また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1853226 全員に公開 ハイキング日光・那須・筑波

大丸温泉〜(高雄口登山道)〜南月山〜(大峠経由)〜三本槍〜朝日岳〜茶臼岳〜山頂駅

日程 2019年05月18日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
冬季登山口の大丸温泉に駐車。
帰りは、ケーブルカーで山麓駅に降りてから、バスで大丸温泉に移動(\260)。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち71%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山道は整備されている。
那須温泉ファミリースキー場ゲレンデから登山道へは、侵入口の藪が刈られていて、スムーズに登山道に入れるようになっていた。
飯森温泉跡手前の斜面が崩れていた部分は、4月上旬と比べて、多少平坦になり歩きやすくなっていた。
姥ヶ平下〜沼原分岐は整備度が落ち、一旦谷に下って登る道は、比較的急。
三斗小屋温泉から大峠方面の道の入り口は分かりにくい。大黒屋の看板のある建物と、左側の建物の間を通り、右手に湧水と登山道の看板がある場所から左に曲がり、左側の建物の渡り廊下を通り抜ける。
また、三斗小屋温泉〜大峠は整備度が落ちるとともに、渡渉3か所とロープ1か所、急坂などの難所がある。
朝日岳分岐〜峰の茶屋は、鎖はついているが、崖を削ったような片側崖の道が50m位ある。

まれに雪渓有り。
気になった雪渓は、飯森温泉跡から牛の首の途中に都合20m程度(坂が比較的急)、大峠手前三斗温泉側(深い)、三本槍手前大峠側(50m程度で深い)、熊見曽根東端直後朝日岳側(片側谷、比較的急)、峰の茶屋手前朝日岳分岐側(片側崖)。
熊見曽根の雪渓は、滑落の恐怖もあるので、ダブルストックでも怖いが、その他はダブルストックで問題は無い。
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 防寒着 ザック スマートフォン(GPSと地図 カメラ兼用) 登山靴 19本爪チェーンスパイク ストック カメラ 使い捨てカイロ 飲料 コンパス 気圧高度計 手袋 食料 行動食 予備バッテリ

写真

ひょうたん池から茶臼岳、朝日岳。ゴーという茶臼岳の噴出音が聞こえる。
2019年05月18日 08:21撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひょうたん池から茶臼岳、朝日岳。ゴーという茶臼岳の噴出音が聞こえる。
三斗小屋温泉から大峠までの渡渉個所の2番目。多少ステップが広い部分がある。増水すると、水に浸からずに渡るのは厳しそう。
2019年05月18日 10:03撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三斗小屋温泉から大峠までの渡渉個所の2番目。多少ステップが広い部分がある。増水すると、水に浸からずに渡るのは厳しそう。

感想/記録

4月6日に断念した南月山に再挑戦。
風も暴風では無いなど天候に恵まれ、雪もほとんど無く、登山道のコンディションも良かったため、順調に進み、南月山から三本槍、朝日岳、茶臼岳まで予定通り登頂できた。
あと黒尾谷岳に登れば、那須五岳の登頂を達成できる。
訪問者数:297人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ