また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1405763 全員に公開 ハイキング近畿

竜門岳 (西谷の尾根〜関電巡視路)

日程 2018年03月18日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ 暖かでした。
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間16分
休憩
49分
合計
5時間5分
Sスタート地点10:1612:31竜門岳13:2015:21ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
大きな危険箇所はありませんが
所々にヤブ・踏み跡なし・激坂ゾーンがありました。
写真配置は手入力ですのでいい加減です。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

新鹿路トンネルを出てほどなく、県道37号線を外れた旧道の空きスペースに駐車しました。
矢印方向に入山です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新鹿路トンネルを出てほどなく、県道37号線を外れた旧道の空きスペースに駐車しました。
矢印方向に入山です。
駐車スペースより見上げると県道の橋梁が見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車スペースより見上げると県道の橋梁が見えました。
少々ヤブの斜面を登りましたが
再び県道沿いに合流しました。こんなことなら
ここの空きスペースにも停めて入山しても良かったかも。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少々ヤブの斜面を登りましたが
再び県道沿いに合流しました。こんなことなら
ここの空きスペースにも停めて入山しても良かったかも。
しばらく谷沿いの踏み跡を進みます。左側へ橋がかけられていますが、目指す尾根は右斜面なので、ここより尾根に登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく谷沿いの踏み跡を進みます。左側へ橋がかけられていますが、目指す尾根は右斜面なので、ここより尾根に登ります。
目指す尾根を見上げています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す尾根を見上げています。
左側斜面より尾根に乗りました。ここからひたすら登って行くことに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側斜面より尾根に乗りました。ここからひたすら登って行くことに。
南西方向をみています。
山頂より眺望が良い所もあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南西方向をみています。
山頂より眺望が良い所もあります。
小ピーク。
西谷からの破線道と間もなく合流です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小ピーク。
西谷からの破線道と間もなく合流です。
来た道を振り返って見ています。
西谷からの破線道との合流ポイントです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来た道を振り返って見ています。
西谷からの破線道との合流ポイントです。
来た道を振り返ってみています。
しばらく進んで、また分岐を確認。
三角点鎌尾・山口につながる尾根です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来た道を振り返ってみています。
しばらく進んで、また分岐を確認。
三角点鎌尾・山口につながる尾根です。
P652地点直後の急坂
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P652地点直後の急坂
山頂到着〜。どなたも居ませんので少々寂しいですが、お天気も良く風も無いのでここで昼食にしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂到着〜。どなたも居ませんので少々寂しいですが、お天気も良く風も無いのでここで昼食にしました。
新しい山名版が、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新しい山名版が、
下山です。鉄塔広場の様子を見て、少し引き返します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山です。鉄塔広場の様子を見て、少し引き返します。
引き返した地点。登山道を外れ、赤矢印方向に進みます。
ここの尾根沿いを進むと、地図上では林道に合流するハズです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
引き返した地点。登山道を外れ、赤矢印方向に進みます。
ここの尾根沿いを進むと、地図上では林道に合流するハズです。
尾根を下ります。ヤブはありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根を下ります。ヤブはありません。
針葉樹は枝打ちがされており、明るいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針葉樹は枝打ちがされており、明るいです。
しばらくで予定通り、林道が見えてきました。ホッ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくで予定通り、林道が見えてきました。ホッ。
この尾根を下って来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この尾根を下って来ました。
南方面には登って来た西谷からの尾根が見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南方面には登って来た西谷からの尾根が見えました。
こんな感じの林道を下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じの林道を下ります。
沢水の水たまりが出来ていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢水の水たまりが出来ていました。
不思議なキャタピラ車。
作業用でしょうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不思議なキャタピラ車。
作業用でしょうか?
そこよりほどなく。この文字を目印に林道を別れ、支尾根を下ります。駐車ポイントへの近道で、地図上では破線の分岐になっています、林道は三津方面に向かう様です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこよりほどなく。この文字を目印に林道を別れ、支尾根を下ります。駐車ポイントへの近道で、地図上では破線の分岐になっています、林道は三津方面に向かう様です。
最初はいいのですが、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初はいいのですが、
谷を目指して降りるところはヤブゾーンで少々苦労しました。
もはや道ではありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷を目指して降りるところはヤブゾーンで少々苦労しました。
もはや道ではありません。
谷に降りつきました。
鉄塔巡視路の案内を発見。
ここより下山方面に踏み跡が整備されていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷に降りつきました。
鉄塔巡視路の案内を発見。
ここより下山方面に踏み跡が整備されていました。
結構な滝もあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構な滝もあります。
こんな感じに整備されています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じに整備されています。
ここより舗装に変わります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここより舗装に変わります。
送電線沿いに歩いている様です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
送電線沿いに歩いている様です。
ゴールが見えて来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴールが見えて来ました。
ゴ〜ル。
チェーンソー工房?付近です。
右側になにやらハシゴを発見。別の尾根に取り付ける様です。
またもや気になります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴ〜ル。
チェーンソー工房?付近です。
右側になにやらハシゴを発見。別の尾根に取り付ける様です。
またもや気になります。

感想/記録

天気も良く暖かいので、読図の練習に。地図とコンパス・GPSを持って、竜門岳のマイナールート・枝道探索に出かけました。道草だらけでコースタイムはあてになりません、
登りに使った尾根は、地図に載る西谷登山口からの破線道より解り易い様に感じました。下りはだいぶマニアックなルートかと。
またいろいろ竜門岳のルートを探索してみたいです。
訪問者数:239人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ