また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1431652 全員に公開 ハイキング御在所・鎌ヶ岳

イワザクラの鎌ヶ岳とさよならアゼリアの御在所岳

日程 2018年04月19日(木) [日帰り]
メンバー
天候はれ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
いつもの鈴鹿スカイライン料金所跡駐車場
平日ながら満車になったようで、下山時には路駐の車があった
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
表道
「遭難注意」の警告通り、わかりにくい箇所あり
さらに、ザレた急斜面をパスするロープ場もあり
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

イワザクラ
これまでで最もたくさんの株を見た
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワザクラ
これまでで最もたくさんの株を見た
3
イワウチワ
あちこちで白い花が見られた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワウチワ
あちこちで白い花が見られた
5
アカヤシオ
花はだいぶ落ちてしまったが、馬の背尾根で咲いていた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカヤシオ
花はだいぶ落ちてしまったが、馬の背尾根で咲いていた
3
鎌ヶ岳より
入道ヶ岳や奥の伊勢湾を眺める
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎌ヶ岳より
入道ヶ岳や奥の伊勢湾を眺める
鎌ヶ岳山頂独り占め
雨乞岳、綿向山、イブネをバックにセルフ撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎌ヶ岳山頂独り占め
雨乞岳、綿向山、イブネをバックにセルフ撮影
5
次に向かう御在所岳
ロープウェイの白い鉄塔が際立っています
武平峠へ下って登り返し、天指岩を通って行くルートを確認
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次に向かう御在所岳
ロープウェイの白い鉄塔が際立っています
武平峠へ下って登り返し、天指岩を通って行くルートを確認
1
巻き道で武平峠に向かう途中には
バイカオウレンの小さな花
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻き道で武平峠に向かう途中には
バイカオウレンの小さな花
3
御在所岳一等三角点にて
写ってませんが、周囲のベンチには人がいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御在所岳一等三角点にて
写ってませんが、周囲のベンチには人がいます
1
アゼリアにて鎌ヶ岳を眺めながら、
えび天カレーうどんをいただく
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アゼリアにて鎌ヶ岳を眺めながら、
えび天カレーうどんをいただく
4
日当たりの良い所には
ハルリンドウが群生
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日当たりの良い所には
ハルリンドウが群生
7
百間滝は木々に阻まれ、
その姿をはっきりと写真に収めることはできなかった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百間滝は木々に阻まれ、
その姿をはっきりと写真に収めることはできなかった
1
表道登山口には、かつてメインルートだったことを偲ばせる、
多数の石碑があった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表道登山口には、かつてメインルートだったことを偲ばせる、
多数の石碑があった

感想/記録

仕事が忙しく、ようやく鈴鹿のお山へ行けました。
遅くなったが、イワザクラを求めて鎌ヶ岳と、さよならアゼリアの御在所岳へ。
長石谷〜馬の背尾根〜鎌ヶ岳〜武平峠〜御在所岳〜アゼリア〜表道の周回コース。

7時過ぎに旧料金所の駐車場着。
平日なので駐車場は余裕。
長石谷。
新たに設置された標識がなかなか面白い。
お目当てのイワザクラは、あちこちに群生していて、見れてよかった。
犬星大滝を見学後、馬の背尾根へ転進し、アカヤシオを鑑賞。
だいぶ花が落ちていたが、なんとか楽しめました。
ほとんど登山者とすれ違うことなく、鎌ヶ岳到着。
山頂も独り占め。
巻き道から一旦武平峠へ下り、峠道を登り返して、御在所岳へ。
ロープウェイが動き出していたので、三角点周辺には観光客多し。
芭蕉池でザゼンソウを見て、5月で閉店するアゼリアで鎌ヶ岳を眺めながら、
えび天カレーうどんをほおばる。
下山は、通ったことのなかった表道へ。
「道迷い注意」の警告通り、わかりにくい箇所がある。
実際に、前を歩いていたソロの女性は迷いかけてました。
急斜面のロープ場を下ったり、木々に遮られて見にくい百間滝見晴場を経由して、
石碑の並ぶ表道登山口へ。
スカイラインに沿って進み、駐車場に戻りました。

イワザクラ間に合ってよかった。想像以上にたくさんのイワザクラを見られたことは、うれしい誤算。
他にも、イワウチワ、アカヤシオ、ミツバツツジ、ハルリンドウ、タムシバ、
バイカオウレン、ザゼンソウなど、春の花を楽しむことができました。
大型連休は、鈴鹿のお山を登りたいと思います。
今年の鈴鹿セブンマウンテン、残りは藤原岳、竜ヶ岳、雨乞岳。
ただ、気温が20度を超えるほど暑かったので、ペットボトルの飲み物の量を増やすことを忘れないよう気をつけます。
訪問者数:322人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ