また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1441393 全員に公開 ハイキング霊仙・伊吹・藤原

【霊仙山周回】 醒ヶ井駅起点 榑ヶ畑-西南尾根-柏原-中山道

日程 2018年04月29日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
やや風があったが心地良かった
出発時は早朝で肌寒いくらい
行動中もそんなに暑いとは感じなかった
アクセス
利用交通機関
車・バイク
●スタート・ゴール
 JR東海道本線醒ヶ井駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
●全般
・トレイルは概ね道筋明瞭でグッドコンディション
 一部、不注意で道筋を外してしまいました
・虫は、ほとんどまとわりついてこなかった
 ヒル献血も全くなし
・柏原ルート下山中、4〜3合目辺りで、獣の低い唸り声を聞きました
その他周辺情報時間の都合もあり、特に立ち寄らずに帰宅しました
醒ヶ井駅横の建物は道の駅のような感じで、食事や買い物が可能
銭湯は、西は彦根まで行けば国道8号沿いに極楽湯がある
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

今日は鈴鹿山脈北端、霊仙山を目指そう
JR醒ヶ井駅前
日の出と共に出発
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は鈴鹿山脈北端、霊仙山を目指そう
JR醒ヶ井駅前
日の出と共に出発
3
伊吹山がよく見える
霊仙山はここからは見えないみたいだ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊吹山がよく見える
霊仙山はここからは見えないみたいだ
2
醒ヶ井養鱒場方面へロードを行く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
醒ヶ井養鱒場方面へロードを行く
だんだんと山あいの風景に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだんと山あいの風景に
なぜだか仏壇屋やその彫刻屋が何件もあった
地域の伝統工芸なのでしょう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なぜだか仏壇屋やその彫刻屋が何件もあった
地域の伝統工芸なのでしょう
1
西出商店前
霊仙山登山道の整備に尽力されてきた方のお店だと思う
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西出商店前
霊仙山登山道の整備に尽力されてきた方のお店だと思う
2
その先の分岐
左、谷山谷登山道は通行不可とのこと
たぶん、長い間そういう扱いだ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先の分岐
左、谷山谷登山道は通行不可とのこと
たぶん、長い間そういう扱いだ
道はきれいな渓流沿いに
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道はきれいな渓流沿いに
醒ヶ井養鱒場を通過
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
醒ヶ井養鱒場を通過
道は山あいの林道に
クマ看板が現れる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道は山あいの林道に
クマ看板が現れる
途中の林道分岐点
谷山谷と繋がっているらしい
出だしから荒れているようだった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の林道分岐点
谷山谷と繋がっているらしい
出だしから荒れているようだった
榑ヶ畑登山口を目指して、ひたすら林道を進む
霊仙山への一番てっとり早いルートだが、駐車場が狭いんだね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
榑ヶ畑登山口を目指して、ひたすら林道を進む
霊仙山への一番てっとり早いルートだが、駐車場が狭いんだね
ようやく到着
醒ヶ井駅からは7〜8kmといったところか
感覚的には養鱒場からが長かった
手前の路肩に駐車している人もいたが、まだ数台は置けそう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく到着
醒ヶ井駅からは7〜8kmといったところか
感覚的には養鱒場からが長かった
手前の路肩に駐車している人もいたが、まだ数台は置けそう
榑ヶ畑登山口
いざ、行かん!
3年前に、この下で車がパンクし、泣く泣く引き返している
だからこの登山口は初めてだ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
榑ヶ畑登山口
いざ、行かん!
3年前に、この下で車がパンクし、泣く泣く引き返している
だからこの登山口は初めてだ
2
ダートの林道がすぐに終わりトレイルへ
石垣が残る
昔の廃村集落の名残か
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダートの林道がすぐに終わりトレイルへ
石垣が残る
昔の廃村集落の名残か
2
すぐに山小屋かなや
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに山小屋かなや
1
有名な手動販売機はこの状態
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有名な手動販売機はこの状態
2
汗拭峠
まだ汗はかいていないさ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
汗拭峠
まだ汗はかいていないさ
1
米原市から多賀町の落合側へ下る
出だしの下りは急で、続くトラバース共々、道がやや細い
慎重に行こう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
米原市から多賀町の落合側へ下る
出だしの下りは急で、続くトラバース共々、道がやや細い
慎重に行こう
沢に下ると道が落ち着くが、所々荒れている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢に下ると道が落ち着くが、所々荒れている
渡渉が3回あったかな
ポイントは分かるようになっている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉が3回あったかな
ポイントは分かるようになっている
2
トレイル自体はとても落ち着いていて足に優しい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレイル自体はとても落ち着いていて足に優しい
1
工事現場が見えてきた
左寄りに道をとると抜けられる
過ぎると林道となる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
工事現場が見えてきた
左寄りに道をとると抜けられる
過ぎると林道となる
1
すぐに廃村落合集落
この廃村は建物が残っている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに廃村落合集落
この廃村は建物が残っている
舗装路を少し下ると今畑登山口
ここから霊仙山山頂を目指そう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装路を少し下ると今畑登山口
ここから霊仙山山頂を目指そう
1
ひと登りで、廃村今畑集落
ここも建物が残る
登山道しか道がないような場所に、このような集落があったことが信じられない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひと登りで、廃村今畑集落
ここも建物が残る
登山道しか道がないような場所に、このような集落があったことが信じられない
3
やはり石垣の宅地跡が残る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やはり石垣の宅地跡が残る
1
心地良い新緑の中上り続けると
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
心地良い新緑の中上り続けると
4
石灰岩が目立つようになってくる
霊仙山も伊吹山同様石灰の山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石灰岩が目立つようになってくる
霊仙山も伊吹山同様石灰の山
1
笹峠付近
疎林が美しい
とても心地良い場所
通り抜ける風が気持ちいい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹峠付近
疎林が美しい
とても心地良い場所
通り抜ける風が気持ちいい
8
いよいよ山上への急登が始まる
ポカミスで、道筋を外してしまいリカバーする
今日はドライだが、ウェットだとかなり滑りやすい斜面だと思う
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ山上への急登が始まる
ポカミスで、道筋を外してしまいリカバーする
今日はドライだが、ウェットだとかなり滑りやすい斜面だと思う
12
展望が開けてくる
南側
鈴鹿山脈最高峰御池岳
通称テーブルランド
デカイ!
その左、藤原岳は雲で見えず
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望が開けてくる
南側
鈴鹿山脈最高峰御池岳
通称テーブルランド
デカイ!
その左、藤原岳は雲で見えず
9
その左手前
烏帽子岳〜三国岳のライン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その左手前
烏帽子岳〜三国岳のライン
1
南西方向のすぐ近く
鍋尻山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南西方向のすぐ近く
鍋尻山
4
急登が落ち着くも、もう一段の上りが・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登が落ち着くも、もう一段の上りが・・・
5
やや霞んでいるが展望良好
西方
彦根、近江八幡方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やや霞んでいるが展望良好
西方
彦根、近江八幡方面
1
ようやく山上に乗った
こんなふうなところを上ってきたわけです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく山上に乗った
こんなふうなところを上ってきたわけです
6
山上にのったところが近江展望台という名の場所
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山上にのったところが近江展望台という名の場所
4
この先進む方向
標高1000mクラスの山で、まるでアルプスのような山上
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先進む方向
標高1000mクラスの山で、まるでアルプスのような山上
3
石灰岩や土道のミックス
時折、道を外していた気がする
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石灰岩や土道のミックス
時折、道を外していた気がする
2
時々振り返るのもいい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時々振り返るのもいい
6
鈴鹿山脈中部方面
御在所〜雨乞〜綿向のライン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鈴鹿山脈中部方面
御在所〜雨乞〜綿向のライン
雄大な霊仙山山上部
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄大な霊仙山山上部
3
まずは一つ目のピーク、最高点へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは一つ目のピーク、最高点へ
1
南部
2年前に歩いたソノド〜高塚山のラインが美しい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南部
2年前に歩いたソノド〜高塚山のラインが美しい
1
ソノド
北アルプス常念岳を西から見たような形(でもないか)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ソノド
北アルプス常念岳を西から見たような形(でもないか)
3
おお
整ったのが一輪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おお
整ったのが一輪
6
最高点に到着
標高1098m也
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高点に到着
標高1098m也
3
ここまで来ると、伊吹山の眺めが秀逸
避難小屋がポツンと見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで来ると、伊吹山の眺めが秀逸
避難小屋がポツンと見える
4
次のピーク三角点へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次のピーク三角点へ
6
すぐに到着
標高1083.5m也
ここで休憩しよう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに到着
標高1083.5m也
ここで休憩しよう
3
割ときれいな三角点
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
割ときれいな三角点
2
北部、長浜市方向
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北部、長浜市方向
伊吹山アップ
全般的に空気が霞んでいるのはPM2.5みたいです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊吹山アップ
全般的に空気が霞んでいるのはPM2.5みたいです
3
そしてなんと白山まで
これは期待していなかった
近くの人が教えてくれて気付いた
ありがたい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてなんと白山まで
これは期待していなかった
近くの人が教えてくれて気付いた
ありがたい
3
一服したら、下山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一服したら、下山
1
次のピーク、経塚山
9合目という扱い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次のピーク、経塚山
9合目という扱い
2
柏原ルートで下山する
避難小屋横を通って
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柏原ルートで下山する
避難小屋横を通って
1
さらば、霊仙山!
ホント、いい山上部です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらば、霊仙山!
ホント、いい山上部です
3
ソノド〜高塚山
奥に烏帽子岳
少し場所が変わると、見え方の配置も換わる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ソノド〜高塚山
奥に烏帽子岳
少し場所が変わると、見え方の配置も換わる
1
下りの始め
急なザレ
お助けロープがある
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りの始め
急なザレ
お助けロープがある
8合目、四丁目崖
谷山谷ルートはここに上がってくる
ロープで通せんぼ
未踏ルートだが、行けるときは来るのか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8合目、四丁目崖
谷山谷ルートはここに上がってくる
ロープで通せんぼ
未踏ルートだが、行けるときは来るのか
柏原ルート
基本は緩やかな下り
人が少ないのか、今日のこれまでの道よりやや薄い感じ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柏原ルート
基本は緩やかな下り
人が少ないのか、今日のこれまでの道よりやや薄い感じ
合目表示はちゃんとある
安全なところは走っていく
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
合目表示はちゃんとある
安全なところは走っていく
作業用林道が接近する場所
7合目付近
走っていたら、ママコ穴を見落とした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
作業用林道が接近する場所
7合目付近
走っていたら、ママコ穴を見落とした
1
梓河内道との分岐
こちらもいつか行ってみたい
達人の方々は探索されておられるようですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梓河内道との分岐
こちらもいつか行ってみたい
達人の方々は探索されておられるようですね
ふと見えるは阿弥陀ヶ峰だろうか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふと見えるは阿弥陀ヶ峰だろうか
トラバースが多く、多少の登り返しもあるが、順調に下る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバースが多く、多少の登り返しもあるが、順調に下る
4合目
コンテナの避難小屋
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4合目
コンテナの避難小屋
風通しは良さそうですよ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風通しは良さそうですよ
4
足元に
今年初めて発見
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元に
今年初めて発見
8
4〜3合目のこの辺り
右下から獣に吠えられてビビる
低い唸り声
姿は見えなかった
クマか?イノシシか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4〜3合目のこの辺り
右下から獣に吠えられてビビる
低い唸り声
姿は見えなかった
クマか?イノシシか?
2
そしたら・・・
林道が交錯するところで右の進路を見落とし、そのまま左の林道へ
進んだ先のピークでおかしいなと思い、引き返し15分ほどのロス
よく見ると通せんぼがしてある
走ってると見えてないんだね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしたら・・・
林道が交錯するところで右の進路を見落とし、そのまま左の林道へ
進んだ先のピークでおかしいなと思い、引き返し15分ほどのロス
よく見ると通せんぼがしてある
走ってると見えてないんだね
二本杉という場所
この辺りは、新旧の合目表示が混ざっている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二本杉という場所
この辺りは、新旧の合目表示が混ざっている
落ち着くと林道となる
おお、正面に伊吹山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち着くと林道となる
おお、正面に伊吹山
4
針葉樹林帯
ちょっとした信州戸隠奥社みたいだ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針葉樹林帯
ちょっとした信州戸隠奥社みたいだ
2
抜けると養鶏場
なかなかのニオイがする
駆け抜ける
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
抜けると養鶏場
なかなかのニオイがする
駆け抜ける
2
名神高速をくぐる手前に登山届ボックス
用紙は切れているし、形骸化か
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名神高速をくぐる手前に登山届ボックス
用紙は切れているし、形骸化か
国道21号を渡る
駐在所のところ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国道21号を渡る
駐在所のところ
1
中山道で醒ヶ井駅まで行こう
JR柏原駅があるが、電車は乗らないよ
それにしても、今日は伊吹山ばかり見ているな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中山道で醒ヶ井駅まで行こう
JR柏原駅があるが、電車は乗らないよ
それにしても、今日は伊吹山ばかり見ているな
柏原宿
座れる場所があり、一服
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柏原宿
座れる場所があり、一服
京都方面へ進む
霊仙山は前衛の山に隠れて見えない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
京都方面へ進む
霊仙山は前衛の山に隠れて見えない
一瞬、霊仙山が見えるポイントがあった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一瞬、霊仙山が見えるポイントがあった
中山道の旅も京都から岐阜県御嵩町まで進めてある
そのうち続きをやりたい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中山道の旅も京都から岐阜県御嵩町まで進めてある
そのうち続きをやりたい
2
醒ヶ井宿に入る
面白いお地蔵さん達
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
醒ヶ井宿に入る
面白いお地蔵さん達
2
ツツジが咲き始めています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツツジが咲き始めています
水の透明度が素晴らしい地蔵川
どこからか湧きだし、宿場町を流れる
川がある町は絵になる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水の透明度が素晴らしい地蔵川
どこからか湧きだし、宿場町を流れる
川がある町は絵になる
3
昔の郵便局の建物が残る
観光案内所として使っているようだ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昔の郵便局の建物が残る
観光案内所として使っているようだ
醒ヶ井駅に帰着
今日は30km以上歩いたようだが、半分くらいはロードだ
まだ山で燃え尽きるという感じではないな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
醒ヶ井駅に帰着
今日は30km以上歩いたようだが、半分くらいはロードだ
まだ山で燃え尽きるという感じではないな
3

感想/記録
by 3120m

鈴鹿山脈北端部の霊仙山。
標高1000mほどの低山ながら、山上は独特の雄大な風景が広がっている。
訪れるのは3回目。
今回は前からやってみたかった周回コースをとってみた。

行動距離は30km余りで、もっとクタクタになるかと思ったが、
行程の半分ほどはロード。
そのためか思ったよりも早く終了し、、
山歩きで完全燃焼したという感じではなかった。

睡眠をしっかりとって体調を整えたおかげか、
すこぶる調子がよく、
上りも下りも快調だった。

暑くなる予報が続いているが、
歩いている分にはそれほどでもなく、
風もあって爽やか。
終わってみれば、疲労も心地良い程度だった。

ほぼカレンダー通りのMyGW。
ちょこちょこ雑用も入るし、遠征はできそうもない。
この先の予定も流動的で、どうなることやら。
天気がいい日にもう1〜2回、
今日みたいな爽やかなハイクができたらいいのだが。
明日はどうだろう(笑)。
訪問者数:707人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/10/26
投稿数: 368
2018/4/30 17:53
 いつも タフな行動ですね
3120mさん こんにちは
いつもタフな行動をされますね。
普通のロードで30卻發のも大変な私、登山も入れて30kmは、めちゃくちゃスタミナありますね。
私も東海道歩きででスタミナ増強を目指します。

ところで霊仙山のヤマシャクヤクはまだでしたか?
登録日: 2011/7/6
投稿数: 951
2018/5/1 8:35
 すごい…
私もこのコース歩きましたよ…柏原駅に車を置いて…反対周りで。
違うのは養鱒場からバスで帰ったこと。
フツーは歩かないでしょ…すごすぎっ!

このルートおもしろいですよね。
霊仙、鈴鹿で一番好きな山です
登録日: 2013/8/17
投稿数: 597
2018/5/1 21:32
 Re: いつも タフな行動ですね
100yamaさん、こんばんは
ありがとうございます。

普段から花を意識して歩いていないため、私の浅薄な植物知識では役立つ情報を提供できず、お恥ずかしい限りです。
当日は、登山者は割と少なめの印象でしたが、お話した中には山芍薬目当ての方もいらっしゃいました。
他の方のレコを見ている限り、しかるべき場所で既に咲いているようですね。
私が歩いたルート付近では、西南尾根のコースから外れたところに群落があるのでしょうか。
他にも花の種類は多かったと思われ、岩場の隙間に咲き誇っていて、足の置き場に困るほどのところもありましたよ。
登録日: 2013/8/17
投稿数: 597
2018/5/1 21:38
 Re: すごい…
akakiriusagiさん、こんばんは
ありがとうございます。

聞けば、養鱒場への路線バスは廃止になっているそうで、しかも榑ヶ畑は駐車スペースが狭いと・・・
これはもう、醒ヶ井駅から歩いてしまえば全て解決です(笑)。
早足で一時間余りです。
歩いてしまいましょう!
養鱒場手前の道沿いの渓流はなかなか見応えがあり、水音も心地良かったですよ。
ただ、その上になってくると、正直いつどこでクマが出てもおかしくないようなエリア。
丸腰で一人で歩くのは、いくばくかの勇気が要ります。
ま、車は頻繁に通りますけどね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ