また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1826187 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

唐松岳、強風。

日程 2019年05月03日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ。西からの風が強く、終日強風が続く。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
八方第三駐車場を利用。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち51%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間8分
休憩
11分
合計
5時間19分
S八方池山荘09:2009:42石神井ケルン09:50第2ケルン09:56八方ケルン09:5710:06第三ケルン11:16丸山11:1712:06唐松岳頂上山荘12:0712:29唐松岳12:3312:45唐松岳頂上山荘12:4613:29丸山14:11八方池14:1314:20八方ケルン14:24第2ケルン14:29石神井ケルン14:3014:39八方池山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
この日は風が強いものの日差しがあったため、雪は柔らかめでした。丸山への登りまでは夏道が出ている箇所もあり、アイゼン無しで進みました。急登が始まるあたりでアイゼンを装着しています。
コース状況/
危険箇所等
危険箇所はありません。頂上山荘手前のやせた部分は慎重に進みました。
その他周辺情報登山後、「八方の湯」に向かいましたが、入口に「混雑中」と書いてあり、「白馬塩の道温泉 倉下の湯」に。600円。GWで混んでいましたが、洗い場・湯舟ともギリ大丈夫。

写真

石神井ケルンから五竜岳、鹿島槍ヶ岳を望みます。この辺りでも風が強く吹いてます。
2019年05月03日 09:39撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石神井ケルンから五竜岳、鹿島槍ヶ岳を望みます。この辺りでも風が強く吹いてます。
ピークが見えてますが、まだまだ遠い。
2019年05月03日 09:39撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークが見えてますが、まだまだ遠い。
雨飾山から北信の山々がよく見えてます。
2019年05月03日 09:40撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨飾山から北信の山々がよく見えてます。
1
妙高山、乙妻山・高妻山をアップで。
2019年05月03日 09:40撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙高山、乙妻山・高妻山をアップで。
1
顔ケルンから北信方面を。
2019年05月03日 09:57撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
顔ケルンから北信方面を。
1
不帰キレット。今回は八方池を回らず第3ケルン経由で。
2019年05月03日 10:03撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不帰キレット。今回は八方池を回らず第3ケルン経由で。
1
白馬三山はこの辺りからの眺めが良いですね。
2019年05月03日 10:03撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬三山はこの辺りからの眺めが良いですね。
1
丸山への登りに備え、ここら辺でアイゼン装着。風が冷たい割に日差しは暖かく、雪が全般的に柔らかいです。
2019年05月03日 10:48撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山への登りに備え、ここら辺でアイゼン装着。風が冷たい割に日差しは暖かく、雪が全般的に柔らかいです。
丸山ケルンまで登りました。
2019年05月03日 11:18撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山ケルンまで登りました。
1
ピークが近づきます。
2019年05月03日 11:40撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークが近づきます。
頂上山荘まで到着。ピラミダルな唐松岳が目の前に。昼くらいから風もおさまるとの予報に反し、相変わらず暴風です。
2019年05月03日 12:05撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上山荘まで到着。ピラミダルな唐松岳が目の前に。昼くらいから風もおさまるとの予報に反し、相変わらず暴風です。
1
唐松岳登頂!頂上独り占めなので、とりあえずバンザイしてみます。
2019年05月03日 12:29撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松岳登頂!頂上独り占めなので、とりあえずバンザイしてみます。
1
ここから見る五竜岳、カッコイイです。
2019年05月03日 12:29撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから見る五竜岳、カッコイイです。
2
不帰キレットの向こうに天狗の頭、白馬槍ヶ岳。
2019年05月03日 12:29撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不帰キレットの向こうに天狗の頭、白馬槍ヶ岳。
2
剱岳、立山のピークは雲の中。
2019年05月03日 12:31撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱岳、立山のピークは雲の中。
1
黒部湖方面。
2019年05月03日 12:31撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部湖方面。
1
妙高山方面もよく見えてます。風が強く、頂上でコーヒータイムという感じではないようなので、下ります。
2019年05月03日 12:32撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙高山方面もよく見えてます。風が強く、頂上でコーヒータイムという感じではないようなので、下ります。
1
頂上山荘付近まで戻りました。後続の方々が続々と登頂してます。よく見るとピークにお一人。
2019年05月03日 12:58撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上山荘付近まで戻りました。後続の方々が続々と登頂してます。よく見るとピークにお一人。
頂上山荘直下の痩せた箇所。
2019年05月03日 13:03撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上山荘直下の痩せた箇所。
1
この角度からの唐松岳も良いです。
2019年05月03日 13:04撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この角度からの唐松岳も良いです。
2
牛首の向こうに五竜岳。
2019年05月03日 13:04撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛首の向こうに五竜岳。
1
登っているお姿をお借りしました。
2019年05月03日 13:14撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登っているお姿をお借りしました。
2
続々と。
2019年05月03日 13:28撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続々と。
下っていくうちに鹿島槍が見え始めました。
2019年05月03日 13:28撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下っていくうちに鹿島槍が見え始めました。
2
丸山への登り。
2019年05月03日 13:33撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山への登り。
1
八方池付近まで戻り、白馬三山。
2019年05月03日 14:16撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方池付近まで戻り、白馬三山。
白馬三山アップで。この辺りもまだ風が強いままでした
2019年05月03日 14:16撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬三山アップで。この辺りもまだ風が強いままでした
2

感想/記録

今回のGWは天気が不安定で、後半のコンディション良さそうな日を狙って、毎年出かけている唐松岳に行くことにしました
この日、ヤマテンによれば「西風が昼くらいまで強い。東側から登るのがよさそう」との天気予報。八方尾根ゴンドラ乗り場に6:30頃に到着、運転は通常7:30からの予定でしたが、「上部の風が強いので上まで上がれるか分からない」と。7:30の時点でゴンドラは動きましたが、その上のリフトは様子見。日帰り予定だったので、登るのをあきらめるのか、行けるところまで行くのか等、悩んでおりました。実際、並ぶのを断念された方もおられました。
結局、8時半過ぎにリフトが動くことになり、八方池山荘に到着したのが9:10過ぎくらいでした。日帰りするタイミングとしてはギリギリかなと思いつつ、出発。向かい風に手こずりながらも急ぎ足で登って参りました。(結果的には余裕でした。というか、もう少しゆっくりしても良かった。。)
GWなので、頂上山荘で泊まることはもともと考えておらず(混むから)、日帰りでの計画を立てておりました。昼過ぎまで風がおさまらず、登ってくる方もさほど多く感じなかったし、翌日は好天になるかもしれないので、日帰りにこだわらず、頂上山荘で泊っても良かったのかな、と若干後悔しました。。
訪問者数:127人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ