また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1716740 全員に公開 山滑走比良山系

武奈ヶ岳ー駅から頂上までオール単独ラッセル

日程 2019年01月27日(日) [日帰り]
メンバー
天候風雪時々曇り
アクセス
利用交通機関
電車
比良駅から歩行
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち45%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間15分
休憩
1時間29分
合計
12時間44分
S比良駅01:4402:42イン谷口02:4302:55暮雪山多目的保安林駐車場02:5603:15大山口03:1604:41青ガレ04:5307:10金糞峠07:1107:14金糞峠西側下の分岐07:5708:01ヨキトウゲ谷入口の分岐08:0209:03上林新道四辻09:0710:33コヤマノ岳10:3510:47パノラマコース分岐10:4810:54コヤマノ分岐10:5511:14武奈ヶ岳11:2011:34コヤマノ分岐11:47コヤマノ岳11:59上林新道四辻12:33ヨキトウゲ谷入口の分岐12:3912:43金糞峠西側下の分岐12:4712:52金糞峠12:5313:11青ガレ13:1313:29大山口13:34暮雪山多目的保安林駐車場13:39イン谷口13:45桜のコバ13:4614:25比良駅14:2614:28ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
1:44 比良駅
2:43 イン谷口
2:56 暮雪山多目的保安林駐車場
3:15 大山口
4:53 青ガレ
7:09 金糞峠
7:14 金糞峠西側下の分岐
7:16 ヨキトウゲ谷入口の分岐
9:07 上林新道四辻
10:33 コヤマノ岳
10:39 パノラマコース分岐
10:55 コヤマノ分岐
11:14 武奈ヶ岳
13:42 桜のコバ
14:28 比良駅
コース状況/
危険箇所等
青ガレの雪崩は注意

写真

さあ、ここからいよいよ登山の開始です。
2019年01月27日 03:26撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、ここからいよいよ登山の開始です。
1
青ガレへの渡渉はスキーを履いたまま渡りました
2019年01月27日 05:01撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青ガレへの渡渉はスキーを履いたまま渡りました
1
ようやく金糞峠、明るくなりました。
2019年01月27日 07:20撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく金糞峠、明るくなりました。
1
ここの渡渉もスキーを履いたまま、30僂曚匹寮磴鯤しました
2019年01月27日 07:33撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの渡渉もスキーを履いたまま、30僂曚匹寮磴鯤しました
2
コヤマノ岳への登りでようやく緩くなってきました。
2019年01月27日 10:35撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コヤマノ岳への登りでようやく緩くなってきました。
やっと頂上へ・・・1番と思ったら坊村からスノーシューのトレースがありました。この雪なら中々の強者です。
2019年01月27日 11:26撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと頂上へ・・・1番と思ったら坊村からスノーシューのトレースがありました。この雪なら中々の強者です。
3
今日はエビのしっぽが「字」に無かった。
2019年01月27日 11:27撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はエビのしっぽが「字」に無かった。
北比良方面
2019年01月27日 11:27撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北比良方面
1
頂上直下の分岐点
2019年01月27日 11:33撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上直下の分岐点
1
コヤマノ岳に来ると北比良が近い!
2019年01月27日 11:55撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コヤマノ岳に来ると北比良が近い!
1
ここが頂上?
2019年01月27日 11:57撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが頂上?
ここに書いてありましたが、明らかに上の写真より低い
2019年01月27日 12:02撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここに書いてありましたが、明らかに上の写真より低い
この渡渉はスキーを向こうに投げて渡りました。
2019年01月27日 12:34撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この渡渉はスキーを向こうに投げて渡りました。
湖西道路下もスキーで・・・結局駅前まで滑りました
2019年01月27日 14:05撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湖西道路下もスキーで・・・結局駅前まで滑りました
2

感想/記録

 今日は昨日から大雪警報が出ていて、ようやく雪が降りました。車を嫁さんが使うので移動は電車となりました。と言うことでイン谷口より武奈ヶ岳となりました。
 
 比良駅に最終到着の時間に着きゆっくり準備をして駅を出発します。激しい風雪で駅前からもうスキーで行けそう・・・でも、徒歩で湖西道路下まで行きます。そこからはスキーですが、案外積もっていなくて5儖漫登山口より増えてきて雪山らしくなってきました。ここは去年も大雪で来ているのでやはり長い林道、ラッセルも踵を超えるくらいになり夏道のルートも解りにくい。いつもの青ガレ手前のトラバースは雪崩れていて注意を要する。ルートがあれば大したことは無いですが、自分でラインを引けばわかります。

 そこをスキーで渡って急登に入ります。ラッセルと風雪はさらに強まる。平坦なトラバースに入り小さな沢渡渉手前地点に来るとルートは不鮮明となります。GPSで確認し戻ったり下方面へ降りたりするがやは何故かわからない。風雪は益々激しくなり闇で真っ暗、こういうときは単独は堪えますね。当然後ろから誰も来なくて結局上方面から行くと大きな沢にでる。でも、どう考えておかしくコンパスで確認すると方角が違う。左に回って沢に入るとそこが正解でした。

 30分以上はロスしたけど、勉強にはなりました。金糞峠への登りは眠くなり何気なく峠に着くともう明るくなっていました。いつもの薄手袋では手が冷たく温度計を見るとー8度でびっくり!これで風が吹くから寒いわけです。

 そこから渡渉しコヤマノ岳下のコルへの登りでまたまたルートを勘違い、少し登り返しました。もうここからは眠くて止まっては頭に色々なことが浮かび寝言も言っていますが、自分でもよくわからない。時間も掛かって武奈ヶ岳への最後の登りでようやく目覚めてきました。

 滑りは一瞬で降ります。雪質も良くあっというまに下の沢での渡渉となりました。そこまで誰も登ってきてません。そりゃ、ワカンやスノーシューだとよっぽど気合がないと無理でしょう!金糞峠手前に来るとトレースもしっかりとしてます。青ガレの滑りはトレースのためと温度も上がってきているためにボコボコで今一歩でした。登りで迷ったところに来ると大したことは無くあれほど探したテープも木に2か所巻いてありました。なんでみつからへんかったんやろ?

 帰りは午後となりましたが、今日は駅前まで雪が残っているはず。脇を滑ってたら結局駅まで滑れました。おバカです(笑)
 
訪問者数:880人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/12/24
投稿数: 132
2019/1/29 1:51
 駅からスキー
shige227kyさん こんにちは。
武奈ヶ岳に関してはかなり注視してますが、駅まで滑ったレコは恐らく初の試みではないでしょうか。面白いレコです。

渡渉はスキーでカニ歩きでしょうか。
横滑りせずうまく渡ってますね。
登録日: 2012/2/4
投稿数: 12
2019/1/29 7:12
 Re: 駅からスキー
投稿ありがとうございます。渡渉は横を向いてシールを張ったままなので、落ちないように気を付けなければなりません。シールを濡らすと後が大変です。ただ単にスキーを脱ぐのが面倒くさいだけです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ