また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1529711 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

縞枯山・北横岳

日程 2018年07月16日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス、 ケーブルカー等
茅野→麦草峠 バス約1時間
北八ヶ岳ロープウェイ→茅野 バス約1時間
※SUICA、PASMO 対応していません
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち86%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間9分
休憩
41分
合計
4時間50分
S麦草ヒュッテ10:4410:47茶水の池10:58大石峠11:10オトギリ平11:1311:29出逢いの辻11:3011:47五辻(東屋)11:4911:52五辻12:20縞枯茶臼鞍部12:2312:38縞枯山 展望台12:5113:01縞枯山13:20雨池峠13:2113:26縞枯山荘13:40坪庭14:06三ツ岳分岐14:14北横岳ヒュッテ14:28北横岳(南峰)14:3614:40北横岳14:4314:46北横岳(南峰)14:52北横岳ヒュッテ14:5314:56七ツ池14:5915:04三ツ岳分岐15:21坪庭15:2415:34北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅15:34ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特になし
過去天気図(気象庁) 2018年07月の天気図 [pdf]

写真

少しぬかるんでいました
2018年07月16日 10:53撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しぬかるんでいました
苔がきれいです
2018年07月16日 11:50撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔がきれいです
2
平坦だし歩きやすい
2018年07月16日 11:53撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平坦だし歩きやすい
2
山の雰囲気が出てきました
2018年07月16日 12:29撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の雰囲気が出てきました
1
近づけませんが、左側は川になっています
2018年07月16日 13:22撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近づけませんが、左側は川になっています
1
木道を踏み外さないように注意
2018年07月16日 13:31撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道を踏み外さないように注意
1
坪庭の周りだけ溶岩が広がっています
2018年07月16日 13:38撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坪庭の周りだけ溶岩が広がっています
3
坪庭から北横岳へ
2018年07月16日 13:53撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坪庭から北横岳へ
北横岳から見る八ヶ岳
2018年07月16日 14:30撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北横岳から見る八ヶ岳
4
少しアップで。赤岳は目立ちますね
2018年07月16日 14:23撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しアップで。赤岳は目立ちますね
3
こちらは反対側です
2018年07月16日 14:36撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは反対側です
1
七ツ池にも下りてみました
2018年07月16日 14:57撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ツ池にも下りてみました
4

感想/記録

麦草峠のバス停は、麦草ヒュッテの前にあり、茶臼山、縞枯山方面の登山口は、道路を挟んだ反対側になります。

大石峠で早速道を間違えたらしく、茶臼山を巻いてしまう結果になりました。大石峠にはちゃんと道標もあったし、間違えるような場所ではない気がするのですが、何を考えていたのでしょうか?? 気付いたのはオトギリ平に着いたタイミングで、引き返せないこともなかったですが、そのまま茶臼山の西側を回って、縞枯山を目指すことにしました。

五辻まではアップダウンはほとんどありません。ロープウェイ山頂から縞枯山・茶臼山の南西側を通り麦草峠に至るルートなら、坪庭を一周するだけでは物足りないけどキツいのは無理、という方でも楽しめそうです。大石峠からオトギリ平あたりは広い草原が広がっていて、のんびりと歩いてみたくなるような風景です。

さて、五辻の分岐を右に折れてから茶臼山-縞枯山のコルまでは、それなりに登ることになります。まあ茶臼山南東側の登りに比べればラクでしょう(地図でしか見てませんが)。縞枯山手前に、展望台への分岐があります。目の前にデーンと構える茶臼山、遠くには八ヶ岳が望めます。展望「台」といってもただの岩山ですが、そこそこの広さがあり、休憩にもいいです。
一方、縞枯山の山頂は、あまり眺めもよくないのでスルーして、雨池峠に下ります。

雨池峠を左折し、平坦な道を少し進めば、青い屋根が映える縞枯山荘が見えてきます。このあたりは木道が敷かれていますが、板が細いせいか踏み外しそうになります。

さらに進むと、一面が黒い溶岩に囲まれた独特な景観の「坪庭」エリアに突入します。
ロープウェイ山頂駅を起点に周回できるコースが整備されており、そこに合流することになります。まっすぐ進めば山頂駅、北横岳へは右折です。

坪庭を抜けて、急な斜面をつづら折りで登り、一段落すると北横岳ヒュッテに着きます。その先が北横岳で、さらに進めば北峰です。
北横岳からの眺めは良好で、ちょっと遠いですが八ヶ岳と、反対側には蓼科山が見えました。

時間が余っていたので、北横岳ヒュッテから七ツ池へ下りてみました。ヒュッテから数分で着きます。木々に囲まれた静かな場所で、水面に映る景色が綺麗でした。本当は10個ほどの池があるらしいですが、2つ目までしか行けません。

下山は、来た道を坪庭まで戻り、ロープウェイを利用しました。

今回は、行程は短いながらも、いろいろな景色を楽しめました。ただ、前回に続いて、不注意で道を間違えてしまったのは反省すべきところです。事故を起こしてしまう前に、もっと気を引き締めなくてはと思いました。
訪問者数:294人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ