また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1463098 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

大岳山〜白倉〜瀬音の湯

日程 2018年05月12日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ(快晴とはいかず)
アクセス
利用交通機関
電車バス、 ケーブルカー等
御嶽駅ー滝本駅ー御岳山駅ー登山ー白倉バス停ー十里木途中下車ー武蔵五日市駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち51%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間2分
休憩
4分
合計
5時間6分
S長尾平分岐08:3409:03綾広の滝09:33芥場峠09:36鍋割山分岐10:53大岳山10:5613:36白倉バス停13:3713:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
御岳山駅からヤマレコ開始の予定が、開始忘れで長尾平分岐辺りからレコスタートとなりました。
コース状況/
危険箇所等
観光地化されていて良く整備されている。
大岳山に近くなるにつれ岩場が連続する。
踏み外したら命がない箇所もあるので躓かないように確実に歩くと良い。
その他周辺情報下山後、十里木で途中下車すると秋川渓谷「瀬音の湯」がある。

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 ビニール雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料500mlを3本 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 タオル ストック カメラ2個

写真

朝5時過ぎ最寄駅に行く途中のシャクナゲ。少し不安気味の心を癒してくれた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝5時過ぎ最寄駅に行く途中のシャクナゲ。少し不安気味の心を癒してくれた。
2
2時間余り電車とバスに揺られ到着。遠いなあー、奥多摩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2時間余り電車とバスに揺られ到着。遠いなあー、奥多摩。
前に居た柴犬か雑種のお嬢さん可愛かった。このケーブル3回目らしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前に居た柴犬か雑種のお嬢さん可愛かった。このケーブル3回目らしい。
ケーブルカーおりて御岳山方面へ。爽やかな道だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ケーブルカーおりて御岳山方面へ。爽やかな道だ。
1
早速見つけたぞ。白いツツジ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早速見つけたぞ。白いツツジ。
2
道沿いの民家のシャクナゲ、
初コースの不安を和らげる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道沿いの民家のシャクナゲ、
初コースの不安を和らげる
3
武蔵御嶽神社。今日はソロ登山。少し寂しいなあ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武蔵御嶽神社。今日はソロ登山。少し寂しいなあ。
1
間違ってはならぬ。大岳山方面へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間違ってはならぬ。大岳山方面へ。
体力的にきつそうなロックガーデンには行かないのだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
体力的にきつそうなロックガーデンには行かないのだ。
鳥居が見えたら左の道だな。
楽な巻道を行くのだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居が見えたら左の道だな。
楽な巻道を行くのだ。
巻道を快調に歩くと、ヤマツツジかな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻道を快調に歩くと、ヤマツツジかな。
1
なんだろう?アマドコロかな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんだろう?アマドコロかな。
2
ロックガーデンからの合流点。苔むした雰囲気味わう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロックガーデンからの合流点。苔むした雰囲気味わう。
休憩所。しんどいロックガーデン経由でなくて正解かな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩所。しんどいロックガーデン経由でなくて正解かな。
鍋割山からの合流点。奥の院、鍋割山経由も今回はやめたのだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋割山からの合流点。奥の院、鍋割山経由も今回はやめたのだ。
これからいよいよだ。この緊張に耐えるために楽な巻道コースで来たのだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これからいよいよだ。この緊張に耐えるために楽な巻道コースで来たのだ。
いよいよ鎖場だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ鎖場だ。
いやー大変だ。体が硬くなる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いやー大変だ。体が硬くなる。
2
岩場ほどきれいな花が咲いているもんだ。どちら様ですか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場ほどきれいな花が咲いているもんだ。どちら様ですか?
2
ホットする。トイレがあることと岩場鎖場クリアしたから。公衆トイレは汚かった(泣)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホットする。トイレがあることと岩場鎖場クリアしたから。公衆トイレは汚かった(泣)
大岳山荘。よくここまで朽ち果てるもんだなあ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岳山荘。よくここまで朽ち果てるもんだなあ。
鳥居をくぐり大岳神社へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居をくぐり大岳神社へ
途中の足元の姫様
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の足元の姫様
2
本格的な岩場でした。7〜8箇所連続。無我夢中で4点支持(動けない?)で登りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本格的な岩場でした。7〜8箇所連続。無我夢中で4点支持(動けない?)で登りました。
2
険しい登りをクリアした人へのプレゼントでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
険しい登りをクリアした人へのプレゼントでした。
6
ツツジもあり、人の頭越しにショット。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツツジもあり、人の頭越しにショット。
9
多くの皆さん感激してました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多くの皆さん感激してました。
8
つい先日登った御前山かな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つい先日登った御前山かな。
2
標識長らくご苦労さん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識長らくご苦労さん。
2
大木だからシロヤシオ?白いツツジとの違いは?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大木だからシロヤシオ?白いツツジとの違いは?
3
昨年小雨と寒さで直ぐに山頂から退散した三頭山(かな)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨年小雨と寒さで直ぐに山頂から退散した三頭山(かな)
もう一度御前山。大岳山は今いるところ。奥多摩三山クリア(嬉)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一度御前山。大岳山は今いるところ。奥多摩三山クリア(嬉)
富士山に別れを告げて
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山に別れを告げて
3
たくさんの人の楽しんでる光景も目に焼き付けて
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たくさんの人の楽しんでる光景も目に焼き付けて
1
狛犬と再開。岩場の下山は比較的楽だった。「こんにちは」も余裕だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狛犬と再開。岩場の下山は比較的楽だった。「こんにちは」も余裕だった。
1
下山は馬頭刈尾根→白倉方面へ。メインな道なのに幅が狭い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山は馬頭刈尾根→白倉方面へ。メインな道なのに幅が狭い。
奥多摩もサントリー天然水の森なの?先日訪ねた尾白川渓谷以外にも拠出してるってことか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥多摩もサントリー天然水の森なの?先日訪ねた尾白川渓谷以外にも拠出してるってことか。
1000メートル超。ブナも主役。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1000メートル超。ブナも主役。
1
白倉分岐に着。この尾根からの富士山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白倉分岐に着。この尾根からの富士山。
下界が見える。あそこまで一気に下るのか(標高差726m)うぇー。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下界が見える。あそこまで一気に下るのか(標高差726m)うぇー。
白倉まで延々と転げ落ちます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白倉まで延々と転げ落ちます。
あちらこちらで伐採。40年〜50年お疲れさん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あちらこちらで伐採。40年〜50年お疲れさん。
1
ジグザグ繰り返し下る下る。か弱い膝関節持つかなあと不安で。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジグザグ繰り返し下る下る。か弱い膝関節持つかなあと不安で。
おかげて少し膝を休ませることができる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おかげて少し膝を休ませることができる。
言い訳がましく何枚も撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
言い訳がましく何枚も撮影
二人静。これも膝を休ませるため。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二人静。これも膝を休ませるため。
ついに林道に出た。膝ガクガク。フラフラ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついに林道に出た。膝ガクガク。フラフラ。
また直ぐに山道に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また直ぐに山道に。
下り下り鳥居が。もうすぐだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下り下り鳥居が。もうすぐだ。
石碑に天保何年なんて掘ってある。なんでこんな山奥に人がいたの。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石碑に天保何年なんて掘ってある。なんでこんな山奥に人がいたの。
マルバウツギで正しいでしょうか。花の名は難しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マルバウツギで正しいでしょうか。花の名は難しい。
2
よれよれしながらバス停に着。8分前に行ったばかり。40分待ちだ(泣)しかも灼熱地獄。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よれよれしながらバス停に着。8分前に行ったばかり。40分待ちだ(泣)しかも灼熱地獄。
向かいの酒屋さんの日陰に居たら、「ベンチにお座りなさい」とお婆ちゃまが。清涼飲料買ってお礼言いました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向かいの酒屋さんの日陰に居たら、「ベンチにお座りなさい」とお婆ちゃまが。清涼飲料買ってお礼言いました。
1
白倉から十里木へワープ。
瀬音の湯への橋です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白倉から十里木へワープ。
瀬音の湯への橋です。
今日は選択しなかった滝コースの代わり。轟音の流れ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は選択しなかった滝コースの代わり。轟音の流れ。
2
瀬音の湯さんのお庭で。
花名は知らん。調べたら「シラン(紫蘭)」でした(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
瀬音の湯さんのお庭で。
花名は知らん。調べたら「シラン(紫蘭)」でした(笑)
1
美しい姿が、花言葉。文字通り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しい姿が、花言葉。文字通り。
1
実は生で見るのは初めて。
これを撮りたくて十里木で途中下車した。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
実は生で見るのは初めて。
これを撮りたくて十里木で途中下車した。
2
ベニサラサドウダン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベニサラサドウダン
1
サラサドウダン
光城山で白いサラサドウダンは見たけど赤のは格別いい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サラサドウダン
光城山で白いサラサドウダンは見たけど赤のは格別いい。
4
ベニサラサドウダン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベニサラサドウダン
3
蘭と躑躅の共演は贅沢だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蘭と躑躅の共演は贅沢だ。
2
旬が少し過ぎたかも。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旬が少し過ぎたかも。
1
この花不思議。下手くそのカメラマンでもきれいに写る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この花不思議。下手くそのカメラマンでもきれいに写る。
1
少し下から。
ではまたどこかのお山で。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し下から。
ではまたどこかのお山で。
4
帰宅して西方を撮影。大岳山ずっと眺め続けて何十年。とうとう登ったのでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰宅して西方を撮影。大岳山ずっと眺め続けて何十年。とうとう登ったのでした。
6

感想/記録

三頭山、御前山の後、大岳山で奥多摩三山達成となるので、とにかく登頂第一目的で、登り降りが一番省エネになりそうなコースを選択しました。(それでも1日がかり、交通機関乗り継ぎ多く奥多摩は遠い) 

ロックガーデンや鍋割山、下山が険しそうなつづら岩方面、滝めぐりは次のお楽しみとします。

楽な道でも、ロックガーデン分岐から芥場峠経由鍋割山からの合流点までの登りはハードですした。

大岳山への岩場も一部三点支持が必要で、岩場を楽しみました。四点支持までして一時立ち止まりました(笑)。

下山は白倉分岐を経由して白倉バス停まで、とにかく下る下る。これでもかこれでもかと。出会った人は1人だけ。大岳山荘から白倉バス停まで標高差858メートル。今夏の北アルプス稜線から下山口に匹敵するほど。訓練、試行のためでもありました。

もう一つの目的、ベニサラサドウダンを瀬音の湯で見ることも達成できました。つい1〜2週間前にヤマレコで咲いている情報をあげていただいた方には大感謝申し上げます。

この花を見るために5月〜6月どこに行こうかとさんざん検討していたところでした。(ご参考、見頃は少し過ぎた感じでした)

あまりに小さくて見逃してしまいそうでしたが、カメラ撮影できて本当に良い山行でした。
訪問者数:359人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ