また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1739474 全員に公開 沢登り 丹沢

鈴川水系 大山川

情報量の目安: A
-拍手
日程 2019年02月24日(日) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
, その他メンバー1人
天候晴れ(小春日和)
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)
GPS
--:--
距離
6.6 km
登り
853 m
下り
855 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
コース状況/
危険箇所等
■大山川
  大山下社から見晴台までの途中にある二重社脇からスタートする。
  通常の平水時ならば二重滝を越えればすぐに水は涸れてしまう涸れ棚登り中心
  の沢。今冬は雨も雪も少なく二重滝もすっかり涸れ棚になっている。
★2019年5月阿夫利神社様よりご神域につき沢登りはご遠慮ください、との
ご通達がありましたので、今後入渓は控えてくださいませ。

‘鷭殿譟_爾らだと見にくい上段も入れれば2段20mほどの落差はある。
 下段は一般的に残置ハーケン4個ある左壁をクライミングする。
 ビレイポイントは上の杉の木。(卦蕁銑卦蕁棔
 次の上段は左壁を登り(卦蕁縫肇ぞを登った方が楽。

700m 6m棚 左コーナーを登る(卦蕁檗

730m 右側に太い流木が架かった5m棚
 やや左手から取り付き残置スリングのある中央を登って左手の残置スリングへ。
 慣れていない人はまぁA0してもよいと思う。(A0検檗A0なしなら検棔

790m 右側に倒木架かった8m棚
 倒木沿いに残置ロープがあるので、ほぼそれ沿いに登って、落ち口へ向かい左へ
 トラバースして低くなったところを越していく。(掘
 時期により苔も生えるのでその場合はかなり慎重に。
 またはロープ沿いに土ザレを登って越すこともできる。
 土ザレはしっかりキックステップで。

800m 2段15m棚
 左壁を割と豊富なホールドを追って登る。(掘

820mと830mでほぼ近接した二俣。830mは右沢へ進むと低めのゴルジュとなり
 小さな棚が続く。最後のCSは左から巻き越す。(掘檗

875mで下部細かいフェイス状、上部急なトイ状の10m棚。
 下からだとせいぜい5mくらいにしか見えない。
 ここはこの沢の核心の一つで、ホールドスタンスは細かい。
 最近はどなたが設置したかわからないが残置スリングが3本ぶら下がってしまい
 A0でグレードが落ちてしまった。
 それでも落ち口のCSまでは気が抜けずA0検棔▲好螢鵐阿ない場合は控蕁
 潰れたハーケンもあるので細いダイニーマショートスリングあった方がよい。
 ビレイポイントになりそうな残置ハーケンがCSの上部左壁リスに2個ある。
 奥の方は潰れ気味のハーケンでカラビナ入らず、ダイニーマスリング必携。
 なおこの棚は大雨後は水も流れていたり、季節によっては出だしからヌメリも
 ある。そのような条件下では下記の通り巻いた方がよい。
 高巻きは左側から壁沿いにザレを上がりくの字状に折り返して棚の上部に出る。

沢は北向きから北西向きに左曲し920m二俣を左沢へ入るとすぐ12m棚。
 中央から左壁を登る、(掘次

1000m二俣を右に進むと威圧的な大CS15m棚。左壁の豊富なホールドを
 選んで登る。(掘
 次の小チムニー状7m棚は凹角状を登る。(掘

連続する小CS3m棚を2つ左隅から越せば、今までで一番威圧的な左側が
 チムニーの10m棚。
 もしここをクライミングするならば本日2番目の核心部となる。
 チムニーを概ねステミングで登り、残置スリングの架かった左壁の小テラスに
 移る。このスタンスに立つと見た目よりも少しハングしていて、上部のガバを
 取って越えるか、チムニー上部の小CS辺りをバック&フットの要領でチムニー
 クライミングをする。それらを嫌って小テラスから左へトラバースしてから
 上部バンドに登ることもできるが、ホールドスタンスとも浮岩が多く薦めない。
 残置アンカーも皆無でカムなどのリムーバブルプロテクションも決めにくい。
 (元蕁棔

 高巻きは右側コーナーに垂れている残置ロープ沿いだが、このロープは細い灌木
 に架けてあるので思い切り荷重かけないようにしたい。
 この巻きの出だしも土ザレと脆い岩壁なので、下部に残っている人は落石に充分
 注意が必要。(掘次

詰めは広めのややガレ場になる。沢が北東方向から細くなって北西に曲がるすぐ
 手前あたりで右の支尾根に伸びる鹿道があるので、これを使って右尾根に乗る。
 あとは鹿の踏み跡を目で追って登れば大山東部の登山道に出る。

遡行グレード 2級下〜2級(条件による)
携行ロープ 40m以上

★参照図書『丹沢の谷200ルート』(山と溪谷社2017年刊)

■マウントファーム
 http://mt-farm.info/
過去天気図(気象庁) 2019年02月の天気図 [pdf]

写真

ミツマタ開花宣言だよー
2019年02月24日 16:10撮影 by MO-01J, ZTE
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツマタ開花宣言だよー
1
撮影機材:

感想/記録
by kamog

今日は大山川で沢登り講習でした。
ミツマタ開花宣言です!
グローブも要らず。
もう春ですねー。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:827人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ