また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1487215 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

初めての槍ヶ岳!

日程 2018年06月03日(日) [日帰り]
メンバー
天候◯晴れ
◯天気図 http://www.tenki.jp/past/2018/06/03/chart/
アクセス
利用交通機関
車・バイク
◯深山荘登山者専用無料駐車場
http://kankou.city.takayama.lg.jp/s/_res/projects/kankou/_page_/002/000/369/map201602ver4.1.1.pdf
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち73%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
16時間7分
休憩
2時間46分
合計
18時間53分
Sスタート地点01:5302:07小鍋谷ゲート02:38穂高平小屋03:19白出小屋04:45滝谷避難小屋04:53藤木レリーフ05:0506:02槍平小屋06:0309:17飛騨沢千丈乗越分岐11:19飛騨乗越11:34槍ヶ岳山荘12:0812:24槍ヶ岳13:1513:25槍ヶ岳山荘14:2614:35飛騨乗越15:33飛騨沢千丈乗越分岐15:3417:33槍平小屋18:12藤木レリーフ18:1418:18滝谷避難小屋18:1918:23藤木レリーフ18:2618:30滝谷避難小屋19:30白出小屋20:00穂高平小屋20:34小鍋谷ゲート20:46新穂高温泉駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◯新穂高登山口〜白出沢
長く緩い傾斜の林道、帰りが億劫。アプローチシューズあると便利。

◯白出沢〜滝谷
迷い無しの登山道。途中、少し危ういトラバース雪渓あり。融雪進行中につき注意。途中サンカヨウの群生があり。

◯滝谷〜槍平
増水時渡渉注意。この日は橋が流されており上流まで少し歩き渡渉。横着せずに靴を脱ぐのもあり。槍平手前より雪が少し、木道スリップ気を使う。

◯槍平〜飛騨乗越
槍平から雪でつながるため行きはチェーンスパイク、帰りはアイゼン着用。リボンはところどころあるが、2,300m付近から登山道が沢になっており登山道不明瞭で時間ロス。沢を進むのが正解。千丈分岐からは槍ヶ岳山荘が見えるが、なかなか進まない。飛騨乗越で槍ヶ岳が登場。

◯槍ヶ岳山荘〜槍ヶ岳
高度感ある岩場。雪は無し、降雨後はスリップ等注意。三点支持を確保し垂直ハシゴを越えると大展望。
過去天気図(気象庁) 2018年06月の天気図 [pdf]

写真

白出沢を過ぎるとサンカヨウの群生、小ぶりで可憐。
2018年06月03日 04:21撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白出沢を過ぎるとサンカヨウの群生、小ぶりで可憐。
3
沢が沢山あるのでトラバース雪渓多数あり。
2018年06月03日 04:25撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢が沢山あるのでトラバース雪渓多数あり。
融雪進んでいるところはやや緊張。雪渓の下は沢、ゴーッと鳴ってるので足早に。
2018年06月03日 04:28撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
融雪進んでいるところはやや緊張。雪渓の下は沢、ゴーッと鳴ってるので足早に。
1
ツツジのピンク。
2018年06月03日 04:29撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツツジのピンク。
1
槍平小屋は休業中、トイレ利用可。
2018年06月03日 05:55撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍平小屋は休業中、トイレ利用可。
1
誰もいない槍平テント場より。こんな場所でキャンプもいいね。
2018年06月03日 05:56撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
誰もいない槍平テント場より。こんな場所でキャンプもいいね。
4
キラリと朝陽。
2018年06月03日 07:17撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キラリと朝陽。
1
窪んだ箇所が飛騨乗越。飛騨沢はまあ長いこと。ピッケルはあった方が安心。
2018年06月03日 09:05撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
窪んだ箇所が飛騨乗越。飛騨沢はまあ長いこと。ピッケルはあった方が安心。
6
千丈乗越方面。西鎌尾根は雪が無さそう。
2018年06月03日 10:05撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千丈乗越方面。西鎌尾根は雪が無さそう。
2
振り返ると笠ヶ岳、折戸岳。まだ雪深い。
2018年06月03日 10:08撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると笠ヶ岳、折戸岳。まだ雪深い。
8
やっとこさ槍先生にご対面。
2018年06月03日 11:09撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっとこさ槍先生にご対面。
4
手前より殺生ヒュッテ、ヒュッテ大槍、ヒュッテ西岳、常念岳が連なる。
2018年06月03日 11:11撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前より殺生ヒュッテ、ヒュッテ大槍、ヒュッテ西岳、常念岳が連なる。
4
東鎌尾根の向こうは大天井稜線。
2018年06月03日 11:11撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東鎌尾根の向こうは大天井稜線。
1
変わった名前の大喰岳。
2018年06月03日 11:12撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
変わった名前の大喰岳。
1
笠ヶ岳〜抜戸岳稜線は行ってみたい場所のひとつ。
2018年06月03日 11:12撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳〜抜戸岳稜線は行ってみたい場所のひとつ。
1
槍先生の前でまずは小休止。
2018年06月03日 11:25撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍先生の前でまずは小休止。
9
迫力の西鎌尾根。
2018年06月03日 11:26撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迫力の西鎌尾根。
4
槍の穂先をアップ。
2018年06月03日 11:34撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍の穂先をアップ。
8
600人も収容可能な槍ヶ岳山荘。次回はゆっくりと宿泊しにきたい。
2018年06月03日 11:35撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
600人も収容可能な槍ヶ岳山荘。次回はゆっくりと宿泊しにきたい。
1
双六、三俣蓮華、鷲羽岳。
2018年06月03日 12:03撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六、三俣蓮華、鷲羽岳。
2
先行者取付中。メットは着用。
2018年06月03日 12:15撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先行者取付中。メットは着用。
1
垂直のハシゴを昇降。
2018年06月03日 12:20撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
垂直のハシゴを昇降。
1
穂高へつながる稜線は憧れルート。
2018年06月03日 12:30撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高へつながる稜線は憧れルート。
7
大喰〜北穂方面。
2018年06月03日 12:35撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大喰〜北穂方面。
2
このゼブラ模様がたまらない。
2018年06月03日 12:37撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このゼブラ模様がたまらない。
13
憧れの槍ヶ岳 3,180m、写真撮りまくり。
2018年06月03日 12:39撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
憧れの槍ヶ岳 3,180m、写真撮りまくり。
24
常念方面。ヒュッテ西岳はテン泊してみたい場所。
2018年06月03日 12:41撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念方面。ヒュッテ西岳はテン泊してみたい場所。
4
大天井方面。だいぶ雪がなくなりました。すっかり夏模様。
2018年06月03日 12:41撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天井方面。だいぶ雪がなくなりました。すっかり夏模様。
2
険しい北鎌尾根と独標。こっちはバリルート。
2018年06月03日 12:42撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
険しい北鎌尾根と独標。こっちはバリルート。
1
素晴らしい北アの最深部。最後の秘境方面。
2018年06月03日 12:44撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしい北アの最深部。最後の秘境方面。
6
じっと眺めてるとデザートに見えてきた。
2018年06月03日 12:44撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
じっと眺めてるとデザートに見えてきた。
5
山頂よりヒュッテ大槍。
2018年06月03日 12:46撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂よりヒュッテ大槍。
2
小槍と西鎌尾根。
2018年06月03日 12:47撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小槍と西鎌尾根。
3
堪能したので山頂を後にします。
2018年06月03日 13:00撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堪能したので山頂を後にします。
3
東鎌尾根、喜作新道、常念岳。
2018年06月03日 13:01撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東鎌尾根、喜作新道、常念岳。
5
お土産はバッヂと槍ナルゲン。
2018年06月03日 14:06撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お土産はバッヂと槍ナルゲン。
3
テント場は1〜25まで区画整理されてます。ここまで担いでくるのは根性がいる。
2018年06月03日 14:22撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場は1〜25まで区画整理されてます。ここまで担いでくるのは根性がいる。
2
夏のような雲がわく。
2018年06月03日 14:35撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏のような雲がわく。
オオバキスミレ。葉の形で識別。
2018年06月03日 16:42撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オオバキスミレ。葉の形で識別。
帰りに撮影した渡渉箇所の橋痕跡。難儀した。
2018年06月03日 18:20撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りに撮影した渡渉箇所の橋痕跡。難儀した。
2

感想/記録
by amia

梅雨入り前に新穂高から槍ヶ岳へ日帰りピストン山行。道中登山者もほぼ無し、ひっそりマイペースで堪能。

林道も危険箇所がほぼ無いので、夜間に距離を稼ぐのが気分的に良い。下山も日が長くなってきたので行動時間が広がります(ただ熊がこわい)。

好天無風の中、山頂からは四方大パノラマ、感慨深いものでした。

日帰りはもったいないし、きつかった。
訪問者数:1315人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ