また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 146327 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大雪山

北海道の山(1)雨と霧のトムラウシ

日程 1999年07月18日(日) [日帰り]
メンバー
天候霧と小雨、時々本降り
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 飛行機
千歳空港よりレンタカーで、日勝峠経由でトムラウシ温泉登山口まで、正味4時間半
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

5:40トムラウシ短縮登山口発-6:50カムイ天上-8:30コマドリ沢入口
 -9:30前トム平-11:30-40トムラウシ山頂
 -13:00前トム平-13:40コマドリ沢入口-15:30カムイ天上-16:30登山口着
コース状況/
危険箇所等
・この1999年当時は、カムイ天上からコマドリ沢入口まで、カムイサンケナイ沢に沿って道がついていたが、ぬかるみの多い道だった。
(現在は、稜線づたいの新道ができている模様)
・コマドリ沢は、この時期は残雪に覆われていた。トレースあり。アイゼンは不要。
・カムイ天上から上部は、通常の登山道だが、標識は少ないので、
 霧の際は道が解りにくい個所もある。

写真

トムラウシへの途中、隣の山腹には雪渓が見えだした
2011年11月03日 10:28撮影 by CanoScan 5600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トムラウシへの途中、隣の山腹には雪渓が見えだした
コマドリ沢の登り、雪渓となっている
2011年11月03日 10:28撮影 by CanoScan 5600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コマドリ沢の登り、雪渓となっている
コマドリ沢の雪渓
2011年11月03日 10:28撮影 by CanoScan 5600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コマドリ沢の雪渓
前トム平にようやく到着
2011年11月03日 10:28撮影 by CanoScan 5600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前トム平にようやく到着
「トムラウシ公園」、霧と小雨のため、あまり良い風景とは言えない
2011年11月03日 10:28撮影 by CanoScan 5600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「トムラウシ公園」、霧と小雨のため、あまり良い風景とは言えない
トムラウシ公園付近の花(1)
2011年11月03日 10:28撮影 by CanoScan 5600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トムラウシ公園付近の花(1)
トムラウシ公園付近の花(2)
2011年11月03日 10:28撮影 by CanoScan 5600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トムラウシ公園付近の花(2)
トムラウシ公園付近の花(3)
2011年11月03日 10:28撮影 by CanoScan 5600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トムラウシ公園付近の花(3)
トムラウシ公園付近、お花畑状になっているので、天気が良ければさぞかしきれいだろうが、あいにくの天気でさえない風景
2011年11月03日 10:28撮影 by CanoScan 5600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トムラウシ公園付近、お花畑状になっているので、天気が良ければさぞかしきれいだろうが、あいにくの天気でさえない風景
トムラウシ公園付近の花(4)
2011年11月03日 10:28撮影 by CanoScan 5600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トムラウシ公園付近の花(4)

感想/記録

【山行No 268】

※ 残った百名山の中でも、なかなか行きにくいのがトムラウシ山。
  1990年に一度、大雪山からの縦走を狙ったが、その時は雨で途中敗退している。
  そろそろ行っておくか、と思い、東京起点の3泊4日で計画してみた。

  
・一週間前に飛行機、レンタカー、宿をあたってみたが、海の日の連休でもあるので、
 飛行機は、帯広便、旭川便は取れず、千歳便となった。
 トムラウシ温泉の宿(東大雪荘)も、予想していたけれど満員で取れず、
 結局、テントを麓に張って登ることにした。

7月17日(土)
 ・今日は移動日。出発が少し遅くなったので、羽田空港着があまり余裕がなく、
  しかも、空港内も大混雑で、ちょっと焦った。
8:50羽田発-10:10千歳空港着
  千歳に着いて、さっそく予約したレンタカーを借りるが、レンタカー受付も大混雑だった。
11:20千歳発
  途中のコンビニで、水(4L)、食糧などを仕入れる。
  コースは、日高町を通り、日勝峠を越えて、帯広平野へ出て、そこからトムラウシ温泉方面へと向かう。
 ・日高町で、休憩がてらに「日高山脈館」というのがあったので、ちょっと寄ってみたが、
  日高山脈の成因、地質構造など、最新の知見にもとづいた展示でなかなか興味深かった。

16:50 トムラウシ温泉(キャンプ場)着
 ・キャンプ場は、トムラウシ温泉の宿のあるところより、さらに約1km林道を進んだところにあった。
  ガランとした駐車場のような感じの場所だが、一応、水場、トイレ、街灯がある。(トイレはちょっと臭う)。
  今日のテントは約15張。
  夕方になって、上空は少し青空も見える。
  明日は一応、トムラウシ山をピストン往復の予定だが、テントを担ぎあげて
  山上で一泊でもいいかな?などと考える。

7月18日(日)
 ・夜半より、テントをたたく雨音が聞こえていた。いやな感じ。
4:10起床
 ・外をのぞくと、霧雨が音もなく降っていて、風景はすっかり灰色になっている。
  今日は停滞でもいいか、とも思ったが、周りを見ると、雨にもかかわらず、続々と出発してゆく人が見えるので、
  とりあえず行けるところまで行ってみることにした。
  稜線も霧の中だろうからテントを担ぎあげるのは止めにして、軽装でのピストンにする。
5:10 キャンプ場 発
 ・トムラウシ温泉から登る道もあるが、上のほうまで林道が登っているので、
  レンタカーで約7kmを登り、短縮登山口(新登山口)まで行く。
  レンタカーを借りた甲斐があった。これでだいぶ時間短縮になる。

5:30-40 新登山口(標高=約1000m、気温=18℃)
 ・林道終点が登山口。思いのほか車が多い。百台はすでにいる。隙間に車を押し込んだ。
 ・深い霧の中、出発する。道が悪そうなので、最初からスパッツを着用。水は1.5Lを持ってゆく。
6:50 カムイ天上(標高=1320m)
 ・標識があるだけでなんということもない場所。立ち休み少々。
 ・ここからカムイサンケナイ沢へ向かって緩やかに下るような道。
  ヌカルミがひどく、どろどろの道になっていて思ったようにペースは上がらない。
7:40 第一渡渉点
 ・ここから先、沢を6〜7回渡渉しながら、川沿いを絡んでゆく道となった。
  今日は水は大したことはないが、増水したら厄介そうな道だ。
  雨もこのあたりから本降りとなり、暗然とした感じ。
8:30 コマドリ沢入口(標高=1460m)
 ・カムイサンケナイ沢の本流から別れ、道は雪渓となっているコマドリ沢に入る。
  急な道だけど、雪をガンガンと登るのは、ぬかるみを歩くよりはよほど爽快だ。 
 ・標高=1550m付近で道は雪渓から離れ、山腹を斜上する道となった。
  この付近よりようやく花がぽつぽつで出して、花の山らしくなってきた。
  雨もまた小降りとなり、一安心。
9:30-40 前トム平
 ・急登が終わり、一休み。ここも霧で展望はないが、付近の花は結構きれい。
 ・これから先、また道がやや解りにくくなってきた。
  岩と草原の間を縫うように道が続いている。いわゆる「トムラウシ公園」と称する場所。
  花は結構咲いていて、なかなかいい感じの場所だが、晴れていればもっとよかったろうに、と思う。
  キバナシャクナゲ、ハクサンイチゲ、チングルマ、コマクサなどが目に付いた。名前がよく解らない花も多い。
10:50-11:00 トムラウシの肩(標高=約2000m)
 ・結構疲れが出てきたが、なんとかここまで来た。
  テントは1張のみあった。
 ・頂上はすぐそこに、雲の間より見え隠れしているが、足も疲れてきており、ペースはあがらず、最後の急登はなかなかきつかった。

11:30-40 トムラウシ山 山頂(標高=2141m)
 ・岩が累々と重なり合っている山頂。
  展望もなく、雨と風があるばかり。
  二度目の挑戦でようやくたどり着いた頂きだが、感激も少ない。長く休む気にもならず、早々に下る。

 ・下りは、霧雨のなか、ちょっと疲れた気分で、来た道を戻る。
13:00 前トム平
 ・コマドリ沢の雪渓は、シリセードで約10分で下った。
 ・こんな時間なのに、まだこれから登るグループもいる。
  ヒサゴ沼泊まりだろうが、結構疲れている様子で、大丈夫か?と他人事ながら気になるグループもあった。
13:40 コマドリ沢入口
14:10 第一渡渉点
 ・ここから先、カムイ天上までの道は、朝来た時よりもさらにヌカルミがひどくなっている。
  もう泥んこのグッチョグチョ状態。ところによっては足首まで泥につかるような場所もあり、生理的に嫌な気分。
  靴は一応、ゴアの防水加工された軽登山靴だが、雨とぬかるみの攻撃で、しだいに中まで水が浸入してきて、
  歩くたびにぐちょぐちょいうほどになってきた。
15:30 カムイ天上
 ・この先もあいかわらずヌカルミが多い。雨の中の登山だったこともあり、
  足も疲れてきて、かなりよたりながら下る。

16:30-50 新登山口 着
 ・ようやく登山終了で、心よりほっとした。合計11時間の苦行だった。
  充実感はなく、ただただ疲れた。
  中まで泥水がしみ込んでドロドロの登山靴をポリ袋に突っ込み、
  はだしで車を運転し、麓に戻る。足の裏は白くふやけていた。

17:10 トムラウシ温泉 着
 ・テント場に戻る前に、ここの温泉(東大雪荘)により、温泉に入ることにした。
  風呂にはいってようやく一息ついた感じで、やっと終わったな、という感じ。
  帰りは古新聞が玄関口にたくさんあったので、少しもらって帰る。
18:20 キャンプ場 着
 ・こんな天気の日は、乾いて清潔な温泉宿がうらやましい。
  テント場は今日も約10張と淋しい感じ。
  まだ降っている雨の中、苦労しながら夕食を作り、夕食後はさっさと寝た。

 ・・・・「北海道の山(2)十勝岳」に続く...

  
訪問者数:682人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ