また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1423648 全員に公開 山滑走甲斐駒・北岳

仙丈ケ岳(藪沢)

日程 2018年04月08日(日) [日帰り]
メンバー
天候くもりのち雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち69%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
12時間22分
休憩
2時間21分
合計
14時間43分
S戸台登山口01:3503:43角兵衛沢渡渉点03:4403:55熊穴沢渡渉点04:31丹渓山荘04:5305:24八丁坂ノ頭05:2608:06薮沢大滝09:57仙丈小屋10:4210:58仙丈ヶ岳11:2711:31仙丈小屋11:3211:56薮沢大滝12:1313:24八丁坂ノ頭13:2913:55丹渓山荘13:5714:15熊穴沢渡渉点14:26角兵衛沢渡渉点14:4316:17戸台登山口16:18ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報下山後の風呂は仙流荘へ 1人500円
モンベル会員100円引き
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

第二堰堤を越える。
やっぱり右岸を歩いたほうが楽だったかなと思う
2018年04月08日 02:44撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二堰堤を越える。
やっぱり右岸を歩いたほうが楽だったかなと思う
うろうろしてやっと見つけた
2018年04月08日 04:22撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うろうろしてやっと見つけた
1
丹渓山荘は不気味
2018年04月08日 04:34撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹渓山荘は不気味
2
ジャンプして沢を渡る
2018年04月08日 05:07撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンプして沢を渡る
1
ブナの森もいいが、ツガの森も素敵
2018年04月08日 05:37撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの森もいいが、ツガの森も素敵
1
ここに靴をデポ
2018年04月08日 06:07撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここに靴をデポ
1
林道にでた
やっと板を履く
2018年04月08日 06:29撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道にでた
やっと板を履く
1
道路の雪は50僂阿蕕
2018年04月08日 06:37撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路の雪は50僂阿蕕
ここから森へ
2018年04月08日 06:40撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから森へ
スキー歩行でいくが
2018年04月08日 06:43撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキー歩行でいくが
クトーで頑張っていたが、結構な急斜面になりアイゼンにする
ここから藪沢に入るまでが核心
時間と体力を消耗
2018年04月08日 08:00撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クトーで頑張っていたが、結構な急斜面になりアイゼンにする
ここから藪沢に入るまでが核心
時間と体力を消耗
やっと藪沢へ
夏道が渡るあたり
2018年04月08日 08:14撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと藪沢へ
夏道が渡るあたり
ここから板を履く
いい天気になってきて、今日は仙丈で正解だったと思っていたが...
これが疑似好天というのか
2018年04月08日 08:23撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから板を履く
いい天気になってきて、今日は仙丈で正解だったと思っていたが...
これが疑似好天というのか
後ろには鋸岳
2018年04月08日 08:28撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後ろには鋸岳
新雪10〜15僂阿蕕
帰りは20儖幣紊△辰
2018年04月08日 08:32撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新雪10〜15僂阿蕕
帰りは20儖幣紊△辰
だんだん天候悪化
雪も時々激しく降る
2018年04月08日 08:57撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだん天候悪化
雪も時々激しく降る
ガスも濃くなる
2018年04月08日 09:19撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスも濃くなる
小屋が薄っすらみえてきた
2018年04月08日 09:52撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋が薄っすらみえてきた
仙丈小屋
ここにきての小屋はとてもありがたい。
2018年04月08日 09:54撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈小屋
ここにきての小屋はとてもありがたい。
二階の避難小屋スペースでゆっくり休憩し、久しぶりのフル装備で山頂へ向かう。
2018年04月08日 09:57撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二階の避難小屋スペースでゆっくり休憩し、久しぶりのフル装備で山頂へ向かう。
1
ホワイトアウトだが岩を目安に歩く
2018年04月08日 10:52撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホワイトアウトだが岩を目安に歩く
1
山頂着。
記念撮影
2018年04月08日 11:08撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂着。
記念撮影
6
山頂からの滑走は酔いそう
2018年04月08日 11:27撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの滑走は酔いそう
1
よろよろと滑りながら下ると、ちょっとましになってきた
2018年04月08日 11:40撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よろよろと滑りながら下ると、ちょっとましになってきた
雪は増えていた
2018年04月08日 11:40撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪は増えていた
底はガリだが久しぶりのパウダーは気持ちがいい
2018年04月08日 11:43撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
底はガリだが久しぶりのパウダーは気持ちがいい
樹林の急斜面はアイゼンで下る
この後悲劇が...
2018年04月08日 11:59撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林の急斜面はアイゼンで下る
この後悲劇が...
林道にでてスキーを履く
2018年04月08日 12:40撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道にでてスキーを履く
新雪が乗って気持ちよく滑って行くと、隠れ小石が多くめちゃくちゃソールを傷つけてしまいショック
2018年04月08日 12:45撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新雪が乗って気持ちよく滑って行くと、隠れ小石が多くめちゃくちゃソールを傷つけてしまいショック
新雪が乗りよく滑る、チェーンスパイクを持ってくればよかったなぁと思う
2018年04月08日 13:10撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新雪が乗りよく滑る、チェーンスパイクを持ってくればよかったなぁと思う
下山すると晴れてきた…
よくあることだな
2018年04月08日 15:11撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山すると晴れてきた…
よくあることだな
1
やっとチャリデポ地
ちょっとの距離だが乗ってきてよかった
2018年04月08日 16:12撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっとチャリデポ地
ちょっとの距離だが乗ってきてよかった

感想/記録
by maco

いろいろ行きたい山はあったが、どこも天気が悪そうで今週末は諦めていた。
会社帰りに雲の合間から仙丈がチラッと見え、ちょっと行ってみようかなという気になってきた。
いずれスキーで行きたいと思っていた山だが、今年は雪が少なくて行く候補にはなかった。しかし冬型の気象予報だとだいたい伊那は晴れるので、いい機会かもしれないなと思った。(結果的には晴れなかった…)

アルプス林道をチャリで行こうかなとも思ったが、なぜか伊那側からの記録がない。
記録を載せるし、怒られたくないので、まあ河原歩きで行こうか

戸台の河原から第一堰堤まではチャリを使う
すぐに渡渉があり裸足で渡る、道は右岸だとわかっていたが、もう一度渡渉したくないので、左岸の旧道で向かう(帰りは右岸を歩いた。渡渉も飛び石づたいでなんとか渡れた)。

日中ならなんでもない河原だが、暗闇で行ったり来たりしながらやっとで丹渓山荘へ

八丁坂の登山道は気持ちよかった。スキーとブーツを背負って荷は重いが、久しぶりのスニーカー歩きで、足元が軽いというのはなんて楽なんだろうと感じた。

雪がでてきて靴をデポ。
しばらくで林道に出た。思ってたよりは雪はある。スキーを履いて向かう

森へ入り、最初はよかったが、だんだん急になりアイゼンに替える。
雪は硬いのでまだマシなのかもしれないが、結構苦労して登り藪沢へ入る

藪沢はとてもきれいで感動する。上部は風も強そうだが青空も見え、今日はこの山で正解だったなぁなんてこの時は思っていた。

新雪の乗ったきれいな藪沢をルンルン気分で歩いていると急に天気が悪くなってきて、雪も激しく降る。途中でゴーグル装着。
ガスガスの中、仙丈小屋着。悪天のこの標高での小屋はとてもありがたい。ゆっくり休憩し、フル装備にして山頂へ向かう

風も強くなってきたが、このあいだ乗鞍で爆風を経験済みなので、このぐらいならそよ風だと思ったが、一時完全ホワイトアウトになったりして怖かった。

やっとで山頂着。
山頂で滑走準備をし、板を片手にちょっとなだらかなとこまで下ろうとしたら、踏み抜いてしまった。ホワイトアウトで気付かず、結構斜面ぎりぎりのとこでこけて焦った。気付くと手元に板が一本しかなく板を流したと思った。上をみると板がひっくり返って止まってた。奇跡だと思った。

なんとか板を履き滑る、ホワイトアウトで酔いそう。
小屋を過ぎて、しばらくするとちょっと視界がましになり、久しぶりのパウダーを楽しむ。
絶景の中滑れず残念だが、また訪れるきっかけにはなるかな。
なんだか南アルプスでスキーをしている事がうれしいなぁと思う。

お楽しみはあっという間で、樹林の急斜面をアイゼンで下るが、ズボっとハマった瞬間にバランスを崩し滑落。変な体勢でアイゼンを木に引っ掛けたらしく、左ひざの靭帯を痛める。

あとは膝をかばいながらなんとか帰ってきた。

スキーで仙丈のピークを踏めて満足だったが、体力作りだと思い出掛けたのに、膝を痛めて帰ってきてトホホ...
もう今シーズンは終わりかもしれない。しばらく休養しようと思う。
訪問者数:1183人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/10/5
投稿数: 801
2018/4/9 23:29
 スキーのトレース追っていました
macoさん こんばんは。お疲れさまでした。
ワタシは3:55発。足跡を追ったところ、トレースは右へ入っていくので林道に取り残されてしまった  スゴイ人がいるもんだなぁと驚きました。
8:00頃の北沢峠で陽ざしと青空が見えてきたので期待したのですが、その後は雪がおちてくるばかりなので4合目で引き返しました。ただいま拙いレコを作成中。
たいへんだったようですが、素晴らしいレコです。ありがとうございました。

(ワタシもはじめは第ニ堰堤の左岸の段を3回もよじ登っていました
登録日: 2010/10/24
投稿数: 37
2018/4/10 7:08
 Re: スキーのトレース追っていました
はじめまして。
ありがとうございます。あのトレースはyama-takeさんだったんですね(^-^)
自分と趣味の似た人だなぁと感じておりました。

自分は伊那付近の山はあまり詳しくなく、マニアック山行の多いyama-takeさんのレコを楽しみにしています。
今後ともよろしくお願いいたします。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ