また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1411791 全員に公開 アルパインクライミング中央アルプス

【日帰りアルパイン】サギダル尾根〜宝剣岳

日程 2018年03月25日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー3人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク、 ケーブルカー等
菅の台バスセンターに駐車
バス・ロープウェイ代は好日山荘メンバーズカードで1割引
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間40分
休憩
10分
合計
4時間50分
S千畳敷駅09:0011:50サギダルの頭12:0013:10宝剣岳13:50乗越浄土13:50千畳敷駅13:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
サギダル尾根 稜線直下の岩稜で1ピッチ30mザイルを出す
中間支点はブッシュとワイヤー、終了点は灌木
宝剣岳は雪稜と岩稜が続く。
鎖などの人工物や雪質が安定していたこともあり、ノンザイル
その他周辺情報こまくさの湯 610円
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ 長袖インナー ソフトシェル ハードシェル ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 雨具 ゲイター バラクラバ ザック アイゼン ピッケル ビーコン スコップ ゾンデ 行動食 水筒(保温性) ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ ファーストエイドキット ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス ツェルト ナイフ カメラ ハーネス ヘルメット 確保機 ロックカラビナ カラビナ スリング ロープスリング アッセンダー
共同装備 ガスカートリッジ コンロ ロープ(60m 50m) アルパインヌンチャク スノーバー

写真

感想/記録
by samoa

土曜日が休日出勤だったため、日帰りで行けるアルパインルートということでサギダル尾根〜宝剣岳に狙いを定め、会の5人で土曜夜に京都を出発。

いつもの恵那峡SAで一眠りして7時前くらいに菅の台バスセンターへ。
適当に準備して始発のバスに並ぶ。バス・ロープウェイ代は好日山荘メンバーズカード提示で10%OFF。(1枚につき4人)

バスに揺られロープウェイに乗り込み快晴の千畳敷カールへ。
いつきても気持ちのいい青空だ。
駅でハーネス、アイゼンを装着してサギダル尾根目指して出発。

中間部くらいで念のため弱層テスト。40cmくらいに肩の強さで切れる弱層あり。3日前くらいの降雪のものだろう。セーフな範囲ということで登はん再開。

後ろから追い付いてきたパーティーと団子になりながら登る。
上部岩稜の取りつきへはなんとか一番乗り。
早速ザイルを出してsamoaリードで登り始める。

基本的にはホールドスタンスはそこそこあるがところどころ乏しいところがあり、細かいスタンスに前爪をかけたりバイルを打ち込んだりする。

中間支点は基本的にブッシュ取れる。1ヶ所だけワイヤー。
終了点は稜線に出る直前の灌木。
後続はアッセンダーで登り最後の1人だけ末端確保。

思ったよりかは手強かったが問題なくサギダルの頭に立つことができた。
いつもいつもここから見る空木岳への稜線はカッコいい。今までで一番白い。
左手の三ノ沢岳も迫力があり尾根伝いに歩いてみたいものだ。

稜線はそこそこ風があったので、しのげるところで一息いれて歩を進める。
続くは宝剣岳。年末時期の雪の少ない時はいったことがあるが今回は果たして。

最初は少しアップダウンのある雪稜。一歩一歩慎重に時折後ろ向きにしたりしながら突破していく。

登り下りともにちょっとしたギャップとなっている箇所は左手から巻き降りて、登り返しは鎖頼りで登れる。
以降思ったよりも鎖などの人工物が出ている箇所が多く楽することができた。

途中、記録でもよく見る岩の穴や、突き出した岩で写真撮ったりしながら楽しく登りをこなしていき、宝剣の先っぽへ。

雪が多くて初冬時期よりも上に乗るのは簡単だ。
みんなで記念撮影。ちょっと前より白くなった南アルプスや八ヶ岳、その向こうの富士山、御嶽や乗鞍が一望。

乗越浄土までは尾根伝いに下ろしてくだけで、初冬のように鎖場のトラバースはなくて簡単。
という訳で宝剣縦走終了。歩いていて気持ちのいいルートだった。

乗越浄土で大休止。八丁坂では雪訓をしている人たちもいた。
宝剣を横目に八丁坂を下ろす。途中から尻セードをするも、下部は雪が重たくて思ったようには滑れなかった。

灌木が埋まって本当に真っ白になったカールの底を歩いていて千畳敷駅まで。
最高の天気の中、充実感のあるルートを歩けていい山行だった。

臨時のロープウェイに乗り込んで菅の台バスセンターまで。

こまくさの湯で汗を流した後は、駒ヶ根ICから少しいったところにあるスーパーでジンギスカンをお土産に購入、?
伊那谷ではラム肉を食べる文化がある。満州かるの引き上げてきた人が多かったからとyoneyamaさんから聞いたことがある。

恵那峡SAでご飯を食べたりしながら帰路についた。
訪問者数:166人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ