また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1409331 全員に公開 雪山ハイキング 丹沢

蓑毛→三ノ塔→大倉

情報量の目安: B
-拍手
日程 2018年03月24日(土) [日帰り]
メンバー
天候麓は晴れ、山は曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
秦野駅からバス。ヤビツ峠行きは積雪で蓑毛折り返し。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間33分
休憩
49分
合計
5時間22分
S蓑毛07:4007:58春岳沢 水場08:43ヤビツ峠08:4409:57二ノ塔10:13三ノ塔10:4311:33牛首11:3411:5243号鉄塔11:54庚申山11:5512:01三ノ塔尾根道入口12:19大倉バス停12:3112:56渋沢駅南口12:56渋沢駅13:0013:02ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
GPSログ終了し忘れたんだけど編集の仕方がよく分からん
コース状況/
危険箇所等
丹沢表尾根に隙なし、整備されまくってます
その他周辺情報大倉バス停前のどんぐりハウスは閉店(´・ω・`)
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

家に帰る前に花見でビール
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
家に帰る前に花見でビール
二ノ塔へ向かう途中の大山方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二ノ塔へ向かう途中の大山方面
振り返ってもガス
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ってもガス
橋を渡るとすぐに…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋を渡るとすぐに…
三ノ塔から富士山を望む。あなたには見えずとも僕には見えています。富士山最高!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ塔から富士山を望む。あなたには見えずとも僕には見えています。富士山最高!
2
三ノ塔尾根を下ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ塔尾根を下ります
2月に訪れた時はここ怖かったw
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2月に訪れた時はここ怖かったw
ミツマタのお出迎え
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツマタのお出迎え
1
大倉バス停手前で見たこれ、花びらが全部下を向いてるの。なんだろう?無知がもどかしいな。
3/26追記:マメザクラという桜のようだ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉バス停手前で見たこれ、花びらが全部下を向いてるの。なんだろう?無知がもどかしいな。
3/26追記:マメザクラという桜のようだ
取り付き手前。ここに停めてる人もいるのね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取り付き手前。ここに停めてる人もいるのね。
雪が深くなってきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が深くなってきました
殆ど水のような残雪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
殆ど水のような残雪

感想/記録
by Cho_Be

21日水曜日の雪でこりゃ行くしかないと。前夜に目覚ましセットし忘れたのに5時前に起きちゃったりして。

それにしても最近は天気に恵まれない。毎回富士山見れるなんてスゲーな俺、さすが8月夏生まれの晴れ男…だとかつては思ってたけど、晴れ男だ雨男だなんて信じる歳ではなくなった。運動会に、卒業式に、成人式に、今日の丹沢に何人の晴れ男女と雨男女が来てるのか。

秦野駅で箱根そばを食い(なのでスタートが遅くなる)、もとからバスは蓑毛下車のつもりだったけどヤビツ峠へは行かず積雪で蓑毛折り返しのアナウンスで気分は高まる。しかし実際は蓑毛からヤビツ峠まではほぼ雪なし。ヤビツ峠バス停前もキッチリ雪掻きされていて、車もバイカーも坂バカチャリンカーもいました。雪は諦め山気分を味わうために岳ノ台へ向かうか悩む。けど晴れ間も見えないしさっさと下山しようという気持ちが既に。道路は除雪され滑らないし走っちゃう。

ヤビツから二ノ塔への取り付きあたりから積雪あり。しばらくはシェーベット状で、山道も雪解け水が流れプチ沢登気分、悪くない。なんだかんだ楽しい。

湿雪は滑りやすいがチェーンスパイクを取り出すためにザックを下ろすのが面倒くさく横着して登る。滑らないように一歩一歩足元と重心を気にする作業が何気に楽しい。結果二ノ塔までアイゼン無しでOKでした。霞んだ山も幻想的で素敵です。

下りは流石に転けそうだったので、二ノ塔から三ノ塔へ向かうところでチェーンスパイクを装着。三ノ塔…真っ白。富士山はもちろん、塔ノ岳も見えない。とりあえず避難小屋でカップラと氷結。分かってたけど酒飲んだら塔ノ岳へ向かう気力は失せる。もう最近は蓑毛から登った時は三ノ塔尾根でさっさと降りるのが定番。それにしても三ノ塔尾根を下りる時にいつも思うのがすれ違う登山者が意外にいること。ここから登るの?この時間に登るの?って。地元っぽいトレイルランナーは分かるけど、そうじゃない人もやはり地元の方なのかしら。

三ノ塔尾根で陽が差し始める。降り始めた途端に。んで暑い。さっきまでと体感温度が全く違う。やっぱ塔ノ岳に向かっても良かったかなぁと振り返るもやはり上は靄で見えない。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:471人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

アイゼン ザック ガス 避難小屋
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ