また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1874931 全員に公開 ハイキング奥秩父

渋滞必至の乾徳山

日程 2019年06月01日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路:〜JR 中央本線 塩山駅 > 山梨交通 窪平・西沢渓谷線 乾徳山登山口BS
復路:山梨市駅バス 西沢渓谷線 乾徳山登山口BS > JR 中央本線 山梨市駅〜
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間16分
休憩
1時間0分
合計
6時間16分
S乾徳山登山口バス停09:1509:41乾徳山登山口(オソバ沢ルート)10:01銀晶水10:0310:39錦晶水10:4010:52国師ヶ原10:5310:56高原ヒュッテ10:5911:04国師ヶ原11:09役小角像11:1011:24月見岩11:2511:33扇平11:3411:58髭剃岩12:0312:43乾徳山13:2013:34髭剃岩13:3513:49扇平13:5013:54月見岩13:5614:06役小角像14:12国師ヶ原14:1414:21錦晶水14:2214:49銀晶水15:06乾徳山登山口(オソバ沢ルート)15:0715:31乾徳山登山口バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
山頂手前の鎖場やその手前のトラバースなど、素人にとって危険な箇所は少なくないです
過去天気図(気象庁) 2019年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ザック 登山靴 ヘッドランプ 地図 コンパス スマートフォン バッテリー 昼食 クッカー バーナー エマージェンシーセット レインウェア 靴下 Tシャツ カメラ

写真

ここから山道スタート
2019年06月01日 09:44撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから山道スタート
穏やかな序盤
2019年06月01日 09:45撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穏やかな序盤
段々と登りが急に…
2019年06月01日 09:59撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
段々と登りが急に…
帰りには枯れていた水場
2019年06月01日 10:06撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りには枯れていた水場
まだまだ新緑シーズン
2019年06月01日 10:08撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ新緑シーズン
九十九折の道をひたすら登る
2019年06月01日 10:45撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九十九折の道をひたすら登る
ここからしばらく平坦な道
2019年06月01日 10:51撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからしばらく平坦な道
目指す乾徳山
2019年06月01日 10:52撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す乾徳山
いざ鎖場
2019年06月01日 10:58撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いざ鎖場
…の前にイレ
2019年06月01日 11:01撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
…の前にイレ
ツツジ
2019年06月01日 11:14撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツツジ
2
石の多い登り道
2019年06月01日 11:17撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石の多い登り道
1
草原の中登る一本道
2019年06月01日 11:22撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草原の中登る一本道
1
鹿なう
2019年06月01日 11:28撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿なう
2
なんとか岩
2019年06月01日 11:28撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとか岩
振り返って一枚
2019年06月01日 11:29撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って一枚
少しだけ顔を覗かせる富士山
2019年06月01日 11:29撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しだけ顔を覗かせる富士山
3
いざ行かん、山頂へ
2019年06月01日 11:34撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いざ行かん、山頂へ
あと250m
2019年06月01日 11:38撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと250m
甲斐駒ヶ岳にも似た光景
2019年06月01日 11:51撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒ヶ岳にも似た光景
1
最初の鎖場
2019年06月01日 11:58撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の鎖場
結構スリルのあるトラバース
2019年06月01日 12:01撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構スリルのあるトラバース
4
ここを渡ります
2019年06月01日 12:01撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを渡ります
1
次の鎖場
2019年06月01日 12:28撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の鎖場
前回敗退した因縁の鎖
2019年06月01日 12:40撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回敗退した因縁の鎖
5
山頂着
2019年06月01日 12:46撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂着
3
金峰山の岩も見方とか
2019年06月01日 12:47撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金峰山の岩も見方とか
眺め良し
2019年06月01日 12:47撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眺め良し
約2000mの世界
2019年06月01日 12:49撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
約2000mの世界
山頂は岩っぽい感じ
2019年06月01日 12:50撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は岩っぽい感じ
3
混んでる
2019年06月01日 12:51撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
混んでる
巻道より下山後の光景、めっちゃ混んでる
2019年06月01日 12:55撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻道より下山後の光景、めっちゃ混んでる
1
甲府盆地がよく見える
2019年06月01日 13:39撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲府盆地がよく見える
1
もうちょっと…!
2019年06月01日 14:58撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうちょっと…!
無事下山!
2019年06月01日 15:10撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事下山!
撮影機材:

感想/記録

初心者向けの山というネットの記事に釣られて登って、鳳岩を前にビビって迂回ルートから登ってしまった数年前。
それ以来なかなか切っ掛けに恵まれず登ってこなかった乾徳山に、ついにリベンジの機会がやってまいりました。

というわけで鎖場で有名な乾徳山。
初心者向けとして紹介されることが多いですが、特に公共交通機関を利用して登る場合はコースの長さや高低差、そして最終バスがコースタイムぎりぎりの時間であることも考えると、初心者向けというよりは中級者に足を踏み入れたくらいの人向けの山かなと思います。

が、鳳岩こそ登り切れたものの、なんかあまりすっきりした気分になれずに下山することに。
その原因はというと……途中で遭遇した、登り優先だから絶対下山者に譲らない&追い越しも許さないガイドとか、雷岩をビレイの練習(というか、ぶっつけ本番?)にと長時間私物化する団体様とか(前述のガイドの団体とは別)、そういった団体登山のイヤな部分の寄せ集めみたいなものを目にしてしまったからでしょうかね……。

結局下山の時間を気にして山頂の滞在時間も短め、写真もあんまり撮れず、心残りな部分もありつつ、またああいう団体様に遭遇するくらいなら別の山に行きたいなぁという思いの方が強くなる山歩きでした。
ガイドの方にはできれば前ばかりじゃなくて後ろも気にして頂きたいんですが、今日のガイドの方には難しそうですね……。自分の客も放置して先に行っちゃうくらいですし。

帰りにすれ違った団体の方は、ちょうど鎖場だったのですがこちら側にも色々と気を配って下さったり、雑談にも付き合って下さったりととても良さそうなガイドの方だったことも書き残しておきます。

追記:
どうやら20分程度の停滞で済んだ我々は運が良い方で、1時間待ちが当たり前になっているようです。
山頂を諦めて下山する方も多いようで、公共交通機関を利用して登るにはやや条件の厳しい山になってしまったのかもしれません。
訪問者数:494人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ