また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1613205 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 志賀・草津・四阿山・浅間

浅間山【浅間登山口BS→前掛山→高峰高原ホテル前BS】

情報量の目安: S
-拍手
日程 2018年10月14日(日) ~ 2018年10月15日(月)
メンバー
天候■10月14日→晴れ
■10月15日→曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
■ジェイアールバス関東 新宿〜佐久・小諸・高峰高原
http://time.jrbuskanto.co.jp/bk05020.html
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち49%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
1時間5分
休憩
0分
合計
1時間5分
S浅間登山口バス停14:1715:22浅間山荘登山口
2日目
山行
6時間24分
休憩
1時間28分
合計
7時間52分
浅間山荘登山口06:1606:49一ノ鳥居06:5007:07二ノ鳥居07:1308:07浅間火山館08:3008:35湯ノ平分岐08:49賽の河原分岐09:34立入禁止告示板09:53前掛山09:5510:09立入禁止告示板10:40賽の河原分岐10:52湯ノ平分岐10:57浅間火山館11:4911:55湯ノ平分岐12:55トーミの頭12:5913:08槍ヶ鞘13:40コマクサ展望台13:57車坂山14:08車坂峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年10月の天気図 [pdf]

写真

■写真1 - 浅間登山口BS
新宿から高速バスに揺られて、乗換なしで到着。
この界隈で唯一のテン場、浅間山荘を目指します。
2018年10月14日 14:19撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真1 - 浅間登山口BS
新宿から高速バスに揺られて、乗換なしで到着。
この界隈で唯一のテン場、浅間山荘を目指します。
■写真2
4kmほどダートをダラダラと歩きます。
因みに例の浅間山荘は、全然違う場所なんだとか。
2018年10月14日 14:37撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真2
4kmほどダートをダラダラと歩きます。
因みに例の浅間山荘は、全然違う場所なんだとか。
1
■写真3 - 浅間山荘
運が良ければミニ豚?のルイスくんに会えます。
独特の赤い温泉に浸かり、割高なテントサイトで夜を過ごします。
2018年10月14日 15:24撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真3 - 浅間山荘
運が良ければミニ豚?のルイスくんに会えます。
独特の赤い温泉に浸かり、割高なテントサイトで夜を過ごします。
1
■写真4 - 浅間温泉
お早うございます。2日目の朝です。
山荘奥の鳥居から出発しましょう。
2018年10月15日 06:17撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真4 - 浅間温泉
お早うございます。2日目の朝です。
山荘奥の鳥居から出発しましょう。
■写真5
山荘のすぐ裏を流れる沢は、錆色に赤く。
火山らしく炭酸ガスが多く含まれるようです。
2018年10月15日 06:21撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真5
山荘のすぐ裏を流れる沢は、錆色に赤く。
火山らしく炭酸ガスが多く含まれるようです。
1
■写真6
暫くは沢沿いの林道を、緩やかに登ります。
体を暖めるには、充分すぎるほどの時間です。
2018年10月15日 06:49撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真6
暫くは沢沿いの林道を、緩やかに登ります。
体を暖めるには、充分すぎるほどの時間です。
■写真7 - 一ノ鳥居
ここから、不動滝コースと山側コースに別れます。
距離の短い不動滝コースが人気でしょうか。
2018年10月15日 06:51撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真7 - 一ノ鳥居
ここから、不動滝コースと山側コースに別れます。
距離の短い不動滝コースが人気でしょうか。
■写真8
渡渉を繰り返すうちに、段々と沢の色がクリアに。
でも、飲料には適さないような濁りっぷり。
2018年10月15日 06:53撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真8
渡渉を繰り返すうちに、段々と沢の色がクリアに。
でも、飲料には適さないような濁りっぷり。
■写真9 - 不動滝
沢沿い歩きの終わりを告げる、二段の滝。
ここから山肌を登り詰めます。
2018年10月15日 07:11撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真9 - 不動滝
沢沿い歩きの終わりを告げる、二段の滝。
ここから山肌を登り詰めます。
■写真10 - ニノ鳥居
どこ?と思って暫く見渡してしまいました。
樹に同化するように、朽ちた鳥居が凭れかかっていました。
2018年10月15日 07:16撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真10 - ニノ鳥居
どこ?と思って暫く見渡してしまいました。
樹に同化するように、朽ちた鳥居が凭れかかっていました。
■写真11 - 中開霊神の石碑
背の高い樹木が減り、視界が開けてきました。
同時に、牙を剥くような外輪山も姿を現します。
2018年10月15日 07:50撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真11 - 中開霊神の石碑
背の高い樹木が減り、視界が開けてきました。
同時に、牙を剥くような外輪山も姿を現します。
■写真12
屹立する姿は、断崖絶壁そのもの。
トーミの頭の南稜でしょうか。
2018年10月15日 07:56撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真12
屹立する姿は、断崖絶壁そのもの。
トーミの頭の南稜でしょうか。
1
■写真13
時を同じくして、浅間山の山頂も捉えます。
まだ随分と遠くに見えますね。
2018年10月15日 08:04撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真13
時を同じくして、浅間山の山頂も捉えます。
まだ随分と遠くに見えますね。
1
■写真14
烏帽子のような立ち姿は、牙山?
さすがにヤマレコの登頂記録は無いようです。
2018年10月15日 08:05撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真14
烏帽子のような立ち姿は、牙山?
さすがにヤマレコの登頂記録は無いようです。
1
■写真15
強烈な硫黄臭が立ち込める、沢筋のような渡渉。
思わずタオルで鼻を覆うほどの刺激臭でした。
2018年10月15日 08:06撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真15
強烈な硫黄臭が立ち込める、沢筋のような渡渉。
思わずタオルで鼻を覆うほどの刺激臭でした。
■写真16 - 火山館
程なくして休憩適地に到着します。
ここにザックをデポして、最低限の装備でピストンします。
2018年10月15日 08:11撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真16 - 火山館
程なくして休憩適地に到着します。
ここにザックをデポして、最低限の装備でピストンします。
1
■写真17 - 火山館
水は汲めるようですが、注意書きが。
気になるなら、浅間山荘から担ぐしかありません。
2018年10月15日 08:12撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真17 - 火山館
水は汲めるようですが、注意書きが。
気になるなら、浅間山荘から担ぐしかありません。
■写真18
樹林帯がオレンジ色に変わり始めると、眼前に聳えるラスボス。
逃げも隠れもしない、威風堂々とした佇まいがあります。
2018年10月15日 08:58撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真18
樹林帯がオレンジ色に変わり始めると、眼前に聳えるラスボス。
逃げも隠れもしない、威風堂々とした佇まいがあります。
4
■写真19
地図にある通り、悪天候時は強風が吹き荒れます。
10月以降は冬シーズンの装備があっても大袈裟ではないです。
2018年10月15日 09:09撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真19
地図にある通り、悪天候時は強風が吹き荒れます。
10月以降は冬シーズンの装備があっても大袈裟ではないです。
■写真20 - 立入禁止警告板
ロープを潜って先に行く人もいるみたいですが。
自己責任ではありません、記載の通り立入禁止です。
2018年10月15日 09:36撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真20 - 立入禁止警告板
ロープを潜って先に行く人もいるみたいですが。
自己責任ではありません、記載の通り立入禁止です。
1
■写真21
立入禁止警告板を右折して、すぐにシェルターがあります。
この程度の壁で、御嶽山レベルの噴火を凌げるか疑問。
2018年10月15日 09:39撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真21
立入禁止警告板を右折して、すぐにシェルターがあります。
この程度の壁で、御嶽山レベルの噴火を凌げるか疑問。
■写真22
遮るものは何もない、前掛山に至るレッドカーペット。
待ち侘びた人も多かったのでしょう。
2018年10月15日 09:46撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真22
遮るものは何もない、前掛山に至るレッドカーペット。
待ち侘びた人も多かったのでしょう。
1
■写真23
本当の山頂付近をズームで狙います。
ブル道みたいな跡が確認できました。
2018年10月15日 09:51撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真23
本当の山頂付近をズームで狙います。
ブル道みたいな跡が確認できました。
■写真24
登頂できないのが悔しくて、もっとズームで。
ガスではない煙が、今なお舞い上がっていました。
2018年10月15日 09:51撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真24
登頂できないのが悔しくて、もっとズームで。
ガスではない煙が、今なお舞い上がっていました。
■写真25 - 前掛山
強風の中、暫定山頂に立ちました。
じっとしていると、体温を奪われる寒さです。
2018年10月15日 09:55撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真25 - 前掛山
強風の中、暫定山頂に立ちました。
じっとしていると、体温を奪われる寒さです。
4
■写真26 - 前掛山
地図にある三角点方面も、また立入禁止。
本当に三角点があるのでしょうか。
2018年10月15日 09:57撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真26 - 前掛山
地図にある三角点方面も、また立入禁止。
本当に三角点があるのでしょうか。
1
■写真27
壁のように立ちはだかる外輪山と、最奥は薄っすらと北ア。
晴れていれば、名峰たちが一望できたでしょう。
2018年10月15日 09:59撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真27
壁のように立ちはだかる外輪山と、最奥は薄っすらと北ア。
晴れていれば、名峰たちが一望できたでしょう。
4
■写真28
寒いので、山頂の滞在時間は一瞬でした。
雲海から覗くのは四阿山と、その奥に火打山・妙高山。
2018年10月15日 10:03撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真28
寒いので、山頂の滞在時間は一瞬でした。
雲海から覗くのは四阿山と、その奥に火打山・妙高山。
2
■写真29
立入禁止警告板を軽快に通り過ぎて、下山します。
意外と軽装の人とか居て、大丈夫だったかな…。
2018年10月15日 10:22撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真29
立入禁止警告板を軽快に通り過ぎて、下山します。
意外と軽装の人とか居て、大丈夫だったかな…。
3
■写真30
紅葉の時期、黄金色に染まるカルデラ地帯。
やや見頃は過ぎた感がありますが、充分でしょう。
2018年10月15日 10:34撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真30
紅葉の時期、黄金色に染まるカルデラ地帯。
やや見頃は過ぎた感がありますが、充分でしょう。
6
■写真31
さらに下って、紅葉の主のカラマツの樹林帯に潜ります。
日本の針葉樹では、唯一の落葉樹なんだそうです。
2018年10月15日 10:40撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真31
さらに下って、紅葉の主のカラマツの樹林帯に潜ります。
日本の針葉樹では、唯一の落葉樹なんだそうです。
2
■写真32
葉はすっかり落ちてしまったナナカマド。
冬の時期、鳥たちの貴重な食料になるのでしょう。
2018年10月15日 10:48撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真32
葉はすっかり落ちてしまったナナカマド。
冬の時期、鳥たちの貴重な食料になるのでしょう。
2
■写真33
散布の準備が整ったか、マルバダケブキの綿毛。
この様相になると、やっと可愛いと思えるようになります。
2018年10月15日 10:52撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真33
散布の準備が整ったか、マルバダケブキの綿毛。
この様相になると、やっと可愛いと思えるようになります。
3
■写真34
火山館で一休みして、見上げる外輪山。
テン泊装備を背負って、ここを登るのか…。
2018年10月15日 12:00撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真34
火山館で一休みして、見上げる外輪山。
テン泊装備を背負って、ここを登るのか…。
3
■写真35
振り返れば、浅間山がドーン…のはずでしたが。
段々とガスに覆われてきてしまいました。
2018年10月15日 12:16撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真35
振り返れば、浅間山がドーン…のはずでしたが。
段々とガスに覆われてきてしまいました。
4
■写真36
外輪山もガスに覆われてきました。
この分だと黒斑山からの眺望もダメでしょう。
2018年10月15日 12:24撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真36
外輪山もガスに覆われてきました。
この分だと黒斑山からの眺望もダメでしょう。
1
■写真37
岩と岩の間を潜るように、登山道は作られています。
九十九折で登るので、そこまで急峻ではないです。
2018年10月15日 12:28撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真37
岩と岩の間を潜るように、登山道は作られています。
九十九折で登るので、そこまで急峻ではないです。
■写真38
単調な登りにあって、唯一のスパイス的な岩稜登り。
重心さえ気を付ければ、テント担いでいても問題ありません。
2018年10月15日 12:32撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真38
単調な登りにあって、唯一のスパイス的な岩稜登り。
重心さえ気を付ければ、テント担いでいても問題ありません。
2
■写真39
外輪山の稜線まで登り上げました。
ガスで眺望がないので、黒斑山ピストンは止めて下山します。
2018年10月15日 12:56撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真39
外輪山の稜線まで登り上げました。
ガスで眺望がないので、黒斑山ピストンは止めて下山します。
■写真40 - トーミの頭
休憩したいところですが、風の通り道でした。
体が冷えるほうが怖いので、休むことなく下山します。
2018年10月15日 12:58撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真40 - トーミの頭
休憩したいところですが、風の通り道でした。
体が冷えるほうが怖いので、休むことなく下山します。
■写真41
歩きやすそうな中コースが人気のようですね。
早く下山しても仕方ないので、敢えての表コースで。
2018年10月15日 13:05撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真41
歩きやすそうな中コースが人気のようですね。
早く下山しても仕方ないので、敢えての表コースで。
■写真42 - 槍ヶ鞘
槍の鞘…そんな急峻な感じもしないのですが。
浅間山方面には、それらしい岩稜も見えましたが。
2018年10月15日 13:08撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真42 - 槍ヶ鞘
槍の鞘…そんな急峻な感じもしないのですが。
浅間山方面には、それらしい岩稜も見えましたが。
1
■写真43
ぽつんと建つ避難小屋のようなシェルター。
中にある機械は、なにか計測しているのでしょうか。
2018年10月15日 13:12撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真43
ぽつんと建つ避難小屋のようなシェルター。
中にある機械は、なにか計測しているのでしょうか。
■写真44
確かに「荒れている」との立て看板はありましたけど。
何年も踏まれたようで、修復するつもりは無いようです。
2018年10月15日 13:15撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真44
確かに「荒れている」との立て看板はありましたけど。
何年も踏まれたようで、修復するつもりは無いようです。
■写真45
いつの間にか、急坂のガレ場を過ぎていたようです。
眼下の左手が、ゴールとなる高峰高原ホテルですね。
2018年10月15日 13:41撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真45
いつの間にか、急坂のガレ場を過ぎていたようです。
眼下の左手が、ゴールとなる高峰高原ホテルですね。
■写真46 - 高峰高原ホテル前BS
下山したら、そのまま日帰り入浴にダイブです。
平日の貸切状態の風呂と、ラウンジの生ビールは格別でした。
2018年10月15日 14:11撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真46 - 高峰高原ホテル前BS
下山したら、そのまま日帰り入浴にダイブです。
平日の貸切状態の風呂と、ラウンジの生ビールは格別でした。
2
撮影機材:

感想/記録
by SuSE

噴火レベルが1に下がり、前掛山まで行けるようになった浅間山。
ちょうど紅葉の頃合い、登れる時に登ることにしましょう。

本当は別の山に登る計画でしたが、アクシデント発生で急遽変更します。
またの機会に挑戦することにしましょう。


■浅間登山口BS→浅間山荘
新宿から高速バス1本で行ける便利さ。
バス停からは1時間ほどダラダラ歩きます。

テン場は1人1張りでも2,000円プラス消費税。
日帰り入浴は割引になりますが、にしても強気です。


■浅間山荘→前掛山→高峰高原ホテル前BS
急ぐ行程ではないので、明るくなるのを待ってから出発します。
どんよりと重たい雲ですが、果たしてヤマテン予報は当たるのか。

浅間山荘脇の登山道から、沢沿いの林道でウォーミングアップ。
不動滝まで沢筋を詰めたら、山腹を登り二の鳥居へ。

樹林帯を暫く登り、強烈な硫黄臭が漂う谷を抜けると火山館です。
今回は草すべり経由で車坂峠へ抜けるので、ここにザックをデポ。


ただし、浅間山の山腹は強風に晒される時があるので寒さ対策を。
樹林帯を抜けると、一気に吹きっ晒しの世界に入ります。

変わり映えに乏しい浅間山の山腹を、粛々と登っていきます。
幸いにも眺望はいいので、景色を楽しみながら登れます。

立入禁止警告板を右折して、すぐに2基のかまぼこ型シェルターがあります。
御嶽山噴火の様子を見ていると、こんなので回避できるか疑問ですが。

シェルターから火口の縁をひと登りして、前掛山に着きます。
浅間山の山頂は立入禁止なので、ここを登頂とみなして喜びましょう。


そうは言っても、この日は風が強くて体温を奪われるので下山開始です。
そそくさと火山館まで戻って、早いランチにしました。

テン泊装備を担ぎ直して、湯ノ平口から草すべり経由で車坂峠を目指します。
見上げるほどに険しく聳え立つ外輪山、ホントにここを登るのか。

急登の九十九折を喘ぎながら登りますが、キツいだけで難所は無いかも。
振り返れば浅間山の全貌が聳えるはずですが、いつの間にかガスの中に。

ついでに黒斑山も踏もうと考えていたのですが、浅間山が見られないのならパス。
表コースはアップダウンがあるものの、西側への眺望が開ける場面もあり良かったです。

バス待ちの時間は、高峰高原ホテルの日帰り入浴を利用することに。
湯上りにラウンジで生ビールを飲みながら、ゆっくり過ごしました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:3114人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ