また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1497116 全員に公開 ハイキング妙高・戸隠・雨飾

雨飾山(雨飾山荘から)滑り止め携行を!

日程 2018年06月14日(木) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
高山2時頃発 → R41で富山、そこから北陸道利用 → 糸魚川IC → 雨飾山荘5時頃着

雨飾山荘へは「雨飾温泉」でナビ登録し、ナビの目的地到着地点からそのままコンクリート舗装の道を数キロ進むと、山荘下の駐車場に着く。1台が通れる細い道なので対向車に注意。所々に待避所がある

駐車場は10台(頑張っても12台か?)。トイレなし。すぐ上の雨飾山荘でトイレ利用可(100円)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間1分
休憩
51分
合計
6時間52分
S雨飾山荘05:3609:04雨飾山09:5512:28雨飾山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポストは雨飾山荘の玄関にある

雨飾山荘から中の池:
山荘に向かって左手に登山口がある。水場と幕営地の横を通っていきなり急登。樹間の中をひたすら上がる。石、落ち葉、木の根のすべてが濡れるとすべる。早朝は特に滑りやすい。中の池に水芭蕉。ただしほとんど終わり

中の池から分岐:
雪が残っている。すぐに雪渓の上を歩く。所々夏道が出ていて、交互に歩く感じ。最後は夏道が雪渓の下にあるため、雪の急斜面を登る。よほど雪に慣れた人以外は、軽アイゼン必携。この日は下山時に、滑落した女性に遭遇。雪渓の急登の取り付きで滑落し、下の夏道まで滑り落ち、岩に頭をぶつけて出血。ヘリの救助を呼んだところだった

分岐から雨飾山頂:
夏道。お花畑の中を進む。最後はちょっと急な登りだが短い。山頂は双耳峰。双耳の距離はごく短い。北ア南部の槍穂から北部の後立まですべて一望できる
その他周辺情報コンビニ:
糸魚川ICを下りてから進むと反対側車線に1軒ある(セブンだったと思う)

日帰り温泉:
雨飾山荘に男女別の内湯と混浴の露天(都忘れの湯)あり。内湯のみシャンプーとソープあり。小さいが源泉かけ流しの良い湯。5人位入ると一杯になる。500円。7時−20時。明治13年(西郷どん自決の3年後)創業の温泉宿ながら、良い雰囲気できれい。キャンプ場側の雨飾荘とは対照的な素朴さ
https://www.mountaintrad.co.jp/~amakazari/index.html
http://www.hitou.or.jp/hymbrrsv/hymbr_pg01.html?yc=na102

他には、糸魚川ICへ向かって走るとICの少し手前に日帰り温泉の看板がある
糸魚川温泉クアリゾート ひすいの湯。1000円、TEL:025-553-2222
営業時間10:00〜22:00(受付終了21:30)定休日年中無休
過去天気図(気象庁) 2018年06月の天気図 [pdf]

写真

ナビの雨飾温泉地点から山荘めがけてさらに進むと「ふりかえり峠」。雲海がきれい
2018年06月14日 04:50撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナビの雨飾温泉地点から山荘めがけてさらに進むと「ふりかえり峠」。雲海がきれい
5
後立の最北部分がちょっぴりモルゲンに染まる
2018年06月14日 04:49撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後立の最北部分がちょっぴりモルゲンに染まる
8
雨飾山荘すぐ下の駐車場に到着。一番乗り
2018年06月14日 05:27撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨飾山荘すぐ下の駐車場に到着。一番乗り
2
山荘へ向かう
2018年06月14日 05:26撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘へ向かう
1
明治13年創業の雨飾山荘。登山道は本館と露天風呂の間を左へ進む(三角屋根の内湯の左手前方向)
2018年06月14日 05:31撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明治13年創業の雨飾山荘。登山道は本館と露天風呂の間を左へ進む(三角屋根の内湯の左手前方向)
5
タニウツギお出迎え
2018年06月14日 05:52撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タニウツギお出迎え
6
30分ほど滑りやすい急登を進むとヤマツツジ
2018年06月14日 05:58撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
30分ほど滑りやすい急登を進むとヤマツツジ
5
さらに進むとこのプレートが。「山を愛し、旅を愛し、酒を愛した、君の面影胸のそこひに」岳友
2018年06月14日 06:09撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに進むとこのプレートが。「山を愛し、旅を愛し、酒を愛した、君の面影胸のそこひに」岳友
3
何でしたっけ?(後記:ユキザサでした。fickleさんありがとうございました!)
2018年06月14日 06:15撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何でしたっけ?(後記:ユキザサでした。fickleさんありがとうございました!)
1
すごい生命力の杉。結構太いです
2018年06月14日 06:25撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すごい生命力の杉。結構太いです
3
アカモノたち。「君のぉゆく道は〜、果てし〜なく遠い」。あちこちに群生してました
2018年06月14日 06:33撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカモノたち。「君のぉゆく道は〜、果てし〜なく遠い」。あちこちに群生してました
2
ナナカマド
2018年06月14日 06:38撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナナカマド
2
樹林帯が開けた。谷の雪渓が「カラカラカラ、ドドーン」と崩れる音をあちこちで数回聞いた
2018年06月14日 06:38撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯が開けた。谷の雪渓が「カラカラカラ、ドドーン」と崩れる音をあちこちで数回聞いた
5
ウラジロヨウラク
2018年06月14日 06:41撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウラジロヨウラク
5
マイズルソウ
2018年06月14日 06:42撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マイズルソウ
2
蒸し暑かったはずだ。樹林帯の中は雲の中だった
2018年06月14日 06:45撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蒸し暑かったはずだ。樹林帯の中は雲の中だった
5
イワカガミがあちこちで群生していた
2018年06月14日 07:07撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワカガミがあちこちで群生していた
2
イワカガミのアップ
2018年06月14日 06:47撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワカガミのアップ
4
白いイワカガミ見っけ
2018年06月14日 07:23撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白いイワカガミ見っけ
7
タムシバは終わり。ほとんど散ってました
2018年06月14日 07:24撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タムシバは終わり。ほとんど散ってました
2
ツバメオモトの群生も
2018年06月14日 07:36撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツバメオモトの群生も
4
ツバメオモトのアップ
2018年06月14日 07:36撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツバメオモトのアップ
5
中の池のあたりでカタクリ。まだ寝むそう
2018年06月14日 07:39撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中の池のあたりでカタクリ。まだ寝むそう
2
ショウジョウバカマもあちらこちらに
2018年06月14日 07:43撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ショウジョウバカマもあちらこちらに
2
中の池から上は雪が残ってました
2018年06月14日 07:43撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中の池から上は雪が残ってました
2
サンカヨウはこれから。まだ花は小さい
2018年06月14日 07:46撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サンカヨウはこれから。まだ花は小さい
1
サンカヨウのアップ
2018年06月14日 07:46撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サンカヨウのアップ
6
シロバナヘビイチゴのようにも見えるけど花弁が丸くない。違うな・・。素直に眺めればミツバオウレンですかね
2018年06月14日 07:48撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シロバナヘビイチゴのようにも見えるけど花弁が丸くない。違うな・・。素直に眺めればミツバオウレンですかね
4
ところどころ夏道が出てくるが、1790m付近まで雪がつながっている。チェーンアイゼンで分岐まで夏道と雪渓を進む。本格アイゼンで雪の上を登る手もあり
2018年06月14日 07:53撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころ夏道が出てくるが、1790m付近まで雪がつながっている。チェーンアイゼンで分岐まで夏道と雪渓を進む。本格アイゼンで雪の上を登る手もあり
10
限りなくブルーに近いショウジョウバカマ
2018年06月14日 08:06撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
限りなくブルーに近いショウジョウバカマ
5
振り返って。向かいの尾根の奥は日本海
2018年06月14日 08:11撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って。向かいの尾根の奥は日本海
4
写真で見るより結構な急斜面。細いけど白馬大雪渓の最後の急斜面なみ。
2018年06月14日 08:16撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真で見るより結構な急斜面。細いけど白馬大雪渓の最後の急斜面なみ。
10
笑ってるのかね?何スミレ?ナエバキスミレそれともオオバキスミレ?
2018年06月14日 08:31撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笑ってるのかね?何スミレ?ナエバキスミレそれともオオバキスミレ?
5
やっと分岐
2018年06月14日 08:41撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと分岐
1
山頂見え始めました
2018年06月14日 08:48撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂見え始めました
4
左手に見える山並み。左端が高妻山
2018年06月14日 08:48撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手に見える山並み。左端が高妻山
1
先日の白山では見られなかったハクサンチドリ
2018年06月14日 08:49撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先日の白山では見られなかったハクサンチドリ
5
ヨツバシオガマ
2018年06月14日 08:51撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヨツバシオガマ
5
テガタチドリ(やっぱりハクサンチドリだな)
2018年06月14日 10:12撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テガタチドリ(やっぱりハクサンチドリだな)
3
ハクサンチドリが群生してました
2018年06月14日 08:56撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンチドリが群生してました
4
ハクサンイチゲの群生
2018年06月14日 08:58撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲの群生
2
最後ですね
2018年06月14日 09:06撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後ですね
3
シラネアオイも終わりかけ
2018年06月14日 09:02撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラネアオイも終わりかけ
3
この花も多く咲いていたが・・
2018年06月14日 09:06撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この花も多く咲いていたが・・
4
北峰。後立山連峰を眺めるカップル
2018年06月14日 09:15撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北峰。後立山連峰を眺めるカップル
6
北峰すぐ横の南峰にて
2018年06月14日 09:42撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北峰すぐ横の南峰にて
16
クリーンバージョン
2018年06月14日 09:22撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クリーンバージョン
11
後立山連峰の山並み
2018年06月14日 09:17撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後立山連峰の山並み
9
白馬三山。白馬岳、杓子岳、鑓ケ岳
2018年06月14日 09:16撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬三山。白馬岳、杓子岳、鑓ケ岳
12
さらに左には唐松岳、五竜岳、鹿島槍ヶ岳
2018年06月14日 09:16撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに左には唐松岳、五竜岳、鹿島槍ヶ岳
10
北アの北から南までが見える
2018年06月14日 09:42撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アの北から南までが見える
5
反対側には頚城三山の焼山と火打山(奥)
2018年06月14日 09:31撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反対側には頚城三山の焼山と火打山(奥)
8
下山途中に火打山の右側にこの山並み
2018年06月14日 10:04撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山途中に火打山の右側にこの山並み
4
右から高妻山
2018年06月14日 10:03撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右から高妻山
3
真ん中が飯縄山
2018年06月14日 10:03撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真ん中が飯縄山
3
左が黒姫山
2018年06月14日 10:04撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左が黒姫山
4
分岐から少し下って雪渓の頭。ここで12本爪アイゼンとピッケルに換えて、雪の上をまっすぐ下ることに。雪渓をほぼ下ったところで滑落した女性に遭遇。先に下った高知からの男性が介抱していた
2018年06月14日 10:39撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐から少し下って雪渓の頭。ここで12本爪アイゼンとピッケルに換えて、雪の上をまっすぐ下ることに。雪渓をほぼ下ったところで滑落した女性に遭遇。先に下った高知からの男性が介抱していた
10
救助ヘリをすでに呼んでいて間もなく到着
2018年06月14日 10:54撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
救助ヘリをすでに呼んでいて間もなく到着
4
長野県警ヘリ「やまびこ」
2018年06月14日 10:54撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長野県警ヘリ「やまびこ」
5
レスキュー隊員と女性(木の向こう側)
2018年06月14日 11:01撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レスキュー隊員と女性(木の向こう側)
3
無事にヘリで搬送
2018年06月14日 11:09撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事にヘリで搬送
6
高知の63歳の男性。1カ月かけて奥さんと青森まで日本海側の旅行と登山とか。この日は奥さんは下で待機
2018年06月14日 11:06撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高知の63歳の男性。1カ月かけて奥さんと青森まで日本海側の旅行と登山とか。この日は奥さんは下で待機
2
水芭蕉も終わり
2018年06月14日 11:06撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水芭蕉も終わり
3
カタクリは陽を浴び元気に反ってます
2018年06月14日 11:10撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カタクリは陽を浴び元気に反ってます
5
ズダヤクシュ
2018年06月14日 11:21撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズダヤクシュ
2
雪の重みで斜面を横に這うように伸びるブナ
2018年06月14日 11:29撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の重みで斜面を横に這うように伸びるブナ
3
下の方からガスってきました。帰りも雲の中を下山。ひどく汗をかきました
2018年06月14日 11:48撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下の方からガスってきました。帰りも雲の中を下山。ひどく汗をかきました
4
シロバナニガナ
2018年06月14日 11:55撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シロバナニガナ
3
キバナニガナ。あと少しで山荘。今日もいい山だった。早く温泉に入りたい!
2018年06月14日 12:01撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キバナニガナ。あと少しで山荘。今日もいい山だった。早く温泉に入りたい!
3

感想/記録

笠ケ岳を計画していた。高山に来てから晴れの日には会社から眺めている笠ケ岳。久しぶりに20キロ越えのヘビーな日帰り登山をガツンとやろうと考えていた

前日はとてもいい天気ながら、乗鞍、槍穂、笠などの山は雲に隠れて終日見えなかった。登山当日の山頂の天気予報はお昼ごろからガス。3時半から歩き始めて、山頂には12時過ぎに着く予定。これでは山頂にたどり着いてもガスで展望なしの可能性が・・

ならば梅雨前線の影響を受けにくいと期待される日本海側の山を選択。雨飾山は初めて。千葉に住んでいた半年前までは、この山域は日帰りの対象外。アクセスに5時間くらいかかる。高山からなら3時間。これなら行ける

南麓のキャンプ場側からのレコはそれなりに上がっていて様子は分かる。北側の雨飾山荘からのレコはまだ上がっていない。雪の状態が分からないので、念のためチェーンアイゼンに加えて、12本爪アイゼンにピッケルも持参。これは正解だった。中の池を越えたあたりから雪渓が夏道を覆い、結構な雪の急登になった

少し遅れて駐車場を出発した高知からの男性が樹林帯の途中で休憩しているときに追い付き、しばらく会話を交わす。若い頃は普通の登山に興味はなく、一の倉や滝谷などでロッククライミンをもっぱらやっていたとか。定年退職して普通の登山に目覚め(?)、あちこちの山を訪れるようになったとか。今回は奥さんと1カ月かけて日本海側を青森まで北上し、登山と旅行を楽しむとか。いいですね。私もぜひ北海道を1カ月くらいかけて回ってみたい

この方とは山頂でも一緒になり、奥さんが下で待っているので先に下山された。雪渓下りがほぼ終わるところで、カップルが休憩していると思ったら、この方と滑落した女性だった。女性は頭を岩にぶつけ血を出していたが、私が到着したときには止血していた。高知の男性が救助ヘリへの連絡などを助けて介抱していたおかげで、女性は落ち着きを取りもどし体の震えも収まっていた

滑り止めなしで雪渓を登り始めてすぐに滑落したようだ。あの雪渓は滑り止めなしではつらい。私は登るときにはチェーンアイゼンを付けたが、下りは12本爪をつけてピッケルを手にして雪の上をまっすぐ下りた。高知の男性はキックステップで登り切り、下りは中腰姿勢でストックをブレーキに使い、絵に描いたようなグリセードで下りて行った。雪に慣れた人以外は、今しばらくは滑り止めをつけて上り下りすることをお奨めする

それにしても、花飾山?と思うくらい花が咲いていた雨飾山だった。往復で10キロ未満の山だったが、ちょうどよかった。20キロ越えなど今の私にはとても無理だった。行っていたら抜戸岳までがやっとだったろう。無理していたら、怪我をした女性のようになっていたかもしれない。今回も無事に登山できたことに感謝感謝!


訪問者数:729人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/8/4
投稿数: 2005
2018/6/15 16:17
 花図鑑
ピンさんこんにちは!

梅雨の時期にほっとんどの花が咲き始めちゃうんですよね。梅雨終わる頃には終盤で。どうせ夕立もらう夏よりも梅雨の晴れ間の方が出かけたくなりますね。私なぜかヨツバシオガマ見つけるとすんごくうれしくなります。今年はまだ会えておりませんが。

社長と専務がおともだちと浦安に行くそうで、急に日曜日がもらえてしまったのですが、天気見たらあらそこだけ抜けそう?うれしくなって色々計画してほくそえんでいるところです。

さすがにこちらからだと雨飾山まではアクセスキツイですね。薬師と黒五がとてもよさそうで飛越も考えたのですが。高山からなら1時間じゃないでしょうか。高山ベースのうらやましさ超越してズルい!って言ってしまうレベルになりそうです!

お花は・・・ユキザサ、かなぁ。
登録日: 2014/1/26
投稿数: 464
2018/6/15 18:41
 Re: 花図鑑
カッパさん、ご来訪ありがとうございます

ユキザサでしたね。「ササなんとか」で思い出そうともがいていましたが、くっつける場所が間違ってました。この年になると人や物の名前で同じようなことは日常茶飯事で、思い出せなくても何とも気にならなくなってます

地の利でしょ?でも折立へ行くことを考えれば、南側の登山口の雨飾高原キャンプ場は関東からでも行けるのでは?白馬へ行くより30分余分に走るだけですよ
私にとって折立は近そうで遠いんです。下道ばかりで。でも3時間はかからないな・・

重役のいぬ間に、得意のハードなコースをガツンとやってください。楽しみにしてます
登録日: 2013/9/16
投稿数: 2176
2018/6/15 22:19
 なかなか行けないエリア
糸魚川…富山に赴任してたこともあるので遠さは肌身に染みております(新幹線未開通でした)。
高山からでも3時間…こっちなら夜叉神や尾白川行くようなものですから近い部類ですね。

私はこの時期の山歩き、山の選定がピント狂いまくりでクソつまらない山ばかり歩いてます。
花の綺麗な山では浅草岳が個人的には辺りでしたが和歌山の山友さんたってのリクエスト…どうも今回の雨飾山のレコ拝見すると山登りの楽しみの半分近く損しているような気分になります。

雪渓歩き、残雪の斜面の下りは要注意ですね、GWの千枚小屋上の斜面で滑って止まらなかったです。
ピッケルや12爪、労を惜しまず投入すべきだと実感しました。

高知の方、素晴らしいですね。
登録日: 2014/1/26
投稿数: 464
2018/6/16 7:35
 トムさん、ありがとうございます
トムさんの山もいいですよ。笹尾根に武甲山、修行僧っぽい趣はありますが感動ものでした

頸城山塊は千葉の自宅からでも尾張の実家からでも5時間越えのドライブです。でも高山のアパートなら3時間。今年はこの山域を楽しみ尽くします

高知の男性、素晴らしいでしょ。下山したら奥さんと露天風呂(混浴)に向かわれるところでした。私は内湯へ行きました。遠慮した訳ではなく、しこたまかいた汗を石鹸、シャンプーで流したかったので。内湯は貸切りで気持ちよかったです。自宅にあれくらいのサイズの温泉を持てたら最高ですね

雨飾山荘はラーメンなど昼食も食べられるんです。駐車場の斜面に一杯生えていたフキを取りに来ていた地元のおばちゃん二人が食べてました。気さくな人たちで一緒にラーメン食べようかと思いましたが、風呂上りで暑くて止めました(蕎麦もあったかな?)

雨の中の登山が何より苦手なので、梅雨明けまでしばらく休止になりそうです。梅雨が明けたら、地の利を生かしたロングなやつを画策しています
登録日: 2011/9/30
投稿数: 209
2018/6/17 21:19
 雨飾山、よさそうですね
雲海に高山植物、山頂からの大展望と、雨飾山はいい山のようですね。
花の種類も多いですよね。花の名前もよくご存じですが、植物図鑑などで調べているんでしょうか?
雨飾山、ちょっと東京からだと遠くて二の足を踏んでしまいますが、そのうち行ってみたいです。
登録日: 2014/1/26
投稿数: 464
2018/6/17 22:21
 Re: 雨飾山、よさそうですね
以前、紅葉シーズンの雨飾山をTVで見て、いつか行ってみたいと思っていました
お花の時期もこんなに素晴らしいとは思わず、いい意味で予想外でした

猿倉までドライブする時間に30分ほど足せば、雨飾高原キャンプ場登山口に行けるのではないかと思います。ぜひ出かけてみてください

花はレコで事前に何が咲いているのかを調べて行きます。知らない花はネットで写真を確認してます(事前、事後)。この年なので、覚えてもすぐに忘れてしまいますが、根気よく覚えていくしかないですね

花の写真をスマホで撮って送ると、AIが名前を回答してくれるアプリを使ったことがあるのですが、高山植物は使えないですね。まだまだ開発途上という感じでした
登録日: 2016/9/24
投稿数: 825
2018/6/18 22:28
 素晴らしいですね
初めまして 地元のものです。

先週末、日本海口から行きましたが中の池で先行の若い男性グループから
「本格的なアイゼンでないと危険。自分たちも軽アイゼンだけど諦めます」と言われ素直に戻りました。

滑落した方がいたんですね。
小谷口は比較的容易ですが日本海口は覚悟がいりますね。
ただし、それに見合う素晴らしいトレイルなので又挑戦したいたと思っています。
登録日: 2014/1/26
投稿数: 464
2018/6/19 8:23
 Re: 素晴らしいですね
はじめましてkibakoさん
頸城山塊の地元とは羨ましいです。本当に素晴らしい山が連なっています

6月9日(土)に雨飾山荘から登られていたんですね。「雨飾山」で検索してもkibakoさんのレコが出てきませんでした(私のレコも山名で検索した時に時々リストに出てこないことがあります。システムの不具合ですかね?)

もしkibakoさんのレコを拝見していたら、雨飾山荘ではなくキャンプ場登山口へ向かっていたかもしれませんでした。雪の状況を事前に情報収集できなかったので、念のためチェーンアイゼンに加えてピッケルと12本爪アイゼンを持って出かけた次第です

若者たちのアドバイスは的確だったと思いますし、それを受け入れて途中で引き返された判断も正解だったと思います。しばらくして雪が解けてしまえば、中の池から上もそこに至るまでの急登と変わりありません(地元の方には釈迦に説法みたいなものですが)

これからも地の利を生かして頸城山塊はもちろん、ちょっとドライブすればアクセスできる栂池や猿倉などから後立山の山などを存分に楽しまれてください

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ