また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1418342 全員に公開 山滑走槍・穂高・乗鞍

槍ました〜:槍ヶ岳飛騨沢

日程 2018年04月01日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
深山荘の登山者用駐車場
この時期としては結構埋まっていた
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間48分
休憩
2時間48分
合計
14時間36分
Sスタート地点00:2700:41新穂高温泉バス停00:4500:45新穂高登山指導センター00:50新穂高温泉駅01:17小鍋谷ゲート02:04穂高平小屋02:55白出小屋04:28滝谷避難小屋04:4604:48藤木レリーフ04:5105:37槍平小屋05:3807:04飛騨沢千丈乗越分岐07:0608:39飛騨乗越08:5209:02槍ヶ岳山荘09:1809:45槍ヶ岳10:3310:42槍ヶ岳山荘10:5511:04飛騨乗越11:2811:42飛騨沢千丈乗越分岐11:4311:57槍平小屋12:1612:30藤木レリーフ13:38白出小屋13:58穂高平小屋14:0214:31小鍋谷ゲート14:3314:52新穂高温泉駅14:57新穂高温泉バス停15:03ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
林道デブリ多し。
滝谷はもちろんのこと、チビ谷、ブドウ谷などデブリランド。
その他周辺情報荒神の湯
寸志200円ほど
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ザック(mhmパウダーケグ32) スキー板(BDリバート 173cm) ビンディング(BDオーワン) スペアキット(BDオーワンバックカントリーキット) クトー(BDテレクランポン) テレマークブーツ(スカルパT2X) セルフアレストピック(BDウィペット×2) ヘルメット(クライミングテクノロジーイクリプス) ビーコン(マムートエレメントバリーボックス) プローブ(オルトボックス320cm) スコップ(BDディプロイ) ヘッドランプ(BDストーム) クランポン(BDセラッククリップ) ピッケル(BDベノム) サングラス(オークリーレーダーパス) ゴーグル(オークリーAフレーム2.0) 日焼け止め リップクリーム ビーニー(BD) ヘルメットビーニー(テルヌア) ヘッドバンド(マムート) バラクラバ(ホグロフス) テムレス インナーグローブ 予備グローブ(マウンテンハードウェア) スキーシール(G3アルピニストハイトラクションスキン) シールワックス スキーワックス カメラ(CANON IXY32S) GPS(ガーミンeTrex20J) スマホ 携帯 予備電池(単3 単4 モバイル用) 予備ランプ 財布 保険証 ドライバー(+ -) コンパス ナイフ(ビクトリノックススイスチャンプ) 飲料 行動食 非常食 防寒着(ユニクロウルトラライトダウンジャケット) ファーストエイドキット

写真

林道の雪は最初の大きなカーブを過ぎ、意外と速く出てきたが、雪切れも多く、デブリも多かった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道の雪は最初の大きなカーブを過ぎ、意外と速く出てきたが、雪切れも多く、デブリも多かった
真夜中の行軍であったため、写真は一気に槍平へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真夜中の行軍であったため、写真は一気に槍平へ
3
冬期小屋に1名の方がおり、通り過ぎるタイミングで同時にスタートしていかれた
この方とは山頂で再びお会いする
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬期小屋に1名の方がおり、通り過ぎるタイミングで同時にスタートしていかれた
この方とは山頂で再びお会いする
夜が明け、穂高が見えてくる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜が明け、穂高が見えてくる
4
中ノ沢の奥には中岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ノ沢の奥には中岳
3
飛騨沢はデブリがほとんどなかった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛騨沢はデブリがほとんどなかった
2
穂高に朝日が当たり始める
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高に朝日が当たり始める
3
乗鞍さんも見えてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍さんも見えてきた
1
ちょっとズームで
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとズームで
このコーナーを回ると
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このコーナーを回ると
振り向くと抜戸岳の東斜面がそそり立つ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り向くと抜戸岳の東斜面がそそり立つ
3
雪質はアイスでもなく、気温が下がりザラメの堅くなった感じ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪質はアイスでもなく、気温が下がりザラメの堅くなった感じ
2
飛騨乗越が近そうで遠い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛騨乗越が近そうで遠い
ようやく乗越に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく乗越に到着
4
すると目の前には常念岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すると目の前には常念岳
5
この時間はガスが掛かっていたが、この後快晴に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時間はガスが掛かっていたが、この後快晴に
テント場の雪は少なめ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場の雪は少なめ
1
さあ近づいてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ近づいてきた
5
東鎌尾根と手前は槍沢
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東鎌尾根と手前は槍沢
1
さあ行きますか
ピッケルとウィペットのダブルで
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ行きますか
ピッケルとウィペットのダブルで
9
槍平小屋からの登山者さんに撮っていただきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍平小屋からの登山者さんに撮っていただきました
23
この高度感がたまりませんね〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この高度感がたまりませんね〜
8
山頂までの梯子は殆ど出ていたが、鎖は埋もれているところも多々
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂までの梯子は殆ど出ていたが、鎖は埋もれているところも多々
4
穂高までの稜線が綺麗に見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高までの稜線が綺麗に見える
11
大天井岳から常念岳
手前が東鎌尾根
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天井岳から常念岳
手前が東鎌尾根
3
手前鷲羽岳、右水晶岳、奥に薬師岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前鷲羽岳、右水晶岳、奥に薬師岳
2
東鎌尾根の北斜面に雪崩の破断面が見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東鎌尾根の北斜面に雪崩の破断面が見える
5
奥が乗鞍岳、左に西穂高岳、右に焼岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥が乗鞍岳、左に西穂高岳、右に焼岳
3
笠ヶ岳をズームで
雪は豊富
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳をズームで
雪は豊富
3
山頂直下の梯子はこんな感じ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下の梯子はこんな感じ
4
雪と岩のミックスは歩きにくい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪と岩のミックスは歩きにくい
2
名残惜しいが早く戻らねば
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名残惜しいが早く戻らねば
さあ大斜面に飛び込む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ大斜面に飛び込む
まだ緩んでなかったが、氷化はなかった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ緩んでなかったが、氷化はなかった
1
スケールが大きくとてもではないが一気には行けません
休み休み滑ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スケールが大きくとてもではないが一気には行けません
休み休み滑ります
4
下部の沢地形もボウル状で楽しい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下部の沢地形もボウル状で楽しい
1
この辺りはザラメ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りはザラメ
槍平小屋が見えてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍平小屋が見えてきた
さあどこまで滑れるか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあどこまで滑れるか
1
滝谷避難小屋横の渡渉点
もうすぐ落ちる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝谷避難小屋横の渡渉点
もうすぐ落ちる
登りの時は暗かったので詳細が分からなかったが、デブリは多数
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りの時は暗かったので詳細が分からなかったが、デブリは多数
白出沢はまだ埋まっている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白出沢はまだ埋まっている
林道は雪が切れ切れだが、ほとんど板のまま
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道は雪が切れ切れだが、ほとんど板のまま
最後に新穂高からの笠ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後に新穂高からの笠ヶ岳
2

感想/記録
by ktn92

ここのところの暖かさで、ルート上の雪崩は大体落ち切ったであろうと行くことにした。
暗闇の中を出発するが、以外と満月が大きくて明るい。
林道は所々雪切れと林道上にデブリが多かった。
白出沢からのルートはこの時期不明瞭なのと暗闇の中なので、夏道を辿って滝谷まで進んだ。
もちろん滝谷までのチビ谷やブドウ谷のデブリは大きいが想定内。
滝谷からはシールで進む。
槍平冬期小屋を通り過ぎようとしたところ、小屋からお一人身軽な格好で先行して出てきた。
聞くと前日夜に入り仮眠したところ寝すぎたとのこと。
この方は空荷と身軽であったが、アイゼン歩行だったので、スキーの自分が追い越して進んでいく。
飛騨乗越はすぐに見えるのだが、なかなか届かない。
クトーを付けようと場所を探しながら進むが斜度が全く緩まないので、乗越手前までクトーなしで行ってしまった。
本来ならもっと下部で付けるべきで、判断が遅れた。これで登るスピードが落ちてしまった。
飛騨乗越に到着すると強風。ここは風の通り道ですね。
この先のテント場方面の雪も少なく、板はここにデポすることにした。
槍の穂先も雲の流れに隠れていたが、次第に雲もなくなった。
小屋のライブカメラに掛かる雪を少し落として、山頂に向かいます。
雪は少ないですね。昨年のゴールデンウィーク並みかと。
山頂に到着し、展望を楽しんでいたところ、追い越した小屋からの登山者さんも到着。
記念に写真も撮っていただきました。
時間に余裕もないので、急いで下山するが、登りより下りの方が時間が掛かる。
滑走は乗越からだが、乗越に戻ると他に2名のスキーヤーが待機していた。
準備を済ませいざドロップ。
ややハードパックだが、何てことはない。いい感じで滑っていく。
飛騨沢のスケールが大きく、中々下まで一気には行けない。
途中からはザラメに変化。これはこれで楽しい。板もそれなりに滑ってくれました。
槍平小屋まで戻って、ようやく一息入れ、腹ごしらえを済ませる。
ここからはとりあえず滝谷までは滑れることが分かっていたが、どこまで滑れるかトレースを頼りに進むと白出沢手前まで滑り込めた。
一旦、夏道に上がり、白出沢を超えた林道からは再びスキーの出番。
雪切れ、デブリも多々あったが、ほとんど板を脱ぐことなく、新穂高手前まで。
数年前に日帰りでは辿り着けなかった槍への思いを達成することができた。
疲れましたが、完全燃焼で充実感いっぱいの一日となりました。
訪問者数:3045人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/8/27
投稿数: 261
2018/4/2 9:23
 お疲れさまでした。
長い飛騨沢お疲れ様でした。4月初旬のこの時期に入ったことがなくデブリもかなり激しかったのでは?と推測致します。滑走は他では味わえない豪快さですよね。また行きたくなりました。滝谷渡渉が早くも現れるとは今年は雪はあまり多くないという結果ですね・・・
しかし、今年は目標完遂率が高くさすがだなと思っています。
登録日: 2012/1/12
投稿数: 251
2018/4/2 9:51
 Re: お疲れさまでした。
デブリの多さは予想通りでしたが、滑走にそれほど支障はありませんでした。
以外と白出沢近くまで滑ることもできましたし、それほど難儀のない山行でした。
但し、日帰りでは距離もあって時間が掛かるので、深夜出発限定ですね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ