また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1836046 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走東海

上谷尻谷からイブネ

日程 2019年05月05日(日) 〜 2019年05月06日(月)
メンバー
天候晴れ、時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
朝明駐車場に11時着、最後の1台でした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち30%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間15分
休憩
1時間24分
合計
3時間39分
S朝明駐車場11:1411:23千種街道分岐11:2412:15中峠12:2112:42大瀞13:3513:49お金谷出合13:5514:09お金明神14:1614:19お金峠14:2514:37コリカキ場14:4214:53宿泊地
2日目
山行
4時間31分
休憩
1時間52分
合計
6時間23分
宿泊地06:4107:27上谷尻谷大滝08:2909:19クラシ09:2610:45オゾ谷出会11:1211:31大瀞11:4512:14中峠12:1612:54千種街道分岐13:03朝明駐車場13:04ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
朝明−中峠−大瀞
根の平などと比べ荒れています。大瀞はドボンしそうで裸足になりました。

大瀞−お金−垢離掻場−上谷尻谷
お金谷は以前よりテープが増えました。お金峠から垢離掻場はザレているので注意。谷尻谷に下りれば快適な散歩です。

上谷尻谷−上谷尻谷大滝ークラシ・イブネ
快適な散歩が終わり谷を詰めます。820Pに二俣テープ、ここを左。右に行くと船窪に詰められるのでは、と思うが未確認。詰めていくと上谷尻大滝へ。ここからが核心部。右手に尾根はあるが無理。左手の谷から高巻きするがザレておりずるずる滑る。滑ったら即事故。登り始めて右手のシャクナゲが生える尾根に逃げ、根っこや枝をつかみながらよじ登る。根っこに見えて掴んだら枯れ枝で折れて危なかった。必死すぎて余計に巻きました。トラバースのポイントは全く気づかなかった。
その後は大きな問題はなし。途中の谷の分岐では銚子ヶ口からの尾根にも詰められそう。

クラシ−北東尾根−オゾ谷−朝明
北東尾根を使い900Pへ。藪が整理されテープも増えました。なんとなく面白くないので、地形図を見るといけそうな900P手前のコルからオゾ谷の支沢へ下降。ザレていましたが問題なく下れました。オゾ谷に合流してからは、こちらもテープが増えました。
その他周辺情報グリーンホテルの温泉へ。700円。

装備

個人装備 1/25000地形図 コンパス 筆記具 保険証 飲料 ティッシュ タオル 携帯電話 ストック 水筒 非常食 バンドエイド 三角巾 サムスプリント 包帯 ポイズンリムーバー コッヘル シェラカップ

写真

中峠から向かいます。
2019年05月05日 11:39撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中峠から向かいます。
曙滝。木橋はなくなりました。
2019年05月05日 11:50撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曙滝。木橋はなくなりました。
根を掴もうとしたらシマヘビでした。
2019年05月05日 12:02撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根を掴もうとしたらシマヘビでした。
ツツジがきれいでした
2019年05月05日 12:07撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツツジがきれいでした
リンドウ
2019年05月05日 12:11撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リンドウ
中峠到着
2019年05月05日 12:15撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中峠到着
大瀞到着
2019年05月05日 12:44撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大瀞到着
ドボンしそうな水量だったので裸足に。
2019年05月05日 12:52撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドボンしそうな水量だったので裸足に。
上流にへつって。水が冷たく脚が痛かったです。
2019年05月05日 12:55撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上流にへつって。水が冷たく脚が痛かったです。
通行不可の鉄橋
2019年05月05日 12:58撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通行不可の鉄橋
お金出合に到着
2019年05月05日 13:54撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お金出合に到着
お金明神に参拝
2019年05月05日 14:10撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お金明神に参拝
お金峠到着
2019年05月05日 14:25撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お金峠到着
谷を下降します。ザレていて滑る。
2019年05月05日 14:28撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷を下降します。ザレていて滑る。
垢離掻場到着。
2019年05月05日 14:40撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
垢離掻場到着。
上谷尻へ歩く
2019年05月05日 14:51撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上谷尻へ歩く
本日のお宿
2019年05月05日 15:48撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日のお宿
1
絶好のテン場
2019年05月05日 15:49撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶好のテン場
桜の花びらが流れていました
2019年05月05日 16:54撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜の花びらが流れていました
トリカブト
2019年05月05日 17:32撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トリカブト
まもなく日没
2019年05月05日 17:46撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まもなく日没
朝日を浴びる上谷尻谷
2019年05月06日 06:54撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日を浴びる上谷尻谷
散歩はお終い
2019年05月06日 07:00撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
散歩はお終い
次第に源流部の雰囲気に
2019年05月06日 07:05撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次第に源流部の雰囲気に
二俣に。右は銚子ヶ口からの尾根に突き上げる。船窪に詰められないかと思うが未確認。
2019年05月06日 07:17撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二俣に。右は銚子ヶ口からの尾根に突き上げる。船窪に詰められないかと思うが未確認。
ここも二俣
2019年05月06日 07:23撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも二俣
上谷尻谷大滝手前
2019年05月06日 07:26撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上谷尻谷大滝手前
かわいい花でした
2019年05月06日 07:31撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かわいい花でした
上谷尻谷大滝の前衛。奥に大滝が見えます
2019年05月06日 07:33撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上谷尻谷大滝の前衛。奥に大滝が見えます
上谷尻谷大滝。三段の滝。
2019年05月06日 07:37撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上谷尻谷大滝。三段の滝。
巻くしか無いが、左岸尾根は無理(写真だと行けそうに見えますが)。
2019年05月06日 07:38撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻くしか無いが、左岸尾根は無理(写真だと行けそうに見えますが)。
今回の核心部。大滝の右岸から。ざれた谷と急な尾根。谷を四つん這いで登り始めるが、滑ればアウト。右手の根っこを目指し登る。その上はシャクナゲの藪。
右手に滝が見えるので傾斜の参考に。
2019年05月06日 07:38撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回の核心部。大滝の右岸から。ざれた谷と急な尾根。谷を四つん這いで登り始めるが、滑ればアウト。右手の根っこを目指し登る。その上はシャクナゲの藪。
右手に滝が見えるので傾斜の参考に。
安全確保して下をぱちり。登るしかないので更に上へ。
2019年05月06日 07:42撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安全確保して下をぱちり。登るしかないので更に上へ。
結構ガクブル。途中でへばりついてぱちり。
2019年05月06日 07:51撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構ガクブル。途中でへばりついてぱちり。
斜面に生えるイワカガミ。
2019年05月06日 07:59撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面に生えるイワカガミ。
ようやく一息
2019年05月06日 08:03撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく一息
とりあえずあの上まで。落ち着いてから確認したら、高巻きしすぎた。ざれた斜面を下り谷に戻りました。
2019年05月06日 08:09撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とりあえずあの上まで。落ち着いてから確認したら、高巻きしすぎた。ざれた斜面を下り谷に戻りました。
穏やかな沢歩き再開
2019年05月06日 08:30撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穏やかな沢歩き再開
ここにも人の痕が
2019年05月06日 08:33撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにも人の痕が
ここは左手
2019年05月06日 08:39撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは左手
右手の滝。これを巻けば、銚子ヶ口からの尾根に詰められそう。
2019年05月06日 08:42撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手の滝。これを巻けば、銚子ヶ口からの尾根に詰められそう。
ここは右手
2019年05月06日 08:49撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは右手
右手に稜線が見える
2019年05月06日 08:53撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手に稜線が見える
イブネ台地が見えてきた
2019年05月06日 08:57撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イブネ台地が見えてきた
草地がイブネですね
2019年05月06日 09:07撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草地がイブネですね
クラジャンからの尾根
2019年05月06日 09:16撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クラジャンからの尾根
谷を振り返って
2019年05月06日 09:16撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷を振り返って
イブネの台地
2019年05月06日 09:17撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イブネの台地
1
気が緩んだら痛みが。
2019年05月06日 09:20撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気が緩んだら痛みが。
北東尾根に向かいます
2019年05月06日 09:29撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北東尾根に向かいます
北東尾根途中のコル
2019年05月06日 09:44撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北東尾根途中のコル
ここで向きを変える
2019年05月06日 09:55撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで向きを変える
下ります
2019年05月06日 09:56撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下ります
滑り落ちた
2019年05月06日 09:58撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑り落ちた
900mP手前。オゾ谷へとなだらかに下っている。地形図を見ても行けそうな感じ。行きます。
2019年05月06日 10:09撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
900mP手前。オゾ谷へとなだらかに下っている。地形図を見ても行けそうな感じ。行きます。
900mPが見えます。行き詰まったら登り返す。
2019年05月06日 10:10撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
900mPが見えます。行き詰まったら登り返す。
オゾ谷の支沢へ
2019年05月06日 10:14撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オゾ谷の支沢へ
オゾ谷の本沢へと合流する
2019年05月06日 10:19撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オゾ谷の本沢へと合流する
オゾ谷を歩く
2019年05月06日 10:26撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オゾ谷を歩く
テープがあります。
2019年05月06日 10:28撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テープがあります。
大蔵鉱山跡
2019年05月06日 10:34撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大蔵鉱山跡
オゾ谷出合
2019年05月06日 10:45撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オゾ谷出合
ここで昼食
2019年05月06日 10:51撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで昼食
お金みたいな岩。
2019年05月06日 11:21撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お金みたいな岩。
覗いた神崎川。エメラルドグリーン
2019年05月06日 11:24撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
覗いた神崎川。エメラルドグリーン
シカの換毛かな
2019年05月06日 11:25撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シカの換毛かな
大瀞再び
2019年05月06日 11:34撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大瀞再び

感想/記録

GWの最後、谷尻谷でキャンプしてきました。人もおらず別天地。気持ちよかったです。翌日は上谷尻谷大滝へ。大滝を高巻いてクラシへ詰めました。危ないとは聞いていましたが本当に危険でお勧めしません。下流から取り付けないかと見ながら詰めていましたが、よくわかりませんでした。
クラシからは北東尾根へ。オゾ谷への下降点を過ぎ、900P手前からオゾ谷に下降しましたが、まあまあ歩けるルートです。ただしざれているので登れないかも。
いろいろルートが取れて、鈴鹿は楽しいです。
訪問者数:67人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ