また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1419932 全員に公開 ハイキング甲信越

馬下から鳴沢峰まで

日程 2018年04月03日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ(雲多し)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
馬下保養センターの一番奥(第2駐車場)に車を停めました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間0分
休憩
10分
合計
5時間10分
Sスタート地点07:1810:21鳴沢峰10:3112:28ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
今日は初めての馬下保養センターからの登山道。雪の状態を見に登った。
危険個所はないが鹿返道から五葉尾根合流までの急登は、雪があると厳しいと感じた。
その他周辺情報馬下保養センター
https://www.city.gosen.lg.jp/organization/10/8/1/1882.html
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

備考 やっぱりこの時期山頂をわたるなら、スノーシューかワカンは必要かも。

写真

馬下保養センターの一番奥に車を停めます。
相棒連れのため中には入っていません。
2018年04月02日 07:20撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬下保養センターの一番奥に車を停めます。
相棒連れのため中には入っていません。
1
直ぐ登山口の案内看板。
「正規ルートではありません」の注意書きが立てられていました。整備なしということでしょうか。
2018年04月02日 07:20撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直ぐ登山口の案内看板。
「正規ルートではありません」の注意書きが立てられていました。整備なしということでしょうか。
何ヶ所も倒木があり道が塞がれています。
通行止めの表示じゃないと思いますが。
2018年04月02日 07:22撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何ヶ所も倒木があり道が塞がれています。
通行止めの表示じゃないと思いますが。
沢沿いに歩いた後は、左手の急登を登ります。
案内表示があり迷わない。
2018年04月02日 07:30撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いに歩いた後は、左手の急登を登ります。
案内表示があり迷わない。
斜面を斜めに中々の登り。
2018年04月02日 07:37撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面を斜めに中々の登り。
第一鉄塔が見えてきました。ここから尾根歩きが始まる。
2018年04月02日 07:41撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一鉄塔が見えてきました。ここから尾根歩きが始まる。
1
今日は霞んでいて、隣の五頭の山並みも見えずらい。
2018年04月02日 07:42撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は霞んでいて、隣の五頭の山並みも見えずらい。
登山道にはイワウチワ。今年の初めましてになりました。
2018年04月02日 07:45撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道にはイワウチワ。今年の初めましてになりました。
4
登山道にずっと咲いています。
2018年04月02日 08:02撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道にずっと咲いています。
3
第二鉄塔。
狩り払いされているので、鉄塔の場所は見晴らしがよい。
2018年04月02日 08:06撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二鉄塔。
狩り払いされているので、鉄塔の場所は見晴らしがよい。
どこまでも続くイワウチワ。
2018年04月02日 08:09撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこまでも続くイワウチワ。
4
そしてマンサクが現れるということは・・・。
2018年04月02日 08:47撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてマンサクが現れるということは・・・。
2
登山道は雪に覆われます。
500mから上はほぼ雪に覆われていました。
2018年04月02日 08:51撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道は雪に覆われます。
500mから上はほぼ雪に覆われていました。
1
まあ、相棒にはうれしい雪。
2018年04月02日 08:59撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まあ、相棒にはうれしい雪。
4
平らな広場が一か所。やっとストレスなく鳴沢峰を見ることができます。
この上に第三鉄塔があります。
2018年04月02日 09:02撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平らな広場が一か所。やっとストレスなく鳴沢峰を見ることができます。
この上に第三鉄塔があります。
2
尾根の合流ポイント。
相棒の前にある鐘の下には「鹿返道」の表示が埋まっているようです。
2018年04月02日 09:20撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根の合流ポイント。
相棒の前にある鐘の下には「鹿返道」の表示が埋まっているようです。
2
ピークから一旦下り。鞍部に向かう道は南側のため雪は消えています。
2018年04月02日 09:22撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークから一旦下り。鞍部に向かう道は南側のため雪は消えています。
右手には大蔵山方向の山並み。
2018年04月02日 09:24撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手には大蔵山方向の山並み。
進行方向には鳴沢峰に続く深い谷。
2018年04月02日 09:25撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
進行方向には鳴沢峰に続く深い谷。
2
そして細尾根。足もとにはブッシュ(細枝)が出ていて、このままだと夏は歩きにくい。
2018年04月02日 09:30撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして細尾根。足もとにはブッシュ(細枝)が出ていて、このままだと夏は歩きにくい。
1
今日一の急登が始まります。
2018年04月02日 09:41撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日一の急登が始まります。
雪が付いているか心配していましたが、ギリギリ出ていました。
これで鳴沢峰までは行けそうです。
2018年04月02日 09:45撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が付いているか心配していましたが、ギリギリ出ていました。
これで鳴沢峰までは行けそうです。
1
登りきった場所は小山田に向かう登山道との合流点。
写真右から登ってきました。
2018年04月02日 09:51撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りきった場所は小山田に向かう登山道との合流点。
写真右から登ってきました。
1
菱ヶ岳のピークが見えますが、今日は写真向きではない。
2018年04月02日 10:01撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
菱ヶ岳のピークが見えますが、今日は写真向きではない。
1
広い斜面は自由に歩く。
2018年04月02日 10:05撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広い斜面は自由に歩く。
2
ブナの力瘤。
2018年04月02日 10:06撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの力瘤。
2
咲花分岐点。山頂はすぐそこ。
2018年04月02日 10:13撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
咲花分岐点。山頂はすぐそこ。
3
看板などは見えません。まだ雪の下。
雪庇から身を乗り出しても、ここはまだ大丈夫。
2018年04月02日 10:16撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
看板などは見えません。まだ雪の下。
雪庇から身を乗り出しても、ここはまだ大丈夫。
3
菅名岳に行こうと歩き始めたのですが、雪が緩くなってきています。
2018年04月02日 10:23撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
菅名岳に行こうと歩き始めたのですが、雪が緩くなってきています。
3
ちょっと迷いましたが、今日はピークハントが目的ではないので帰ることにします。
2018年04月02日 10:23撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと迷いましたが、今日はピークハントが目的ではないので帰ることにします。
3
ここは阿賀野川がイイ眺め。
2018年04月02日 10:31撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは阿賀野川がイイ眺め。
2
菅名岳にはまた別の機会に。
2018年04月02日 10:37撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
菅名岳にはまた別の機会に。
1
イワウチワの登山道に戻ります。
2018年04月02日 10:59撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワウチワの登山道に戻ります。
3
第三鉄塔の下にはたくさんのフキノトウ。
少しいただいて晩酌のおつまみに。
2018年04月02日 11:14撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第三鉄塔の下にはたくさんのフキノトウ。
少しいただいて晩酌のおつまみに。
2
アオキの赤い実。
とても目立ちます。
2018年04月02日 11:40撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アオキの赤い実。
とても目立ちます。
1
椿一輪。
ギフチョウがひゅんひゅん飛んでいましたが、写真には撮れません。きっと相棒先を歩いてが邪魔しているのでないか…と。
2018年04月02日 11:50撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
椿一輪。
ギフチョウがひゅんひゅん飛んでいましたが、写真には撮れません。きっと相棒先を歩いてが邪魔しているのでないか…と。
2
至る所に倒木。
2018年04月02日 11:45撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
至る所に倒木。
最初の沢に下山しました。
2018年04月02日 12:17撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の沢に下山しました。
瑞々しいエンレイソウ。これも今年初めて。
2018年04月02日 12:17撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
瑞々しいエンレイソウ。これも今年初めて。
2
キクザキイチゲの青い花。
桜が咲き始めて、春が来たことを感じました。
2018年04月02日 12:18撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キクザキイチゲの青い花。
桜が咲き始めて、春が来たことを感じました。
2

感想/記録
by onicco

菅名岳のルートで経験のなかった馬下保養センターからの登山道を歩いてみました。
この時期、雪の付き方が心配でしたが、急登の雪はほぼ融けています。

今回は菅名岳を諦めたため、昼食をとらずに下山することにしました。

2014年の Joker72さんとほぼ同じ時期に同じコースを歩いたようです。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-425900.html
訪問者数:250人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/5/6
投稿数: 1698
2018/4/5 5:56
 早いもので・・・
雪融けが進み
イワウチワやスミレなどが咲き始めていますね

私もこのコース歩いていますが
結構な急登があったと思います^^;
気温も上がり暑かったのでは?

お疲れ様でした(^^)/
登録日: 2014/5/1
投稿数: 182
2018/4/5 9:44
 Re: 早いもので・・・
早速のコメ、有難うございます。

レコには書きませんでしたが、bamosuさんのレコ、参考にさせていただきました。
相棒連れなもので、事前にコースが分かるのはとても助かります。
天気が良ければ、2年前のレコを頼りにマンダロクにも行きたいと思っています。
昨年、雪の壁で途中敗退 ・・・いろいろ教えてください。
登録日: 2014/2/20
投稿数: 91
2018/4/24 14:41
 このルートはヒルが・・・
たくさんいますので、暖かくなったら要注意です(^_^;
保養センターで靴を脱ぐとき、数匹が付着していたことがあります。

五葉尾根との合流点にも『保養センターコースは現在、登山道として案内しておりません』というような標識がありました。歩く人が減れば、藪っぽくなっていくのでしょうね。
登録日: 2014/5/1
投稿数: 182
2018/4/24 22:40
 Re: このルートはヒルが・・・
phk55343 今晩は

高速・磐越道を走ると、目の前に広がる鳴沢峰の姿。
普段は大蔵側から登っているので、本当はここから登るのだろうなぁと…いつも思っていました。
phk55343さんのお話の通り、ここは私にとって夏場に歩けないコースです。
今回、鳴沢直登りができてすっきりしたような気がします。

以前・登山にまったく興味ないころ、小山田彼岸桜の散策路を「看板の熊」に怯えて歩いたことを思い出しています。
今となっては大好きな山ですけど。

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

鞍部 急登 雪庇 倒木 ブナ イワウチワ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ