また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1825581 全員に公開 ハイキング京都・北摂

大暑山〜小塩山〜明神ヶ岳〜黒柄岳〜金毘羅山〜摂津峡

日程 2019年05月03日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
京都市バス 新林センターバス停下車
JR高槻駅乗車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.3〜0.4(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち35%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間32分
休憩
16分
合計
6時間48分
Sスタート地点07:4908:46大暑山08:57府道出合09:11小塩山09:1409:43中畑回転場09:4410:15明神ヶ岳10:2011:15黒柄岳11:2012:34金毘羅山12:3613:07地獄谷峠13:42林道 横峯線終点14:37ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
金毘羅山から林道に戻った後は高槻駅までほとんど走っています。
コース状況/
危険箇所等
●大署山〜小塩山〜中畑回転場
大署山登山道の入り口はインターを越えてすぐに右に行く方がよかった。ログでは少しさまよってます。大署山から小塩山に向かう途中で一箇所間違えて直進してしまいそうなところがあるので注意。小塩山から外畑へ下りる道は関西電力の巡視路になっているのでプラ階段に沿って行けば大丈夫です。

●明神ヶ岳〜黒柄岳〜田能
明神ヶ岳の山頂までの倒木はたいしたことないが、山頂を越えたところからしばらくは倒木に悩まされます。方向を見失わないように注意が必要です。林道に下りてきてから黒柄岳山頂までは長い林道歩きです。倒木をありますが通行困難な箇所はありません。
黒柄岳を少し下ってから、林道を逸れて田能へ抜ける登山道の入り口がわからずに適当に当たりをつけて下りました。20mほど無理に下りると踏み跡のある登山道が横切っているのでどこから下りても大丈夫でしょう。

●田能〜金毘羅山〜摂津峡
ひたすら林道ですが金比羅山に向かうところだけ登山道です。金比羅山の山頂から林道に戻ってくるところが急傾斜で注意が必要です。下りてきたとことがちょうど林道の分岐点です。このあとは林道が結構分岐していていろいろな所に下りていけるようです。
その他周辺情報新林バスセンターそばにファミリーマート

装備

個人装備 Tシャツ タイツ 靴下 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) GPS 常備薬 日焼け止め 携帯 時計 サングラス タオル カメラ

写真

大署山と小塩山の鉄塔が見えます
2019年05月03日 07:53撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大署山と小塩山の鉄塔が見えます
高速の下を潜ります
2019年05月03日 08:00撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高速の下を潜ります
インター右横に道が
2019年05月03日 08:01撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
インター右横に道が
ここが登山道の入り口
2019年05月03日 08:14撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが登山道の入り口
桂坂の住宅地
2019年05月03日 08:27撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桂坂の住宅地
グランドからの登山道と合流
2019年05月03日 08:36撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グランドからの登山道と合流
大署山山頂
2019年05月03日 08:46撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大署山山頂
1
大署山の鉄塔
2019年05月03日 08:47撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大署山の鉄塔
昨年間違って直進してしまったところ。やはりわかりにくい
2019年05月03日 08:51撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨年間違って直進してしまったところ。やはりわかりにくい
林道と合流
2019年05月03日 08:57撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道と合流
ここから再び登山道に
2019年05月03日 08:57撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから再び登山道に
今年のかたくりは終了しました
2019年05月03日 09:00撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年のかたくりは終了しました
NTTの鉄塔
2019年05月03日 09:02撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
NTTの鉄塔
たま林道に。ここは右に
2019年05月03日 09:05撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たま林道に。ここは右に
無線中継所
2019年05月03日 09:06撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無線中継所
アンテナがいっぱい
2019年05月03日 09:09撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アンテナがいっぱい
淳和天皇陵
2019年05月03日 09:12撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
淳和天皇陵
1
ここを左に
2019年05月03日 09:13撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを左に
NTTの巡視路を下っていきます
2019年05月03日 09:18撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
NTTの巡視路を下っていきます
舗装路に降りてきました
2019年05月03日 09:29撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装路に降りてきました
ゲートがあります
2019年05月03日 09:31撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートがあります
変電所の施設
2019年05月03日 09:36撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
変電所の施設
ここから大阪府
2019年05月03日 09:41撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから大阪府
ここから明神ヶ岳の登山道に
2019年05月03日 09:48撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから明神ヶ岳の登山道に
このような倒木がそこそこありますが、山頂まではたいしたことなし
2019年05月03日 09:53撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このような倒木がそこそこありますが、山頂まではたいしたことなし
山頂手前
2019年05月03日 10:06撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂手前
山頂プレートがいくつか
2019年05月03日 10:15撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂プレートがいくつか
1
山頂の三角点
2019年05月03日 10:15撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の三角点
2
この鉄塔からの眺めが一番
2019年05月03日 10:32撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この鉄塔からの眺めが一番
遠くに愛宕山が
2019年05月03日 10:33撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに愛宕山が
林道に降りてきました。ここから黒柄岳山頂まで続きます
2019年05月03日 10:38撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に降りてきました。ここから黒柄岳山頂まで続きます
林道分岐。左に。熊が出没するらしいので鈴を用意
2019年05月03日 10:43撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道分岐。左に。熊が出没するらしいので鈴を用意
黒柄岳山頂
2019年05月03日 11:18撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒柄岳山頂
1
山頂プレート
2019年05月03日 11:18撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂プレート
1
山頂すぐ横に施設
2019年05月03日 11:19撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂すぐ横に施設
ここを降りていくことに
2019年05月03日 11:25撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを降りていくことに
ここの左側から降りてきました
2019年05月03日 11:38撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの左側から降りてきました
へんぽく屋なるものがここからひたすら林道
2019年05月03日 11:42撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
へんぽく屋なるものがここからひたすら林道
1
林道とは思えない立派さ
2019年05月03日 11:48撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道とは思えない立派さ
ここから金毘羅山へ
2019年05月03日 12:19撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから金毘羅山へ
壊れた祠
2019年05月03日 12:23撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
壊れた祠
1
金比羅山山頂
2019年05月03日 12:34撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金比羅山山頂
1
山頂付近
2019年05月03日 12:34撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂付近
1
ポンポン山方面
2019年05月03日 12:50撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ポンポン山方面
地獄谷峠
2019年05月03日 13:07撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地獄谷峠
1
萩谷集落に降りてきました
2019年05月03日 13:18撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
萩谷集落に降りてきました
諏訪神社
2019年05月03日 13:20撮影 by DMC-S2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
諏訪神社

感想/記録

ほぼ1年ぶりに大署山、小塩山に行ってみました。1年前には大署山から小塩山に行く途中で関西電力の巡視路にミスリードされて2時間ぐらいさまよってしまった苦い思い出が。でも、そのおかげでよい経験にもなってます。

ついでにポンポン山に向かうのもありきたりなので、前から行ってみたかった明神ヶ岳・黒柄岳・金毘羅山に行ってみましたがあまりにも林道が長くて大変でした。森林浴だと思えば悪くなかったのですが、あまり眺望のよいところがなかったのが残念でした。
訪問者数:68人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 三角点 倒木
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ