また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1411074 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

硫黄岳と阿弥陀岳(北稜)〜御小屋尾根

日程 2018年03月24日(土) 〜 2018年03月25日(日)
メンバー
天候24(土)晴れ 10〜00℃
硫黄岳手前の最大体感風速:15m/sくらい。
25(日)晴れ -10〜0℃
北稜の最大体感風速:15m/sくらい。 阿弥陀山頂は7m/sくらいだった。
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路 茅野駅(0930)〜美濃戸口(1008) 往復切符1,550円
(往路バス、珍しく増発してました)
復路 美濃戸口(1120)〜茅野駅(1158)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間6分
休憩
40分
合計
4時間46分
S美濃戸口10:5611:33やまのこ村11:3411:39美濃戸山荘11:4612:21堰堤広場12:2513:07赤岳鉱泉13:2613:31大同心沢(大同心ルンゼ)分岐13:3213:35ジョウゴ沢14:34赤岩の頭14:4015:01硫黄岳15:0315:14赤岩の頭15:36ジョウゴ沢15:40大同心沢(大同心ルンゼ)分岐15:42赤岳鉱泉
2日目
山行
4時間15分
休憩
1時間7分
合計
5時間22分
赤岳鉱泉05:4206:10行者小屋06:1906:28阿弥陀岳分岐06:3506:49中岳のコル登山道水場06:5908:17阿弥陀岳08:5208:54西の肩(岩場)08:5808:59西ノ肩09:0109:36不動清水10:17御小屋山11:04八ヶ岳山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
---赤岳鉱泉まで---
美濃戸口山荘あたりからつるつるの氷が出来てきたので、アイゼン装着。

---硫黄岳---
綺麗なトレースが付いてました。

---阿弥陀岳(北陵)---
水木の降雪と気温高で、雪面は早朝でもしまっておらず、湿雪でずるずる。
第一岩峰、第二岩峰ともに雪で覆われていた。一部凍結も。
どちらも迂回ルート(トラバース)できるようですが、今回のコンディションでは
雪崩が起きそうでちょっと無理そうな斜度地形。

--御小屋尾根---
御小屋尾根もトレースあり。
冬もここを登って来る人が結構いるんだな。凄いな。

装備

備考 ザック13キロ(水0.5、ヴァーム0.5、和かんじき、お助けロープ25m)

写真

(1日目)
赤岳鉱泉のアイスキャンディ。人少なめでした。
2018年03月24日 13:08撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(1日目)
赤岳鉱泉のアイスキャンディ。人少なめでした。
1
硫黄岳まではとても綺麗なトレースが付いてました。
2018年03月24日 14:04撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳まではとても綺麗なトレースが付いてました。
1
この急登を上がれば、赤岩の頭。
2018年03月24日 14:33撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この急登を上がれば、赤岩の頭。
1
赤岩の頭着いた!
あと少しで硫黄岳。
ここから先、ちょっと風が強くなる。
2018年03月24日 14:36撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岩の頭着いた!
あと少しで硫黄岳。
ここから先、ちょっと風が強くなる。
1
硫黄岳到着。
遅い時間なので、人少なし。
2018年03月24日 15:00撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳到着。
遅い時間なので、人少なし。
1
爆裂!火口壁。
2018年03月24日 15:02撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爆裂!火口壁。
3
赤岳、阿弥陀岳の眺めて、周囲ぐるっと写真撮って下山しました。
2018年03月24日 15:05撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳、阿弥陀岳の眺めて、周囲ぐるっと写真撮って下山しました。
3
(2日目)
中岳ルートの分岐を入っていく。
2018年03月25日 06:38撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(2日目)
中岳ルートの分岐を入っていく。
2
トレースを追ってたら、ずいぶん奥まで来てしまった。。
2018年03月25日 06:48撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースを追ってたら、ずいぶん奥まで来てしまった。。
4
稜線に上がる。
2018年03月25日 07:00撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に上がる。
1
霧氷がきれい!
2018年03月25日 07:03撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷がきれい!
3
先行パーティがいた。風が強そうだな。
トレースは風ですぐになくなって行った。
2018年03月25日 07:15撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先行パーティがいた。風が強そうだな。
トレースは風ですぐになくなって行った。
5
第一岩峰。
上がってすぐに真っ白い壁で、思わず「ガバはどこ行ったの!」と…(笑
2018年03月25日 07:41撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一岩峰。
上がってすぐに真っ白い壁で、思わず「ガバはどこ行ったの!」と…(笑
4
第二岩峰もこんなんで…。
トラバースするか迷ったけど、雪崩も嫌なので丁寧に進む。
クォーク持って来ればよかった。。
2018年03月25日 08:03撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二岩峰もこんなんで…。
トラバースするか迷ったけど、雪崩も嫌なので丁寧に進む。
クォーク持って来ればよかった。。
4
第二岩峰のりきれば、あとは富士山横目に急登を上がるだけ。
2018年03月25日 08:31撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二岩峰のりきれば、あとは富士山横目に急登を上がるだけ。
2
阿弥陀岳到着。
2018年03月25日 08:33撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳到着。
1
阿弥陀岳から見た赤岳。
2018年03月25日 08:34撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳から見た赤岳。
5
権現岳方面。
おそらくこの時間くらいに南稜の事故が起こっていたと思われる。
2018年03月25日 08:35撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現岳方面。
おそらくこの時間くらいに南稜の事故が起こっていたと思われる。
3
北岳、甲斐駒ケ岳、仙丈ヶ岳。
2018年03月25日 08:52撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳、甲斐駒ケ岳、仙丈ヶ岳。
3
御小屋尾根で下山。
夏はズルズルのところが冬は雪で覆われてて歩きやすい。
2018年03月25日 08:59撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御小屋尾根で下山。
夏はズルズルのところが冬は雪で覆われてて歩きやすい。
3
途中で山の神に遭遇。
2018年03月25日 10:26撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で山の神に遭遇。
13

感想/記録
by roku

北稜は雪面も岩もあまり良いコンディションではなかった。
ダブルアックスで安定した登りの先行パーティが羨ましかったな。
稜線へ上がるタイミング遅くなったり、装備系はまた次回の課題。
御小屋尾根は早く降りられて良かった。kobanaoさん、サンキュー。
訪問者数:762人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2007/8/16
投稿数: 59
2018/3/28 12:32
 こちらもいい天気でしたね。
青空がまぶしいですね。
ただ、八ヶ岳の方が風が強かったみたいですね。
ちょうど阿弥陀で事故があったみたいですが、
ヘリが飛んでいたり、救助活動が行われたりしてましたか?
登録日: 2007/10/14
投稿数: 1293
2018/3/29 15:25
 Re: こちらもいい天気でしたね。
いい天気でした。
風は最大があんな感じだったので、そうでもないところはそんなでもなかったの。
阿弥陀の事故はスゴかったね。。
私が御小屋尾根を下りてる時にヘリが飛んでました。
ただ、樹林帯に入ってしまってたので、どこを飛んでるか分からず、
下山後に南稜だったと知りました。
登録日: 2010/4/24
投稿数: 1074
2018/3/29 23:58
 rokuさん、こんばんは!
山行一覧を見たけど今年もいいペースで山に行ってるね
でもまさか反対側の南稜であんなことが起きてるなんてね…
トップの人が滑落した際に生じた雪崩に他の人が巻き込まれたとか。
時期的に雪面のコンディションも良くなかったんだろうね。

それにしても硫黄の山頂がこんなに一面雪なんて珍しい!
いいもの見せてもらいました
登録日: 2012/9/24
投稿数: 16
2018/3/30 21:28
 このカモシカは・・・
自分がこの前御小屋尾根で会った彼と一緒のような気がする・・・
結構デカイやつでした?
登録日: 2007/10/14
投稿数: 1293
2018/4/2 17:59
 Re: rokuさん、こんばんは!
うん。山には行ってるのだけど、レコが全然追いつかなくなってしまった…
もう諦めて、できそこないレコを一気にあげてみた。
南稜の事故はほんとびっくり。何がどうなったのか、詳細が分からないけど、
どういう状況だったのかしらね。。雪崩のこともニュースでは書いてありましたね。

そう!硫黄岳の山頂は真っ白でした。
珍しいのね。私もよかった。
とういうか、レコ見て満足しないで(笑
kengamineさんの重い腰が上がりますように!
登録日: 2007/10/14
投稿数: 1293
2018/4/2 18:00
 Re: このカモシカは・・・
うん。kobanaoさんの会った彼だと思う。
デカイやつでした。
登山道のすぐ脇にいて、こっちを見てたので、
目の前を通るのドキドキした。
あのあたりをうろうろ警備してるのかしら。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ