また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1847665 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走日光・那須・筑波

那須岳 茶臼岳と朝日岳と三本槍岳

日程 2019年05月13日(月) [日帰り]
メンバー
 NNP
天候晴れ☀️
アクセス
利用交通機関
車・バイク
峠の茶屋無料駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間21分
休憩
1時間29分
合計
8時間50分
S峠の茶屋駐車場04:3104:37登山指導所・登山ポスト04:3904:56中の茶屋跡04:5705:19峰の茶屋跡避難小屋05:2205:24硫黄鉱山跡05:2605:50お釜口05:5106:04那須岳06:0506:15山頂口06:1606:35牛ヶ首山頂分岐06:4207:02高雄口07:09牛ヶ首07:1207:13姥ヶ坂07:1407:18無間地獄07:1907:44硫黄鉱山跡07:4507:49峰の茶屋跡避難小屋08:0608:24恵比寿大黒08:2508:45朝日の肩08:4608:57熊見曽根08:5809:021900m峰09:0409:20清水平09:31三本槍岳・中の大倉尾根・北温泉分岐10:00三本槍岳10:3210:59三本槍岳・中の大倉尾根・北温泉分岐11:0011:09清水平11:1311:341900m峰11:39熊見曽根11:50朝日の肩11:5112:00朝日岳12:0112:13朝日の肩12:1412:32恵比寿大黒12:47峰の茶屋跡避難小屋12:4813:05中の茶屋跡13:0613:18登山指導所・登山ポスト13:1913:21ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
①峠の茶屋から登り峰の茶屋跡避難小屋手前に雪渓有り
②剣ヶ峰付近に雪渓2箇所有り
その他周辺情報鹿の湯 入湯料:500円
※シャンプー等なし
http://www.shikanoyu.jp/s/

写真

出発!想像以上に寒い
2019年05月13日 04:35撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発!想像以上に寒い
1
まだ残雪が
2019年05月13日 04:50撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ残雪が
峰の茶屋跡避難小屋

2019年05月13日 05:05撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峰の茶屋跡避難小屋

最初の雪渓を横断
2019年05月13日 05:16撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の雪渓を横断
1
峰の茶屋跡避難小屋
2019年05月13日 05:19撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峰の茶屋跡避難小屋
大パノラマ

最高!
2019年05月13日 05:28撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大パノラマ

最高!
まず始めに茶臼岳へ

荒々しい
2019年05月13日 05:32撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まず始めに茶臼岳へ

荒々しい
なんだこの岩!どうしてこうなったのか気になる
2019年05月13日 05:42撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんだこの岩!どうしてこうなったのか気になる
1
朝日岳をみるAT氏
2019年05月13日 05:44撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳をみるAT氏
1
火口?外縁に沿って一周
2019年05月13日 05:54撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火口?外縁に沿って一周
本日の一座目

茶臼岳1915M
2019年05月13日 06:05撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の一座目

茶臼岳1915M
1
鳥居から入るAT氏
2019年05月13日 06:06撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居から入るAT氏
4
大雲海とMu殿
2019年05月13日 06:08撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大雲海とMu殿
7
山頂駅方面へ下る
2019年05月13日 06:17撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂駅方面へ下る
王冠のような山容

2019年05月13日 07:13撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
王冠のような山容

眼下に見えるのは姥ヶ平かな
2019年05月13日 07:31撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下に見えるのは姥ヶ平かな
まだらな残雪とダケカンバ
2019年05月13日 07:31撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだらな残雪とダケカンバ
くるりと一周して避難小屋へ
2019年05月13日 07:42撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
くるりと一周して避難小屋へ
避難小屋で休憩して再び朝日岳方面へ
2019年05月13日 08:14撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋で休憩して再び朝日岳方面へ
富士山のグランドキャニオンみたい
2019年05月13日 08:15撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山のグランドキャニオンみたい
一つ一つに名前のありそうな岩峰
2019年05月13日 08:22撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一つ一つに名前のありそうな岩峰
何と言っても燧ケ岳はカッコイイ
2019年05月13日 08:32撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何と言っても燧ケ岳はカッコイイ
2
ロープウェイも動き出している
2019年05月13日 08:32撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイも動き出している
もうとにかく絶景が続くわけですよ
2019年05月13日 08:37撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうとにかく絶景が続くわけですよ
2
ダケカンバの柔らかなうねり
2019年05月13日 08:40撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダケカンバの柔らかなうねり
朝日岳が凛々しい
2019年05月13日 08:58撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳が凛々しい
清水平

傾いた木道
2019年05月13日 09:20撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清水平

傾いた木道
無機質な岩だらけの山から、生命力溢れる緑の山へ
2019年05月13日 09:34撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無機質な岩だらけの山から、生命力溢れる緑の山へ
ダケカンバと残雪 

春先の好きな景色
2019年05月13日 09:45撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダケカンバと残雪 

春先の好きな景色
三本槍岳へ到着

イメージと違い平坦な山頂

眺めは一級品
2019年05月13日 09:58撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三本槍岳へ到着

イメージと違い平坦な山頂

眺めは一級品
3
絶景を堪能中
2019年05月13日 10:01撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶景を堪能中
1
未踏の東北の山々

2019年05月13日 10:03撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
未踏の東北の山々

1
往復なので来た道を戻ります
2019年05月13日 10:35撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
往復なので来た道を戻ります
なんかチベットをイメージしてしまう光景
2019年05月13日 11:37撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんかチベットをイメージしてしまう光景
1
スケールがでかい
2019年05月13日 11:43撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スケールがでかい
2
帰りに朝日岳へ立ち寄ります
2019年05月13日 11:43撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りに朝日岳へ立ち寄ります
1
リーダー兼カメラマン NMPさん
2019年05月13日 12:00撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リーダー兼カメラマン NMPさん
鎖場もある
2019年05月13日 12:21撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場もある
新鮮な驚きの一日でした
2019年05月13日 12:55撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新鮮な驚きの一日でした

感想/記録
by NNP

初めての山は新鮮な驚きと楽しみが詰まっていた

三つのピークを巡ったけれど、ガラリと変わる雰囲気

多彩な登山道の変化も新鮮だった

ぜひまた再訪したいですね、もちろん三斗小屋温泉に一泊してです!

感想/記録
by sus-AT

久しぶりに仲間と歩く。
早朝の山はまだまだ寒い。
眼下には雲海が広がっていた。奇岩や噴き出すガス、荒涼とした景色に緑の山。
見覚えのない東北の山々はとても新鮮で、言葉でしか知らない猪苗代湖を見たらなんだか惹かれるものがありました。
また季節を変えて訪れてみたいですね。


帰りに寄った鹿の湯。
恐ろしいほどの風情を放っていた。

感想/記録

登山仲間の休日が合えば登山しかないでしょ!ということで荒船山や恵那山や男体山など候補があったなか誰も行ったことがない那須岳へ。

茶臼岳の月っぽい宇宙的な景観と荒々しさ満点の朝日岳、地球的な緑の景観を持った三本槍岳。1回の登山で3度おいしい思いをした。

上記の3座以外にも見渡す景色が素晴らしくなんでも見えちゃう感じ。今日は最高だよ。

NMPさん、ATさん今日はペースの遅い私に合わせて歩いてくれてありがとう。

NMPいつも運転ありがうございます。
訪問者数:752人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ