また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1561378 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

蓼科山 大河原峠から周回

日程 2018年08月18日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大河原峠の駐車場は40台くらい泊められます。
朝6時で7〜8割ほどの駐車率でした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間50分
休憩
1時間5分
合計
6時間55分
S大河原峠05:5006:50佐久市最高地点07:10将軍平07:40蓼科山頂ヒュッテ07:40蓼科山07:5508:30蓼科山荘08:4010:00天祥寺原10:30亀甲池11:15双子池ヒュッテ11:4512:20双子山12:3012:45大河原峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ガレているところが多々あります。
特に将軍平から天祥寺原の道はガレガレなので下りでは注意。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 予備靴ひも ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 保険証 携帯 タオル ストック カメラ

写真

大河原峠の駐車場からの眺め。
いい眺めなんだけど、すっかり対猛暑仕様になってしまってる体には寒すぎる…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大河原峠の駐車場からの眺め。
いい眺めなんだけど、すっかり対猛暑仕様になってしまってる体には寒すぎる…
1
まずは将軍平へ向かってハイキング開始!
川のような道を進みます。
今回、他にも水浸し個所がかなりありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは将軍平へ向かってハイキング開始!
川のような道を進みます。
今回、他にも水浸し個所がかなりありました。
1
しばらくはガシガシ登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくはガシガシ登ります。
1
佐久市最高地点、という名もない通過点。
佐久市の最高地点がどこかは知っていても、自分の住んでいる市の最高地点がどこか知りません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
佐久市最高地点、という名もない通過点。
佐久市の最高地点がどこかは知っていても、自分の住んでいる市の最高地点がどこか知りません。
2
将軍平の蓼科山荘。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
将軍平の蓼科山荘。
1
蓼科山に向かう途中の岩急登ゾーン。
なかなか大変だけどとても楽しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山に向かう途中の岩急登ゾーン。
なかなか大変だけどとても楽しい。
1
相変わらず広いなぁ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相変わらず広いなぁ。
3
十分堪能したので下山します。
風が強くて寒いし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十分堪能したので下山します。
風が強くて寒いし。
登ってくる人が続々。
真っ先に蓼科山に行っておいて正解でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってくる人が続々。
真っ先に蓼科山に行っておいて正解でした。
2
将軍平から天祥寺原に向かう。
この道、浮石だらけかつ大きな段差も多く、ここを通過するのが一番疲れました。
去年も歩いたけど、こんなに歩きづらかったかなぁ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
将軍平から天祥寺原に向かう。
この道、浮石だらけかつ大きな段差も多く、ここを通過するのが一番疲れました。
去年も歩いたけど、こんなに歩きづらかったかなぁ。
1
枯れ沢を通ります。
途中、道は枯れ沢を右に逸れた後でまた合流し、そのあと左に逸れていきます。
間違って直進しないよう注意、ですがロープが張ってあるので多分間違えません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
枯れ沢を通ります。
途中、道は枯れ沢を右に逸れた後でまた合流し、そのあと左に逸れていきます。
間違って直進しないよう注意、ですがロープが張ってあるので多分間違えません。
1
やっと天祥寺原に着いた〜。
ここからしばらくは平らでラクチン。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと天祥寺原に着いた〜。
ここからしばらくは平らでラクチン。
1
亀甲池。
ここを右に行けば先月登った北横岳だけど、ここは愛車の待つ左方向へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
亀甲池。
ここを右に行けば先月登った北横岳だけど、ここは愛車の待つ左方向へ。
1
双子池との間に1つピークを越えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双子池との間に1つピークを越えます。
1
ここらへんは苔々していて、苔マニアの方にはたまらんのではないでしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここらへんは苔々していて、苔マニアの方にはたまらんのではないでしょうか。
1
双子池(雌池)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双子池(雌池)。
1
双子池(雄池)。
飲用できるらしいけど、この時期は水面に虫がいっぱい浮かんでいてちょっと厳しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双子池(雄池)。
飲用できるらしいけど、この時期は水面に虫がいっぱい浮かんでいてちょっと厳しい。
1
ここから双子山へは、たまーに平坦なところがあるけど大体登り一辺倒です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから双子山へは、たまーに平坦なところがあるけど大体登り一辺倒です。
しばらくすると、こんなわさわさ道になります。
道の段差が見えにくいのでコケないよう注意。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくすると、こんなわさわさ道になります。
道の段差が見えにくいのでコケないよう注意。
わさわさから出たー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わさわさから出たー
もうひとつの山頂。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうひとつの山頂。
1
さて下山します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて下山します。
1
大河原峠に戻ってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大河原峠に戻ってきました。
1

感想/記録
by bean

ルートは手書きです。

まずは拾い物のことから。
将軍平と蓼科山の間でポーチを拾いました。
チャックから歯ブラシがはみ出ているピンク色のポーチです。
蓼科山荘に預けてきましたので、心当たりの方は蓼科山荘にご連絡ください。

去年も同じルートで歩いたコースのリベンジをしてきました。
リベンジといっても前回完歩できなかったとかお金を落としたとか弁当が不味かったとかそういうことはなく、単に曇ってて景色がイマイチだったというだけのことです。
今回はバッチリ、景色を堪能できました。

やっぱり将軍平からのあの岩々の登りは面白い。あれだけのために今回の山登りをしたと言ったら過言ですが(笑)、目的の大半を占めていたと言えるでしょう。
ただ、登りはいいんだけど下りは、ねぇ。登るだけってできないもんですかね。

家に戻って、腕に虫に刺された跡を何か所も発見しました。
おそらくダニっぽい。
双子山の手前のわさわさゾーンでやられたんじゃないかと思ってますが、真相は如何に。
しっかり長袖を着ていたのに奴らめ、くそうくそう。
訪問者数:153人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

急登 ガレ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ