また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1857875 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走剱・立山

大日岳・奥大日〜称名滝から〜

日程 2019年05月17日(金) 〜 2019年05月20日(月)
メンバー , その他メンバー1人
天候17日 晴れ
18日 晴れ
19日 晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
●扇沢→室堂→立山→称名滝探勝バス→称名滝登山口

立山までが遠かったので扇沢からアルペンルートで立山駅へ、そこからバスで登山口に。
※扇沢駐車場:7000円(4日間)/精算機が1000円しか使えないので帰りは要注意
・第1、第2駐車場 12時間まで 1,000円(超過12時間まで1,000円)
・第3、第4駐車場 24時間まで 1,000円(超過24時間まで1,000円)
いつも高いと思っていたので改めて調べてみたら第1・2、3・4と倍も違う!次は
絶対市営に停める!
https://www.alpen-route.com/access_new/access/parking.html

※アルペンルート時刻表
https://www.alpen-route.com/timetable/
平日なのに帰りは臨時便も。朝一利用したい方はこれからの季節予約必須。でもWebチケットの引き換え窓口が1つしかないので、時間に余裕を持って行かないと乗り遅れるかも。

※大日岳登山口にも駐車場あり。
 無料、トイレ有り
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.3〜1.4(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち46%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間30分
休憩
2時間0分
合計
4時間30分
S大日岳登山口11:3014:00牛首15:0015:00大日平16:0015:30幕営地
2日目
山行
2時間30分
休憩
3時間0分
合計
5時間30分
幕営地07:3009:00大日平小山11:0011:00鏡岩12:0013:00大日小屋
3日目
山行
20分
休憩
7時間30分
合計
7時間50分
大日小屋07:1007:30大日岳山頂08:0008:00大日小屋08:3008:30七福園11:3011:30奥大日岳15:0015:00雷鳥山荘
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
●登山口〜牛首
・登山口か猿ガ馬場付近まで何箇所か雪渓の急登あり。
・猿ガ馬場から牛首まで雪が腐っているため崩落、踏み抜き注意、また急登のトラバースがあり大変危険です。
雪渓のトラバースのあと夏道に抜けるための藪漕ぎあり。

●牛首〜大日平小屋
特に危険箇所は無いが、木道が隠れている場合は広いので悪天時の道迷いに注意。

●大日平小屋〜大日小屋
・カールのクラックが進んでるので雪崩注意。
・小屋開け前の幕営は場所が限られているのでいい場所を確保したい場合は早めの到着を。

●大日小屋〜七福園
特に危険箇所はないがクラックがたくさんあるので稜線上から外れないように注意。

●七福園〜クサリ、梯子
クサリ、梯子を巻くトレースがあるが、大変危険なので、夏道推奨。
途中雪がなくなる稜線からバックステップで下降、岩を回り込んで夏道に合流。

●奥大日まで
稜線が大変細いので、雪庇の踏み抜き注意。強風だったら本当に怖いかも。

●奥大日〜室堂
雪庇、クラックが多数あるため通過注意。
その他周辺情報●下山後宿泊
雷鳥荘
http://www.raichoso.com/sisetu.htm

朝7時まで温泉入り放題!
なんとシャンプー利用可、ドライヤーあり!女性には嬉しい。タオルは持参が無難。
晩御飯はキムチ鍋にお刺身、揚げ物とかなり豪華。
モンベルカードかJIROのカードがあると割引あり。
1泊 8050円(相部屋)

●帰りの温泉
松柏
http://www.syouhaku.com/spa.html

温泉は綺麗、脱衣所はあまり広くなく、ドライヤーは1台しかないので団体さまにはオススメしません。
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ゲイター ネックウォーマー バラクラバ 着替え ザック ザックカバー アイゼン ピッケル 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 飲料 ガスカートリッジ コッヘル ライター ヘッドランプ 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ナイフ カメラ ポール テントマット シェラフ ヘルメット ウェットテッシュ ゴミ袋40L*5枚 ジップロック
共同装備 テント
備考 ゴミ袋(水作る用雪採取用)、長い夜で眠れなくなった時用のキンドルと映画

写真

大日岳登山口
2019年05月17日 11:35撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日岳登山口
第1の梯子場、ここから先が大変でした、、、、、
崩落の危険ありまくりで、写真が撮れず。
2019年05月17日 13:10撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第1の梯子場、ここから先が大変でした、、、、、
崩落の危険ありまくりで、写真が撮れず。
苦労してようやく牛首突破
2019年05月17日 15:08撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苦労してようやく牛首突破
大日平。平日だったので誰もいない。
2019年05月17日 15:26撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日平。平日だったので誰もいない。
大日平から富山湾
2019年05月17日 16:58撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日平から富山湾
当初は大日平にテン泊予定が、牛首のトラバースに手間取り時間切れで、ちょっと手前でテン泊
2019年05月17日 16:59撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
当初は大日平にテン泊予定が、牛首のトラバースに手間取り時間切れで、ちょっと手前でテン泊
今回は相方のバースデー登山だったので、豪華目にアクアパッツァ!
2019年05月17日 17:30撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は相方のバースデー登山だったので、豪華目にアクアパッツァ!
1
大日平から大日岳方面
2019年05月18日 05:22撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日平から大日岳方面
2日目朝
2019年05月18日 06:51撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目朝
大日平小屋を通過してローソク岩、鏡岩へ向かうカール
2019年05月18日 09:24撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日平小屋を通過してローソク岩、鏡岩へ向かうカール
超急登!ここは序盤でしたー、ローソク岩のある尾根を境に夏道のカールと私たちが直登したカールと両方あり。さらに雪解けが進むと、夏道ぎわの方が良いかと。
2019年05月18日 10:25撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
超急登!ここは序盤でしたー、ローソク岩のある尾根を境に夏道のカールと私たちが直登したカールと両方あり。さらに雪解けが進むと、夏道ぎわの方が良いかと。
大日小屋テン泊。小屋の脇にあったテラスを間借りして幕営しましたが、雪上じゃないってほんと暖かかった〜。小屋があるってありがたい。お世話になりました。
他に1パーティいらっしゃいました。
2019年05月19日 03:37撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日小屋テン泊。小屋の脇にあったテラスを間借りして幕営しましたが、雪上じゃないってほんと暖かかった〜。小屋があるってありがたい。お世話になりました。
他に1パーティいらっしゃいました。
大日小屋から富山湾
2019年05月19日 03:39撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日小屋から富山湾
大日小屋から大日岳
2019年05月19日 03:47撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日小屋から大日岳
2日目夜明け、富山平野の夜景と大日岳
2019年05月19日 03:55撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目夜明け、富山平野の夜景と大日岳
月と大日岳と富山平野夜景。
この日はほぼ満月!明け方4時。思ったよりも寒くない。
2019年05月19日 03:57撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
月と大日岳と富山平野夜景。
この日はほぼ満月!明け方4時。思ったよりも寒くない。
2日目夜明け。
2019年05月19日 04:53撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目夜明け。
大日岳モルゲンロート
2019年05月19日 05:20撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日岳モルゲンロート
日の出と劔、大日小屋から
2019年05月19日 05:20撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の出と劔、大日小屋から
日の出と劔▲曠錺ぅ肇丱薀鵐垢鯤僂┐
2019年05月19日 05:21撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の出と劔▲曠錺ぅ肇丱薀鵐垢鯤僂┐
日の出を満喫して、大日岳へ
2019年05月19日 07:13撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の出を満喫して、大日岳へ
劔と笑笑
2019年05月19日 07:19撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
劔と笑笑
1
大日岳から劔
2019年05月19日 07:24撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日岳から劔
奥大日へ、七福園手前あたり?
2019年05月19日 08:38撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥大日へ、七福園手前あたり?
ここから雪庇の連続。両端ともクラックがあって、右にも左にも寄れな〜い!
2019年05月19日 08:53撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから雪庇の連続。両端ともクラックがあって、右にも左にも寄れな〜い!
稜線が細かった、、、
2019年05月19日 11:10撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線が細かった、、、
奥大日から劔
2019年05月19日 11:23撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥大日から劔
歩んだルートを振り返る
2019年05月19日 11:23撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩んだルートを振り返る
山頂にて
2019年05月19日 11:26撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂にて
2
室堂へ、山頂から室堂が見えてからが長〜い、でも綺麗
2019年05月19日 12:03撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂へ、山頂から室堂が見えてからが長〜い、でも綺麗
ほぼ室堂
2019年05月19日 14:05撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほぼ室堂
お疲れ様でした!雷鳥荘にて至福の生ビール700円
2019年05月19日 16:24撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お疲れ様でした!雷鳥荘にて至福の生ビール700円
3日目室堂から、登った奥大日のモルゲンルート
2019年05月20日 04:37撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3日目室堂から、登った奥大日のモルゲンルート
劔沢からの日の出、この日の日の出時刻4時半だったので4:50から日の出待ち。寒かった。
2019年05月20日 06:29撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
劔沢からの日の出、この日の日の出時刻4時半だったので4:50から日の出待ち。寒かった。

感想/記録

バースデー登山だったので、兼ねてからすごーく行きたかった、奥大日へ!相方が室堂ピストンでは物足りないというので、称名滝から入るルートを選択しましたが、平日で誰も入っておらず、かつ、残雪期にはいったのはかなり少なかったようで、ルートファインディングに苦戦笑。2日目は土日だったので、4組みほど後から来られました。
私が靭帯断絶、術後1年、相方断絶から3ヶ月(異常な回復力)、以来初の本格雪山テン泊だったのでゆったり目の行程にしましたが大正解。私たちにとっては難所も多く、予想以上に充実感のある3日間になりました!
訪問者数:333人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ