また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1411602 全員に公開 山滑走甲信越

巻機山〜米子沢

日程 2018年03月25日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ/風強し
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
西谷後バス停に登山ポスト有り。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.4〜1.5(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち39%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間14分
休憩
40分
合計
7時間54分
S西谷後バス停06:0406:41桜坂駐車場06:4408:325合目08:3411:21ニセ巻機山11:30巻機山避難小屋11:4412:08御機屋(巻機山山頂の標)12:1312:22巻機山12:3813:47米子沢13:58西谷後バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
米子沢の上流部斜面はアイスバーンでした。
1000以下は、所々沢が口を開けています。
その他周辺情報金城の里にて日帰り温泉有り
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター マフラー ネックウォーマー バラクラバ 日よけ帽子 毛帽子 着替え ブーツ ザック ビーコン スコップ ゾンデ 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 ガムテープ 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ ビンディング スキー板 シール アイゼン ピッケル

写真

準備中
2018年03月25日 05:56撮影 by KYV35, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
準備中
1
いざ登り始め
2018年03月25日 06:03撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いざ登り始め
テント泊していた方々
2018年03月25日 06:46撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント泊していた方々
1箇所目、急登終わり
2018年03月25日 08:54撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1箇所目、急登終わり
偽巻機山を望む
2018年03月25日 09:40撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
偽巻機山を望む
1
2箇所目の急登へ向け
2018年03月25日 10:15撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2箇所目の急登へ向け
3
越後三山をバックに
2018年03月25日 12:12撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越後三山をバックに
1
ピーク目指して
2018年03月25日 12:15撮影 by KYV35, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピーク目指して
巻機山頂上
2018年03月25日 12:23撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻機山頂上
これから米子沢へ滑り込む
2018年03月25日 12:39撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから米子沢へ滑り込む
3
米子沢滑走
2018年03月25日 12:50撮影 by SC-02J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
米子沢滑走
2
デブリに新しい雪がのっている
2018年03月25日 13:18撮影 by KYV35, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
デブリに新しい雪がのっている
1
雪が途切れている箇所
2018年03月25日 13:30撮影 by SC-02J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が途切れている箇所
1
約1040m付近での沢が崩れている滝の場所 下から
2018年03月25日 13:32撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
約1040m付近での沢が崩れている滝の場所 下から
2
沢をぬけて林道より振り返ると♪
2018年03月25日 13:45撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢をぬけて林道より振り返ると♪
1

感想/記録

巻機山は、夏に米子沢を登っているのだがその際に沢登りの為にピークを踏まずして下山していた為今回が初ピークを狙う計画をたてる。
仕事の関係で出発は夜中になってしまったが福島からだと約5時間かかるので行動時間を考えるとできれば前泊をしたい。
今の時期は、国道291号線にある西谷後バス停車(5-10台)からが登り始めとなり登山BOXもある。
バス停に着いたがまだ日が出ていない為、日の出まで少し仮眠をとり日の出と共に準備を始める。
バス停より桜坂駐車場までは、夏であれば細い道路となっている場所を歩くのだが途中の橋は中央部分のみ雪が残っているだけなのでもう少し遅くなると橋は板を脱ぎ歩く事となるだろう。
桜坂駐車場にある料金所(プレハブ)は、冬の為なのか撤去されていた。

ここからが本格的な雪山登山となる。
雪で夏道は埋まっているのだが沢を登った際のログや地形図、赤布を頼りにゆっくりと雪の状態を確認しつつ1箇所目の急登箇所(井戸の壁)へと向かう途中に別クループのテントが3張りぐらい程あり朝食を作っていた。
井戸の壁なのだが、沢登りでは下りだった為そこまで急こう配だとは感じなかったのだが今回は、残雪期の登りとなる。
井戸の壁は、アイスバーンとなっておりスキーアイゼンを使いゆっくりと足元を確認しつつ登って行く。
スキーアイゼンは、刺さるのだが思いのほかアイゼンが効かずにキックターンができる場所を探しながら登って行くの。
途中で後続の方が、スキーアイゼンなしで登って行くのをみて自分の技術力がまだまだだと痛感した。
井戸の壁を登りきり尾根を歩き標高1300m辺りまで来ると木々が徐々に少なくなり日の当たる場所では徐々に雪が緩んではきているのだが風が強いので日陰の場所はあまり期待が出来そうにもない。
標高1400mまで高度を上げ目の前にニセ巻機山と共に2箇所目の急登が出てくる。
ニセ巻機山、周囲の山々の景色が福島にはないぐらいに雄大で圧巻の景色が見られる。
ここまで来てしまうと風を遮るものがなく、急登を登る時に板を担いで登っているのでストックとキックステップでゆっくりと登りニセ巻機山を目指す。
急登箇所だが他の方々の足跡がたくさんあるのだが今回は雪が緩んでおり自分に合う足跡を使いながら登ったのだが早い時間ならまだ凍っている恐れがあるのでアイゼンを履くのをお勧めだろう。
ニセ巻機山までくればもうピークはもう少しである。
ニセ巻機山と巻機山のコルにある避難小屋にて小休憩をし、ピークを目指す。
ピーク付近は雪付きが少なく岩が出ている。
とりあえず、ピークを踏んだので目標を達成できたので次は、下りのルートを決める。
ピストンまたは米子沢の2択なのでが、登ってくる際に沢の雪付の状況、デブリ跡、雪庇の張りだし箇所、メンバーの体調を考慮し米子沢を滑り降りる事とする。
自分ごとではあるが登り、滑りと共に多く山スキーに行っているのでちょっと難しい、初めての山行には気を使わないのでみんなの意見など多く話し合えるので誤った判断をするリスク低減するにはベストメンバーである。
事前情報だとデブリがあり沢が一部露出している場所があるので場所がはっきりとわからない為、先行者を作り後者に合図をし滑走の繰り返し滑り降りる。
沢に降りるまでは、日が照っているのだが風が強い為かアイスバーンとシュカブラのコラボ、沢自体はザラメ状、斜面はアイスバーンだった。
上流部を滑走しているとデブリ跡が多々あったのだが斜面より落ちたのではなく木々に着いていた雪が落ちそこから斜面に着いていた雪が一緒に落ちているぐらいで全層が崩れている訳ではない。
途中支沢が雪解けの水が流れており中央を滑ると沢へ落ちたら積雪の量を考えるとあがってくる事は、まず無理だと思う。
デブリに新しい雪がうっすら積もっておりターンをする時以外は邪魔にはならない。
1040m付近で雪が途切れており右岸を板を外し降りる。
1300mぐらいより隣の尾根へと上がれば板を脱がずに下れると思うので次回に繋げたいと思う。
高度を下げて行くと段々と雪が水分を多く含み板が滑らなくなり沢も所々口を開けている。
最終的にはザラメではなくボタン雪のように水分を多く含んだ雪で握ると水が出てくる。
米子沢入渓ポイントの砂防堰上流部より作業道へ抜け桜坂駐車場(料金所側)へと向かいそのままゆっくりとバス停まで行き今回の山行も無事に終わる。
全体的に雪質は、悪かったが夏も冬も同じ米子沢を登り下り両方の経験がこれからのまた山への力となる。









訪問者数:336人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ