また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1435397 全員に公開 ハイキング中国

鋸山から豊受山は満開(かたくりの花☞アケボノツツジ☞ヒカゲツツジ)

日程 2018年04月22日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー3人
天候晴れ(15℃~19℃)
アクセス
利用交通機関
広島市内から高速で3時間半から4時間。登山口の近くに2、3か所林道の路肩に駐車可能。各4台程度。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間13分
休憩
1時間8分
合計
5時間21分
Sスタート地点08:5509:34鋸山09:4011:23豊受山12:2113:37鋸山13:4114:16ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所はないです。ルートの断面を見る限り尾根の距離が長く楽な感じがしますが、両方の頂上の手前は急登です。下山時の体力を残しておいた方がいいです。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

土居インターから降り国道11号線からみた尾根。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土居インターから降り国道11号線からみた尾根。
1
カシミール3Dのスーパー地形地図。
結構そり立ってます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カシミール3Dのスーパー地形地図。
結構そり立ってます。
右手の林道を少し登ると登山口があり、そこの周辺にも数台駐車できるようですが、私達は林道入り口の道路添いに車を置きました。

拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手の林道を少し登ると登山口があり、そこの周辺にも数台駐車できるようですが、私達は林道入り口の道路添いに車を置きました。

1
駐車場所を振り返る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場所を振り返る。
さらに進んでいくと、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに進んでいくと、
登山口の近くに駐車されている方がおられました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口の近くに駐車されている方がおられました。
登山口から振り返る。路肩に駐車されている方がおられました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口から振り返る。路肩に駐車されている方がおられました。
杉林で木陰で夏は涼しそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉林で木陰で夏は涼しそうです。
1
頂上まで約30分弱ですが、ジグザグの急登が続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上まで約30分弱ですが、ジグザグの急登が続きます。
1
登山者が多いのか、道は踏み固まっており歩きやすいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山者が多いのか、道は踏み固まっており歩きやすいです。
1
約30分弱で鋸山到着です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
約30分弱で鋸山到着です。
1
振り返るとこんな感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返るとこんな感じ。
360度展望。海も見えて解放感抜群です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
360度展望。海も見えて解放感抜群です。
2
草花がいろとりです。
やはり春はいいですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草花がいろとりです。
やはり春はいいですね。
鋸山から直ぐのところに景色のいい岩場が出迎えてくれます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋸山から直ぐのところに景色のいい岩場が出迎えてくれます。
2
岩場のぎりぎりまでは、高所恐怖症の私には行けませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場のぎりぎりまでは、高所恐怖症の私には行けませんでした。
2
向こうに見えるのが豊受山だろう。この時はまさかあそこまで行けるとは思っていませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向こうに見えるのが豊受山だろう。この時はまさかあそこまで行けるとは思っていませんでした。
2
ズーム。左上のピンクの木が後から知ったアケボノツツジでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズーム。左上のピンクの木が後から知ったアケボノツツジでした。
沿岸の景色もいいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沿岸の景色もいいです。
2
有名な桜だったらしいですが、今は枯れ果てています。
自然の摂理を感じます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有名な桜だったらしいですが、今は枯れ果てています。
自然の摂理を感じます。
1
大々的な看板。この時はあまり期待はしてませんでしたが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大々的な看板。この時はあまり期待はしてませんでしたが。
1
かたくりが本当に沢山群生しているのです。
登山口から約40分程度でかたくりの群生を見られるのは、中国山地にはないと思います。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かたくりが本当に沢山群生しているのです。
登山口から約40分程度でかたくりの群生を見られるのは、中国山地にはないと思います。
5
朝寝坊でしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝寝坊でしょうか。
ありますあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ありますあります。
ここが一番のスポットですよ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが一番のスポットですよ。
1
ローアングルで撮りましたが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ローアングルで撮りましたが。
1
色が白っぽいのですが、白かたくりもどき??
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
色が白っぽいのですが、白かたくりもどき??
7
ここのかたくりロードは長いのです。
このような場所が大きく2箇所あります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここのかたくりロードは長いのです。
このような場所が大きく2箇所あります。
1
またもや杉林です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またもや杉林です。
急登。下山時は結構ここは踏ん張った記憶があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登。下山時は結構ここは踏ん張った記憶があります。
2
初めての4点支持。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初めての4点支持。
2
遠方の山々が見え視界が抜群でした。
ここは山頂のはずですが、名前が不明。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠方の山々が見え視界が抜群でした。
ここは山頂のはずですが、名前が不明。
2
山肌の新緑があざやかです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山肌の新緑があざやかです。
4
これはどこの山でもお目見えする、ミツバツツジ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これはどこの山でもお目見えする、ミツバツツジ。
1
急に平坦が開けここは開放感goodでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急に平坦が開けここは開放感goodでした。
ここは結構きつかったです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは結構きつかったです。
分岐。とよさかから登ってくる?ルートがあるようですが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐。とよさかから登ってくる?ルートがあるようですが。
1
豊受神社だそうです。豊受姫命を祀っているのだそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
豊受神社だそうです。豊受姫命を祀っているのだそうです。
2
やまみみず。こちらに突進してきてちょっと気持ち悪かったです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やまみみず。こちらに突進してきてちょっと気持ち悪かったです。
1
このへんでリターンするか迷いましたが、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このへんでリターンするか迷いましたが、
山頂まで頑張ることに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂まで頑張ることに。
山頂手前は馬の背です。
左右は崖です。木がなければちょっと怖そう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂手前は馬の背です。
左右は崖です。木がなければちょっと怖そう。
豊受山山頂です。1247m
北側から結構な人が登ってきてました。なにやらお目当ての花があったようで。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
豊受山山頂です。1247m
北側から結構な人が登ってきてました。なにやらお目当ての花があったようで。
1
ツツジの木の下で昼食。少し疲れていたのか、昼食メニューの写真を撮るのを忘れてました。
朝早くから作ってもらった姉さまのおにぎりを4個とカップ麺。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツツジの木の下で昼食。少し疲れていたのか、昼食メニューの写真を撮るのを忘れてました。
朝早くから作ってもらった姉さまのおにぎりを4個とカップ麺。
食事をして元気がでたので、なにやらうわさの花を求めて、我々も少しチャレンジしようかと私が偵察係に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
食事をして元気がでたので、なにやらうわさの花を求めて、我々も少しチャレンジしようかと私が偵察係に。
頂上から北へ30mくらい降りたところに岩場があり、待望のアケボノツツジとヒカゲツツジがお目見えします。
これは、カシミールの携帯用地図(無料)で断面を割り出したもので、山で使えるので便利です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上から北へ30mくらい降りたところに岩場があり、待望のアケボノツツジとヒカゲツツジがお目見えします。
これは、カシミールの携帯用地図(無料)で断面を割り出したもので、山で使えるので便利です。
まずお目見えしたのは正面に大きなアケボノツツジの満開の花です。この場所を発見して、みんなへ集合の合図。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずお目見えしたのは正面に大きなアケボノツツジの満開の花です。この場所を発見して、みんなへ集合の合図。
6
30m降りた岩場からの展望。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
30m降りた岩場からの展望。
1
左側の大きなピンクの花がアケボノツツジです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側の大きなピンクの花がアケボノツツジです。
1
アケボノツツジ満開です。この時がいちばんいい日だったようで、非常にラッキイでした。
30m下らなかったら後悔していました。ぜひトライを。
山頂へ戻るのは少し体力を使いますが、それだけの価値は十分あります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アケボノツツジ満開です。この時がいちばんいい日だったようで、非常にラッキイでした。
30m下らなかったら後悔していました。ぜひトライを。
山頂へ戻るのは少し体力を使いますが、それだけの価値は十分あります。
6
疲れを忘れた瞬間。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疲れを忘れた瞬間。
2
下を見下ろすと黄色い花のヒカゲツツジです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下を見下ろすと黄色い花のヒカゲツツジです。
山頂へ戻り、下山開始。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂へ戻り、下山開始。
2
馬の背。道幅が狭いのでバランスを崩さないように少し注意が必要です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬の背。道幅が狭いのでバランスを崩さないように少し注意が必要です。
斜度がわかりにくいですが、おそらく25度くらいはあったでしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜度がわかりにくいですが、おそらく25度くらいはあったでしょうか。
帰りにカタクリを再度撮影。日が高くなっているので、花も元気いっぱいでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りにカタクリを再度撮影。日が高くなっているので、花も元気いっぱいでした。
3
トリプルの花を探していたのですが、やっとゲット。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トリプルの花を探していたのですが、やっとゲット。
1
この角度が美しいでしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この角度が美しいでしょうか。
5
小枝とのコラボ写真はどうでしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小枝とのコラボ写真はどうでしょうか。
このようにバックを置かれて、寝転んで撮影されている方がおられました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このようにバックを置かれて、寝転んで撮影されている方がおられました。
白っぽいですが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白っぽいですが。
1
中央より少し右にあるピンクの花が群生している所が、
私達が見たアケボノツツジの場所だと思います。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央より少し右にあるピンクの花が群生している所が、
私達が見たアケボノツツジの場所だと思います。
2
今回は少し疲れ気味でしたが非常に達成感がありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は少し疲れ気味でしたが非常に達成感がありました。
2
鋸山へ戻ってきました。
ここからは早いはずなのですが、急斜面ですので案外と登り変わりませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋸山へ戻ってきました。
ここからは早いはずなのですが、急斜面ですので案外と登り変わりませんでした。
最後の力を振り絞り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の力を振り絞り。
車が見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車が見えてきました。
お疲れ様でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お疲れ様でした。
1

感想/記録

この山はカタクリの花が30分程度登ったら見れ、中国山地では見られない満開のアケボノツツジとヒカゲツツジが見れた事が非常にラッキイでした。
最初は急登が続き豊受山までの往復が約9.5Km程度、累積標高差が450mくらいあるので、体力、コンデションを整えて望まれた方がいいでしょう。

訪問者数:219人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ