また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1417764 全員に公開 ハイキング中国山地西部

広島県 宮島【桜花麗し 最南端の岬へ】革篭崎

日程 2018年04月01日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候◆2018年4月1日(日) 晴れ
          広島市の予想気温=10℃〜20℃
          革篭崎から風がでてきて暑さも和らぎました
アクセス
利用交通機関
電車バス、 車・バイク、
◆JR山陽本線(宮島口駅)&広島電鉄宮島線(広電宮島口駅)  
 JR宮島口駅・時刻表 
     https://www.jr-odekake.net/eki/timetable.php?id=0800618
 広島電鉄・時刻表    
     http://ekikara.jp/newdata/line/3403021.htm

◆宮島口桟橋〜宮島桟橋
 JR西日本宮島フェリー http://www.jr-miyajimaferry.co.jp/time/
            
 宮島松大汽船      http://miyajima-matsudai.co.jp/schedule/
 ※6:45宮島口発の臨時便に乗船しました。

◆宮島口周辺駐車場↓
 http://www.maroon.dti.ne.jp/usaco/momi/p_map.htm

◆渋滞を回避して宮島へアクセス↓(宮島口周辺パーク・アンド・ライド)
 https://www.city.hatsukaichi.hiroshima.jp/soshiki/41/14308.html

◆宮島島内交通情報↓
 http://www.miyajima-wch.jp/jp/access/01.html
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間23分
休憩
41分
合計
10時間4分
S宮島桟橋06:5807:12厳島神社07:1407:21宮島水族館(みやじマリン)07:25大元神社07:30大元橋の横07:3308:07前峠乗越08:1208:24岩船岳登山口08:2508:38先峠08:4108:55岩船岳縦走路・三ツ丸子山分岐(仮)08:58青海苔浦・陶晴賢敗死之碑分岐(仮)09:06陶晴賢碑09:0710:02青海苔浦の手前の分岐11:45山白浜神社11:5112:21革篭崎12:3313:37あての木浦13:4013:54長浦13:5614:33御床神社15:01大川浦15:08大江浦15:1015:43広大植物実験所16:05多々良林道入口16:39大元神社16:4016:42宮島水族館(みやじマリン)17:02宮島桟橋G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◆大元公園〜先峠
大元公園から少し登ると大元橋がありその右手に
白い看板があります。そこから沢筋を登り前峠に
向かいます。白い看板のさらに右手には前峠山に
直登する踏み跡があります。
前峠まで登ると分岐があります。少し前進すると
また分岐があり右折し多々良林道に降りてます。
多々良林道まで降りると今度は先峠に登る入口が
ありそこには指導標が立っています。
◆先峠〜青海苔浦分岐
先峠まで登り右斜め前方の踏み跡を辿り約17分
で青海苔浦に降りる左折点があります。
そこから10分足らずで「陶晴賢敗死之碑」に向
かう左折点があり標識もありますが分かりにくい
です。左側を注意深く且つ後ろを振り向くイメー
ジで。その後何度か渡渉し水道施設跡まで来ると
10分少々で革篭崎へ向かう右折点に着きます。
◆青海苔浦分岐〜革篭崎〜あての木浦
今年の2月・3月、地元の山の会の方々によって
整備していただいたそうです。踏み跡、テープを
頼りに進みました。何度か間違えたりしながら大
事に至ることなく歩きとおすことができました。
養父崎浦から山白浜までの区間は特にアップダウ
ンがきつくなります。
◆あての木浦〜広大植物実験所〜宮島桟橋
本日は下谷から海岸線沿いに砂浜を歩き広大植物
実験所から舗装林道に上がりました。
4月1日(日)=大潮で干潮時刻16:27、潮位20cm
※宮島 年間潮汐表
http://www.miyajima.or.jp/sio/sio01.html 
陸路によるあての木浦〜大江浦は一筋縄ではいか
ない難路です。経験・技術が一定以上ないと厳し
い事態を招きかねません。安易に立ち入らないよ
うご注意願います。

※2018年4月1日に歩いたnavecat個人の感想
 です。所要時間など目安程度にご覧ください。
※大元公園からグルッと回って広大植物実験所
 まで非一般道です。広大植物実験所から宮島
 桟橋までは舗装された道です。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

hobbitさんご夫妻との
3度目のコラボも世界
遺産の島・宮島です。
       (n)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
hobbitさんご夫妻との
3度目のコラボも世界
遺産の島・宮島です。
       (n)
42
まずは神の使いに
ご挨拶(h)

オシャレな帽子だと思ったら
噂の岐阜県から春風に乗って
飛来した逸品ですね(^^)/    
       (n)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは神の使いに
ご挨拶(h)

オシャレな帽子だと思ったら
噂の岐阜県から春風に乗って
飛来した逸品ですね(^^)/    
       (n)
46
国重文・多宝塔が
桜の海に浮かんで
います。
       (n)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国重文・多宝塔が
桜の海に浮かんで
います。
       (n)
40
桜の海に浮かぶ多宝塔を上か
ら見ると、こんな感じです。
(前日撮影)
       (n)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜の海に浮かぶ多宝塔を上か
ら見ると、こんな感じです。
(前日撮影)
       (n)
67
国重文・五重塔を美しく彩る
桜の花。最高のタイミングで
来れました。(n)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国重文・五重塔を美しく彩る
桜の花。最高のタイミングで
来れました。(n)
30
厳島神社の桜も満開です。
(n)
 
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
厳島神社の桜も満開です。
(n)
 
27
桟橋から約25分。大元神社
まで来ました。ここから先
広大植物実験所までの約9
時間、人と会うことはあり
ませんでした。   (n)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桟橋から約25分。大元神社
まで来ました。ここから先
広大植物実験所までの約9
時間、人と会うことはあり
ませんでした。   (n)
6
大元公園も満開
(h)
2018年04月01日 07:29撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大元公園も満開
(h)
8
前峠乗越を目指し急登を
登る前自治会長。
      (n)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前峠乗越を目指し急登を
登る前自治会長。
      (n)
13
えっさほいさ   (h)

前峠→先峠→高安原→青海苔
浦と歩いていきます。 
         (n)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
えっさほいさ   (h)

前峠→先峠→高安原→青海苔
浦と歩いていきます。 
         (n)
23
高安原・陶晴賢敗死の碑
1555年、厳島合戦にて毛利
元就に敗れた陶晴賢(すえ 
はるかた)の自刃の地に立つ
石碑。   (n)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高安原・陶晴賢敗死の碑
1555年、厳島合戦にて毛利
元就に敗れた陶晴賢(すえ 
はるかた)の自刃の地に立つ
石碑。   (n)
4
青海苔浦に向かっています。
ここの渡渉が一番、ドボン
の危険がありました。(n)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青海苔浦に向かっています。
ここの渡渉が一番、ドボン
の危険がありました。(n)
6
青海苔浦に向かっています。
個人的にはここを歩くのは
2回目になります。 (n)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青海苔浦に向かっています。
個人的にはここを歩くのは
2回目になります。 (n)
2
青海苔浦に向かっています。
水道施設跡まで来ると分岐
まで約10分です。 (n)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青海苔浦に向かっています。
水道施設跡まで来ると分岐
まで約10分です。 (n)
2
青海苔浦の手前、標識がある
地点を右折しいよいよ未踏の
革篭崎へ向かいます。 (n)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青海苔浦の手前、標識がある
地点を右折しいよいよ未踏の
革篭崎へ向かいます。 (n)
2
振り返ると🐍ジムグリ
気付かずに跨ぎました(h)
2018年04月01日 10:04撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると🐍ジムグリ
気付かずに跨ぎました(h)
29
革篭崎に向かう経路に入り高
巻くと砂浜に青海苔神社の社
殿が見えました。島の反対側
の景色はいつも感動的で素晴
らしいです。     (n)

ここが今回の感動ポイント
第三位でした(h)  
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
革篭崎に向かう経路に入り高
巻くと砂浜に青海苔神社の社
殿が見えました。島の反対側
の景色はいつも感動的で素晴
らしいです。     (n)

ここが今回の感動ポイント
第三位でした(h)  
26
キスチョコ島(小黒神島)も
見る角度が変わると雰囲気
が少々異なります。
          (n)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キスチョコ島(小黒神島)も
見る角度が変わると雰囲気
が少々異なります。
          (n)
22
潜水艦発見!
ズーム発揮!!
   (h)
2018年04月01日 10:10撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
潜水艦発見!
ズーム発揮!!
   (h)
57
シキミ 樒
有毒(h)
2018年04月01日 10:20撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シキミ 樒
有毒(h)
11
海岸線を高巻くこの経路は
眺望抜群です。  (n)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
海岸線を高巻くこの経路は
眺望抜群です。  (n)
15
樹林帯に入ると・・・
これはクチバシ岩?
        (n)
ここは四つん這いで
登りました(h)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯に入ると・・・
これはクチバシ岩?
        (n)
ここは四つん這いで
登りました(h)
14
砂浜に降りてきました。
阿多田島が見えています。
         (n)        
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂浜に降りてきました。
阿多田島が見えています。
         (n)        
17
養父崎浦(やぶざきうら)
ここからアップダウンが
きつくなってきます。(n)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
養父崎浦(やぶざきうら)
ここからアップダウンが
きつくなってきます。(n)
13
山帰来も花期
(カタラ、サルトリイバラ)
トゲに注意(h)
2018年04月01日 10:28撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山帰来も花期
(カタラ、サルトリイバラ)
トゲに注意(h)
7
小谷、到着♪
明瞭な木製プレートと
たくさんのテープ
ありがとうございます(h)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小谷、到着♪
明瞭な木製プレートと
たくさんのテープ
ありがとうございます(h)
5
知る人ぞ知る"小谷桜"
立派な山桜です。
       (n)
あての木桜と同種です(h)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
知る人ぞ知る"小谷桜"
立派な山桜です。
       (n)
あての木桜と同種です(h)
9
小谷桜🌸咲き始め
例年より早っ!(h)
2018年04月01日 11:29撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小谷桜🌸咲き始め
例年より早っ!(h)
16
タイミンタチバナ
宮島ならではの木
雌雄異株(h)
2018年04月01日 11:22撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タイミンタチバナ
宮島ならではの木
雌雄異株(h)
9
革篭崎に向かうこの経路は
海だけでなく山々の景観も
素晴らしかったです。 (n)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
革篭崎に向かうこの経路は
海だけでなく山々の景観も
素晴らしかったです。 (n)
8
こちらから見たかった〜(h)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらから見たかった〜(h)
10
ヤブツバキがたくさん
咲いていました。(n)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤブツバキがたくさん
咲いていました。(n)
21
いよいよ未踏の最南端、
革篭崎(こうござき)へ。
        (n)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ未踏の最南端、
革篭崎(こうござき)へ。
        (n)
5
革篭崎のさらに最先端部に
到着しました。   (n)

これより進むと
崖から海に落ちますが
感動ポイント
1です(h)
          
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
革篭崎のさらに最先端部に
到着しました。   (n)

これより進むと
崖から海に落ちますが
感動ポイント
1です(h)
          
6
㊗革篭崎
花も添えて(h)

余韻に浸りながらも次は
あての木浦を目指します。
         (n)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
㊗革篭崎
花も添えて(h)

余韻に浸りながらも次は
あての木浦を目指します。
         (n)
32
可部島。青い海と白い砂浜が
とても綺麗でした。 (n)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
可部島。青い海と白い砂浜が
とても綺麗でした。 (n)
20
透明度の高い海を眼下に
見ながら進みます。
         (n)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
透明度の高い海を眼下に
見ながら進みます。
         (n)
45
ウミウ♪
  (h)
2018年04月01日 13:16撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウミウ♪
  (h)
13
ミサゴ♪
松のてっぺんの巣へ
行き来してました
       (h)
2018年04月01日 13:23撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミサゴ♪
松のてっぺんの巣へ
行き来してました
       (h)
14
今日も美しいあての木浦
海側からの上陸
感動ポイント2(h)

陸路を離れ海岸線を歩き
あての木浦へ。  (n)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も美しいあての木浦
海側からの上陸
感動ポイント2(h)

陸路を離れ海岸線を歩き
あての木浦へ。  (n)
20
6回目のあての木浦ですが、
一番美しく感じました。
個人的にですがこれで陸路に
おける島内一周を達成するこ
とができました。   (n)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6回目のあての木浦ですが、
一番美しく感じました。
個人的にですがこれで陸路に
おける島内一周を達成するこ
とができました。   (n)
28
あての木浦から大江浦までの
区間は名うての迷宮ルートで
すので要注意。   (n)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あての木浦から大江浦までの
区間は名うての迷宮ルートで
すので要注意。   (n)
4
下谷の案内標識から陸路を
離れ引き潮の海岸線へ。
あての木浦から42分。(n)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下谷の案内標識から陸路を
離れ引き潮の海岸線へ。
あての木浦から42分。(n)
5
うってつけの大潮
ここから砂浜ハイクに
しましょうね(h)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うってつけの大潮
ここから砂浜ハイクに
しましょうね(h)
11
牡蠣の養殖ひびを間近に
見ながら砂浜を歩きます。
          (n)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牡蠣の養殖ひびを間近に
見ながら砂浜を歩きます。
          (n)
13
御床神社
参拝する前自治会長を撮る
人を撮りました。  (n)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御床神社
参拝する前自治会長を撮る
人を撮りました。  (n)
17
「おむすび岩を持ち上げる」
父さんに撮影を要求されまし
たが失敗(h)

「おむすび岩を持ち上げる」
撮影現場を撮りました。(n)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「おむすび岩を持ち上げる」
父さんに撮影を要求されまし
たが失敗(h)

「おむすび岩を持ち上げる」
撮影現場を撮りました。(n)
31
「おむすび岩を持ち上げる」
キャスティング変更して撮影
が続いています。  (n)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「おむすび岩を持ち上げる」
キャスティング変更して撮影
が続いています。  (n)
13
三ツ丸子山

砂浜に降りてみる景色は
新鮮でした。
         (n)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ丸子山

砂浜に降りてみる景色は
新鮮でした。
         (n)
10
小中学校まではまだ埋立てら
れていなかった波静かな瀬戸
の海が遊び場でした。ここに
はそのころと変わらない風景
があります。     (n)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小中学校まではまだ埋立てら
れていなかった波静かな瀬戸
の海が遊び場でした。ここに
はそのころと変わらない風景
があります。     (n)
16
砂浜歩きは子供のころの原風
景を想起させてくれました。
          (n)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂浜歩きは子供のころの原風
景を想起させてくれました。
          (n)
18
アセビ馬酔木
有毒(h)
2018年04月01日 15:41撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アセビ馬酔木
有毒(h)
18
コウヤミズキ
2018年04月01日 16:09撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コウヤミズキ
20
国重文・大鳥居(高さ16m)

無事に戻ってこれました。
         (n)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国重文・大鳥居(高さ16m)

無事に戻ってこれました。
         (n)
52
ship 宮島→宮島口

船上から宮島の峰々。
         (n)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ship 宮島→宮島口

船上から宮島の峰々。
         (n)
20
ship 宮島→宮島口

日が傾くのもゆっくりに
なってきました。 (n)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ship 宮島→宮島口

日が傾くのもゆっくりに
なってきました。 (n)
47

感想/記録

陸路における宮島一周に関して、
青海苔浦−革篭崎−あての木浦
が未踏でした。

島の最南端エリアはなかなか足が
向きませんでしたがhobbitさん
ご夫妻のご同行を得てついに本日
歩き通すことができました。

好天に恵まれたなか、合わせて
知る人ぞ知る小谷桜を目にし、
下谷から広大植物実験所までの
海岸線を初めて歩くことができ
ました。

この海浜歩き、そして島の南東
方面の山と瀬戸の美しい景観は
想像以上の素晴らしさでした。

約10時間の行程で私にとっては
厳しい事態も脳裏をよぎりまし
たが大潮という自然現象に助け
られルート後半の修羅場を海浜
に降り無事に切り抜けることが
できました。
際どさと安堵感多きそして感謝
ばかりの山行でした。



感想/記録
by hobbit

念願の革篭崎へ。

yonkunさん、htさんのおかげでルート概要は分かったものの
休日の天気や潮位や🌸など色々考えると
重い腰が上がりませんでした。

今回、上記のことは考えずに
なべきゃっとさんの帰省に合わせたところ
なにもかもうまくいきました。
なべきゃっとさんに宮島の神様がついている!?

宮島最南端の景色のみならず
想定外の小谷桜も見れたのは出来過ぎでした。
ありがとうございました。
訪問者数:855人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ