また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1780866 全員に公開 ハイキング霊仙・伊吹・藤原

春の伊吹山を周回 南東尾根から上平寺尾根

日程 2019年04月05日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
上平寺の駐車場に置きました。
行きも帰りも一台だけでした。私足遅いので、あとで来て先に帰った人がいたかもしれません
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■川戸谷から伊吹山ドライブウェイ(DW)
 川戸谷林道を歩き、DWに向かい尾根にとりつきました。
 植林地から尾根にでるまでが厳しかった時間がかかった。
 安蔵山の林道から尾根に出るまでを思い出しました。
■南東尾根から山頂
 DWにのぼり、すこしDWを歩かせてもらいます。伊吹山DWのクルマが数台通りましたが、すんませんと頭を下げると、注意されることもなく、会釈くださいました。開通前の今の時期だから許してくれたのかな
 大きな駐車場の手前ひとつ山を登りますが、道もちゃんと付いてて問題ありませんでした。
 駐車場から山頂までが南東尾根のメインですが、序盤、昔の道が木々かぶっていて歩きにくいです。途中めんどくさくガレ場を登ろうとしましたが、行く手を阻まれて戻りました。あと、今の時期もうダニがいます。ズボンのダニを振り払いながら歩きました。
 途中からブナの森になり、このあたりから雪が出てきて、歩きやすくなります。今日は、ササ藪は雪の下でした。ラッキー
 終盤、白龍さんの手前、道がわからないです。今日は雪があったのでヤブもまだましでした。
■山頂から上平寺尾根
 山頂から6合目避難小屋までは正面登山道の夏道下ります。川になっているところありました。
 昨年秋に有った弥高尾根分岐の赤い旗が無くなってました。そこがよくわかりませんでしたが、他は旗が続き、テープもあり、わかりやすかったです
 

写真

上平寺の駐車場から川戸谷に向かいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上平寺の駐車場から川戸谷に向かいます
伊吹山。
結構白いのは予想外
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊吹山。
結構白いのは予想外
1
林道作業用と思われる道を登ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道作業用と思われる道を登ります
道は無くなり、植林地の急登を尾根へ。
ここが一番しんどかった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道は無くなり、植林地の急登を尾根へ。
ここが一番しんどかった
尾根に登ると開けていて歩きやすかった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に登ると開けていて歩きやすかった
どんどん歩くと、トラロープ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんどん歩くと、トラロープ
登るとガードレールが見えてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登るとガードレールが見えてきた
DWに上がる。伊吹山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
DWに上がる。伊吹山
1
少し下って
鈴鹿を眺める
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し下って
鈴鹿を眺める
1
霊仙山も雪が多い
フクジュソウはどうしているのかな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霊仙山も雪が多い
フクジュソウはどうしているのかな
2
DW歩かせてもらって岐阜県へ
手前のひと山とその向こうの南東尾根を越えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
DW歩かせてもらって岐阜県へ
手前のひと山とその向こうの南東尾根を越えます
2
一つ目の山の取り付き
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一つ目の山の取り付き
道が残ってて歩きやすい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道が残ってて歩きやすい
年代のもののジュース瓶
昔の人も登ってたんですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
年代のもののジュース瓶
昔の人も登ってたんですね
三角点は大切に
点名:展望台、等級:4等、標高:898.96m
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点は大切に
点名:展望台、等級:4等、標高:898.96m
1
上平寺越の広い駐車場
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上平寺越の広い駐車場
2
白い山が見える何処だろう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白い山が見える何処だろう
1
芭蕉の句碑がありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芭蕉の句碑がありました
休憩ベンチもあるけど風があって寒いのでスルー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩ベンチもあるけど風があって寒いのでスルー
1
DW歩いていると伊吹山DWと書いた車に出会う。
お辞儀をして、歩かせてもらっている感謝を伝える。
特におとがめは無かった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
DW歩いていると伊吹山DWと書いた車に出会う。
お辞儀をして、歩かせてもらっている感謝を伝える。
特におとがめは無かった
南東尾根にもカタクリが咲く模様
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南東尾根にもカタクリが咲く模様
南東尾根に道は続いていた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南東尾根に道は続いていた
昔の道で、石が並んでいる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昔の道で、石が並んでいる
微妙だけども道は続く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
微妙だけども道は続く
1
ズボンにダニを発見し、このあとは払いつつ進む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズボンにダニを発見し、このあとは払いつつ進む
1
道が続いてるね。これなら何とかなりそう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道が続いてるね。これなら何とかなりそう
上平寺越え駐車場
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上平寺越え駐車場
ガレて開けているところがあったので、登ってみたが、藪がひどく引き返す。昔の道を辿った方が良いと再認識
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレて開けているところがあったので、登ってみたが、藪がひどく引き返す。昔の道を辿った方が良いと再認識
雪が出てきた。これは、ラッキーなのかアンラッキーなのか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が出てきた。これは、ラッキーなのかアンラッキーなのか
ブナの森に出てくる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの森に出てくる。
伊吹山じゃないみたい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊吹山じゃないみたい
1
紅葉も気持ちいいのでは・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉も気持ちいいのでは・・・
1
今の時期、木々の間から伊吹山が見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今の時期、木々の間から伊吹山が見える
1
透けて見えるのは、笹又から登ってくるあたりかな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
透けて見えるのは、笹又から登ってくるあたりかな
このあたり道が巻いているみたい。
直登はヤブそう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたり道が巻いているみたい。
直登はヤブそう
DWの向こうに見えるは、能郷白山と白山か?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
DWの向こうに見えるは、能郷白山と白山か?
能郷白山と白山ですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
能郷白山と白山ですね
2
雪があるとトラバースのルートが見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪があるとトラバースのルートが見える
1
昭和10年ですか・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昭和10年ですか・・・
登ってきた尾根を振り返る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきた尾根を振り返る
1
こっちは弥高尾根と中尾根ですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちは弥高尾根と中尾根ですね。
最後のヤブを抜けると
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後のヤブを抜けると
白龍さんのところに出た
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白龍さんのところに出た
1
歴史がありそうですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歴史がありそうですね
こちらの二人は誰だろう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらの二人は誰だろう
1
もうあとは、山頂周回コース
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうあとは、山頂周回コース
北に望む山。金糞ですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北に望む山。金糞ですね
2
北尾根と能郷白山、白山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北尾根と能郷白山、白山
1
三角点は大切に
点名=伊吹山、標高=1377.31 m、等級=一等三角点
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点は大切に
点名=伊吹山、標高=1377.31 m、等級=一等三角点
1
中尾根。こうみると急だな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中尾根。こうみると急だな
タケルさんこんにちは
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タケルさんこんにちは
春でこれだけ見えてるのはいいほうかな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
春でこれだけ見えてるのはいいほうかな
1
北尾根また行くよ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北尾根また行くよ
DW駐車場も除雪してある
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
DW駐車場も除雪してある
1
正面道を下ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面道を下ります
1
秋に有った弥高尾根分岐の旗が無い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋に有った弥高尾根分岐の旗が無い
とりあえずその次の旗へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とりあえずその次の旗へ
シカが逃げて行った。
今日初の動物。クマに会わなくて良かった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シカが逃げて行った。
今日初の動物。クマに会わなくて良かった
1
滑りやすいトラバース道もあります。
少し注意必要
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑りやすいトラバース道もあります。
少し注意必要
弥高尾根から伊吹山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥高尾根から伊吹山
1
南東尾根も見えてます。あそこ回ってきたんだなあと思う
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南東尾根も見えてます。あそこ回ってきたんだなあと思う
川戸谷からとりついたところも見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川戸谷からとりついたところも見える
1
三角点を探しました
点名:城跡、種別等級:四等三角点、標高:838.68
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点を探しました
点名:城跡、種別等級:四等三角点、標高:838.68
1
このあたりカタクリはまだ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりカタクリはまだ
ヤマルリソウだったっけ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマルリソウだったっけ
1
上平寺で最後はカタバミが見送ってくれました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上平寺で最後はカタバミが見送ってくれました
1
おまけ。
弥高尾根のカタクリも咲き始めました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おまけ。
弥高尾根のカタクリも咲き始めました。
2

感想/記録

伊吹山の弥高尾根を登っていて、そこから見える伊吹山DWや南東尾根のあたり、いつか登ってみたいと思ってました。
登るならDW開通前でしょというところで、行ってきました。

草川啓三さんの伊吹山案内を参考にして、川戸谷から尾根にとりつきましたが、尾根に出るまでが難儀しましたが、そこからは尾根伝いに歩けました。
南東尾根も、途中から雪が出てきて昔のルートがわからないところがありますが、薄く昔のルートが残っていて、それを辿っていくことができました。
個人的にはもっと難儀なルートだと想定していたのですけど、思いのほか歩きやすかったです。雪が少し残っていて、ヤブを抑えてくれていたからかもしれません。

出来れば、DW休みの今の時期に、山頂から北尾根までつなぎたかったんですけど、そこまで元気はありませんでした。静馬ヶ原のザゼンソウも見に行きたかったんですけど・・・

伊吹山DWは、来週4/13,14あたりで、ヒルクライム大会、その次4/20,21に開通だと聞いてます。開通と閉鎖のときは通行料半額になると思うのでまた来てみようかな?
訪問者数:240人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ