また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1433782 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大峰山脈

五番関-大天井が岳-四寸岩山

日程 2018年04月21日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
五番関トンネル西スペースに駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち67%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間51分
休憩
56分
合計
6時間47分
S五番関08:0909:21大天井ヶ岳09:3110:09二蔵宿小屋10:1811:09足摺の宿跡11:1011:25四寸岩山11:3011:41足摺の宿跡12:1113:06二蔵宿小屋14:40五番関14:4114:56ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
行きはヨイヨイ。帰りは…二蔵宿からは大天井ヶ岳を登らず少し楽して在来道を選びましたが、途中の谷間が何箇所か崩落していて急斜面のトラバースに危険を感じました。
基本的には避けた方が無難かと。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ タイツ ズボン 靴下 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 ハイドレーション ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 常備薬 携帯 時計 サングラス ツェルト ストック ナイフ カメラ

写真

五番関トンネル横の空き地。7:00時点で他には2台程度です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五番関トンネル横の空き地。7:00時点で他には2台程度です。
トンネル横の登山口から岩場の急登を登って女人結界門へ。
ここは大峯山寺最北の結界門になります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンネル横の登山口から岩場の急登を登って女人結界門へ。
ここは大峯山寺最北の結界門になります。
ここからは大峯奥駈道を辿ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは大峯奥駈道を辿ります。
左(北方面)へ進みます。右は近畿自然歩道とあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左(北方面)へ進みます。右は近畿自然歩道とあります。
岩がでかく,結構な登りです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩がでかく,結構な登りです。
登りの道中。東側の眺望です。もう少し南側が望めたら山上ヶ岳が見えるはず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りの道中。東側の眺望です。もう少し南側が望めたら山上ヶ岳が見えるはず。
ほんの数十メートルで大天井ヶ岳山頂。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほんの数十メートルで大天井ヶ岳山頂。
先ほどの分岐まで戻って、結構な急勾配を暫くモノレール沿いに降りると元茶屋跡でしょうか?一旦開けた場所に出ます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ほどの分岐まで戻って、結構な急勾配を暫くモノレール沿いに降りると元茶屋跡でしょうか?一旦開けた場所に出ます。
そちらから西側の眺望。高山峰面かな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そちらから西側の眺望。高山峰面かな。
仁蔵宿小屋が見えて来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仁蔵宿小屋が見えて来ました。
祠と錫丈が在ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祠と錫丈が在ります。
中は整理整頓が行き届いています。日記帳がありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中は整理整頓が行き届いています。日記帳がありました。
なんとなく。いいお天気だったので。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとなく。いいお天気だったので。
スミレの花が沢山咲いてました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スミレの花が沢山咲いてました。
結構な登りが続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構な登りが続きます。
殆ど葉桜ですが、ピンクも残ってました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
殆ど葉桜ですが、ピンクも残ってました。
ここで一旦林道に合流します。林道高原洞川線。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで一旦林道に合流します。林道高原洞川線。
合流地点はちょっとした広場びなってます。幕営適地?いやいや怒られるなw
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
合流地点はちょっとした広場びなってます。幕営適地?いやいや怒られるなw
ここから再度山道へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから再度山道へ。
このあたりは近畿自然歩道に指定されてるようです。古道ですが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりは近畿自然歩道に指定されてるようです。古道ですが。
足摺宿に着きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足摺宿に着きました。
小さな行者様が居られます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さな行者様が居られます。
四寸岩山頂上と在ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四寸岩山頂上と在ります。
こちらも西側しか眺望が在りません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらも西側しか眺望が在りません。
この表示、大天井ヶ岳から多く見かけました。トレランの大会?でも在ったんでしょうか、終わったら表示は撤去すべきでは?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この表示、大天井ヶ岳から多く見かけました。トレランの大会?でも在ったんでしょうか、終わったら表示は撤去すべきでは?
少し下って南側が望めます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し下って南側が望めます。
山上ヶ岳方面なんですが…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山上ヶ岳方面なんですが…
足摺宿まで戻ってランチ♪ 早茹でパスタ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足摺宿まで戻ってランチ♪ 早茹でパスタ。
山道脇に咲く花。踏まれませんように。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山道脇に咲く花。踏まれませんように。
仁蔵宿小屋まで戻って来ました。ココからは大天井ヶ岳への登りを嫌って近畿自然歩道で五番関まで戻ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仁蔵宿小屋まで戻って来ました。ココからは大天井ヶ岳への登りを嫌って近畿自然歩道で五番関まで戻ります。
最初のうちは勾配もゆるく日陰の静かな山道だったんですが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初のうちは勾配もゆるく日陰の静かな山道だったんですが。
あまり使われて居ないのでしょうか。荒れてきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あまり使われて居ないのでしょうか。荒れてきます。
それでも最初のうちは補修もされてましたが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それでも最初のうちは補修もされてましたが。
部分部分で道が途切れてます。砂地の斜面をトラバースするので、結構緊張します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
部分部分で道が途切れてます。砂地の斜面をトラバースするので、結構緊張します。
うーん。道がない。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うーん。道がない。。。
結構崩落してます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構崩落してます。
足元はこんな感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元はこんな感じ。
上はこんな感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上はこんな感じ。
3つ上の斜面を対岸側から。結構な斜度です。ここを右から左へ渡りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3つ上の斜面を対岸側から。結構な斜度です。ここを右から左へ渡りました。
道しるべ代わりのテープはありますが…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道しるべ代わりのテープはありますが…
谷あいの崩落跡でしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷あいの崩落跡でしょうか。
ここは大きな岩のお陰で道が残ってます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは大きな岩のお陰で道が残ってます。
結構崩れたんですな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構崩れたんですな。
ホウホウの体で五番関に戻りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホウホウの体で五番関に戻りました。
錫丈と結界門。「女」の文字は修復されてました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
錫丈と結界門。「女」の文字は修復されてました。
五番関トンネルの桜。
2018年04月21日 14:56撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五番関トンネルの桜。
1

感想/記録

連休前の土曜日。本格シーズン前のせいか、山道でお会いしたのは同じ場所から先に出発されたご夫婦2組のみ。あまり眺望の望めないルートでしたが、やはり大峯の山は深く、とても静かな山行が楽しめました。五番関トンネル西側は、自力にて車両でしか寄り付けませんが、奥駈道まで10分程度で合流できるのでここを堪能したい向きにはお勧めです。復路の近畿自然歩道の五番関-ニ蔵宿小屋間は十分な注意が必要かと。
訪問者数:277人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ