また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1571560 全員に公開 沢登り日高山脈

2018年度夏メイン1年班北日高 〜トッタベツ・エサオマン界隈を巡る8日間の沢旅〜(戸蔦別川9の沢〜ピパイロ岳〜戸蔦別川本流〜戸蔦別岳〜幌尻岳〜新冠本流〜エサオマン入沢〜エサオマントッタベツ岳〜エサオマントッタベツ川)

日程 2018年08月18日(土) 〜 2018年08月25日(土)
メンバー
 midori428(SL)
 mariaaaaa(CL)
, その他メンバー4人
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

Day1:8/18 晴れ 林道終点(7:40)トッタベツヒュッテ(8:40-9:00)戸蔦別川8の沢出合(15:20)=C1
 崩壊している戸蔦別林道を歩いて、8の沢出合まで行きC1。戸蔦別橋までの林道は橋が落ちていたり、崩壊が激しいものの、踏み跡もしっかりとつけられており問題ない。戸蔦別橋は落ちていて戸蔦別川の右岸から左岸に渡るには渡渉が必要。今回は入山前の連日の雨のため増水しており渡渉できず、右岸の踏み跡を探しながら進めた。不明瞭なところもありRfに時間がかかった。5万図にのっていない昭和の沢林道の橋を渡り戸蔦別川の左岸の林道に乗る。そこからは所々崩壊しているもののエサオマントッタベツ川まで快調な林道。エサオマントッタベツ川を過ぎてからは林道上に植物が生えており、踏み跡を辿りながら8の沢出合まで。快適なテンバ。熊は出没したが…。

Day2:8/19 曇り C1(4:30)稜上(10:05-15)ピパイロ岳(10:45-55)C1(14:15)=C2
 9の沢からピパイロ岳をアタック。C1から河原を歩いて9の沢出合へ。9の沢の下部は滑。傾斜が緩いので快適に登れる。Co960二股から左股を行くと小滝が出てくる。Co1080に2段滝、Co1050付近から右岸草付き斜面を上がりトラバースして落ち口へ。AL2人の力を合わせ会心の捲き。Co1250二股は右股へ行くと、狭いルンゼ状に小滝が連続。1か所お助け垂らし、Mゴボウ。Co1340、1380は右股を行く。途中にピリ辛小滝。トップLが直登して後続にザイル出し、Mプルージック他ゴボウ。藪漕ぎほぼなくピパイロと1730の間の稜線の夏道に出た。ザックデポして夏道を歩きピパイロ岳へ。ガスガス&風で寒い。
 帰りは夏道を1542西コルまで歩き、そこから9の沢右股を下降。特になにもなく快調に下れる。Co960二股からは来た沢を帰り、8の沢出合でC2。

Day3:8/20 晴れ C2(4:30)戸蔦別Bカール(11:25-35)戸蔦別岳(13:05-20)幌尻岳(15:10-20)七ツ沼カール(16:50)=C3
 C2から戸蔦別川本流を遡行。Co1000、Co1120に滝。右岸高捲く。Co1400二股は左股を行く。Co1500の二股は伏流しており分かりづらく、Cカールへ向かう沢に入ってしまう。こちらは水が流れており登りやすい。進む方向が違うので一旦止まってLsで偵察。トラバースして予定の沢型へ戻ることにする。枯れている沢型を詰めてBカールへ出る。水も流れており気持ちの良いところ。おそらくCo1360の二股で左に入ればこの水の流れに辿り着くだろう。
 時間はかかっているが、天気が良く稜上で電波もキャッチできるので予定通り進めることにする。Bカールからガレを詰めて稜上へ。夏道を歩いて戸蔦別岳まで。ピパイロや1940峰、水を湛えた七ツ沼が見え喜び。七ツ沼カールのおりくちにザックをデポして幌尻岳At。遠い。だが晴れた日の稜線歩きは良いものだ。七ツ沼カールに下ってC3。他のパーティーはおらず独占。寒くなかった。

Day4:8/21 曇り C3(6:30)エサオマン入り沢出合(13:00)=C4
 七ツ沼カールから降りると、ガレだが特に問題ない。Co1150〜1100まで函状。へつったり、捲いたり。Co1100〜1040まで巨岩帯。Co1040二股上でab。あとは何もなく、エサオマン入沢出合まで。出合は2016年の台風の影響か、荒れており薪や雁皮が豊富であった。薪・雁皮を集めて翌日の停滞に備える。

Day5:8/22 雨のち曇り C4=C5
 前線が近づき雨、停滞日。明け方雷風雨が激しかったが、次第に弱まり午後になると雨は止んだ。天ぷらが絶品だった。

Day6:8/23 曇りのち晴れ C5(4:40)エサオマン北カール(10:30)=C6
 エサオマン入り沢はCo970二股まで函が2か所。どちらも容易に右岸捲ける。Co1000からは倒木が多い。ブヨ地獄。Co1100に5+2mの滝。トップLで右岸草付き捲いて、ザイル出し後続はプルージックで左岸を捲いた。Co1420二股は右股を行き北カールへ。時間によっては北東カールまで進めるつもりであったが、時間が微妙且つ諸事情により北カールにてC5。薪集めの最中にMが膝を痛める。電波は携帯によって入ったり入らなかったり。翌日の偵察のため、LとALで稜線近くまでルンゼを行った。北カールは雪渓が少し残っており水も流れていた。天気も午後は良くなりカール泊を楽しめた。

Day7:8/24 晴れのち霧雨 C6(5:30)エサオマントッタベツ岳(6:50-7:10)北東カール(10:05)山スキー沢出合(11:45-12:00)エサオマントッタベツ橋(15:40)=C7
 朝の時点でMの膝の痛みが引かないのでエスケープすることに決める。状態が分かっているエサオマントッタベツ川のエスケープのほうが新冠側のエスケープより確実で、救助しやすいと考えエサオマンをのっこして下ることにする。Mの荷物は分担して持ち出発。北カールから昨日偵察したガレと岩のルンゼを行く。ホールドスタンスあり、またブッシュ近いので問題なくいけた。No藪漕ぎで北カール寄りの踏み跡へ。踏み跡を歩いていくと稜上に出て反対側の日高の山々が丸見え。一同感動。エサオマントッタベツ岳で最後の景色を楽しむ。
 エサオマントッタベツ岳からはJPの少し東まで踏み跡を辿り北東カールへ下る。ガスってきた。カールへの下りは急でガレておりやはり落石がこわい。1か所abして北東カールへ。ガスガス。北東カールからの下りは上部滑、捲きも明瞭で問題ない。それ以降は何もなく、山スキー沢出合へ。エサオマントッタベツ橋まで下りられそうなので今日中に下すことにする。ひたすら河原歩き。適当なところから右岸の廃道の踏み跡にのり橋まで。去年と同じく橋の下でC7。快適ラストテンバ。

Day8:8/25 雨 C7(5:25)林道終点(9:35)
 1日目に来た道を帰りデポしたデリカまで。帯広、オベリベリ温泉&はげ天へ。
その他周辺情報温泉:オベリベリ温泉
ご飯:はげ天
過去天気図(気象庁) 2018年08月の天気図 [pdf]

写真

1日目(8/18) ここから、はじまる
荷物は重いが、晴れて清々しい林道歩き。
トッタベツ林道は2016年の台風の影響で崩壊しているが、去年よりは踏み跡がはっきりしたような?
2018年08月18日 07:40撮影 by MODEL_V3, MAKE_V3
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1日目(8/18) ここから、はじまる
荷物は重いが、晴れて清々しい林道歩き。
トッタベツ林道は2016年の台風の影響で崩壊しているが、去年よりは踏み跡がはっきりしたような?
トッタベツ川8の沢出合い
快適なテンバだった。夕方、熊が出没…
2018年08月18日 15:30撮影 by MODEL_V3, MAKE_V3
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トッタベツ川8の沢出合い
快適なテンバだった。夕方、熊が出没…
2日目(8/19) 9の沢からピパイロ岳At
下部は滑、快調。
2018年08月19日 05:17撮影 by MODEL_V3, MAKE_V3
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目(8/19) 9の沢からピパイロ岳At
下部は滑、快調。
小滝を登っていく。
2018年08月19日 05:33撮影 by MODEL_V3, MAKE_V3
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小滝を登っていく。
Co1080の2段滝を高捲く。
2018年08月19日 06:13撮影 by MODEL_V3, MAKE_V3
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Co1080の2段滝を高捲く。
高捲きもう少しで終了。
2018年08月19日 06:15撮影 by MODEL_V3, MAKE_V3
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高捲きもう少しで終了。
ぼやけてしまったが、こんな感じの登りが続く。
大体は快適に登っていけるが、滝の登りに不慣れなMがいたら苦労しそう。
2018年08月19日 07:42撮影 by MODEL_V3, MAKE_V3
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぼやけてしまったが、こんな感じの登りが続く。
大体は快適に登っていけるが、滝の登りに不慣れなMがいたら苦労しそう。
ガスガスのピパイロ岳ピーク…今メイン初ピーク!
帰りは9の沢右股を下降、こちらは何もなく快適に下れた。
2018年08月19日 10:48撮影 by MODEL_V3, MAKE_V3
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスガスのピパイロ岳ピーク…今メイン初ピーク!
帰りは9の沢右股を下降、こちらは何もなく快適に下れた。
3日目(8/20) 戸蔦別川本流遡行
天気よし、気持ち良し
2018年08月20日 07:11撮影 by MODEL_V3, MAKE_V3
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3日目(8/20) 戸蔦別川本流遡行
天気よし、気持ち良し
1
青空の下で遡行
2018年08月20日 07:54撮影 by MODEL_V3, MAKE_V3
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空の下で遡行
1
Bカール到着
小川が流れて気持ちの良いカールだった。
泊まりたいぐらいだが本日の晴れを利用して七ツ沼へ進める。
2018年08月20日 11:32撮影 by MODEL_V3, MAKE_V3
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Bカール到着
小川が流れて気持ちの良いカールだった。
泊まりたいぐらいだが本日の晴れを利用して七ツ沼へ進める。
1
Bカールでちょっぴり休憩
2018年08月20日 11:32撮影 by MODEL_V3, MAKE_V3
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Bカールでちょっぴり休憩
Bカールから稜線へ、登る。
2018年08月20日 12:24撮影 by MODEL_V3, MAKE_V3
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Bカールから稜線へ、登る。
戸蔦別岳ピーク!まだ元気
2018年08月20日 13:21撮影 by MODEL_V3, MAKE_V3
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸蔦別岳ピーク!まだ元気
幌尻を望みながら稜線歩き
遠い…
2018年08月20日 13:34撮影 by MODEL_V3, MAKE_V3
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幌尻を望みながら稜線歩き
遠い…
幌尻岳ピーク!疲れが見える
2018年08月20日 15:22撮影 by MODEL_V3, MAKE_V3
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幌尻岳ピーク!疲れが見える
水を湛えた七ツ沼、美しい。
2018年08月20日 16:10撮影 by MODEL_V3, MAKE_V3
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水を湛えた七ツ沼、美しい。
七ツ沼のとある沼のほとりから
2018年08月20日 17:16撮影 by MODEL_V3, MAKE_V3
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ツ沼のとある沼のほとりから
4日目(8/21) 沼と朝焼け
2018年08月21日 04:31撮影 by MODEL_V3, MAKE_V3
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4日目(8/21) 沼と朝焼け
1
巨岩帯でab
ボルダりたいMが一名。
2018年08月21日 10:57撮影 by MODEL_V3, MAKE_V3
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨岩帯でab
ボルダりたいMが一名。
エサオマン入沢出合い
台風の影響が甚だしい。自然の恐ろしさを実感、おかげで薪や雁皮は豊富であったが
5日目(8/22)はここで停滞
2018年08月22日 17:17撮影 by MODEL_V3, MAKE_V3
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エサオマン入沢出合い
台風の影響が甚だしい。自然の恐ろしさを実感、おかげで薪や雁皮は豊富であったが
5日目(8/22)はここで停滞
6日目(8/23) エサオマン入沢を遡行
ブヨが多い…
2018年08月23日 09:16撮影 by MODEL_V3, MAKE_V3
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6日目(8/23) エサオマン入沢を遡行
ブヨが多い…
エサオマン北カールへ向かう
2018年08月23日 09:50撮影 by MODEL_V3, MAKE_V3
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エサオマン北カールへ向かう
エサオマン北カール、到着。
2018年08月23日 10:24撮影 by MODEL_V3, MAKE_V3
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エサオマン北カール、到着。
北カールから稜線まで、偵察中
良い。
2018年08月23日 13:58撮影 by MODEL_V3, MAKE_V3
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北カールから稜線まで、偵察中
良い。
1
7日目(8/24) 北カールからエサオマントッタベツ岳へ向かう
昨日偵察したガレと岩のルンゼを行く。
2018年08月24日 05:31撮影 by MODEL_V3, MAKE_V3
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7日目(8/24) 北カールからエサオマントッタベツ岳へ向かう
昨日偵察したガレと岩のルンゼを行く。
スタンス、ホールドはある。
2018年08月24日 05:56撮影 by MODEL_V3, MAKE_V3
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタンス、ホールドはある。
北カールとピパイロ・戸蔦別・幌尻…歩いてきたところが見えて嬉しい
2018年08月24日 06:20撮影 by MODEL_V3, MAKE_V3
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北カールとピパイロ・戸蔦別・幌尻…歩いてきたところが見えて嬉しい
1
稜線挟んで南側、日高の山々を望む
素晴らしい景色であった。
2018年08月24日 06:37撮影 by MODEL_V3, MAKE_V3
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線挟んで南側、日高の山々を望む
素晴らしい景色であった。
エサオマントッタベツ岳ピーク!
景色を堪能
2018年08月24日 06:53撮影 by MODEL_V3, MAKE_V3
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エサオマントッタベツ岳ピーク!
景色を堪能
1
エサオマン北東カールは安定のガス。
L、3度目なのにここではいつもこの景色…晴れたら美しいのだろうな。
2018年08月24日 10:06撮影 by MODEL_V3, MAKE_V3
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エサオマン北東カールは安定のガス。
L、3度目なのにここではいつもこの景色…晴れたら美しいのだろうな。
8日目(8/25) 雨の中、エサオマントッタベツ川出合から1日目歩いた道を帰る
写真、下れなかったピリカペタヌ沢川。でも良い沢旅でした
2018年08月25日 08:23撮影 by MODEL_V3, MAKE_V3
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8日目(8/25) 雨の中、エサオマントッタベツ川出合から1日目歩いた道を帰る
写真、下れなかったピリカペタヌ沢川。でも良い沢旅でした

感想/記録

2018年度夏メイン1年班北日高
夏メインで北日高は3回目、ようやく天気の良い日にのっこせた。ガスガスじゃなかった。寒さで震えることもなかった。晴れたカール、そして日高の展望は素晴らしいものであった。予定の札内岳のっこしはできなかったが、1At・2のっこし・8日間と1年班として良い沢旅になったと思う。
訪問者数:122人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ