また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1434129 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走御在所・鎌ヶ岳

赤坂谷から釈迦ヶ岳〜三池岳 下りは八風谷

日程 2018年04月22日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
石榑トンネル滋賀県側
八風谷の橋の近くに駐車スペース有り
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間40分
休憩
23分
合計
5時間3分
Sスタート地点07:3707:46王子製紙ゲート07:53八風峠登山口08:15T字路08:22中峠登山口08:2410:04大蔭10:1110:13釈迦ヶ岳10:16岩ヶ峰尾根分岐10:1710:29大平尾根分岐10:33段木尾根分岐10:40南峠10:44仙香山10:49The rest rock10:5010:55八風峠10:5611:15三池岳山頂11:2611:37八風峠12:28八風峠登山口12:34王子製紙ゲート12:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
林道の崩壊が年々進んでいてザレ場が危険。
赤坂谷は踏み跡少ないがテープ有。基本、谷芯を詰めれば間違いなし。
県境尾根は快適なトレイル。三重県側に切れ落ちた個所は通過に注意。
現在の八風谷は人の往来は少ないが歴史的に踏まれた道。総じて歩きやすい。
その他周辺情報「道の駅 奥永源寺渓流の里」で鈴鹿10座の情報発信しています。
ビジターセンターが間もなくオープンとの情報。
GW辺りには始動しそうです。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 着替え 予備靴ひも サンダル ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ハイドレーション ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 針金 常備薬 ロールペーパー 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ナイフ カメラ
備考 沢足袋

写真

滋賀県側からの釈迦ヶ岳。
石榑トンネルを出て大橋を越えた辺りに駐車
2018年04月22日 07:33撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滋賀県側からの釈迦ヶ岳。
石榑トンネルを出て大橋を越えた辺りに駐車
キャンプ場のゲートを越えて林道歩き。
2018年04月22日 07:34撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キャンプ場のゲートを越えて林道歩き。
八風峠登山口
帰りはここに出る予定。
2018年04月22日 07:49撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八風峠登山口
帰りはここに出る予定。
T字路付近。
仙香谷左俣のカシラコ谷方面から合流できる道
2018年04月22日 08:11撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
T字路付近。
仙香谷左俣のカシラコ谷方面から合流できる道
中峠登山口
ここもスルーして林道踏査を続けます。
2018年04月22日 08:18撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中峠登山口
ここもスルーして林道踏査を続けます。
崩壊の酷い箇所。
滑ると20mくらい谷へ落ちます
2018年04月22日 08:32撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩壊の酷い箇所。
滑ると20mくらい谷へ落ちます
1
道幅も細くなり
2018年04月22日 08:41撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道幅も細くなり
赤坂谷出合に到着。
シンボルのヤカンが掛かってます。
2018年04月22日 08:44撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤坂谷出合に到着。
シンボルのヤカンが掛かってます。
下流は結構滝も有りますが、この辺りは優しい流れ。
ここで汗を洗い流す。
2018年04月22日 08:45撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下流は結構滝も有りますが、この辺りは優しい流れ。
ここで汗を洗い流す。
ほどなく造林作業場跡地。
昔はこんな山深い場所で仕事してたんですね。
2018年04月22日 08:52撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほどなく造林作業場跡地。
昔はこんな山深い場所で仕事してたんですね。
この谷沿いには炭焼場の跡も点在しています。
2018年04月22日 08:59撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この谷沿いには炭焼場の跡も点在しています。
岩場のナメが出てくる。
夏場は沢歩きをしてるので、杣道は使わずに谷芯を歩くことが多くなりました。
2018年04月22日 09:16撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場のナメが出てくる。
夏場は沢歩きをしてるので、杣道は使わずに谷芯を歩くことが多くなりました。
2
緩やかな傾斜の明るい谷。
ヘツったり石から石へ飛び跳ねながら渓を行く。
今日はピーカンなので沢足袋にしておけば良かった。
2018年04月22日 09:19撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緩やかな傾斜の明るい谷。
ヘツったり石から石へ飛び跳ねながら渓を行く。
今日はピーカンなので沢足袋にしておけば良かった。
1
左に県境尾根への誘導看板。一般はこちら
僕はまだ赤坂谷を楽しみたいので右の谷芯を進みます。
2018年04月22日 09:33撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に県境尾根への誘導看板。一般はこちら
僕はまだ赤坂谷を楽しみたいので右の谷芯を進みます。
水量は少なくなりますが、一番大きな谷を進んで行けば良いのでバリエーションルートですがGPS要らずで気楽なもんです。
2018年04月22日 09:39撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水量は少なくなりますが、一番大きな谷を進んで行けば良いのでバリエーションルートですがGPS要らずで気楽なもんです。
1
イワウチワ
2018年04月22日 09:48撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワウチワ
谷は最後に急な岩場。
岩の間を流れる水量は少なくこのまま直登
2018年04月22日 09:49撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷は最後に急な岩場。
岩の間を流れる水量は少なくこのまま直登
そろそろ尾根芯に乗り換えます
2018年04月22日 09:55撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そろそろ尾根芯に乗り換えます
ほどなく県境稜線。
始めて人に出会う。
2018年04月22日 10:00撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほどなく県境稜線。
始めて人に出会う。
1
釈迦ヶ岳・最高点
2018年04月22日 10:02撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳・最高点
1
頂上はこちら。
三重県側の眺望。
良い天気ですが春霞
2018年04月22日 10:09撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上はこちら。
三重県側の眺望。
良い天気ですが春霞
3
アセビの花が鈴なり萌え
2018年04月22日 10:27撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アセビの花が鈴なり萌え
1
県境尾根を北に。
三池岳を目指します
2018年04月22日 10:31撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県境尾根を北に。
三池岳を目指します
1
この辺りの展望はいつ来ても開放的で、鈴鹿らしい素晴らしいトレイル
2018年04月22日 10:34撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りの展望はいつ来ても開放的で、鈴鹿らしい素晴らしいトレイル
1
ハルリンドウ
可憐すぎる
2018年04月22日 10:37撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハルリンドウ
可憐すぎる
2
木立と苔とザレ場と空。
庭園みたい
2018年04月22日 10:41撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木立と苔とザレ場と空。
庭園みたい
中峠に到着。
ここからも降りられます
2018年04月22日 10:42撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中峠に到着。
ここからも降りられます
スキップしたくなるトレイルをゆく
2018年04月22日 10:47撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキップしたくなるトレイルをゆく
1
ほどなく八風峠。
鳥居が新しくなってる?
2018年04月22日 10:50撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほどなく八風峠。
鳥居が新しくなってる?
2
三池岳頂上
ここで休息。
2018年04月22日 10:59撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三池岳頂上
ここで休息。
1
歩いてきた稜線を振り返る。
思えば遠くへ来たもんだ。
2018年04月22日 11:03撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた稜線を振り返る。
思えば遠くへ来たもんだ。
1
八風谷は歴史的に踏まれた道。
今は人の往来は少ないですが、総じて歩きやすい。
2018年04月22日 11:48撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八風谷は歴史的に踏まれた道。
今は人の往来は少ないですが、総じて歩きやすい。
花崗岩の明るい谷
2018年04月22日 12:01撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花崗岩の明るい谷
1
大きな堰提が見えてくると林道への合流もあと少し。
2018年04月22日 12:17撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな堰提が見えてくると林道への合流もあと少し。
林道を一歩きすると国道ももうすぐ。
今日もよく歩きました。
2018年04月22日 12:35撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を一歩きすると国道ももうすぐ。
今日もよく歩きました。

感想/記録

東近江市が鈴鹿10座を指定して以降「10座を滋賀県側から登る」をテーマに改めて挑戦。
他の山域に浮気したり遠征したりしていたので、足掛け3年ほど掛かりましたが、ようやく10座登頂!
「道の駅 奥永源寺渓流の里」で記念のバッジを頂きました。

神崎川の沢を巡って慣れ親しんだ赤坂谷の源頭まで確認でき、降りの八風谷も涼しくて最高。
鈴鹿の渓の涼と県境稜線の風を感じながら、鈴鹿の春を満喫する山旅でした。
訪問者数:401人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ