また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1827779 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走中央アルプス

GW10連休の木曽駒ケ岳

日程 2019年05月03日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
菅の台バスセンター バス始発7:15
駐車料金600円
バス、ロープウェー運賃(往復) モンベル会員で3,630円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち52%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間55分
休憩
1時間39分
合計
4時間34分
S千畳敷駅09:0109:57乗越浄土10:1510:20宝剣山荘10:23天狗荘10:2410:37中岳10:4910:57(木曽駒ヶ岳) 頂上山荘10:5811:25木曽駒ヶ岳12:3112:38(木曽駒ヶ岳) 頂上山荘12:50中岳12:5113:01天狗荘13:06乗越浄土13:34千畳敷駅13:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
乗越浄土〜中岳下り 凍結箇所があるため、アイゼンは必携
浄土乗越に出ると風が冷たいのでハードシェルを着用した方がよい
その他周辺情報早太郎温泉 こまくさの湯 610円 割引券で560円(50円引き)露天風呂、薬湯、ジェットバス、水風呂、サウナあり

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 ゲイター 毛帽子 ザック アイゼン ピッケル ビーコン 昼ご飯 行動食 非常食 水筒(保温性) ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 針金 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト カメラ ポール

Myアイテム  

Zeus 重量:-kg

写真

菅の台バスセンターから、乗り切らない場合は臨時便が出ました。
2019年05月03日 07:15撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
菅の台バスセンターから、乗り切らない場合は臨時便が出ました。
バス&ロープウェーの乗車券が買えます
2019年05月03日 07:24撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス&ロープウェーの乗車券が買えます
千畳敷カールがドーンと広がる
2019年05月03日 08:50撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千畳敷カールがドーンと広がる
1
蟻のように登山者が登る
2019年05月03日 08:52撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蟻のように登山者が登る
青空と雪の白さのコントラストがきれい
2019年05月03日 08:57撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空と雪の白さのコントラストがきれい
駒ケ岳神社からの道はロープが張ってあって行けなかったので、戻ってカールの底へ下りてから登り始めました(帰りは通れました)
2019年05月03日 09:01撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ケ岳神社からの道はロープが張ってあって行けなかったので、戻ってカールの底へ下りてから登り始めました(帰りは通れました)
乗越浄土直下は急斜面です
2019年05月03日 09:41撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗越浄土直下は急斜面です
この方たちはピッケルですがポールが多い
2019年05月03日 09:44撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この方たちはピッケルですがポールが多い
下を見ると急斜面なのがよくわかる
2019年05月03日 09:57撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下を見ると急斜面なのがよくわかる
右が宝剣岳
2019年05月03日 10:06撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右が宝剣岳
乗越浄土を少し行くと、宝剣山荘と天狗荘があり、テント泊をしている方もいました。
2019年05月03日 10:08撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗越浄土を少し行くと、宝剣山荘と天狗荘があり、テント泊をしている方もいました。
ところどころ凍結しています。
2019年05月03日 10:23撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころ凍結しています。
往路はここを右から回り込んで行きました。
2019年05月03日 10:38撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
往路はここを右から回り込んで行きました。
天狗荘、宝剣山荘、宝剣岳
2019年05月03日 10:40撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗荘、宝剣山荘、宝剣岳
木曽駒ケ岳の左奥に御嶽山が見えます
2019年05月03日 10:47撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木曽駒ケ岳の左奥に御嶽山が見えます
駒ケ岳頂上山荘
2019年05月03日 10:56撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ケ岳頂上山荘
木曽駒ケ岳の山頂には方位盤があります。
2019年05月03日 11:19撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木曽駒ケ岳の山頂には方位盤があります。
赤い屋根は頂上木曽小屋
2019年05月03日 11:22撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤い屋根は頂上木曽小屋
そりをするのに最適な斜面です
2019年05月03日 12:33撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そりをするのに最適な斜面です
落石があったので注意するよう放送がありました。
2019年05月03日 13:17撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落石があったので注意するよう放送がありました。

感想/記録
by Zeus

これまで自宅からは遠い(片道約200km)のでなかなか行く気になれなかった中央アルプスに日帰りで初遠征してきました。今回が木曽駒ケ岳初登頂となりました。GW10連休中でしたが、6時30分時点で駐車場は3〜4割程度と意外に空いていました。しかし、バスの始発は多くの登山客が並んでいたので、3本目くらいに乗れました。ロープウェーの千畳敷駅を出て右手へ進み、いったんカールの底へ下ってから登り始めましたが、雪崩の危険がなければ、左の神社から水平にトラバースした方が楽に登れます。少し登り始めてから暑いので一枚脱いで再び登り始めて足元を見たら、右のアイゼンがなかったので、下を見たら先ほど休んだ場所にアイゼンが落ちていたので慌てて取りに戻りました。しっかり締め付けたと思っていたのですが、早めに気づいて良かった。乗越浄土までは短いですが急登です。9割の方がポールで登っていましたが、早めにピッケルを使用した方がよいと思います。浄土乗越からはところどころ、凍結している箇所があり、アイゼンの爪をしっかり効かせないと危険です。中岳は右にトラバースしましたがそのままそのまま越えても大丈夫でした。いったん、駒ケ岳頂上山荘まで下り、最後の登りを息を切らせて登ると、小さな神社が立つ木曽駒ケ岳山頂に到着します。ここからは、御嶽山や南アルプスの素晴らしい眺望が楽しめます。ここで昼食にすることにして、お湯を沸かすためジェットボイルZipに火を付けようと、SOTOのガストーチを取り出しましたが全く着火しないのでモンベルのマッチを擦りましたが、これもすぐに消えてしまい、3本で諦めました(高所では電子式ライターは使えないことがあるということを知って、翌日百円ショップでフリント式使い捨てガスライターを買いました)。頂上からは尻セードやヒップそりで楽しそうに遊んでいる方いました。乗越浄土からの下りは、雪が柔らかかったのでかかとでステップを作っていけば安定して下りることができました。下山後は、こまくさの湯で汗を流し、駒ケ根名物のソースカツ丼を食べてから帰路につきましたが、渋滞もなく20時頃には自宅に着きました。とても充実した1日でした。 次は高山植物が美しい時期に空木岳へ縦走してみたい。

訪問者数:132人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ