また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1847382 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走四国剣山

三嶺〜剣山縦走

日程 2019年05月12日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ 下山後、小雨。
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち61%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間25分
休憩
1時間1分
合計
9時間26分
S名頃登山口09:0609:26林道登山口09:2710:02ダケモミの丘10:0510:34三嶺ヒュッテ10:4010:48三嶺11:0211:32カヤハゲ11:3412:04白髪避難小屋12:32平和丸12:3313:29高ノ瀬13:3414:07丸石避難小屋14:28丸石14:3515:34次郎笈15:3616:18剣山16:2216:25剣山頂上ヒュッテ16:2716:36刀掛ノ松16:4016:43リフト西島駅16:4617:06見ノ越登山口17:1218:09奥祖谷二重かずら橋18:1018:32名頃登山口18:32ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
2時に家を出るはずが、7時に・・・ 明るいうちに下山できるか不安だったがなんとか(笑)。 まだ熊笹・ススキが伸びていなかったため足元が確認しやすく、予定より早く歩けた。ただ、後半はバテて、次郎笈/剣山ともにトラバースしようかと思ったくらい。
コース状況/
危険箇所等
特に無いが、三嶺直下の急登・急降下、高ノ瀬前後の岩場で分かり難いところはいつもどおり慎重に行った。

写真

撮影機材:

感想/記録

草が伸び始める前で、足元が見やすく、夜露に濡れることもなく、快適に歩くことが出来た。 名頃〜高ノ瀬までは剣山方面から縦走してくるパーティといつもより多くすれ違ったが、以降は誰にも会わずいつもの静かな山行だった。いつもは剣山から次郎笈までで多くの人に会って三嶺までは会っても1−2組くらいということが多いので逆パターンだった。

名頃から登り、林道を跨いで再度登山道に入ってすぐの大木に熊がひっかいたような跡があった。ずいぶん下のほうなので民家のほうに降りたりしなかったのかちょっと不安に思った。

危険というほどでもないけど、三嶺山頂直下(剣山方面)の急降下は注意を要する。また、高ノ瀬前後の岩場もぼうっと歩いてるとルートを外したりするので一応慎重に。

また、ちょうど、自転車のイベント、ツール・ド・西阿波が開催されており、貞光〜見ノ越までの数カ所でエイドや道案内のボランティアさんが準備をされていましたが、ライダーたちには会わず。もっと早くに登って下山していれば応援することもできたかも。
訪問者数:212人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

急登 林道 山行 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ