また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1696827 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

初冬の鷹取山-倉子峠-生藤山:ふぬけ正月で藤野駅周回ならず

日程 2019年01月04日(金) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
電車バス
往:藤野駅
復:和田バス停15:47→16:01藤野駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち67%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間46分
休憩
1時間20分
合計
9時間6分
S藤野駅06:2506:38藤野神社06:5007:14岩戸山07:1907:43小渕山07:4508:01ヤキバ(第六天)08:20牛尾根08:40鷹取山09:0409:17金比羅山09:22鷹取山登山口09:2509:59倉子峠10:0311:33佐野川峠11:3612:25三国山12:3712:43生藤山12:4413:01茅丸13:0713:26連行峰13:2713:53山ノ神14:00大蔵里山14:43醍醐峠14:4815:13醍醐峠登山口15:19和田尾根登山口15:2015:27和田第二尾根登山口15:2815:31和田バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
〇藤野駅〜岩戸山〜鷹取山〜鷹取山登山口(沢井):一般登山道。道標完備、登山道も良く整備されています。何箇所か鋭角に曲がるところがありますが、道標をしっかり見ていれば全く問題ありません。使いませんでしたが、ほとんどのピークに巻き道があります。
 今回このルートは3度目、正月でふやけきった体に藤野神社の幅狭・長・急石段は堪えるので、右手の方からやや不鮮明な踏み跡を辿って、神社左側に出てきました。正規のルートの方がずーっと楽でした。
〇鷹取山登山口〜倉子峠:昭文社地図にルート記載はありませんが、地理院地図を頼りに行きます。ずっと車道(生活道路)です。
下記レコを参照して下さい。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1278945.html
今回は曲がりくねった車道を短絡すべく鷹取山登山口前の老人ホーム「銀の館」左方から447m峰越えを画策しましたが、藪漕ぎでやっと出た車道の先の急勾配を登り切れず、すごすご車道に復帰しました。
〇倉子峠〜佐野川峠:昭文社地図にルート記載はありません。地理院地図に見るとおり道が四通八達していますが、踏み跡・ピンクテープがあり、尾根を忠実に辿れば大丈夫です。間違えると早めに集落に降ろされてしまいます。
猟犬2頭を連れた猟師さんに遭遇。熊の情報があったそうで、鈴、特にラジオを勧められました。慌てて鈴を装着しました。
漁師さん達と別れて少し経ったころ、バシューン…と樹々を震わせるような大音が響き渡りました。ふるえました。
〇佐野川峠〜三国山〜生藤山〜醍醐峠〜和田バス停:一般登山道。
甘草水のベンチ&テーブルで休んでいたら、また猟師さんが通りかかりました。対イノシシだそうです。
過去天気図(気象庁) 2019年01月の天気図 [pdf]

写真

ラブレターが見える藤野駅を日の出前スタートです。
2019年01月04日 06:27撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラブレターが見える藤野駅を日の出前スタートです。
陣馬登山口へはこのトンネルを潜りますが、藤野町十五名山岩戸山…へは、ここを右にちょっと行った
2019年01月04日 06:31撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陣馬登山口へはこのトンネルを潜りますが、藤野町十五名山岩戸山…へは、ここを右にちょっと行った
1
このショボイトンネルで中央自動車道を潜ります。
2019年01月04日 06:32撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このショボイトンネルで中央自動車道を潜ります。
正月明けの腑抜けにこの長急石段は酷なので、神社右手から楽して…と思ったのが大間違い。正規ルートの方が心身共にグーンと楽でした。
2019年01月04日 06:53撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正月明けの腑抜けにこの長急石段は酷なので、神社右手から楽して…と思ったのが大間違い。正規ルートの方が心身共にグーンと楽でした。
1
藤野神社で安全祈願して出発です。
2019年01月04日 06:53撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤野神社で安全祈願して出発です。
朝日に照らされて、気持ちいい!!
2019年01月04日 07:02撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日に照らされて、気持ちいい!!
2
左手(南)には大室山・檜洞丸・蛭ヶ岳、その前に峰山、またその前にはラブレターのある京塚山。
2019年01月04日 07:11撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手(南)には大室山・檜洞丸・蛭ヶ岳、その前に峰山、またその前にはラブレターのある京塚山。
2
大室山の右に道志山塊、その前に前道志の倉岳山・高畑山
2019年01月04日 07:11撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大室山の右に道志山塊、その前に前道志の倉岳山・高畑山
1
岩戸山手前17号鉄塔から。遠景:蛭ヶ岳・大室山、中景:倉岳山・高畑山、前景右端のとんがりは鶴島御前山。最奥右端に三ッ峠山が見えています。
2019年01月04日 07:12撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩戸山手前17号鉄塔から。遠景:蛭ヶ岳・大室山、中景:倉岳山・高畑山、前景右端のとんがりは鶴島御前山。最奥右端に三ッ峠山が見えています。
1
藤野町十五名山:岩戸山。
2019年01月04日 07:17撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤野町十五名山:岩戸山。
3
眺望は先ほどの17号鉄塔付近が勝ります。蛭ヶ岳・桧洞丸・大室山
2019年01月04日 07:24撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眺望は先ほどの17号鉄塔付近が勝ります。蛭ヶ岳・桧洞丸・大室山
岩戸山のすぐ先で右にグイッと曲がります。ボーッとしていると関野集落に降ろされます。
2019年01月04日 07:26撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩戸山のすぐ先で右にグイッと曲がります。ボーッとしていると関野集落に降ろされます。
右手(北)に樹間越しですが、生藤山〜陣馬山の山並みが見えてきました。
2019年01月04日 07:30撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手(北)に樹間越しですが、生藤山〜陣馬山の山並みが見えてきました。
藤野町十五名山:小渕山。眺望はありません。ボーッと直進すると小渕集落に降ろされてしまいます。ここは右にクイッと曲がります。
2019年01月04日 07:47撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤野町十五名山:小渕山。眺望はありません。ボーッと直進すると小渕集落に降ろされてしまいます。ここは右にクイッと曲がります。
1
鷹取山手前の好展望地より。富士山、中央に倉岳山・高畑山、右に三ッ峠山・本社ヶ丸。
2019年01月04日 08:35撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷹取山手前の好展望地より。富士山、中央に倉岳山・高畑山、右に三ッ峠山・本社ヶ丸。
2
藤野町十五名山:鷹取山山頂風景。背景は生藤山〜陣馬山。
2019年01月04日 08:43撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤野町十五名山:鷹取山山頂風景。背景は生藤山〜陣馬山。
3
生藤山から陣馬山の冬枯れの山並みがとてもきれいでした。
2019年01月04日 08:44撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
生藤山から陣馬山の冬枯れの山並みがとてもきれいでした。
山頂から南遠望、左に富士山、中央左に倉岳山・高畑山、右に三ッ峠山・本社ヶ丸、右端は扇山。
2019年01月04日 08:52撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から南遠望、左に富士山、中央左に倉岳山・高畑山、右に三ッ峠山・本社ヶ丸、右端は扇山。
1
扇山と権現山。景色を楽しみながらカプメン等で英気を養いました。
2019年01月04日 08:56撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇山と権現山。景色を楽しみながらカプメン等で英気を養いました。
金毘羅山頂の養蚕神社。昔はあちこちで盛んでしたね。
2019年01月04日 09:21撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金毘羅山頂の養蚕神社。昔はあちこちで盛んでしたね。
車道が見えてきました。鷹取山登山口です。老人ホーム「銀の館」前の車道を地理院地図を頼りに歩けば良いのですが、
2019年01月04日 09:25撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道が見えてきました。鷹取山登山口です。老人ホーム「銀の館」前の車道を地理院地図を頼りに歩けば良いのですが、
車道はグニュグニュ遠回りするので、建物左側のここから尾根通しで447mピーク越えで倉子峠に行こうと画策しました。
2019年01月04日 09:30撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道はグニュグニュ遠回りするので、建物左側のここから尾根通しで447mピーク越えで倉子峠に行こうと画策しました。
全くの藪漕ぎの末なんとか人道に出、車道に合流できました。447mピークはこの車道の先を直登していくのですが、ヤブがすごくて喜寿を迎える身には酷!
というわけで、スゴスゴ車道を左に。
2019年01月04日 09:38撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
全くの藪漕ぎの末なんとか人道に出、車道に合流できました。447mピークはこの車道の先を直登していくのですが、ヤブがすごくて喜寿を迎える身には酷!
というわけで、スゴスゴ車道を左に。
真ん中の道からやってきて、結局いつものこの三又を左に上がり正規ルートに戻りました。労多くして益なし、心身ともに疲れました。
2019年01月04日 09:48撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真ん中の道からやってきて、結局いつものこの三又を左に上がり正規ルートに戻りました。労多くして益なし、心身ともに疲れました。
先ほどまでいた鷹取山、後ろに檜洞丸・大室山。
2019年01月04日 09:49撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ほどまでいた鷹取山、後ろに檜洞丸・大室山。
さんざっぱら懲りたはずなのに、またここで悪い虫。ここは大文字のCを逆に西・北・東・南と大きくカーブして、この少し先に戻ってくる車道。ここの短絡は大成功で
2019年01月04日 09:51撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さんざっぱら懲りたはずなのに、またここで悪い虫。ここは大文字のCを逆に西・北・東・南と大きくカーブして、この少し先に戻ってくる車道。ここの短絡は大成功で
難なくこの車道に出、右へ。
2019年01月04日 09:53撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
難なくこの車道に出、右へ。
振り返ると富士山。手前中央は秋葉山、右は八重山・能岳方面
2019年01月04日 09:55撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると富士山。手前中央は秋葉山、右は八重山・能岳方面
ここが倉子峠。447mピーク越えしなくて良かった!右方の崖は降りられません。
2019年01月04日 10:01撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが倉子峠。447mピーク越えしなくて良かった!右方の崖は降りられません。
峠には芭蕉の句碑がありました「春なれや名もなき山の朝霞」。
ここから山道に入って行きます。この先、佐野川峠まで道標はありませんが、尾根を外さずに歩けば大丈夫。踏み跡もしだいにはっきりしてきます。
2019年01月04日 10:02撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠には芭蕉の句碑がありました「春なれや名もなき山の朝霞」。
ここから山道に入って行きます。この先、佐野川峠まで道標はありませんが、尾根を外さずに歩けば大丈夫。踏み跡もしだいにはっきりしてきます。
樹間越しですが眺望があります。
2019年01月04日 10:18撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹間越しですが眺望があります。
このドラム缶のところで
2019年01月04日 10:38撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このドラム缶のところで
「御霊」からの道が入ってきます。
2019年01月04日 10:39撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「御霊」からの道が入ってきます。
左手に扇山・権現山
2019年01月04日 10:42撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手に扇山・権現山
い〜い天気です!
2019年01月04日 10:42撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
い〜い天気です!
2
根元に「下岩バス停に至る」
2019年01月04日 10:48撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根元に「下岩バス停に至る」
このドラム缶のところ
2019年01月04日 10:53撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このドラム缶のところ
石神さんのところで鋭角に左に曲がります。直進の太い道は登里、鎌沢方面。
2019年01月04日 10:53撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石神さんのところで鋭角に左に曲がります。直進の太い道は登里、鎌沢方面。
分岐から数分後、鎖なしの猟犬2頭がやってくるではありませんか。ひゃあ……。怪しいものでも、悪い人でもありません、「こんにちは」と妙に機嫌を取ったり、猟師さんがやってきて一安心。
クマの情報があったので、鈴できればラジオを付けた方が良いと言われ、鈴を装着しました。
この少し後、バシューンと森全体を揺るがすような大音響があり、身をすくめてしまいました。
2019年01月04日 10:57撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐から数分後、鎖なしの猟犬2頭がやってくるではありませんか。ひゃあ……。怪しいものでも、悪い人でもありません、「こんにちは」と妙に機嫌を取ったり、猟師さんがやってきて一安心。
クマの情報があったので、鈴できればラジオを付けた方が良いと言われ、鈴を装着しました。
この少し後、バシューンと森全体を揺るがすような大音響があり、身をすくめてしまいました。
1
鎌沢からの道が右から入ってきます。
2019年01月04日 11:23撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎌沢からの道が右から入ってきます。
佐野川峠。
2019年01月04日 11:34撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
佐野川峠。
甘草水休憩所が見えてきました。
2019年01月04日 11:59撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甘草水休憩所が見えてきました。
富士山を眺めながら休んでいると、イノシシ狩りの漁師さんが下りてきました。ここから三国山は大した登りもなく
2019年01月04日 12:00撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山を眺めながら休んでいると、イノシシ狩りの漁師さんが下りてきました。ここから三国山は大した登りもなく
三国山到着!
2019年01月04日 12:28撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国山到着!
1
三国山山頂風景。
2019年01月04日 12:29撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国山山頂風景。
1
今日はここからの富士山を見たかったのです。右に三ッ峠山・本社ヶ丸、手前右に扇山。
2019年01月04日 12:29撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はここからの富士山を見たかったのです。右に三ッ峠山・本社ヶ丸、手前右に扇山。
3
扇山と権現山、その後ろに滝子山から始まる大菩薩連嶺
2019年01月04日 12:38撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇山と権現山、その後ろに滝子山から始まる大菩薩連嶺
2
本日4つめの藤野町十五名山:生藤山。
2019年01月04日 12:47撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日4つめの藤野町十五名山:生藤山。
1
眺望は三国山に軍配があがりますが
2019年01月04日 13:05撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眺望は三国山に軍配があがりますが
2
だいぶ疲れて来たのですが、ここは巻けません。
2019年01月04日 13:09撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ疲れて来たのですが、ここは巻けません。
藤野町十五名山5つ目:茅丸、本日最高峰です。
2019年01月04日 13:10撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤野町十五名山5つ目:茅丸、本日最高峰です。
2
連行峰。昨年2月、雪の万六尾根を歩きました。
2019年01月04日 13:29撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
連行峰。昨年2月、雪の万六尾根を歩きました。
これだけは私でも分かる大岳山
2019年01月04日 13:30撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これだけは私でも分かる大岳山
醍醐丸はゴメンして醍醐峠に向かいました。
醍醐峠からは陣馬山・一ノ尾尾根・藤野駅と藤野駅周回を目論んでいましたが、行きつ戻りつ愚考を重ねた末、和田バス停に下りてしまいました。
2019年01月04日 14:10撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
醍醐丸はゴメンして醍醐峠に向かいました。
醍醐峠からは陣馬山・一ノ尾尾根・藤野駅と藤野駅周回を目論んでいましたが、行きつ戻りつ愚考を重ねた末、和田バス停に下りてしまいました。
ところでメモしてきた和田バス停の発時刻15:42は土休日のもの、急遽金曜日に変更したのに未チェックで、道々心配で心配で…15:47でした。
なんか今回の山行はスカッとしませんでした。
まあ予定より早く帰れたから良しとしましょう。
2019年01月04日 15:36撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところでメモしてきた和田バス停の発時刻15:42は土休日のもの、急遽金曜日に変更したのに未チェックで、道々心配で心配で…15:47でした。
なんか今回の山行はスカッとしませんでした。
まあ予定より早く帰れたから良しとしましょう。
訪問者数:184人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ