また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1575865 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 槍・穂高・乗鞍

燕岳

情報量の目安: B
-拍手
日程 2018年09月02日(日) ~ 2018年09月03日(月)
メンバー , その他メンバー2人
天候晴(時々 霧)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中房温泉駐車場に停める。8時の到着時点で空きは第三駐車場のみ。台風の接近がなければ、第三も満車だった可能性有。なお、車道にあるゲート前で係員より、第三駐車場ならば空いていると事前に話があったため、林道を走り駐車場を目指した。ハイシーズンは穂高駅よりバス利用が無難か。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち73%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間2分
休憩
1時間29分
合計
6時間31分
S有明荘08:2508:39中房温泉登山口08:4909:26第1ベンチ09:2910:03第2ベンチ10:31第3ベンチ10:3211:16富士見ベンチ11:1711:41合戦小屋12:2012:36合戦山(合戦沢ノ頭)12:3713:07ベンチ13:0813:14燕山荘13:3414:06いるか岩14:21めがね岩14:2214:27燕岳14:3714:40めがね岩14:4114:50いるか岩14:5114:56燕山荘
2日目
山行
4時間33分
休憩
43分
合計
5時間16分
燕山荘07:1707:25いるか岩07:2607:40めがね岩07:4107:46燕岳07:4708:03北燕岳08:0408:21燕岳08:27めがね岩08:38いるか岩08:42燕山荘09:0209:11ベンチ09:35合戦山(合戦沢ノ頭)09:47合戦小屋09:4910:16富士見ベンチ10:36第3ベンチ10:4111:25第2ベンチ11:3611:58第1ベンチ12:18中房温泉登山口12:1912:33有明荘12:33ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
頂上直下に鎖場が一カ所あるが、危険性は低い。登山道も整備されおり、道間違いなどの心配はない。
その他周辺情報有明荘の日帰り入浴は泉質もよく広い。
過去天気図(気象庁) 2018年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ(2) Tシャツ(1) ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS(スマートフォン) 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 携帯 時計 サングラス タオル ナイフ

感想/記録

燕岳から常念岳まで縦走の予定だったが、台風の接近が予想されたため、燕岳往復に計画変更。中腹ではガスも出たが、山頂付近は概ね晴れ、深夜には星空も見ることができた。
燕山荘では、夕食時に赤沼燕山荘社長のプレゼンとホルンをきく。プレゼンは、山に登るときの基本的な注意事項から燕山荘周辺の自然の話多岐にわたる内容。以下、記憶に残った内容を覚書。

・6月、10月は積雪がある。軽装での登山は危険。この時期事故が多い。
・合戦小屋から上が樹林限界。冬場は強風になることも。樹林限界を抜ける前にザックを開ける必要がない状況(一枚多く着る、行動食を食べる)が重要。
・風が吹くと低体温症の危険が急激に高まる。体を濡らさないことが重要。雨はもちろんのこと、汗をかかないペースで行動する(中坊温泉で雨→山頂付近で風、の場合は登山を中止する)。
・コマクサは芽吹いてから数年は花をつけない。そのため、どこで芽吹いているのかわからない。結果、踏み荒らされたしまい、激減した。近年は登山道にロープを張ったことにより回復傾向。登山道以外を歩かないことが重要。

再訪したい。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:439人

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

鎖場 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ