また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1437060 全員に公開 ハイキング近畿

大谷山〜武奈ヶ嶽−若葉の高島トレイル

日程 2018年04月21日(土) 〜 2018年04月22日(日)
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
マキノ駅からマキノピックランドまでバスに乗るつもりだったが
4月からの時刻改定を知らずに乗り遅れた。
仕方なく、石庭登山口まで1時間ほど歩くことにする。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち35%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間29分
休憩
1時間11分
合計
6時間40分
S石庭登山口09:3411:39分岐11:5212:23大谷山12:2712:38白石平12:3913:25抜土14:0315:08近江坂分岐15:2115:58大御影山16:0016:14宿泊地
2日目
山行
6時間10分
休憩
1時間20分
合計
7時間30分
宿泊地06:1006:50大日尾根分岐06:5708:09三重嶽08:2510:36武奈ヶ嶽11:02赤岩山11:5913:40武奈ヶ嶽登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
冬の間に落ちた枝や枯葉、倒木等々で歩きにくい所も少々あり
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

山を見ながらトボトボ歩く
最初に目指す大谷山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山を見ながらトボトボ歩く
最初に目指す大谷山
右手には赤坂山や明王の禿
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手には赤坂山や明王の禿
約1時間歩いて
既に汗が流れる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
約1時間歩いて
既に汗が流れる
イワカガミを愛でつつ
急坂を登る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワカガミを愛でつつ
急坂を登る
1
分岐には残雪
小休止しつつ飲み物を冷やす
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐には残雪
小休止しつつ飲み物を冷やす
眺望の良い場所から
メタセコイア並木
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眺望の良い場所から
メタセコイア並木
1
高島トレイルの東の端
乗鞍岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高島トレイルの東の端
乗鞍岳
2
フラフラになりつつ大谷山
予定から1時間遅れ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フラフラになりつつ大谷山
予定から1時間遅れ
1
抜土に到着して昼飯
沢の水を浄水器にかけて補給
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
抜土に到着して昼飯
沢の水を浄水器にかけて補給
柵を越えて先へ進む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柵を越えて先へ進む
キッツイ急登ではイワウチワが咲き乱れて励ましてくれる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キッツイ急登ではイワウチワが咲き乱れて励ましてくれる
1
天気が良くてカタクリも
目一杯反り返る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気が良くてカタクリも
目一杯反り返る
3
草臥れて、泣きそうになりながら大御影山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草臥れて、泣きそうになりながら大御影山
背後には明日登る三重嶽
と、遠いんですけどー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
背後には明日登る三重嶽
と、遠いんですけどー
1
能登又からの合流点
ここをキャンプ地とする!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
能登又からの合流点
ここをキャンプ地とする!
夜もさほど冷えずにしっかり眠れた
綺麗に咲いたサクラに見送られて出発
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜もさほど冷えずにしっかり眠れた
綺麗に咲いたサクラに見送られて出発
若葉がまぶしいブナ林を抜けて大日尾根の分岐
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
若葉がまぶしいブナ林を抜けて大日尾根の分岐
タムシバが真っ白
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タムシバが真っ白
三重嶽が近づくと視界が開けて気持ちいい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三重嶽が近づくと視界が開けて気持ちいい
1
どうにか三重嶽に到着
この後ドカーっと下って
グワーンと登るのよねぇ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どうにか三重嶽に到着
この後ドカーっと下って
グワーンと登るのよねぇ
武奈ヶ嶽の手前
振り返って三重嶽
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武奈ヶ嶽の手前
振り返って三重嶽
1
こっちは三十三間山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちは三十三間山
1
琵琶湖方向も撮っておこう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
琵琶湖方向も撮っておこう
2
武奈ヶ嶽山頂はあんまり見晴らしが良くない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武奈ヶ嶽山頂はあんまり見晴らしが良くない
赤岩山の手前で我慢できずに昼飯
14:31のバスまで時間調整
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岩山の手前で我慢できずに昼飯
14:31のバスまで時間調整

感想/記録

チョコチョコと歩いて来た高島トレイル
大谷山と武奈ヶ嶽を繋げば
前半部分踏破となる

一日で歩きとおすのは厳しそうだし
新しい道具の試用も兼ねて
一泊二日で歩く

全国的に好天との予報通り
気温もうなぎ登り
4L背負ってきた水がどんどん減っていく

抜土の沢の水は豊富だが
ゴミも浮遊していてそのまま飲むには勇気が要る
携帯用の浄水器を使ってみる

大日尾根分岐を越えた所で宿泊、と考えていたが
出だしの遅れを取り返せず
能登又登山口からの合流点を宿泊地とした
例年、この辺りはクマの目撃例も多くて不安だったけど
何事もなくて良かった
新しい道具は今回のコンディションでは十分使えそう
訪問者数:461人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ