また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1507264 全員に公開 ハイキング 白馬・鹿島槍・五竜

蓮華温泉から朝日岳ピストン

情報量の目安: S
-拍手
日程 2018年06月24日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
6月23日から蓮華温泉への道路(ヒワ平ゲート)が開通した
早朝4時前に到着すると10数台の駐車あり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間9分
休憩
56分
合計
10時間5分
S蓮華温泉04:0004:04蓮華温泉キャンプ場04:14蓮華の森分岐04:27兵馬の平04:46瀬戸川橋04:4805:23ヒョウタン池05:28白高地沢橋06:27花園三角点06:31五輪高原08:41吹上のコル08:4609:17朝日岳09:4910:13吹上のコル11:17五輪高原11:2411:26花園三角点11:2712:12白高地沢橋12:1512:17ヒョウタン池12:52瀬戸川橋12:5713:31兵馬の平13:50蓮華の森分岐13:56蓮華温泉キャンプ場13:5714:03蓮華温泉14:05ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
<蓮華温泉-花園三角点>
夏道。木道スリップ注意。

<花園三角点上水場付近-ぬかるみの道水場>
何箇所か谷筋に残雪あり、かなり斜度がある。小屋関係者がステップを切ってくれたがスリップ注意。登りではピッケルを用いた(アイゼンは脱着が面倒で使用しなかったが、使用したほうが安全だった)。クラックあり注意。

<ぬかるみの道水場-吹上のコル>
ところどころ途切れるが残雪がつながっている。ベンガラでマークされており、ほぼ登山道通り。滑落するような雪質ではないが、上りはアイゼンがあった方が滑らず楽なので装着。

<吹上のコル-山頂手前200m>
夏道。

<山頂手前200m-雪倉分岐>
残雪。山頂は雪なし。
その他周辺情報蓮華温泉。内風呂と露天風呂で800円。露天だけなら500円。
過去天気図(気象庁) 2018年06月の天気図 [pdf]

写真

暗いせいか遠く感じる…
2018年06月24日 04:20撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暗いせいか遠く感じる…
濃い色のハクサンチドリ
2018年06月24日 04:21撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
濃い色のハクサンチドリ
1
ピンクに染まる
2018年06月24日 04:25撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピンクに染まる
サンカヨウかよー
2018年06月24日 04:32撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サンカヨウかよー
4
橋2 先行者はフル装備
2018年06月24日 05:26撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋2 先行者はフル装備
ショウジョウバカマ
2018年06月24日 05:41撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ショウジョウバカマ
ヤマツツジだろうけど丸くない
2018年06月24日 05:48撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマツツジだろうけど丸くない
光の具合がいい 雨飾などの山々
2018年06月24日 06:12撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光の具合がいい 雨飾などの山々
花園三角点手前
2018年06月24日 06:16撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花園三角点手前
ニッコウキスゲ様乱立!
2018年06月24日 06:17撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲ様乱立!
3
花畑越しの雪倉・白馬稜線
2018年06月24日 06:19撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花畑越しの雪倉・白馬稜線
ワタスゲ ボンボン
2018年06月24日 06:20撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワタスゲ ボンボン
2
五輪尾根とコバイケイソウ
2018年06月24日 06:28撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五輪尾根とコバイケイソウ
1
花園三角点あたりを振り返る
2018年06月24日 06:36撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花園三角点あたりを振り返る
ハクサンコザクラかと思ったが、切れ込み浅くユキワリソウかな
2018年06月24日 06:54撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンコザクラかと思ったが、切れ込み浅くユキワリソウかな
4
こんなトラバースが何箇所か
2018年06月24日 07:37撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなトラバースが何箇所か
3
ミヤマキンポウゲか
2018年06月24日 07:56撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマキンポウゲか
吹上のコルが見えてきた
2018年06月24日 08:01撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吹上のコルが見えてきた
1
雪解け水が激しく流れている
スノーブリッジとなって踏み抜かないか戦々恐々
2018年06月24日 08:13撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪解け水が激しく流れている
スノーブリッジとなって踏み抜かないか戦々恐々
クロユリ様発見 上を向いては…くれない
2018年06月24日 08:45撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クロユリ様発見 上を向いては…くれない
3
吹上のコル 富山が見える
2018年06月24日 08:45撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吹上のコル 富山が見える
ミヤマアズマギク
2018年06月24日 08:47撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマアズマギク
3
五輪山を振り返る
2018年06月24日 09:02撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五輪山を振り返る
1
ラスト もうちょい
2018年06月24日 09:05撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラスト もうちょい
これはハクサンコザクラか
2018年06月24日 09:15撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これはハクサンコザクラか
4
着いたー
2018年06月24日 09:16撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着いたー
1
白馬岳方面
2018年06月24日 09:16撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬岳方面
3
毛勝三山
2018年06月24日 09:17撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毛勝三山
遠く白山
2018年06月24日 09:17撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠く白山
ハクサンイチゲ
2018年06月24日 09:58撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲ
2
背の低いハクサンチドリ
2018年06月24日 10:05撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
背の低いハクサンチドリ
1
ウルップソウ
2018年06月24日 10:09撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウルップソウ
2
ステップありがとうございます!!
2018年06月24日 10:41撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ステップありがとうございます!!
1
クラック
2018年06月24日 10:51撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クラック
やっぱり切れ込み小さくユキワリソウ??
2018年06月24日 11:03撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱり切れ込み小さくユキワリソウ??
3
花園三角点下の大群生
2018年06月24日 11:30撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花園三角点下の大群生
温泉じゃーwww
2018年06月24日 13:55撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
温泉じゃーwww
1

感想/記録

冬季には閉鎖されるものの、このあたりの山スキーのアクセスに欠かせない蓮華温泉及びそこまでの林道には入ったことがなかった。
冬に入山するつもりなのに全く土地勘がないのもどうかと思うので、林道開通と同時に入ってみた。

前夜越中境で車中泊。3時45分頃に蓮華温泉駐車場に入った。すでに10数台の車あり。用意して出ていくパーティー2つ。しかしいずれも白馬岳方面のようだった。
自分は朝日岳へ。

朝露に濡れながら涼しい中やや高度を落とし気味に瀬戸川橋方面へ。このあたりにくると雪倉・朝日がピンクに染まってきた。
曇り空なので気温はさほど上がらず12-3度あたりか。快適に登る。

白高地沢橋で本日唯一の登山客に追いつく。テン泊装備・ハーネス装着・ガチャ類ぶら下げてそのまま沢方面に上っていった。その後お見かけせず。
カモシカ坂をひーこらいいながら上がりきって左に折れると…
そこはお花畑だった。さほどお花には思い入れはないものの、これほど咲き乱れてくれるならと写真を撮って回った。

花園三角点上の展望地で一息。

その上には登山道に残雪が乗っかっている。
横着してアイゼンを装着せずピッケルだけで進むが、まだ朝で硬めだったので何度か滑りそうになる。雪質的には大滑落はないとはいえ、歩きやすくするためにアイゼンを装着しても良かったかもしれない。
その後何回か沢筋に雪が溜まっておりやや緊張のあるトラバースを行った。
帰着後、温泉でお話した朝日小屋関係者によれば、昨日入山したパーティーは滑って上がれなくて結局引き返したそう。軽アイゼンでも物足りないと思われる。

高原地図に載っているぬかるみの道の水場はキンキンに冷えて最高に美味しかった。ここで水をたっぷり補給。

水場を過ぎてほどなく残雪が現れる。吹上のコルまでところどころ樹林がでているもののつながっているようだ。急な部分もあるので、ここから10本爪アイゼン装着。まぁなんと歩きやすい。サクサクと進み吹上のコルに到着。
何年か前に吹上のコルを通過したときは、まさに日本海からの爆風が吹き荒れて四つん這いに近い態勢で進んだ。今日はそよ風。暑くなってきたのでもう少し吹き上げてもよかったかも。

ここで休止していたら、頂上方面から5人のパーティが降りてきた。
すれ違いでお話したが、朝日小屋の方々だった。スコップを持っていたので整備にいくところだったらしい。道の状況をお伝えした。

ピークへはすぐ。
途中もお花畑を楽しむ。
最後に200mほど雪が残っているが、ここは先程のパーティのステップをお借りして登った。

ピークは貸し切り。今日は高曇りではあるが、遮るものなく展望を楽しめた。
雪倉を周回して帰ろうか? としばし逡巡したが情報も得ていなかったのでやめた。
冬季にどこを滑るんだろうか?という目線で斜面を眺めながら帰ることにした。

帰りは先程のパーティの作業で残雪にステップが切ってあって、楽させてもらった。
ありがとうございました。
帰りにすれ違った際に二人人数が減っていたが、そのお二人には兵馬ノ平手前で追いついた。少しお話。最後はお風呂でもお話した。
今年は雪は少なめとのことだった。

なお、2つの橋からの登り返しはバテていたのか相当にきつかった。今までにないほどの消耗。
脱水? エネルギー不足?
それなりに補給はしていたのだが…

最後に蓮華温泉で入浴。雪倉朝日展望の湯は最高!
ネタと思って外風呂(黄金の湯)に入ってきたが、虫が多くてこちらは早々に撤退となった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:2076人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ