また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1867543 全員に公開 山滑走白馬・鹿島槍・五竜

マヤクボ沢より針ノ木岳

日程 2019年05月26日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
無料駐車場に駐車した
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち95%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間15分
休憩
17分
合計
5時間32分
S扇沢駅04:5808:48針ノ木岳09:0510:29扇沢駅10:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険箇所なし
その他周辺情報大町温泉郷、薬師の湯(観光案内所に割引券あり700円→500円)
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 日帰り山スキー装備

写真

扇沢駅、出発!
2019年05月26日 04:58撮影 by uTough-3000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇沢駅、出発!
針ノ木雪渓見えてきました
2019年05月26日 05:31撮影 by uTough-3000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針ノ木雪渓見えてきました
降り立ちました
2019年05月26日 06:12撮影 by uTough-3000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降り立ちました
振り返れば爺ヶ岳が
2019年05月26日 06:54撮影 by uTough-3000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返れば爺ヶ岳が
マヤクボ沢から行きます
2019年05月26日 07:05撮影 by uTough-3000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マヤクボ沢から行きます
前日のシュプール多数
2019年05月26日 07:29撮影 by uTough-3000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日のシュプール多数
カール底より針ノ木岳
2019年05月26日 07:49撮影 by uTough-3000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カール底より針ノ木岳
左から行きますが右もシュプールいっぱい
2019年05月26日 08:06撮影 by uTough-3000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左から行きますが右もシュプールいっぱい
コルからちょうど剱岳が見えました
2019年05月26日 08:21撮影 by uTough-3000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コルからちょうど剱岳が見えました
山頂より高瀬ダムと槍ヶ岳
2019年05月26日 08:44撮影 by uTough-3000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より高瀬ダムと槍ヶ岳
2
剱岳はまだ雪たくさん
2019年05月26日 08:51撮影 by uTough-3000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱岳はまだ雪たくさん
1
針ノ木雪渓さようなら!
2019年05月26日 10:05撮影 by uTough-3000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針ノ木雪渓さようなら!

感想/記録

泊りでプチツアーをやる予定が土曜に仕事が入ったため中止。
日曜日帰りでまだ雪の有るところ…猫又も行ったし毛勝も行ったし立山はなんだかなぁ〜
というわけで針ノ木に決まりました。四季を通して針ノ木雪渓は行った事がないし。

夜に扇沢入りして車中泊。
4時起きでゆっくり支度して5時に歩き始める。右岸のトレースを辿っていくが、初めて来る場所ということもあって間違えて大沢に行きそうになった(なかなかよい斜面だったので釣られて…)
そして堰堤を一つ残してスキーを履いた。
快適なシール歩行が続く。マヤクボ沢に入ってやや斜度が急になるが、稜線までシール歩行で通した。
稜線をすこし歩いて山頂へ。いい眺め!
GWに行ったオートルートの山々が一望できてちょっと感動しちゃった。
おねぇさんに写真を撮ってもらった。

コルに戻ってさてお楽しみの滑走。たぶん本日一番乗り。
ややユル目のザラメながらも板は走る。続々人が登ってくるのを横目に時折奇声を発しながらドンドン落としていく。針ノ木雪渓に合流してからは基本的にスキーヤーズライトを滑った。あっという間の高低差1000m。
あとはスキーを背負ってテクテク歩いて扇沢まで。暑い!!!

来週も一応スキー山行の予定は有るが、天気が微妙。
板納めになるかな〜
訪問者数:508人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

カール 雪渓 右岸 コル 堰堤 山行 車中泊
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ