやって来た
1
大日岳直下の岩場もスキーで進む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日岳直下の岩場もスキーで進む
岩場もなんのその
(mさん提供)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場もなんのその
(mさん提供)
2
来ました〜
久し振りの3000m超え
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来ました〜
久し振りの3000m超え
1
剣ヶ峰の向こうには槍・穂
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰の向こうには槍・穂
やりました〜いい笑顔です!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やりました〜いい笑顔です!
6
着きました〜
(mさん提供)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着きました〜
(mさん提供)
5
剣ヶ峰にも登山者が見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰にも登山者が見えます
3
雪付きは悪そうですね〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪付きは悪そうですね〜
1
やったぜ!
(mさん提供)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やったぜ!
(mさん提供)
2
さあ行きましょう!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ行きましょう!
飛び込みます
(mさん提供)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛び込みます
(mさん提供)
1
傾斜は結構あるが、楽しいの一言
(mさん提供)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
傾斜は結構あるが、楽しいの一言
(mさん提供)
2
大斜面貸切
(mさん提供)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大斜面貸切
(mさん提供)
2
大斜面はまだまだ続く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大斜面はまだまだ続く
サイコーの斜面です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サイコーの斜面です
溶岩の隙間を滑走
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
溶岩の隙間を滑走
1
御嶽山に向かって飛び込んでいく
(mさん提供)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽山に向かって飛び込んでいく
(mさん提供)
2
何もないところにシュプールを付けていく
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何もないところにシュプールを付けていく
もう何も言うことがありません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう何も言うことがありません
御嶽山に向かって飛び込んでいくのは本当に最高です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽山に向かって飛び込んでいくのは本当に最高です
1
中腹の目印となりそうな大きな溶岩
2018年03月17日 12:16撮影 by SOV35, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中腹の目印となりそうな大きな溶岩
でもまだまだあるよ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でもまだまだあるよ
最高の展望
(mさん提供)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高の展望
(mさん提供)
2
溶岩の流れた隙間も気持ちいい
(mさん提供)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
溶岩の流れた隙間も気持ちいい
(mさん提供)
1
どんどん落ちていく〜
(mさん提供)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんどん落ちていく〜
(mさん提供)
1
二人のシュプールだけが残る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二人のシュプールだけが残る
1
ある意味これぞ山スキー(笑)
(mさん提供)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ある意味これぞ山スキー(笑)
(mさん提供)
3

感想/記録
by ktn92

日曜日が仕事のため、土曜日に単独で出掛けようとし、神立尾根からの乗鞍を検討していた。
JUNDrさんにアドバイスをいただき、野麦もいいけど阿多野郷からは距離もあるので達成感はこちらだよと、聞いていた。
そしたら偶然にもmaoyukiさんも同じようなルートを計画をしていることを知り、急遽連絡を取り合って二人で行くこととなった。
キャンプ場までの林道を偵察すると、すぐに除雪終了点となっていたので、キャンプ場入口から少し上部の県道にある駐車スペースに駐車してスタート。
キャンプ場、東谷を通過し、林道を真谷方面へ進む。
片斜面が出てきたところで取り付きやすいところから東谷尾根へ上がった。
早々にクトーを使用し、山頂まで頻繁に取ったり付けたりを繰り返した。
この尾根は、数年前にも登ったことがあったが、その時は非常に苦労した覚えがあった。
しかし、今回は全然難しいところもなく、頼もしいパートナーがいたことから、順調に楽しく進むことができた。
一旦小沢を詰め、隣の尾根へと登り返し、振り向くと御嶽山がドーンと聳え、素晴らしい光景。
森林限界に達すると、溶岩台地が広がり、左に真谷を見ながら目の前の屏風岳、大日岳へと進む。
登りやすそうな斜面を探しながら進むが、地形が複雑で歩きにくいトレースを引いてしまい、クトーなしのmaoyukiさんには申し訳なかった。
無木立の斜面は滑落に注意しながら、屏風岳、大日岳のコルに出て、大日岳直下の氷結した岩場もスキーのまま進み登頂。
槍・穂がくっきりと見え、剣ヶ峰山頂、火口縁を歩く登山者も確認できた。
しかし、稜線に出てから山頂までも風が強くのんびりとしてられないので、急いで滑走の準備に入る。
山頂直下からの滑走は、南側の日が当たる斜面で若干雪も緩んでいるだろうと飛び込む。
思わず声が出る。
maoyukiさんと写真を取り合いながら、トラバース気味に東谷方面へ行くが、こちらも一面の大斜面。
溶岩の岩を避けながら、楽しい滑降が続いた。
尾根へと戻るのもつまらないので、尾根の東側沢地形をなるべく尾根から離れないように行けるところまで滑走。
こういったチャレンジも本当に楽しい。
どんどん進むmaoyukiさんを追って最後は登ってきたルートで林道まで。
林道の雪もやや重くなり、ところどころ雪切れしていたが、落ち葉上やたまにはアスファルトもそのままスキーで歩き、キャンプ場入口の県道まで根性でスキーのまま帰着。
今回も大満足の山行でした。
お付き合いいただいたmaoyukiさんありがとうございました。
訪問者数:345人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/8/27
投稿数: 120
2018/3/18 10:04
 言葉は要りませんね❗
最高のコンディションでナイス山行
うらやましい❗その一言❗
登録日: 2012/1/12
投稿数: 126
2018/3/18 11:39
 Re: 言葉は要りませんね❗
このルートいいですね。
尾根もそれほど歩きにくいところはありませんし、森林限界を超えるといかにも山スキーって感じで、最高のゲレンデです。
maoyukiさんとは、JUNDrさんがいれば最高に楽しめたのにね〜って言ってお別れしました。
この辺りはいろんな尾根が派生しているので、機会があったらまたどこかご一緒しましょう!
登録日: 2013/12/9
投稿数: 19
2018/3/19 7:46
 これぞ山スキーですね
これぞ山スキーという感じで、ダイナミックな感じが最高です。3000m峰はやっぱ違いますね。実は自分も野麦峠から行ってみたいなと思ってJUNDrさんや篠崎さんの記録を拝見していたところでした。Ktn92さんのレコも参考にさせていただいて近々挑戦したいと思います。
登録日: 2012/1/12
投稿数: 126
2018/3/19 10:31
 Re: これぞ山スキーですね
3000m峰はさすがに違いますね〜。
この時期は、気温の高い低いで雪質がかなり変化しますが、林道以外の雪はまだ賞味期限切れ前で、しばらくはそれなりに滑走はできることと思います。
野麦の森尾根も何度か行っていますが、今回のルートの方が樹木の密が薄く、歩きやすかったです。
森林限界以上は視界があればどこでも迷うことなく歩けます。
何が一番いいかってことは人がいないことです。(笑)
是非お試しあれ〜。
登録日: 2012/2/20
投稿数: 31
2018/3/20 1:40
 またやりましょう!
ご同行ありがとうございました。
写真いっぱい撮ってくれてサンキューです。
無駄のないコース取りでしたね。
次回は野麦からやりましょう。
溶岩台地のセンターを通ってみたい。
お付き合いよろしくです。
登録日: 2012/1/12
投稿数: 126
2018/3/20 6:17
 Re: またやりましょう!
こちらこそいつでもお誘いください。
可能な限り遠征いたします。(笑)

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ